for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

株式会社田中化学研究所

4080.T

前日終値

872.00JPY

変化

21.00(+2.47%)

出来高

101,100

本日のレンジ

853.00

 - 

888.00

52週レンジ

707.00

 - 

1,171.00

∙ 約15分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
851.00
始値
858.00
出来高
101,100
3か月平均出来高
3.65
高値
888.00
安値
853.00
52週高値
1,171.00
52週安値
707.00
発行済株式数
32.53
時価総額
27,685.58
予想PER
--
配当利回り
--

次のエベント

Q3 2020 Tanaka Chemical Corp Earnings Release

適時開示

その他

Tanaka Chemical plans private placement to Sumitomo Chemical Co Ltd; shareholding structure changes

TANAKA CHEMICAL to transfer real estate

TANAKA CHEMICAL expects extraordinary profit for Q2 of FY 2016

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

株式会社田中化学研究所とは

田中化学研究所は、二次電池用の正極材料の製造販売を主な事業とする。【事業内容】同社の製品は概ねにニッケル水素電池向け製品およびリチウムイオン電池向け製品に分けられる。さらに、同社は触媒材料、金属表面処理材料、及び顔料原料等の無機化学製品の研究開発・製造にも従事する。

業種

Chemical Manufacturing

連絡先

45-5-10, Shirakata-cho

+81.77.6851801

http://www.tanaka-chem.co.jp

エグゼクティブリーダーシップ

Masahiro Mogari

Chairman of the Board

Kazufumi Yokogawa

Executive President, Representative Director

Naoshi Ohata

Executive Vice President

Manabu Tanaka

Executive Officer, Director

Akira Hashimoto

Executive Officer, Fukui Plant Manager

統計

株価売上高倍率(過去12カ月)
--
株価売上高倍率(過去12カ月)
1.05
株価純資産倍率(四半期)
1.96
株価キャッシュフロー倍率
--
総負債/総資本(四半期)
29.37
長期負債/資本(四半期)
13.80
投資利益率(過去12カ月)
-9.18
自己資本利益率(過去12カ月)
-5.54

最新ニュース

最新ニュース

ホットストック:リチウムイオン電池関連が高い 旭化成は一時3%超高、吉野氏のノーベル化学賞受賞で

旭化成は3.89%高で寄り付いた。スウェーデンの王立科学アカデミーが9日、2019年のノーベル化学賞を、同社名誉フェローの吉野彰氏ら3人に授与すると発表したことが材料視されている。スマートフォンなどに使用されているリチウムイオン電池を開発したことが評価された。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陽線」、一目均衡表の雲領域上抜ける

<15:49> 日経平均・日足は「小陽線」、一目均衡表の雲領域上抜ける 日経平均・日足は「小陽線」。5日移動平均線(2万2596円86銭=25日)を 回復したが、同線を上回ったところで伸び悩んだ。一方で、日足は一目均衡表の雲上限( 2万2568円02銭=同)を上抜けたほか、終値ベースでみれば遅行スパンが株価を上 回る格好となっており、ほぼ「三役好転」の強気形状となった。先高期待が醸成されたが 、心理的節目の2万3000円突破には売買代金の増加が必要となる。調整局面では一目 均衡表の転換線(2万2484円25銭=同)で下げ止まれるかが注目...

〔マーケットアイ〕株式:新興株はしっかり、消去法的な物色 マクドナルド軟調

<15:18> 新興株はしっかり、消去法的な物色 マクドナルド軟調 新興株式市場はしっかり。日経ジャスダック平均は3日続伸。東証マザーズ指数も続 伸した。「日銀の金融政策決定会合まで動きにくい局面。消去法的に中小型株が物色され た」(ネット系証券)との声が出ていたが、商いは低調だった。 個別では日本マクドナルドホールディングス が軟調。石垣食品 が急 落。弁護士ドットコム 、バンク・オブ・イノベーション が売られた半面 、ALBERT が堅調。田中化学研究所 が大幅高となった。 きょうマザーズに新規上場したGA technologies...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陰線」、5日線を上回る

