for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

LINE株式会社

3938.T

現在値

5,390.00JPY

変化

30.00(+0.56%)

出来高

1,755,000

本日のレンジ

5,330.00

 - 

5,390.00

52週レンジ

2,911.00

 - 

5,410.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
5,360.00
始値
5,360.00
出来高
1,755,000
3か月平均出来高
9.50
高値
5,390.00
安値
5,330.00
52週高値
5,410.00
52週安値
2,911.00
発行済株式数
239.87
時価総額
1,300,786.00
予想PER
-62.27
配当利回り
--

次のエベント

Q2 2020 Line Corp Earnings Release

適時開示

その他

Line Corp Considering Entering Cryptocurrency Business In Japan, Nothing Officially Decided

Line Is Close To Having Cryptocurrency Exchange License Issued In Japan - Bloomberg

Naver Says Its Two Units, Line Corp And Line Pay Corp, To Spend As Much As 30 Billion Yen In Japan

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

LINE株式会社とは

LINEグループ(LINE Corporation)は、主としてモバイルメッセンジャー・アプリケーション「LINE」によるLINEビジネス・ポータル事業を展開する。【事業内容】同社はLINEビジネス・ポータル事業の単一セグメントを運営し、コミュニケーション及びコンテンツと広告という二つの部分により構成される。コミュニケーション及びコンテンツはサービス、トーク、スタンプ、タイムライン、着せかえ、無料通話、LINE Out等のサービスを提供するコミュニケーション、LINE GAME、LINE PLAY、LINEマンガ、LINE MUSIC、LINEバイト等のサービスを提供するコンテンツ及びLINE Pay、LINE FRIENDS、LINE Mobile、スタートアップ投資サービスを提供するその他を含む。広告サービスは、LINE広告とポータル広告を含む。

業種

Computer Services

連絡先

23F, JR Shinjuku Miraina Tower

4-1-6, Shinjuku

SHINJUKU-KU, TKY

160-0022

Japan

+81.3.43162050

https://linecorp.com/ja/

エグゼクティブリーダーシップ

Hae Jin Lee

Chairman of the Board

Takeshi Idezawa

President, Chief Executive Officer, Representative Director

In Joon Hwang

Chief Financial Officer, Director

Euivin Park

Chief Technology Officer, Senior Executive Officer

Takeshi Nakayama

Chief Information Security Officer, Executive Officer, Chief Privacy Officer, Data Protection Officer

統計

2.71 mean rating - 7 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, JPY)

2017

0.2K

2018

0.2K

2019

0.2K

2020(E)

0.3K
EPS (JPY)

2017

36.560

2018

-15.620

2019

-196.070

2020(E)

-86.559
株価売上高倍率(過去12カ月)
--
株価売上高倍率(過去12カ月)
5.55
株価純資産倍率(四半期)
8.85
株価キャッシュフロー倍率
--
総負債/総資本(四半期)
143.12
長期負債/資本(四半期)
134.11
投資利益率(過去12カ月)
-13.96
自己資本利益率(過去12カ月)
-9.73

最新ニュース

最新ニュース

コラム:テレワーク実施率5.6%の衝撃、政府の強い関与不可欠

安倍晋三首相は7日の会見で、緊急事態宣言を1カ月で終了するには、人と人との接触を8割ないし7割削減する必要があると強調した。だが、テレワークの実施率が5.6%に過ぎないという衝撃的な結果が、厚生労働省がLINE<3938.T>に委託して実施した全国調査で明らかになった。新型コロナウイルスの感染拡大リスクの一つとして若者の無理解が強調されてきたが、企業経営者の対応にも大きな問題がありそうだ。

8割以上が緊急事態宣言を支持=孫氏ツイッター調査

ソフトバンクグループ<9984.T>の孫正義会長兼社長がツイッターで実施したアンケートによると、80%以上が緊急事態宣言の発令を支持した。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は中陽線、買い勢力強まる「たすき線」に

