for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

株式会社トクヤマ

4043.T

現在値

2,494.00JPY

変化

24.00(+0.97%)

出来高

350,900

本日のレンジ

2,463.00

 - 

2,506.00

52週レンジ

1,617.00

 - 

2,885.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
2,470.00
始値
2,477.00
出来高
350,900
3か月平均出来高
10.16
高値
2,506.00
安値
2,463.00
52週高値
2,885.00
52週安値
1,617.00
発行済株式数
69.46
時価総額
173,437.30
予想PER
7.59
配当利回り
2.82

次のエベント

Q3 2021 Tokuyama Corp Earnings Release

適時開示

その他

R&I upgrades Tokuyama's rating to "BBB+" and says positive outlook -R&I

R&I upgrades Tokuyama's rating to "BBB" and says positive outlook -R&I

Tokuyama completes sale of unit Tokuyama Malaysia

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

株式会社トクヤマとは

トクヤマグループは化成品、特殊品、セメント、ライフアメニティーの4つの報告セグメントでの事業を主として行う。【事業内容】同社は4つの事業を運営する。化成品セグメントにおいては、苛性ソーダ、ソーダ灰、塩化カルシウム、珪酸ソーダ、塩化ビニルモノマー、塩化ビニル樹脂、酸化プロピレン、イソプロピルアルコール、塩素系溶剤等を製造・販売する。特殊品セグメントにおいては、多結晶シリコン、乾式シリカ、四塩化珪素、窒化アルミニウム、電子工業用高純度薬品、フォトレジスト用現像液等を製造・販売する。セメントセグメントにおいては、セメント、生コンクリート、セメント系固化材等の製造・販売及び資源リサイクルを行う。ライフアメニティーセグメントにおいては、ポリオレフィンフィルム、樹脂サッシ、医療診断システム、歯科器材、イオン交換樹脂膜、医薬品原薬・中間体、プラスチックレンズ関連材料、微多孔質フィルム等を製造・販売する。その他の事業としては、海外での同社グループの製品販売、運送業、不動産管理業等を行う。

業種

Chemical Manufacturing

連絡先

5F

Front Place Akihabara, 1-7-5, Sotokanda

CHIYODA-KU, TKY

101-8618

Japan

+81.3.52072500

https://www.tokuyama.co.jp/

エグゼクティブリーダーシップ

Hiroshi Yokota

Executive President, Representative Director

Hideki Adachi

Senior Managing Executive Officer, Manager of Tokuyama Factory, Representative Director

Fumiaki Iwasaki

Managing Executive Officer, Manager of Research & Development, Manager of Tsukuba Research Institute, Director

Hiroshi Nomura

Managing Executive Officer, Manager of Specialty Products Business, Director

Hideo Sugimura

Managing Executive Officer, Chief Director of Business Planning, Manager of Purchasing & Logistics, Director

統計

1.75 mean rating - 8 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, JPY)

2018

0.3K

2019

0.3K

2020

0.3K

2021(E)

0.3K
EPS (JPY)

2018

259.810

2019

493.260

2020

287.050

2021(E)

326.676
株価売上高倍率(過去12カ月)
8.82
株価売上高倍率(過去12カ月)
0.57
株価純資産倍率(四半期)
0.97
株価キャッシュフロー倍率
4.63
総負債/総資本(四半期)
62.03
長期負債/資本(四半期)
50.60
投資利益率(過去12カ月)
7.38
自己資本利益率(過去12カ月)
5.48

最新ニュース

最新ニュース

〔テクニカルデータ〕東証1部GC・DC銘柄一覧=16日

RIC 銘柄名 01 TOKYO BASE 02 アカツキ 03 システムソフト  

〔テクニカルデータ〕東証1部RSIランキング=1日

0.26%(*) RIC 銘柄名 RSI 01 ジャパンディスプレイ 26.65 02 第一三共 27.42 03 ティーライフ 28.51 04 富士興産 28.72 05 力の源HLDG 29.14 (*):RSIが70以上、または30以下の銘柄の割合  

〔テクニカルデータ〕東証1部GC・DC銘柄一覧=9日

RIC 銘柄名 01 J―オイルミルズ 02 伊藤忠食品 03 味の素 04 クリエイトSD HLDG 05 綿半HLDG 06 ワコールHLDG 07 デジタル・インフォメーショ ン 08 パイプドHD 09 トクヤマ 10 関西ペイント 11 東計電算 12 コスモエネルギーHLDG 13 黒崎播磨 14 エーアンドエーマテリアル 15 フジクラ 16 オカダアイヨン 17 荏原実業 18 北越工業 19 アネスト岩田 20 ミマキエンジニアリング 21 ジーエスユアサコーポレーシ ョン 22 サンケン電気 23 ローランド ディー...

