for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

株式会社エディア

3935.T

現在値

437.00JPY

変化

--(--)

本日のレンジ

--

 - 

--

52週レンジ

410.00

 - 

752.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
437.00
始値
--
出来高
--
3か月平均出来高
0.86
高値
--
安値
--
52週高値
752.00
52週安値
410.00
発行済株式数
6.12
時価総額
2,619.19
予想PER
--
配当利回り
--

次のエベント

Q1 2022 Edia Co Ltd Earnings Release

適時開示

その他

Edia says business and capital alliance with HIFUMI SHOBO

Edia says exercise of options

Edia says exercise of options

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

株式会社エディアとは

エディアは、スマートフォンなどのモバイル向けコンテンツサービスの企画・開発・運営を行うモバイルインターネットサービス事業を主たる事業とする。【事業内容】同社は2つの主たるサービスに分類される。ゲームサービスは、スマートフォンアプリマーケットや様々なプラットフォームへ、ゲームアプリケーションを提供し、自社タイトルとアライアンスタイトルの2つのサービスがある。ライフサポートサービスは、店舗検索アプリやコンテンツアプリなど生活密着型の実用サービスを提供し、主としてライフサポート、融合ジャンル、ソリューションの3つサービスを含む。

業種

Computer Services

連絡先

7F

Kobun-kosan Bldg., 2-4-3, Hitotsubashi

CHIYODA-KU, TKY

101-0003

Japan

+81.3.52105801

http://www.edia.co.jp/

エグゼクティブリーダーシップ

Masanori Harao

Chairman of the Board, Representative Director

Yoshinari Kashima

President, Representative Director

Nobuaki Yoneyama

Executive Officer

Tomonori Fujiike

Independent Director

Chikao Kashiwakura

Independent Director

統計

株価売上高倍率(過去12カ月)
--
株価売上高倍率(過去12カ月)
1.06
株価純資産倍率(四半期)
3.45
株価キャッシュフロー倍率
94.31
総負債/総資本(四半期)
66.71
長期負債/資本(四半期)
23.06
投資利益率(過去12カ月)
-7.61
自己資本利益率(過去12カ月)
-4.03

最新ニュース

最新ニュース

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陰線」、投資家の失望感

<15:39> 日経平均・日足は「小陰線」、投資家の失望感 日経平均・日足は長い上ヒゲと短い下ヒゲを伴う「小陰線」。高値圏で「トウバ」に近い形状が出現し たことは売りシグナルとなる場合もある一方、25日移動平均線(2万3377円33銭=16日)は右肩 上がりとなっており、上昇トレンドの継続も示唆されている。拡散基調に入ったボリンジャーバンドのプラ ス3シグマに追随して上昇する可能性もある。 チャート的には2万3600円近辺がいったん下値めどとして意識されている。 <15:11> マザーズ指数は4日続落、サンバイオはストップ安比例配分 ...

〔マーケットアイ〕株式:マザーズ指数は4日続落、サンバイオがストップ安比例配分

<15:11> マザーズ指数は4日続落、サンバイオはストップ安比例配分  新興株市場では、日経ジャスダック平均が続伸、東証マザーズ指数が4日続落となった。マザーズ市場 では時価総額の高いサンバイオ がストップ安比例配分となり、指数を押し下げた。 サンバイオと日本住友製薬 が13日、北米での慢性期脳梗塞を対象とした再生細胞薬「SB6 23」の共同開発を中止しライセンス契約を解消することで合意したと発表したことが嫌気された。サンバ イオは16日、開発は継続し、新たなパートナーとの提携を含めた複数の選択肢を検討するとのコメントを 発表している...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陰線」、煮詰まり感を強める

<15:50> 日経平均・日足は「小陰線」、煮詰まり感を強め る 日経平均・日足は、短い下ヒゲを伴うとともに寄り付きがほぼ「坊 主」となる「小陰線」。前日に続いて「コマ」の形状となる足を引き、 依然として気迷いが強い状況だ。5日移動平均線(2万3374円81 銭=11日現在)と25日移動平均線(2万3322円95銭=同)が 絡み合うなど、煮詰まり感を強めている。 翌日に上振れして11月26日に付けた年初来高値(2万3608 円06銭)に接近すると、チャートは「ペナントフラッグ」の色彩を色 濃くすることになりそうだ。煮詰まり具合から、上下...

