for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

株式会社マイネット

3928.T

現在値

445.00JPY

変化

-8.00(-1.77%)

出来高

22,000

本日のレンジ

444.00

 - 

448.00

52週レンジ

444.00

 - 

627.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
453.00
始値
448.00
出来高
22,000
3か月平均出来高
0.65
高値
448.00
安値
444.00
52週高値
627.00
52週安値
444.00
発行済株式数
8.47
時価総額
3,876.10
予想PER
--
配当利回り
2.70

次のエベント

Dividend For 3928.T - 6.0000 JPY

適時開示

その他

Mynet to issue bonds to raise 500 mln yen

Mynet adjusts acquisition price of smart phone game firm to 1.43 bln yen from 1.44 bln yen

Mynet sets up gaming services unit

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

株式会社マイネットとは

マイネットグループは、ゲームサービス事業を行う。【事業内容】同社は、既にリリースされているゲームタイトルをゲームメーカーから買取や協業または合併と買収(M&A)で仕入れる。仕入れたゲームタイトルは、利益が出る構造にするため、再設計・バリューアップを行う。再設計・バリューアップの施策はコスト削減の施策と売上高拡大の施策に分けられる。ゲームサービスをユーザーに提供する。

業種

Business Services

連絡先

1F/3F

A-PLACE Aoyama, 2-11-3, Kita Aoyama

MINATO-KU, TKY

107-0061

Japan

+81.3.68644221

https://mynet.co.jp/

エグゼクティブリーダーシップ

Jin Uehara

President, Representative Director

Hiroshi Matsumoto

President of Subsidiary, Director

Minoru Iwaki

Managing Director

Hideki Kuratomo

Executive Officer

Takuya Nishimura

Executive Officer, President of Subsidiary

統計

株価売上高倍率(過去12カ月)
--
株価売上高倍率(過去12カ月)
0.37
株価純資産倍率(四半期)
1.48
株価キャッシュフロー倍率
--
総負債/総資本(四半期)
90.03
長期負債/資本(四半期)
57.92
投資利益率(過去12カ月)
-6.59
自己資本利益率(過去12カ月)
-4.77

最新ニュース

最新ニュース

訂正-〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陽線」、5日線を上放れ 過熱感まちまち

(本文中の「2万5000円」を「2万8500円」に訂正します。) [東京 24日 ロイター] - <16:20> 日経平均・日足は「小陽線」、5日線を上放れ 過熱感まちまち 日経平均・日足は「小陽線」となった。終値は2万8383円09銭。長めの上ヒゲ が2万8500円(訂正)付近での上値の重さを印象付ける。過熱感を計る指標は、プラ イム市場の騰落率が124%と過熱気味の一方、25日移動平均線(2万7618円95 銭=24日)からの乖離率は2.7%で警戒ゾーンとはいえず、まちまち。 5日線(2万8054円79銭=同)を上放れ、ボリンジャーバンド...

〔マーケットアイ〕株式:新興株はマザーズが反発、7カ月ぶり高値 米ハイテク株高が支援

<15:05> 新興株はマザーズが反発、7カ月ぶり高値 米ハイテク株高が支援 新興株式市場は、マザーズ総合は2.17%高の796.9ポイントと、反発し、7 カ月ぶり高値となった。東証グロース市場指数は前営業日比2.13%高の1012.6 5ポイントだった。 前日の米国市場で、11月開催分の米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨の発 表を受けて米利上げへの過度な警戒感が和らいで米ハイテク株高となり、投資家心理を支 援した。 JTOWERやプレイドが大幅高。マイクロ波化学も買わ れた。一方、ジーエヌアイグループやM&A総合研究所が大幅安。...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は伸び悩み、米休場を意識し模様眺め

<13:30> 日経平均は伸び悩み、米休場を意識し模様眺め 日経平均は後場に入り、利益確定売りに上値を抑えられ伸び悩んでいる。時間外取引 の米株先物や香港株が小じっかりで投資家心理を支援している一方、きょうは米国市場が 休場となることから「ここからは模様眺めになりやすい」(国内証券のストラテジスト) との声が出ている。 前引け時点に比べ、電気・ガス業や鉱業が上げ幅を拡大している一方、医薬品は上げ 幅を縮めている。東証33業種では、石油・石炭製品を除く32業種が上昇しており、値 上がり率上位には海運業、銀行業、卸売業が入っている。 <11...

午前の日経平均は3日続伸、約2カ月ぶり高値 米利上げ鈍化観測で

午前の東京株式市場で日経平均は、前営業日比332円84銭高の2万8448円58銭と、3日続伸した。前日の米株高の流れを引き継いで、日本株はしっかりの展開だった。昨日公表された米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨から米利上げペース鈍化の観測が高まり、投資家心理が改善した。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は上げ幅拡大、一時節目の2万8500円を回復

<10:26> 日経平均は上げ幅拡大、一時節目の2万8500円を回復 日経平均は上げ幅を拡大し、前営業日比約360円高の2万8400円台後半で推移 している。一時、上げ幅は380円を超え、2万8500円台を回復。9月13日以来の 高水準となった。幅広い業種で買いが優勢となっており、しっかりした地合いが続いてい る。 ただ、市場では「日経平均は2万8500円を超えてくることはあっても、そこから 2万9000円台に向けて上昇していく可能性は低いのではないか」(国内証券・ストラ テジスト)との声が聞かれる。足元でドル/円相場が円高方向に振れていることから...

