for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

株式会社ALBERT

3906.T

現在値

9,160.00JPY

変化

0.00(0.00%)

出来高

11,800

本日のレンジ

9,150.00

 - 

9,170.00

52週レンジ

3,400.00

 - 

9,210.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
9,160.00
始値
9,150.00
出来高
11,800
3か月平均出来高
0.94
高値
9,170.00
安値
9,150.00
52週高値
9,210.00
52週安値
3,400.00
発行済株式数
4.47
時価総額
41,160.46
予想PER
72.24
配当利回り
--

次のエベント

Dividend For 3906.T - 0.0000 JPY

適時開示

その他

Albert Inc - Accenture To Launch Tender Offer For It At 9,180 Yen A Share

Albert Acquires Ampd With Jaramba App

Albert Says KDDI To Buy 3.09 Percent Stake In It

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

株式会社ALBERTとは

ALBERTは、主にビッグデータアナリティクス領域においてデータソリューションの提供を行う。【事業内容】人工知能(AI)実装を視野に入れたAIの開発パートナーとし、そのクライアント毎にユニークなビッグデータ分析、AIアルゴリズムの開発及びAIのシステム実装をプロジェクト型で行う。AIを搭載した汎用的なプロダクトとし、主にAI・高性能チャットボット「スグレス」、AI・画像認識サービス「タクミノメ」を提供する。また、データサイエンティスト育成支援も行う。

業種

Computer Services

連絡先

Iwanami Bldg., 2-22-17, Yoyogi

SHINJUKU-KU, TKY

169-0074

Japan

+81.3.59371610

https://www.albert2005.co.jp/

エグゼクティブリーダーシップ

Takeshi Matsumoto

President, Representative Director

Toshiya Takeda

Executive Officer, Director of Sales

Akihiro Eggertsen Adachi

Executive Officer, Director of Strategic Alliances

Kenji Aoki

Executive Officer, Director of Quality Control

Shoji Mildred Hirahara

Executive Officer, Director of Data Science Education

統計

2.00 mean rating - 1 analysts
Sell
Hold
Buy
株価売上高倍率(過去12カ月)
98.10
株価売上高倍率(過去12カ月)
12.11
株価純資産倍率(四半期)
9.98
株価キャッシュフロー倍率
85.87
総負債/総資本(四半期)
0.00
長期負債/資本(四半期)
0.00
投資利益率(過去12カ月)
11.12
自己資本利益率(過去12カ月)
9.99

最新ニュース

最新ニュース

アクセンチュア、新興AI企業ALBERTへのTOBが成立

新興AI(人工知能)企業のALBERTは15日、アクセンチュアによる株式公開買い付け(TOB)が成立したと発表した。29.9%の株式を保有していた筆頭株主のSBIホールディングスは全株を応募した。アクセンチュアの議決権比率は90.18%となり、一連の手続きを経てALBERTは上場廃止となる予定。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「大陽線」、強気示唆でも5日線届かず

<16:20> 日経平均・日足は「大陽線」、強気示唆でも5日線届かず 日経平均・日足は「大陽線」となった。終値は2万6215円79銭。ほぼ高値引け の「大引け坊主」の形状で、強気サインが示唆された。目先の下値めどとなる6月20日 安値(2万5520円23銭)を下回ることなく上昇に転じ、底堅さもうかがえる。 一方、5日移動平均線(2万6264円18銭=3日)には届いていない。ボリンジ ャーバンドのマイナス2シグマ(2万5948円22銭=同)でのバンドウォークから明 確に抜け出し、上昇基調に向かうかが焦点となる。 <15:50> 新興株はマザーズ...

〔マーケットアイ〕株式:新興株はマザーズが反発、米株先物の底堅い動きが支援

<15:50> 新興株はマザーズが反発、米株先物の底堅い動きが支援 新興株式市場は、マザーズ総合は0.87%高の701.37ポイントと、反発した 。東証グロース市場指数は前営業日比0.88%高の891.43ポイントだった。 朝方には、ハイテク株比率の高い米ナスダック総合の前週末の下落が投資家心理の重 しとなったが、時間外取引の米株先物が下げ幅を縮小したりプラスに転じる中、買い戻し が優勢となった。 そーせいグループやフリーが大幅高となった。ビジョナル もしっかり。ALBERTはストップ高比例配分。一方、ウェルスナビ やCYBERDYNE...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「中陰線」、マイナス2シグマでバンドウォーク

日経平均・日足は「中陰線」となった。終値は2万5937円21銭。再び、心理的節目2万6000円を割り込み、5日移動平均線(2万6307円33銭=30日)に届かなかった。ボリンジャーバンドのマイナス2シグマ(2万6084円81銭=同)でバンドウォークとなっており、下値模索の継続が警戒される。一方、25日線からの下方乖離率など売られ過ぎの示唆も根強い。目先の下値めど6月20日安値(2万5520円23銭)で下げ止まるかが焦点。