〔マーケットアイ〕株式:ジャスダック指数は14日続伸 利益確定売りも

<15:22> ジャスダック指 数は14日続伸 利益確定売りも 新興株式市場はまちまち、日経ジャスダックは14日続伸し連日の 年初来高値更新、東証マザーズ指数は反落した。 きょう東証マザーズ市場に上場したマクアケ は公開価格を 74.83%上回る2710円で初値を形成し、2980円で引けた。 上場2日目のALiNKインターネット は公開価格の2.36 倍の4020円で初値を付け、その後も買われ4665円で取引を終え た。 市場からは「IPOや(セクターやテーマに関係ない)個別の銘柄 が幅広く物色された。ジャスダックは14日続伸ではあるものの...

〔マーケットアイ〕新興株式市場は堅調、決算発表など個別材料に反応

<15:50> 新興株式市場は堅調、決算発表など個別材料に反応 新興株式市場は堅調。日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数はともに4日続伸し た。市場からは「きょうは決算発表やIR(投資家向け広報)などが材料視され、個別要 因による売買が目立った」(国内証券)との声が出ていた。 ジャスダック市場では、ジェイテック 、栄電子 が急騰しストップ高 比例配分。プロパスト は反落した。 マザーズ市場ではそーせいグループ が6日続伸、チームスピリット が3日続伸。霞ヶ関キャピタル は7日ぶり反落、エディア は3日続落し た。 <15:07> 日経平均...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陽線」、上昇トレンドは継続

<15:39> 日経平均・日足は「小陽線」、上昇トレンドは継続 日経平均・日足は上下にヒゲを伴う「小陽線」。上昇期待感を持ちつつ、高値警戒感も意識せざるを得 ない投資家の気迷い心理を表している。25日移動平均線(2万1919円80銭=21日)や75日移動 平均線(2万1373円83銭=同)は右肩上がりで、上昇トレンドの継続を示唆。拡散基調に入ったボリ ンジャーバンドのプラス2シグマに沿う形で上昇する可能性がある。 一方、現値は年初来高値圏。短期RSI(相対力指数)は買われ過ぎ圏内、騰落レシオ(東証1部、2 5日平均)も121%台となっている...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場、指数は3日続伸でも底打ち感なし

<15:21> 新興株市場、指数は3日続伸でも底打ち感なし  新興株市場で、日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数はともに3日続伸した。指数自体は上昇した ものの、「東証1部の方に資金が流れており、底を打った感じではない。決算が出てから取引される銘柄も 増えている」(国内証券)といい、弱い地合いが続いているという。 個別では、ロゼッタ が堅調。プロパスト 、栄電子 、中村超硬 、霞ヶ 関キャピタル はストップ高比例配分。YKT も大幅高となった。半面、エディア は大幅安。メディア工房 も売られた。 <13:11> 日経平均は後場堅調、売...

〔マーケットアイ〕株式:新興株式市場は小幅高、ワークマンは戻りに転じる

<15:50> 新興株式市場は小幅高、ワークマ ンは戻りに転じる 新興株式市場は小幅高。日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数はともに小反発し た。 ジャスダック市場ではワークマン 、アエリア 、日本マクドナルドホ ールディングス が上昇。市場からは「ワークマンは前日大きく売られたことが 個人投資家のセンチメントに影響するか心配していたが、それほど悪影響は広がっていな い」(国内証券)との声が出ていた。プロパスト は反落した。 マザーズ市場ではエディア 、ブシロード が上昇。ロゼッタ 、サンバイオ は下落した。 <15:25> 日経平均...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陰線」、一目均衡表の基準線などサポート