<15:35> 日経平均・日足は中陽線、買い勢力強まる「たすき線」に   日経平均・日足は「中陽線」。下ヒゲを伴うととともに大引けが「丸坊主」となり、買い勢力が強まっ たことを示している。典型的な「たすき線」で、底値圏からの離脱局面で出現したことから、追撃買いの場 面と感じさせた。ただ、「はらみ線」の直後で前々日高値(1万9564円38銭)を上回れなかっただけ に、ダマシも警戒されるところ。強気への転換は前々日高値の更新を待ちたい。 <15:20> 新興株市場は反発、個別に物色 出前館はストップ高 新興株市場で東証マザーズ指数、日経ジャスダック...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場は反発、個別に物色 出前館はストップ高

<15:20> 新興株市場は反発、個別に物色 出前館はストップ 高 新興株市場で東証マザーズ指数、日経ジャスダック平均はともに反発。東証マザーズ指数は1.47% 高、日経ジャスダック平均は1.33%高となった。新型コロナウイルスの感染者数急増が警戒されている なか、前日に続き関連する銘柄が買われるなど、個別物色が目立った。LINE による子会社化が 発表された出前館 はストップ高となった。 マザーズ市場では、フリー 、JMDC が反発。食品宅配事業などを手掛けるオイシッ クス・ラ・大地 は4日続伸した。弁護士ドットコム は続落、Sansan...

ホットストック:出前館はストップ高、LINEによる子会社化を好感

ジャスダックに上場する出前館はストップ高。26日にLINEが出前館の株式の追加取得と資本業務提携契約の締結を発表したことが好感されている。出前館が実施する第三者割当増資を、LINEと親会社の韓国NAVERのグループ会社であるNAVER J.Hubが共同で設立する未来Fund有限責任事業組合が引き受け、合わせて約300億円出資する。出資後の持株比率はLINEが35.87%、未来Fundが約25.05%となり、事実上子会社となる。

ソフトバンク、5G商用サービスを27日開始 使用料は月1000円

ソフトバンクは5日、次世代通信網「5G」の商用サービスを3月27日から開始すると発表した。月額使用料は月1000円。5Gサービスの詳細を発表するのは国内で初めて。

今日の株式見通し=反発、新型肺炎への懸念で上値は重い

きょうの東京株式市場で日経平均株価は、反発が想定されている。前日の米国株式市場は主要株価3指数が上昇、為替も109円台で取引されており、東京株式市場も小高い水準での推移が見込まれる。ただ、新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大への警戒が依然として相場を支配しているため、上値は重い展開となりそうだ。

「メガトレンド」対処へ、変革かじ取り次世代に=永井・野村HD社長

野村ホールディングス(HD)<8604.T>の永井浩二社長兼グループ最高経営責任者(CEO)はロイターとのインタビューで、世界的な低金利や日本固有の少子高齢化、東京一極集中などの「メガトレンド」を念頭に、変革への取り組みを次世代に託す考えを述べた。富裕層向けに開業した中国合弁「野村東方国際」で、資金調達やM&A(買収・合併)なども含めたフルラインアップ化を今後数年で実現することへの期待感も示した。

ヤフーとLINEの経営統合で最終合意、ソフトバンクが主導権

ヤフーを傘下に持つZホールディングス(HD)<4689.T>とソフトバンク<9434.T>、SNSサービスのLINE<3938.T>とその親会社のネイバー<035420.KS>は23日、ヤフーとLINEの経営統合に関する最終合意書を締結したと発表した。新たに設立する合弁会社の取締役の過半数はソフトバンク側となり、主導権を握る。

ZホールディングスとLINE、経営統合で最終合意

ヤフーを傘下に持つZホールディングス(HD)とSNSサービスのLINEは23日、経営統合に関する最終合意書を締結したと発表した。

法人部門コスト削減は「6割後半」進捗、新たな行動規範も=野村HD

野村ホールディングス(HD)<8604.T>は3日、2022年3月期までのコスト削減目標約1400億円のうち、法人向けのホールセール部門で6割後半進捗したことを明らかにした。都内で開催した投資家向けフォーラムで説明した。情報漏えい問題で金融庁から業務改善命令を受けたことを踏まえ、新たな行動規範を策定し、内部管理体制の立て直しを加速させることも説明した。

ホットストック:ZHDが行って来いに、LINEは高株価を保つ

ヤフーを傘下に持つZホールディングス(HD)が大幅安となり、経営統合が報じられる前の水準まで下落、株価は行って来いとなった。午前9時20分現在、東証1部で値下がり率第1位。一方、LINEは今回の報道後に年初来高値5400円まで買われた後も高株価を保っている。

