for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

株式会社メディア工房

3815.T

現在値

342.00JPY

変化

3.00(+0.88%)

出来高

9,900

本日のレンジ

338.00

 - 

342.00

52週レンジ

282.00

 - 

569.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
339.00
始値
341.00
出来高
9,900
3か月平均出来高
3.61
高値
342.00
安値
338.00
52週高値
569.00
52週安値
282.00
発行済株式数
10.08
時価総額
3,830.70
予想PER
--
配当利回り
--

適時開示

その他

Media Kobo to set up Hong Kong-based JV

Media Kobo to set up unit in Tokyo

Media Kobo says business alliance with China-based co LYRobotix

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

株式会社メディア工房とは

メディア工房グループは、同社及び連結子会社3社により構成され、占いコンテンツ事業、ゲームコンテンツ事業及びその他事業を展開する。【事業内容】同社は占いコンテンツ事業及びゲームコンテンツ事業という2つの事業セグメントにより構成される。占いコンテンツ事業は、携帯電話向け及びパーソナルコンピュータ(PC)向けコンテンツ、及びキャリア向け非占いアプリケーションゲームを中心に、企画・制作・配信を行う。ゲームコンテンツ事業は、ゲームコンテンツの制作・配信に関連する事業を行う。その他事業において、同社はオンライン・ツー・オフライン(o2o)事業を行う。

業種

Printing & Publishing

連絡先

12F, Sumitomo Fudosan Shin-Akasaka Bldg

4-2-6, Akasaka

MINATO-KU, TKY

107-0052

Japan

+81.3.55491766

https://www.mkb.ne.jp/

エグゼクティブリーダーシップ

Kazuo Nagasawa

President, Executive Officer, Representative Director

Kahori Hasegawa

Executive Officer, Director of PC Contents Business, Director

Hideki Iwasaki

Executive Officer, Director of Production, Director

Masaaki Nagasawa

Executive Officer, Director of Mobile Contents Business, Director

Yasuhiro Sakai

Non-Executive Director

統計

株価売上高倍率(過去12カ月)
--
株価売上高倍率(過去12カ月)
2.14
株価純資産倍率(四半期)
2.85
株価キャッシュフロー倍率
--
総負債/総資本(四半期)
113.26
長期負債/資本(四半期)
40.66
投資利益率(過去12カ月)
-6.40
自己資本利益率(過去12カ月)
-4.10

最新ニュース

最新ニュース

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陽線」、上昇トレンドは継続

<15:39> 日経平均・日足は「小陽線」、上昇トレンドは継続 日経平均・日足は上下にヒゲを伴う「小陽線」。上昇期待感を持ちつつ、高値警戒感も意識せざるを得 ない投資家の気迷い心理を表している。25日移動平均線(2万1919円80銭=21日)や75日移動 平均線(2万1373円83銭=同)は右肩上がりで、上昇トレンドの継続を示唆。拡散基調に入ったボリ ンジャーバンドのプラス2シグマに沿う形で上昇する可能性がある。 一方、現値は年初来高値圏。短期RSI(相対力指数)は買われ過ぎ圏内、騰落レシオ(東証1部、2 5日平均)も121%台となっている...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場、指数は3日続伸でも底打ち感なし

<15:21> 新興株市場、指数は3日続伸でも底打ち感なし  新興株市場で、日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数はともに3日続伸した。指数自体は上昇した ものの、「東証1部の方に資金が流れており、底を打った感じではない。決算が出てから取引される銘柄も 増えている」(国内証券)といい、弱い地合いが続いているという。 個別では、ロゼッタ が堅調。プロパスト 、栄電子 、中村超硬 、霞ヶ 関キャピタル はストップ高比例配分。YKT も大幅高となった。半面、エディア は大幅安。メディア工房 も売られた。 <13:11> 日経平均は後場堅調、売...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「短陽線」、気迷いの動き

<15:33> 日経平均・日足は「短陽線」、気迷いの動き 日経平均・日足は、上下にほぼ同じ長さのヒゲを伴う「短陽線」。実体部分がほとん どなく、「十字線」と解釈することができ、新たにマド(2万1589円11銭─2万1 665円86銭)を空けて下振れした後に気迷いを感じさせる動きとなった。 25日移動平均線(2万1550円46銭=31日現在)がサポートしたことで、ト レンドを崩すまでには至っていない。翌日に今回空けたマドを埋めに動くようであれば、 5月7日と5月8日に空けたマドの上限値(2万1875円11銭=5月7日安値)が直 近に強い上値抵抗線...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場は堅調、好決算企業に物色

<15:16> 新興株市場は堅調、好決算企業に物色 新興株市場は堅調。日経ジャスダック平均は反発、東証マザーズ指数は3日続伸となった。東証1部の 大型株が軟調に推移する中、決算発表した値動きのいい銘柄が物色された。 個別銘柄では、APAMAN がストップ高比例配分。医学生物学研究所 は大幅反発。 ニューフレアテクノロジー が年初来高値更新。メディア工房 が一時ストップ高。このほか セプテーニ・ホールディングス 、弁護士ドットコム なども買われた。 マザーズ市場に新規上場したツクルバ は公開価格と同じ2050円で初値を形成。2250円 まで...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「短陽線」、容易ではない高値再挑戦