<15:55> 日経平均・日足は「小陰線」、一目均衡表の基準線などサポート   日経平均・日足は短い下ヒゲを伴う大引けが「坊主」の「小陽線」。下値を小幅ながら切り下げたもの の、75日移動平均線(2万1280円45銭=4日現在)や一目均衡表の基準線(2万1308円34銭 =同)にサポートされ、目先的に底入れした格好となっている。上げ幅から自律反発の域は出ていないもの の、高値引けとなった引け味の良さからリバウンドが期待できる状況となった。 一目均衡表では、遅行線(本日終値の2万1410円20銭と同値)が「雲」領域上限で反転。また、 8月...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場はしっかり、値幅取り狙いの資金が流入

<15:10> 新興株市場はしっかり、値幅取り狙いの資金が流入 新興株市場はしっかり。日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数ともに反発した。市場では「好材料 が出た銘柄、値動きの良い低位株などを中心に値幅取り狙いの資金が流入している」(国内証券)といった 声が出ていた。 ジャスダック市場では、レイ がストップ高比例配分となったほか、アマガサ もストッ プ高、シンワワイズ が大幅上昇したが、フューチャーベンチャーキャピタル 、ワークマン などがさえない。 マザーズ市場では、霞ヶ関キャピタル がストップ高となったほか、直近IPOのパワーソリュ...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陽線」、理外の理と言える上昇に発展も

<16:00> 日経平均・日足は「小陽線」、理外の理と言える上昇に発展も 日経平均・日足は上下にヒゲを伴う「小陽線」。オシレーター系指標の過熱感が強まる中で、上値を切 り上げて10日続伸となったほか、終値で心理的な抵抗線と意識される2万2000円を回復し、強い基調 にあるとの印象を与えている。ここから理外の理とも言える上昇に発展しそうな気配だ。 当面の節目としては、4月24日のザラ場年初来高値2万2362円92銭が意識されるものの、そこ までは目立った抵抗線も見当たらないことから、このまま同高値にトライする可能性が高い。翌日も続伸す ると...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場は堅調、ジャスダック平均は8日続伸

<15:13> 新興株市場は堅調、ジャスダックは8日続伸 新興株市場で、日経ジャスダック平均は小幅に8日続伸、東証マザーズ指数は3日ぶり反発した。市場 からは「地政学リスクが意識される中、外部環境に左右されにくい新興株が物色された」(国内証券)との 声が出ていた。 ジャスダック市場では、プロルート丸光 、クラスターテクノロジー がストップ高比例 配分、OSGコーポレーション が一時ストップ高。半面、SAMURAI&J PARTNERS は大幅安となった。 マザーズ市場では、エディア が一時ストップ高。データセクション 、GA tech...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「十字線」、節目更新するが実質「一文新値」に

<15:55> 日経平均・日足は「十字線」、節目更新するが実質「一文新値」に 日経平均・日足は長めの上ヒゲを伴う「十字線」。実体部分と下ヒゲがほとんどない「トウバ足」の形 状だ。過熱感を示すオシレーター系指標が目立つ中で、これまで定石破りとも言える上昇を演じてきたが、 売り買いがきっ抗し始め、基調の転換を暗示する「トウバ足」を引いたことで、いったん休養する可能性が 高くなっている。 今回は、戻りの節目として意識されていた7月25日のザラ場戻り高値2万1823円07銭を更新し たものの、その値幅はわずか2円あまりで実質的に「一文新値」にとどまったほか...

〔マーケットアイ〕株式:新興株式市場は高安まちまち、商いは盛り上がりを欠く

<15:05> 新興株式市場は高安まちまち、商いは盛り上がりを欠く 新興株市場は高安まちまち。日経ジャスダック平均が6日続伸、しっかりとなる銘柄が目立ったが、東 証マザーズ指数は反落した。全体的に商いは盛り上がりを欠いている。市場では「1部市場が堅調となる中 、新興株式市場では先行して買われた銘柄に利益確定売りが出ている」(国内証券)との指摘があった。 ジャスダック市場では、ワークマン 、UTグループ が堅調となったほか、ソーバル < 2186.T>がしっかり。半面、前日に買われた免疫生物研究所 が急反落し、ニックス 、オリ コン などがさえない...

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up