寄り付きの日経平均は3日続伸、米株高を好感

寄り付きの東京株式市場で日経平均は、前営業日比257円98銭高の2万8373円72銭と、3日続伸してスタートした。前日の米国株高の流れを引き継いで日経平均は堅調に推移し、寄り付き後も300円超高と上げ幅を拡大している。値がさ株がしっかりのほか、半導体関連株が堅調。

〔マーケットアイ〕株式:寄り前の板状況、タムロンは買い優勢 マイネットは売り優勢

<08:20> 寄り前の板状況、タムロンは買い優勢 マイネットは売り優勢 東証プライム市場の寄り前の板状況では、買い優勢と売り優勢のそれぞれ上位銘柄群 は以下の通り。 買い優勢 銘柄名 騰落 MID 買気 売気 終値 率 気配 配 配 1 タムロン 22% 3,92 3,92 3,92 3,22 0 0 0 0 2 オークネット 18% 2,26 2,26 2,26 1,91 1 0 1 5 3 塩野義製薬 18% 8,44 8,44 8,44 7,17 4 4 4 1 4 東亜道路工業 17% 7,00 7,00 7,00 6,00...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「中陰線」、MACDがデッドクロス

<15:47> 日経平均・日足は「中陰線」、MACDがデッドクロス 日経平均・日足は上にごく短いヒゲを伴う「中陰線」となった。終値は2万6237 円42銭だった。5日移動平均線(2万6692円58銭=13日)が角度を付けて下を 向いており、短期的には下落相場が継続すると見込まれている。 また、MACDはシグナルをデッドクロスした。目先の日経平均は節目の2万600 0円を下回るかどうか注目されそうだ。 <15:10> 新興株はマザーズが4日続落、節目の700ポイント割れ 新興株式市場は、マザーズ総合は2.03%安の699.13ポイントと、...

〔マーケットアイ〕株式:新興株はマザーズが4日続落、節目の700ポイント割れ

<15:10> 新興株はマザーズが4日続落、節目の700ポイント割れ 新興株式市場は、マザーズ総合は2.03%安の699.13ポイントと、4日続落 した。節目の700ポイントを下回り、3日以来の低水準となった。東証グロース市場指 数は2.03%安の888.78ポイントだった。米長期金利の高止まりを背景にグロー ス(成長)株の売り圧力が強まったほか、新規IPO銘柄中心に利益確定売りが出た。 個別では、FPパートナー、ITbookホールディングス、Re covery Internationalが堅調に推移した。 反面、FIXER、マイクロ波化学...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均はマイナス圏で小動き、米CPI後の株価に関心

<13:10> 日経平均はマイナス圏で小動き、米CPI後の株価に関心 日経平均は、9月の米消費者物価指数(CPI)の発表を前に、マイナス圏での小動 きが続いている。時間外取引の米株先物が小高く推移し、投資家心理を支えている。 CPIの発表値が市場予想を上回った場合、米国の金融引き締めやそれに伴う景気悪 化への懸念が強まり、株価下押しが警戒されそうな一方、予想を下回った場合、買い戻し の動きになると見込まれている。 ただ、米連邦準備理事会(FRB)のインフレ目標2%との乖離は依然として大きい ことから警戒感はくすぶり「いったん買い戻されたとしても...

午前の日経平均は続落、米CPI控え様子見 決算材料に個別物色も

午前の東京株式市場で日経平均は、前営業日比136円58銭安の2万6260円25銭と、続落した。米国の金融引き締めやそれに伴う景気後退への警戒感が引き続き重しになった。9月米消費者物価指数(CPI)の発表を控えて模様眺めとなる中、広く薄く売られた。個別では、決算を材料にした物色がみられた。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は小安い、リオープン関連は利益確定優勢 決算材料の動きも

<10:57> 日経平均は小安い、リオープン関連は利益確定優勢 決算材料の動 きも 日経平均は小安い水準での推移が続いている。徐々に下げ幅を広げ、一時140円安 に下落した。 米消費者物価指数(CPI)の発表を控えて模様眺めが強まっており、市場では「売 りが出ているというより、買いが引っ込んでいる状態」(国内証券のストラテジスト)と の声が聞かれた。 新型コロナウイルスの水際対策緩和や全国旅行支援への期待感から前日にかけて堅調 だった百貨店や旅行関連、空運、陸運など経済再開(リオープン)関連株は利益確定売り が優勢となっている。 トレジャー・ファクトリー...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は弱もち合い、引き続き模様眺め 薄く広く売られる

<10:10> 日経平均は弱もち合い、引き続き模様眺め 薄く広く売られる 日経平均は弱もち合い。2万6300円台で推移している。引き続き模様眺め。午前 10時10分現在の東証プライム市場の値下がりは1328銘柄と全体の71%となって いるが、薄く広く売られている様子で、指数が大きく崩れる気配は感じられない。 市場では「9月米消費者物価指数(CPI)の発表後に株価は大きく変動してきた経 緯があるため、きょうのところは積極的な売り買いを控えることになりそうだ」(国内証 券・ストラテジスト)との声が聞かれた。 物色面では、東京エレクトロン、ファーストリテイリング...