〔マーケットアイ〕株式:新興株はマザーズ反落、ポーターズとグッピーズは公開価格上回る

新興株式市場は、マザーズ総合は1.35%安の695.35ポイントと反落した。東証グロース市場指数は前営業日比1.36%安の883.66ポイントだった。米金利上昇が警戒される中、グロース(成長)株への投資家の慎重姿勢が強まった。

ホットストック:ALBERTがストップ高買い気配、アクセンチュアがTOB

ALBERTがストップ高水準で買い気配となっている。アクセンチュアが29日、同社株式の公開買い付け(TOB)をすると発表し、手掛かりになっている。買付価格は1株あたり9180円で、29日終値4145円の約2.2倍となる。

アクセンチュアがALBERTにTOB、1株9180円で AI人材獲得

アクセンチュアは29日、ALBERTの株式などを公開買い付け(TOB)すると発表した。買付価格は1株あたり9180円。ALBERTは賛同意見を表明し、株主などに応募を推奨するとしている。ALBERTはアクセンチュアの完全子会社となり、上場廃止となる見込み。アクセンチュアはデータサイエンティストの人材獲得を通じて、今後の成長を図る。

アクセンチュアがALBERTにTOB、買付価格9180円

アクセンチュアは29日、ALBERT株を公開買い付け(TOB)すると発表した。ALBERTは賛同意見を表明し、株主などに応募を推奨すると表明した。ALBERTはアクセンチュアの完全子会社化となり、上場廃止となる見込み。買付価格は1株あたり9180円。同社の29日終値は4145円。買付期間は9月30日─11月14日。

ホットストック:ALBERTが急反発、SBIHDと資本・業務提携

ALBERTが急反発している。SBIホールディングスと資本・業務提携することで基本合意したと9日に発表したことを好感する動きが先行した。SBIHDはALBERTの既存株主から発行済み株式総数の31.29%の株式を譲り受け持ち分法適用会社とする。

SBIHD、ALBERTと資本業務提携

SBIホールディングスは9日、ALBERTと資本業務提携することで基本合意したと発表した。ALBERTの発行株式の31.29%を既存株主から譲り受け、持ち分法適用会社とする。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「中陽線」、短期的な高値警戒感でも上値余地大

<15:50> 日経平均・日足は「中陽線」、短期的な高値警戒感でも上値余地大 日経平均・日足は短い上ヒゲを伴う寄り付きがほぼ「坊主」となる「中陽線」。新たに大きめのマド( 2万0741円65銭─2万0918円11銭)を空けて上放れる格好となったほか、約2か月半ぶりに心 理的な節目である2万1000円を回復した。短期的には高値警戒感が生じるところだが、勢いの強さを感 じさせており、上値余地が大きいとの印象を与えている。一目均衡表で、遅行線が「雲」領域を抜け出しつ つあり、さらに強気に傾斜しそうだ状況だ。 当面の目標として意識されるのは、200...

〔マーケットアイ〕株式:新興株はまちまち、出遅れ銘柄の水準訂正が目立つ

<15:10> 新興株はまちまち、出遅れ銘柄の水準訂正が目立つ 新興株市場は、日経ジャスダック平均は8日続伸する一方、東証マザーズ指数は反落するなどまちまち となった。経済活動の再開に対する期待感から、新型コロナウイルスの影響が大きいとみられ、これまでの 相場で買われていなかった出遅れ銘柄の水準訂正が目立っている。 ジャスダック指数は0.32%高。ヤマックス がストップ高比例配分となったほか、小僧寿し 、鴨川グランドホテル 、ユーラシア旅行社 、伊豆シャボテンリゾート な ど低位株が物色されたが、ワークマン はさえない。 マザーズ指数は...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陽線」、高値引けで上昇期待感 5日移動平均線を上抜け

<16:45> 日経平均・日足は「小陽線」、高値引けで上昇期待 感 5日移動平均線を上抜け 日経平均・日足は「小陽線」。上ヒゲのない「陽の大引け坊主」の形状となっており、上昇期待感を示 している。終値(2万0741円65銭=25日)は5日移動平均線(2万0542円14銭=同)を上回 り、短期的な上昇相場への転換も示してる。 ただ、75日移動平均線(2万0341円01銭=同)、200日移動平均線(2万1658円86銭 =同)はいずれも下向きで、中長期的な下方トレンドは抜け出せていないほか、明日の取引で、きょうの高 値を上回らず下落した場合...