ヤフーとLINEが経営統合、IT業界の「第3極」目指す

ヤフーを傘下に持つZホールディングス(HD)<4689.T>とSNSサービスのLINE<3938.T>は18日、経営統合に関する基本合意書を締結したと発表した。それぞれのユーザー基盤や経営資源を集約し、アジアや世界に展開するリーディングカンパニーになることを目指すとしている。

WRAPUP 1-ヤフーとLINEが経営統合、IT業界の「第3極」目指す

ヤフーを傘下に持つZホールディ ングス(HD)とSNSサービスのLINEは18日 、経営統合に関する基本合意書を締結したと発表した。ユーザー基盤や 経営資源を集約し、米中の強豪がひしめく世界のIT業界で「第3極」 になることを目指すとした。 ZHDの親会社ソフトバンクとLINEの親会社NAVERが折半 出資する共同出資会社がZHDを傘下に置き、その下に完全子会社とし てヤフー、LINEが入る。今年12月をめどに、法的拘束力のある最 終契約の締結を目指し協議・検討を進めていく方針。AI(人工知能) や検索、通信、広告、決済、コミュニケーション...

BRIEF-ZHD・CEO:LINEとヤフーの統合、利用者基盤・事業で補完し合う

* 川邊ZHD・CEO:対等の経営統合=ヤフー・LINE統合で * ZHD・CEO:利用者基盤はLINEは若者・ヤフーはシニア、統合で補完 * ZHD・CEO:事業上も補完的、メッセンジャーのLINE・Eコマースのヤフー *この記事の詳細はこの後送信します。新しい記事は見出しに「UPDATE」と表示します。

コラム:孫氏が本領発揮、ヤフー・LINE統合に大きなうまみ

検索サービスのヤフーを展開するZホールディングス<4689.T>と無料通信アプリを手掛けるLINEが、経営統合に向けて検討に入った。高齢者の5人に4人が買い物の支払いを現金で行っている日本で、出遅れていたデジタル決済サービスが拡大のチャンスを迎えた。Zホールディングスの親会社・ソフトバンクグループ<9984.T>を率いる孫正義氏が、本領を発揮した形だ。

再送-UPDATE 1-ヤフーとLINEが経営統合を正式発表、アジアや世界でリード目指す

(グラフィックスを追加しました) [東京 18日 ロイター] - ヤフーを傘下に持つZホールディ ングス(HD)とSNSサービスのLINEは18日 、経営統合に関する基本合意書を締結したと発表した。それぞれのユー ザー基盤や経営資源を集約し、アジアや世界に展開するリーディングカ ンパニーになることを目指すとしている。 ZHDの親会社ソフトバンクとLINEの親会社NAVERが折半 出資する共同出資会社がZHDを傘下に置き、その下に完全子会社とし てヤフー、LINEが入る。今年12月をめどに、法的拘束力のある最 終契約の締結を目指して協議・...

ZHDとLINEの株式売買を午前8時46分から再開=東証

東証は18日、Zホールディングス(HD)とLINEの株式売買を午前8時半から一時停止し、8時46分から再開すると発表した。経営統合に関する発表が行われたため。 (伊賀大記)

アジア株式市場サマリー:引け(14日)

(配信時間に応じて内容を更新します) [14日 ロイター] -  終値 前日比 % 始値 高値 安値 コード 中国 上海総合指数 2909.8697 + 4.6288 + 0.16 2907.7358 2917.3740 2899.6186 前営業日終値 2905.2409 中国 CSI300指 3905.857 +5.876 +0.15 3905.928 3916.946 3895.142 <.CSI30 数 0> 前営業日終値 3899.982 香港 ハンセン指数 26323.69 -247.77 -0.93 26444.23 26605.96...

日経平均は続落、複数の売り材料 先行きに不透明感

東京株式市場で日経平均は続落。ドル/円の円高基調、中国経済指標の予想下振れ、連日の香港ハンセン指数の下落などが投資家心理を圧迫した。前場はプラス圏に浮上する場面はあったものの、後場には下落し、下げ幅は一時250円を超えた。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up