<15:10> 日経平均・日足は「短陽線」、容易ではない高値再挑戦 日経平均・日足は、上ヒゲが長い「短陽線」。7月25日に付けた直近高値(2万1 828円07銭)にトライしながらも届かず、押し戻される格好となった。同高値近辺は 、7月2日に高値2万1784円22銭を記録してから、上値抵抗線として意識されてお り、突き抜けるのが容易ではないとの印象を与えている。 ただ、ボリンジャー・バンドやストキャスティクスなど他の指標をみると、目先警戒 感から伸び悩んだとみることができるほか、5日移動平均線(2万1690円08銭=3 0日現在)にサポート...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場まちまち、決算手掛かりに個別物色

<15:04> 新興株市場まちまち、決算手掛かりに個別物色  新興株市場はまちまち。日経ジャスダック平均は反落、東証マザーズ指数は続伸となった。大きな方向 性は出ておらず、決算発表の内容を手掛かりにした個別対応が目立った。エリアリンク 、美樹工業 などが大幅高となった一方、さえない決算を発表したアズーム などが売られた。 このほか、Kudan が一時ストップ高。直近IPOのブシロード も買われた。SA MURAI&J PARTNERS 、エヌエフ回路設計ブロック も堅調だった。一方、メ ディア工房 、UUUM 、アプリックス 、ロゼッタ...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陽線」、200日移動平均線を上回る

日経平均・日足は「中陽線」。7月16日と17日に空けたマド(2万1488円27銭―2万1514円89銭)を埋め、終値は200日移動平均線(2万1535円18銭=23日)を上回った。7月2日につけた直近高値(2万1784円22銭)を上抜ければ、5月7日と8日に空けたマド上限値(2万1875円11銭)が次の上値めどとなる。ただ、このところ売買代金が膨らまず上値を追いかけるにはエネルギー不足との指摘もある。国内企業の主要決算を受けて個別銘柄が物色される可能性があるものの、全体的に上昇トレンド入りするかどうかはまだ見極めが必要だという。

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場は反発、力強さには欠ける

新興株市場で、日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数はともに反発した。市場からは「上昇したものの、日経平均やTOPIXに比べて力強さに欠ける。IPO銘柄も上場直後に高値をつけた後、売りに押される展開が多く、個人投資家も儲かっていない」(国内証券)との声が出ていた。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「短陰線」、25日・75日線がサポート

<15:43> 日経平均・日足は「短陰線」、25日・75日線がサポート 日経平均・日足は下ヒゲを伴う「短陰線」。月初からのもち合い圏を下放れる形とな ったが、25日移動平均線(2万1405円97銭=17日)と75日移動平均線(2万 1443円14銭=同)がサポートラインとして機能し、大崩れは回避した。ここで踏み 止まれば、再び上値を試す展開も期待できる。ボリンジャーバンドは中央線に収れんする 形状であり、煮詰まり感が出ている。拡散するタイミングで方向感が定まりそうだ。 <15:18> 新興株市場はまちまち、マザーズ指数は反落 新興株市場...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場はまちまち、マザーズ指数は反落

<15:18> 新興株市場はまちまち、マザーズ指数は反落 新興株市場はまちまち。日経ジャスダック平均が反発、東証マザーズ指数は反落した 。「個人の買い意欲が乏しい。時価総額上位の銘柄が動かず、盛り上がりに欠ける」(国 内証券)との声が出ていた。クックビズ 、リネットジャパングループ が 高く、サンオータス も高い。半面、シー・エス・ランバー が安く、フェ ニックスバイオ 、メディア工房 もさえない。 <14:25> 日経平均は軟調もみあい、手掛かりなく売買低調 日経平均は軟調もみあい。2万1400円台で推移している。午後2時15分現在の...

11日の主な自社株買い・消却、株式分割など一覧

11日に自社株買いや消却、株式分割を発表した主な企業の一覧は以下の通り。  <自社株買い> ・ベイカレント・コンサルティング 、自己保有株を除く発行済株式総数の1 .73%にあたる26万5000株、取得総額8億円を上限とする自社株買いを実施へ。 取得期間は1月15日から3月29日。 ・メディア工房 、自己保有株を除く発行済株式総数の2.45%にあたる2 5万株、取得総額1億円を上限とする自社株買いを実施へ。取得期間は1月15日から2 月14日。 ・住江織物 、自己保有株を除く発行済株式総数の8.46%にあたる60万 株、取得総額18億円...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「中陰線」、マド空けて下放れ

<16:20> 日経平均・日足は「中陰線」、マド空けて下放れ 日経平均・日足は「中陰線」。新たなマド(2万1703円21銭―2万1911円 42銭)を空けて下放れ、下方への勢いが増している。25日移動平均線(2万3223 円73銭=25日)とのかい離率が8%を超え、短期的には自律反発が見込めるものの、 本格的な反騰相場入りは期待しにくい状況だ。当面の下値は3月26日安値(2万034 7円49銭)がめどになる。一方、上値は今回空けたマド上限値(2万1911円42銭 )がめどになる。 <15:34> 新興株は軟調、ジャスダック平均・マザーズ...

〔マーケットアイ〕株式:新興株は軟調、ジャスダック平均・マザーズ指数が年初来安値更新

<15:34> 新興株は軟調、ジャスダック平均・マザーズ指数が年初来安値更新 新興株市場は軟調。日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数はいずれも続落し、年 初来安値を更新した。マザーズ指数の下落率は6%を超えた。「メルカリ など時 価総額の大きい主力株が売られ、さすがに個人の押し目買い意欲も後退している」(国内 証券)との声が出ていた。そーせいグループ 、ALBERT が安く、テ リロジー も売られた。半面、幸和製作所 、メディア工房 などは 堅調だった。 <14:35> 日経平均は安値圏、押し目買い乏しく全面安商状続く 日経平均はきょうの...

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up