〔マーケットアイ〕株式:新興株はしっかり、幅広い銘柄で買い 決算発表にも反応

<16:11> 新興株はしっかり、幅広い銘柄で買い 決算発表に も反応 新興株市場で、日経ジャスダック平均は7日続伸、東証マザーズ指数は反発した。国内の緊急事態宣言 が全面的に解除される見通しで、経済活動再開への期待が高まり幅広い銘柄での物色がみられた。時価総額 上位の銘柄に限らず、決算発表など個別材料に反応した物色もみられた。 ジャスダック指数は1.17%高。ワークマン 、燦キャピタルマネージメント 、ハー モニック・ドライブ・システムズ が上昇。チエル は22日に2021年3月期の連結営業 利益が前年比24.0%増の3億円になる見通...

ホットストック:ALBERTは買い気配、今期の好業績予想を好感

ALBERTは買い気配。22日、2020年12月期の営業利益(非連結)が前年比53.0%増の2億9000万円になる見通しだと発表し、好感されている。新規顧客開拓を継続しつつ、データ利活⽤に積極的な重点顧客との取引深耕を通じた収益⼒強化を⽬指すという。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陰線」、5日線が上値抑える

<15:55> 日経平均・日足は「小陰線」、5日線が上値抑える 日経平均・日足は上下にヒゲを持つ「小陰線」。弱もちあいで、5日移動平均線(1万9355円86 銭=24日)や一目均衡表の雲に上値を抑えられる形となった。一方、25日移動平均線(1万8968円 41銭=同)は上方向を向いており、短期的な上昇トレンドは維持している。現在の水準でもみあいながら じりじりと上値を試す展開もあり得る。 <15:43> 新興株市場はまちまち、週末控えてポジション閉じる動き 新興株市場はまちまち。日経ジャスダック平均は小反落、東証マザーズ指数は続伸となった...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場はまちまち、週末控えてポジション閉じる動き

<15:43> 新興株市場はまちまち、週末控えてポジション閉じる動き 新興株市場はまちまち。日経ジャスダック平均は小反落、東証マザーズ指数は続伸となった。市場から は「このところ個人投資家の売買が活発化していたが、週末を控えてポジションをいったん閉じる動きが出 ていた」(ストラテジスト)との声が聞かれた。 マザーズ市場では、FRONTEO がストップ高比例配分。アンジェス が続伸。ティ ーケーピー 、関通 、チームスピリット なども買われた。松屋アールアンドディ<7 317.T>、ALBERT 、NexTone 、サーバーワークス などは...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「中陰線」、一目均衡表の雲下限が上値抵抗線に

<16:06> 日経平均・日足は「中陰線」、一目均衡表の雲下限が上値抵抗線に 日経平均・日足は上下にヒゲを伴う「中陰線」。日足一目均衡表の雲下限や5日移動平均線(1万95 37円49銭=21日)に上値を抑えられる形となった。 一方、25日移動平均線(1万8666円87銭=同)が上向きで短期的な上昇トレンドを維持してい る。利益確定や戻り待ちの売りをこなしながら戻しを試す展開もあり得る。 <15:53> マザーズ指数は7日ぶり反落、利益確定売り優勢に  新興株市場で、日経ジャスダック平均は12日ぶり反落、東証マザーズ指数は7日ぶり反落した...

〔マーケットアイ〕株式:マザーズ指数は7日ぶり反落、利益確定売り優勢に

<15:53> マザーズ指数は7日ぶり反落、利益確定売り優勢に  新興株市場で、日経ジャスダック平均は12日ぶり反落、東証マザーズ指数は7日ぶり反落した。市場 からは「短期的に戻り調子だが、北朝鮮の金正恩氏の健康状態に関するニュースが利益確定売りの材料にさ れた」(ストラテジスト)との声が出ていた。 ジャスダック平均は1.45%安。ワークマン 、ハーモニック・ドライブ・システムズ<6324. T>など時価総額上位銘柄の一角が軟調。シライ電子工業 はストップ高比例配分。防衛関連の細谷火 工 も買われた。 マザーズ指数は4.15%安。サイバーセキュリティクラウド...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「中陽線」、25日移動平均線がサポート

<15:30> 日経平均・日足は「中陽線」、25日移動平均線がサポート 日経平均・日足は上下に短いヒゲを伴う「中陽線」。25日移動平均線(2万3816円30銭)が下 値支持線として働いている。昨日下回った5日線(2万3990円76銭=22日)はきょう再び上回り、 短期的な底入れ機運が強まった。ただ、商いは薄く、上昇に向けての勢いは感じられない。引き続き2万4 100円の壁が意識されている。 <15:15> 新興株市場はまちまち、直近IPOや新型肺炎関連銘柄に物色 新興株市場で、日経ジャスダック平均は4日続伸、東証マザーズ指数は反落した。...

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up