寄り付きの日経平均は小動きスタート、米CPI発表を控え様子見

  寄り付きの東京株式市場で、日経平均は前営業日比1円46銭高の2万6398円29銭と小動きでスタートした。米国時間に9月米消費者物価指数(CPI)の公表を控えており、結果を見極めたいというムードから様子見気分となっている。

〔マーケットアイ〕株式:寄り前の板状況、トレジャー・ファクトリーが買い優勢 三桜工業は売り優勢

<08:41> 寄り前の板状況、トレジャー・ファクトリーが買い優勢 三桜工業 は売り優勢  東証プライム市場の寄り前の板状況では、買い優勢と売り優勢のそれぞれ上位銘柄群 は以下の通り。 買い優勢 銘柄名 騰落 MID 買気 売気 終値 率 気配 配 配 1 トレジャー・ファクトリー <309 14% 1,89 1,89 1,89 1,66 3.T> 0 0 0 5 2 東芝 9% 5,60 5,60 5,60 5,13 1 0 1 3 3 関西ペイント 9% 2,24 2,24 2,24 2,06 5 4 5 5 4 ウイングアーク1st...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「中陽線」、5日線と10日線が急上昇

<15:51> 日経平均・日足は「中陽線」、5日線と10日線が急上昇 日経平均・日足は下に短いヒゲを伴う「中陽線」。買い手の心理としては強い上昇期 待感を示している。終値は2万7803円00銭。 5日移動平均線(2万7175円36銭=21日)や10日線(2万6851円23 銭=同)が角度を付けて急上昇しており、強い相場を示唆している。ただ、日経平均は6 日続伸と急ピッチで上昇していることから、短期的には高値警戒感も意識されそうだ。 <15:36> 新興株はマザーズが3日続伸、グロース株に買い戻し 新興株式市場は、マザーズ総合が2.79%...

〔マーケットアイ〕株式:新興株はマザーズが3日続伸、グロース株に買い戻し

<15:36> 新興株はマザーズが3日続伸、グロース株に買い戻し 新興株式市場は、マザーズ総合が2.79%高の714.67ポイントと3日続伸 して取引を終えた。東証グロース市場指数は前営業日比2.84%高の908.26ポイ ントで取引を終了。市場では「投資家の新規の買いが入っているというよりは、これまで 売られていた銘柄を買い戻す動きが中心」(国内運用会社)との声が聞かれ、グロース( 成長)株の上昇が目立った。 個別では、BASEやHENNGEが商いを伴って上昇。その他、 スポーツフィールドがストップ高となったほか、メディネットも堅調に...

〔マーケットアイ〕株式:小幅高でもみ合い、「日銀総裁の為替発言に注目」との声

<13:57> 小幅高でもみ合い、「日銀総裁の為替発言に注目」との声 後場の日経平均は、前営業日比約60円高の2万7700円台半ばでもみ合う展開が 続いている。物色に特徴は見られず方向感のない値動きで、マーケット参加者は新規材料 待ちで積極的に動きづらい状況となっている。 日銀の金融政策決定会合の結果は「想定通りの内容で、サプライズはない」(国内運 用会社)と受け止められた。ドル/円が138円前半で推移し円安基調が続く中、「黒田 東彦日銀総裁の為替に関する発言に変化がみられるかどうか注目している」(同)という 。 東証33業種では、値上...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は小高い、日銀の物価見通し「影響大きくない」との受け止め

<12:38> 日経平均は小高い、日銀の物価見通し「影響大きくない」との受け 止め 日経平均は後場に入って小幅プラスに浮上した。日銀の金融政策決定会合の結果が昼 休み時間中に公表され、金融政策の現状維持と伝わった後、先物が強含んでいた。 2022年度の物価上昇率予想は目標の2%を上回る2.3%に引き上げたが「株式 市場では、政策への影響は大きくない水準と受け止められたようだ」(国内運用会社)と の指摘が出ていた。 <12:20> 日経平均先物は上昇、日銀政策「現状維持」で安心感も 日経平均先物は昼休み時間中に上昇した。日銀の金融政策決定会合...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均先物が上昇、日銀政策「現状維持」で安心感も

<12:20> 日経平均先物は上昇、日銀政策「現状維持」で安心感も 日経平均先物は昼休み時間中に上昇した。日銀の金融政策決定会合の結果が公表され 、金融政策の現状維持と伝わった後、強含んだ。市場では「市場内には政策変更への警戒 感もあったようだ。金融緩和政策の継続が確認されたことで安心感が出たのだろう」(国 内証券)との声が聞かれた。 <11:50> 前場の日経平均は小幅反落、前日の大幅高で利益確定売りが重し 前場の東京株式市場で日経平均は、前営業日比22円73銭安の2万7657円53 銭と、小幅に反落した。前日までの上昇が急ピッチだったことから...

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up