〔テクニカルデータ〕東証1部GC・DC銘柄一覧=8日

RIC 銘柄名 01 J―オイルミルズ 02 味の素 03 アルコニックス 04 エストラスト 05 ワコールHLDG 06 コムチュア 07 トクヤマ 08 関西ペイント 09 コスモエネルギーHLDG 10 黒崎播磨 11 エーアンドエーマテリアル 12 フジクラ 13 オカダアイヨン 14 荏原実業 15 北越工業 16 アネスト岩田 17 ミマキエンジニアリング 18 ジーエスユアサコーポレーショ ン 19 サンケン電気 20 ローランド ディー ジー 21 遠藤照明 22 中山福 23 大建工業 24 グローブライド 25 岩井...

〔テクニカルデータ〕東証1部・25日線かい離ランキング=5日

86.58%(*) RIC 銘柄名 乖離(%) 01 ユー・エム・シー・エレクト -26.67 ロニ 02 コニカミノルタ -23.18 03 トピー工業 -19.67 04 イーブックイニシアティブ -19.61 05 古河電気工業 -19.54 06 神戸製鋼所 -19.43 07 エスケイジャパン -18.51 08 ダブル・スコープ -18.26 09 富士興産 -18.06 10 ディー・エル・イー -17.40 11 東洋製罐グループHLDG -17.14 12 島精機製作所 -17.04 13 トクヤマ -16.80 14...

〔テクニカルデータ〕東証1部・25日線かい離ランキング=2日

68.89%(*) RIC 銘柄名 乖離(%) 01 ユー・エム・シー・エレク -24.04 トロニ 02 コニカミノルタ -20.48 03 古河電気工業 -17.83 04 東洋製罐グループHLDG -17.22 05 トピー工業 -16.66 06 イーブックイニシアティブ -15.99 07 東邦チタニウム -15.59 08 日清製粉グループ本社 -15.37 09 日本軽金属HLDG -14.83 10 東芝機械 -14.66 11 サノヤスHLDG -14.56 12 トクヤマ -14.28 13 川崎重工業 -14.10...

〔テクニカルデータ〕東証1部RSIランキング=30日

1.03%(*) RIC 銘柄名 RSI 01 日本軽金属HLDG 18.61 02 オリックス 22.53 03 日本駐車場開発 23.37 04 サンワテクノス 24.69 05 マネックスグループ 25.17 06 ゆうちょ銀行 25.51 07 日本電気硝子 25.78 08 トクヤマ 26.59 09 SBI HLDG 26.59 10 コア 26.72 11 三菱重工業 27.27 12 セレス 27.98 13 TSI HLDG 28.40 14 富士電機 28.41 15 エストラスト 28.47 (*):RSIが70以上...

〔テクニカルデータ〕東証1部・25日線かい離ランキング=30日

42.96%(*) RIC 銘柄名 乖離(%) 01 ユー・エム・シー・エレクト -20.11 ロニ 02 イーブックイニシアティブ -16.06 03 東邦チタニウム -15.36 04 エスケイジャパン -14.26 05 日産車体 -13.53 06 Genky DrugSto -12.67 re 07 富士興産 -12.47 08 コア -12.45 09 日清製粉グループ本社 -12.19 10 ダブル・スコープ -11.75 11 セレス -10.78 12 エムアップ -10.73 13 レオパレス21 -10.62 14...

〔テクニカルデータ〕東証1部GC・DC銘柄一覧=22日

RIC 銘柄名 01 日本ハウスHLDG 02 住友林業 03 協和エクシオ 04 日本甜菜製糖 05 帝人 06 ファーストブラザーズ 07 グッドコムアセット 08 芦森工業 09 オープンドア 10 トクヤマ 11 保土谷化学工業 12 藤倉化成 13 トーセ 14 メック 15 TOTO 16 大和工業 17 エンビプロHLDG 18 CKサンエツ 19 三和HLDG 20 牧野フライス製作所 21 エンシュウ 22 NTN 23 明和産業 24 新光商事 25 立花エレテック 26 パルコ 27 東京放送HLDG 28 広島ガス...

〔テクニカルデータ〕東証1部GC・DC銘柄一覧=18日

RIC 銘柄名 01 三機工業 02 明治HLDG 03 すかいらーくHLDG 04 大日本住友製薬 05 北海道瓦斯  

日経平均は小幅に8日続伸、2万3000円回復後に失速 中国株安が重し

東京株式市場で日経平均は小幅に8日続伸した。米国市場でナスダック総合とS&P総合500が連日最高値を更新。為替も1ドル111円台後半と円安が進み、外部環境を好感した買いが先行した。節目の2万3000円を突破し、取引時間中としては5月21日以来、3カ月ぶりの高値を付けたが、買い一巡後は上値が重くなった。上海株市場が安く始まると先物売りに押され一時下げに転じる場面もあった。後場は値動きが鈍ったもののプラス圏で引けた。8日続伸は昨年10月の16連騰以来の連続上昇となる。

