for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

住友化学株式会社

4005.T

現在値

505.00JPY

変化

-10.00(-1.94%)

出来高

8,589,000

本日のレンジ

503.00

 - 

510.00

52週レンジ

488.00

 - 

599.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
515.00
始値
504.00
出来高
8,589,000
3か月平均出来高
145.71
高値
510.00
安値
503.00
52週高値
599.00
52週安値
488.00
発行済株式数
1,635.39
時価総額
852,768.00
予想PER
6.42
配当利回り
4.66

次のエベント

Q2 2023 Sumitomo Chemical Co Ltd Earnings Release

適時開示

その他

Japan Business Lobby Keidanren Chairman Nakanishi To Step Down, Replaced By Sumitomo Chemical Chairman Tokura - Kyodo

Meridian Energy Says Rio Tinto To Terminate Contract Relating To Smelter

Rio Tinto Says Will Start Planning For Wind-Down Of Ops And Eventual Closure Of New Zealand Aluminium Smelters

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

住友化学株式会社とは

住友化学グループは、総合化学事業を展開する。【事業内容】5つの事業セグメントで構成される。石油化学事業は、石油化学品、無機薬品、合繊原料、有機薬品、合成樹脂、メタアクリル、合成樹脂加工製品等化学製品の製造・販売を行う。エネルギー・機能材料事業は、アルミナ製品、アルミニウム、化成品、添加剤、染料、合成ゴム、エンジニアリングプラスチックス、電池部材等の製造・販売を行う。情報電子化学事業は、光学製品、カラーフィルター、半導体プロセス材料、化合物半導体材料、タッチセンサーパネル等を提供する。健康・農業関連事業は、農薬、肥料、農業資材、家庭用・防疫用殺虫剤、熱帯感染症対策資材、飼料添加物、医薬化学品等を提供する。医薬品事業は、医療用医薬品、放射性診断薬等を提供する。また、電力・蒸気の供給、化学産業設備の設計・工事監督、運送・倉庫業務及び物性分析・環境分析業務等も行う。

業種

Chemical Manufacturing

連絡先

Tokyo Sumitomo Twin Bldg. East Kan

2-27-1, Shinkawa

CHUO-KU, TKY

103-6020

Japan

+81.3.52010200

https://www.sumitomo-chem.co.jp/

エグゼクティブリーダーシップ

Masakazu Tokura

Chairman of the Board, Representative Director

Keiichi Iwata

President, Executive President, Representative Director

Hiroshi Niinuma

Executive Vice President, Director

Hiroshi Ueda

Executive Vice President, Director

Kingo Akahori

Senior Managing Executive Officer, Representative Director

統計

2.58 mean rating - 12 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, JPY)

2020

2.2K

2021

2.3K

2022

2.8K

2023(E)

3.1K
EPS (JPY)

2020

18.910

2021

28.160

2022

99.160

2023(E)

91.979
株価売上高倍率(過去12カ月)
4.29
株価売上高倍率(過去12カ月)
0.29
株価純資産倍率(四半期)
0.63
株価キャッシュフロー倍率
2.16
総負債/総資本(四半期)
105.52
長期負債/資本(四半期)
81.27
投資利益率(過去12カ月)
8.91
自己資本利益率(過去12カ月)
5.31

最新ニュース

最新ニュース

アングル:円安でインバウンド期待、中途半端な水際対策に不満の声

急速な円安進行に新型コロナウイルスの水際対策の緩和が重なり、運輸・観光業界ではインバウンド(訪日観光客)需要への期待が高まっている。しかし、入国者にはビザ(査証)取得が義務づけられたままで、個人旅行もいまだ解禁されず、せっかくの円安が生かしきれないと不満の声が聞かれる。

再送今の円安は投機的、金融政策の方向性の議論はなじまず=経団連会長

経団連の十倉雅和会長(住友化学会長)は5日午後の記者会見で、為替相場について「今の円安は投機的な動きが多い」とした上で、「投機的な円安の動きで金融政策の方向性を議論するのはなじまない」との認識を示した。

円安で経済好転する時代でない、中国景気は注視必要=経団連会長

経団連の十倉雅和会長(住友化学会長)は18日の記者会見で、円の対ドル相場が126円後半と20年ぶり安値をつけたことに関連し「昔は円安になれば貿易収支も経常収支も経済もよかったという、そう単純なものでなくなっている」と述べ、急速な円安進行に警戒感を示した。

エネルギー安保の重要性再認識、構造的円安には憂慮=経団連会長

経団連の十倉雅和会長(住友化学会長)は22日の記者会見で、東京電力管内で電力需給が逼迫していることに対し「エネルギー安全保障の重要性が再認識されたと思う」としたうえで、原子力発電所の再稼働を重ねて求めた。

サハリン2の事業継続、経済安保踏まえ官民で協議を=経団連会長

日本経済団体連合会(経団連)の十倉雅和会長(住友化学会長)は7日の記者会見で、ロシアで日本企業が参画している石油・天然ガス開発事業「サハリン2」の事業継続判断は、経済安全保障の観点を踏まえ、政府と民間が協議したうえで、G7各国と歩調を合わせて対応すべきとの考えを示した。

経団連と連合トップが懇談、賃上げなど議論 春闘始まる

日本経済団体連合会(経団連)と連合は26日午前、春闘に向けた懇談会を開催した。企業業績の回復にばらつきが見られる中、経団連は一律の賃上げに否定的な見解を示す一方、連合は幅広い賃上げによる需要喚起を訴えた。