ホットストック:トクヤマが大幅高、劣後ローンの借り換え発表で希薄化懸念後退

トクヤマが大幅高。同社は29日、劣後特約付ローンで総額600億円の資金調達を実施すると発表した。既存の劣後ローンの期限前弁済に充当する。マレーシア工場の建設などで有利子負債が膨らんだが、今回の借り換えで、市場ではエクィティ・ファイナンスに伴う株式の希薄化の懸念が後退したとの受け止めが広がり、買いが先行した。

〔テクニカルデータ〕東証1部GC・DC銘柄一覧=9日

RIC 銘柄名 01 カネコ種苗 02 伊藤忠食品 03 イートアンド 04 デリカフーズHLDG 05 芦森工業 06 クロス・マーケティンググル 07 Minoriソリューション 08 住友化学 09 トクヤマ 10 積水樹脂 11 ハリマ化成グループ 12 わかもと製薬 13 ニチレキ 14 カナレ電気 15 マックス 16 オプテックスグループ 17 京セラ 18 武蔵精密工業 19 高速 20 田中商事 21 図書印刷 22 クリナップ 23 山善 24 菱洋エレクトロ 25 サンゲツ 26 山形銀行 27 岩手銀行 28 山陰合同銀行...

日経平均は反発、米中貿易摩擦の懸念が上値圧迫

東京株式市場で日経平均は反発した。欧州中央銀行(ECB)理事会では量的緩和を年内に終了する一方、少なくとも来年夏までの間、利上げを見送る方針が示された。金融引き締めの影響に対する投資家の過度な懸念が後退。日本株は買い戻しが優勢となったが、米中貿易摩擦に対する警戒感が上値を圧迫した。日銀の金融政策決定会合は想定どおり現状維持となり、相場への反応は限定的だった。

〔テクニカルデータ〕東証1部GC・DC銘柄一覧=24日

RIC 銘柄名 01 LIXILビバ 02 マキタ 03 日本ライフライン 04 日本コンセプト  

〔テクニカルデータ〕東証1部GC・DC銘柄一覧=14日

RIC 銘柄名 01 コムシスHLDG 02 長谷工コーポレーション 03 青木あすなろ建設 04 植木組 05 東洋建設 06 住友林業 07 ライト工業 08 明星工業 09 GCA 10 キューブシステム 11 サイネックス 12 マツモトキヨシHLDG 13 ユナイテッド・スーパーマーケッ 14 日本コークス工業 15 ヒト・コミュニケーションズ 16 さくらインターネット 17 gumi 18 住友化学 19 トクヤマ 20 戸田工業 21 三菱瓦斯化学 22 住友ベークライト 23 メディカルシステムネットワーク 24 ADEKA...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陽線」、5日線に絡む動き

<16:00> 日経平均・日足は「小陽線」、5日線に絡む動き 日経平均・日足は「小陽線」。5日移動平均線(2万3713円90銭=11日終値 )に絡む動きとなった。終値は同線を下回ったものの、5日線を含め主要な平均線は上昇 トレンドを維持している。年初から3営業日の大幅上昇を考えれば、適度なスピード調整 といえる。ボリンジャーバンドは拡散する形状であり、当面はボラティリティーが上昇す る可能性もある。昨年秋以降にみられたプラス2シグマ(2万3788円71銭=同)に 沿った上昇トレンドを維持できるかどうかが注目される。 <15:25> 新興株...

〔マーケットアイ〕株式:新興株はまちまち、マザーズ指数は6日ぶり反落

<15:25> 新興株はまちまち、マザーズ指数は6日ぶり反落 新興株式市場はまちまち。日経ジャスダック平均が6日続伸し、連日の高値更新。 東証マザーズ指数は6日ぶりに反落した。市場では「主力株に利益確定売りが目立つもの の、時価総額が比較的小さく、値動きの良い銘柄には個人の短期資金が集まった」(国内 証券)との声が出ていた。イントランス 、GameWith が高く、E ストアー も買われた。半面、歯愛メディカル 、みらいワークス<6563.T >が安く、日本ユピカ もさえない。 <14:25> 日経平均は軟調継続、円高一服でも戻り鈍い...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は軟調継続、円高一服でも戻り鈍い

<14:25> 日経平均は軟調継続、円高一服でも戻り鈍い 日経平均は軟調継続、2万3600円台半ばで推移している。中国政府筋が米国債購 入の縮小などに関する報道を否定したことで、円高が一服したものの、日本株の戻りは鈍 い。市場では「年初からの上昇相場に乗った海外短期筋がコア銘柄の一角や先物に利益確 定売りを出している。大幅高に対するスピード調整であり、悪材料に反応しているわけで はない」(国内証券)との声が出ている。 <13:07> 日経平均は軟調維持、半導体・ハイテク関連に売り圧力 日経平均は軟調維持。2万3600円台後半での値動きとなっている...

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up