BRIEF-経団連会長:賃上げモメンタム維持され、持続可能な資本主義の実現に期待

日本経済団体連合会(経団連)の十倉雅和会長(住友化学会長)は26日、連合との懇談会で以下のように述べた。

賃上げは実情踏まえ個々に対応、労働移動は不可避=経団連会長

日本経済団体連合会(経団連)の十倉雅和会長(住友化学会長)は25日の講演で、今春の賃上げ交渉に関連し、コロナ禍で各社業績にばらつきが見られるとした上で「横並びや一律ではなく、自社の実情に適した対応を行うという(賃金決定の)大原則を堅持することの重要性が、昨年にも増して高まっている」と述べ、連合などが求めている一律の賃上げに否定的な見解を示した。

春闘賃上げ「一律難しい」と経団連会長、広範な生産性向上に意義

経団連の十倉雅和会長(住友化学会長)は24日の会見で、2022年春季労使交渉(春闘)での一律賃上げは難しい、との考えを改めて示した。生産性向上に関しては賃上げだけでなく、働き方改革も含め「広範に考えることに意義がある」と述べた。

入国禁止の水際対策、国内でオミクロン流行する中現実的でない=十倉経団連会長

日本経済団体連合会(経団連)の十倉雅和会長(住友化学会長)は24日の会見で、外国人の入国を原則認めない日本政府の水際対策について、日本全体にオミクロン株の感染が広がる中では現実的でないと語った。

再送DX投資で内需拡大、賃上げには温度差 国内の財界トップが会合

日本経済団体連合会(経団連)の十倉雅和会長(住友化学会長)ら財界首脳は5日の新年祝賀会で、DX(デジタルトランスフォーメーション)や脱炭素社会への転換を目指すGX(グリーントランスフォーメーション)投資を通じて、政府が掲げる3.2%の成長目標達成に貢献したいとの考えを示した。ただ、政府が求める賃上げには温度差がみられた。

住友化、通期純利益1400億円に上方修正 市況高・半導体関連好調

住友化学は27日、22年3月期通期の連結純利益を1000億円から1400億円に上方修正した。石油化学の製品市況が上昇したほか、半導体プロセス材料の高純度ケミカルやフォトレジストの出荷が好調だった。

住友化、今期営業利益予想1800億円 市場予想上回る

住友化学は13日、2022年3月期の連結営業利益が前年比31.3%増の1800億円になるとの見通しを発表した。IBESがまとめたアナリスト14人のコンセンサス予想の平均値1616億円を上回っている。

経団連の中西会長が辞任、後任に十倉・住友化学会長 6月1日付

経団連は10日、中西宏明会長(日立製作所会長)が退任し、後任に十倉雅和住友化学会長が就くと正式発表した。6月1日の定時総会で交代する。

中西経団連会長、6月1日に退任 後任に住友化学の十倉会長=報道

共同通信などは10日、経団連の中西宏明会長(日立製作所会長)が6月1日の通常総会をもって辞任することが分かったと報じた。後任には、住友化学の十倉雅和会長を選任する人事を内定したという。

日経平均は反落、決算やイベントを控え様子見

東京株式市場で日経平均は反落した。米S&P総合500やナスダック総合の上昇が好感され、朝方は買い優勢で始まったが、本格化してきた決算発表を見極めたいとのムードが根強いほか、米連邦公開市場委員会(FOMC)などの重要イベントを控えて模様眺めが強まり、大引けにかけてじりじりと値を下げた。

ホットストック:住友化学、一転増益予想への上方修正を好感

住友化学がしっかり。21年3月期の連結純利益について前年比35%減の200億円としていた従来予想を一転、同48%増の460億円と増益予想に引き上げたことが好感されている。IBESがまとめたアナリスト14人のコンセンサス予想の314億円も上回る。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「中陰線」、当面は5日線を意識

<16:03> 日経平均・日足は「中陰線」、当面は5日線を意識 日経平均・日足は、ごく短い上ヒゲと下ヒゲを伴う「中陰線」。先安見込みが示され ている。終値(2万8523円26銭=20日)と5日移動平均線(2万8523円27 銭=同)の差はわずか1銭となり、気迷いムードを反映させている。当面は5日移動平均 線を意識した値動きとなりそうだ。 <15:46> 新興株市場は小じっかり、テーマ株に物色 時価総額上位銘柄は軟 調 新興株市場は小じっかり。日経ジャスダック平均は3日続伸、東証マザーズ指数は反 発した。市場では「メルカリ などの時価総額上位銘柄...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場は小じっかり、テーマ株に物色 時価総額上位銘柄は軟調

<15 :46> 新興株市場は小じっかり、テーマ 株に物色 時価総額上位銘柄は軟調 新興株市場は小じっかり。日経ジャスダック平均は3日続伸、東証マザーズ指数は反 発した。市場では「メルカリ などの時価総額上位銘柄が売られ指数は小幅高にと どまったが、半導体などテーマ性のある銘柄は物色されているようだ」(国内証券)との 声が聞かれた。 日経ジャスダック平均は、前営業日比0.19%高。個別では、ケアサービス <2425 .T>、ウエストホールディングス 、AFC─HDアムスライフサイエンス<2927.T >などが買われた。半面、Mipox...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均はマイナス圏でもみあい、バイデン氏就任式控え様子見ムード

<14:20> 日経平均はマイナス圏でもみあい 、バイデン氏就任式控え様子ムード 日経平均は前営業日比100円ほど安い2万8500円台前半でもみあい。市場では 「バイデン氏の米大統領就任式を控え、首都ワシントンでは警戒態勢が続いている。これ を受けマーケットでも様子見ムードが広がっているようだ。昨日の日経平均が予想以上に 上昇した反動の部分も大きい」(国内証券)との声が出ていた。  午後2時15分現在での東証1部の売買代金は1兆7662億円。東証33業種では、 空運業、海運業、陸運業などの24業種が値下がり。繊維業、鉱業、石油・石炭製品...

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up