<16:14> 日経平均・日足は「小陰線」、5日線を上回る 日経平均・日足は、下ヒゲを伴う「小陰線」となった。新たなマド(2万0278円 09銭―2万0299円68銭)を空けて上放れ、5日移動平均線(2万0330円88 銭=28日)を奪回した。主要な移動平均線が終値の下方に位置し、かつ方向性も上向く 強気形状となっている。ただ、高値圏で6日連続陰線となり、上値の重さも感じさせる。 心理的節目の2万0500円が抵抗線として機能している。この節目を突破すれば、20 15年6月24日に付けた安倍政権下での高値2万0952円71銭を試す展開が期待...

〔マーケットアイ〕株式:新興株式市場は堅調、EV関連株などに資金流入

<15:26>  新興株式市場は堅調、EV関連株などに資金流入 新興株式市場は堅調。日経ジャスダック平均、マザーズ総合はともに続伸した。日経 ジャスダック平均は連日で年初来高値を更新している。市場では「電気自動車(EV)、 人工知能(AI)などのテーマに沿った材料株人気が継続している」(国内証券)との声 が出ている。大泉製作所 、田中化学研究所 が買われ、グレイステクノロ ジー も高い。半面、ASJ が安く、ヒロセ通商 、エクストリー ム もさえない。きょう東証マザーズ市場に新規上場したロードスターキャピタル は、公開価格を約37%上回...

ホットストック:EV関連株が堅調、英ダイソンが2020年までにEV発売の意向

電気自動車(EV)関連に位置付けられる銘柄群の一角が堅調に推移している。電池メーカーのジーエス・ユアサ コーポレーションや古河電池のほか、次世代電池向けの部材・材料の開発に携わる東邦チタニウム、田中化学研究所、電極製造を手掛ける安永がしっかり。セパレーター分野のダブル・スコープ、急速充電システムを手掛けるアルバックも底堅い。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陰線」、11営業日ぶりに終値5日線割れ

<15:24> 日経平均・日足は「小陰線」、11営業日ぶりに終値5日線割れ 日経平均・日足は「小陰線」。終値は11営業日ぶりに5日移動平均線(2万033 6円43銭=26日)を下回った。陰線の出現は4営業日連続となる。一方でTOPIX は小陽線と対照的だ。 東証1部の騰落レシオは127%台まで上昇。短期的な過熱感が意識される中、日柄 的な調整が必要な局面に差し掛かっている。翌日の日経平均の配当落ち分は130─14 0円程度。これを考慮すると、5日移動平均線が上値のめどとして意識される一方、心理 的節目の2万円近辺が下値のめどとして位置付...

〔マーケットアイ〕株式:新興株は軟調、マザーズ1%超す下落 IPO銘柄はしっかり

<15:14> 新興株は軟調、マザーズ1%超す下落 IPO銘柄はしっかり 新興株式市場では、日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数がともに反落した。マ ザーズの下落率は1%を超えた。「資金は回転しているが、新規のマネーが流入している 感じがなく、盛り上がりも欠いている」(国内証券)との声が聞かれた。 個別銘柄ではYKT 、エヌエフ回路設計ブロック 、インタースペー ス が急伸。メタップス 、インフォテリア 、田中化学研究所<408 0.T>は売られた。きょうジャスダックに上場した壽屋 は公開価格を32.5%上 回る初値2650円を形成。...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陰線」、75日線が上値圧迫

<15:58> 日経平均・日足は「小陰線」、75日線が上値圧迫 日経平均・日足は上ヒゲを伴う「小陰線」。終値は75日移動平均線(1万9865 円41銭=14日)の下方に押し戻される形となった。1万9900円―2万0200円 のレンジは今年6月から8月にかけてもみ合った価格帯であり、戻り待ちの圧力が強い。 前日空けたマド(1万9792円06銭─1万9845円02銭)を埋め切れず、下方に 3つのマドを空ける「三空」の形状も維持している。短期的な過熱感が残った状態であり 、目先は上値の重さが意識されそうだ。 <15:45> 新興株式市場は反落...

〔マーケットアイ〕株式:新興株式市場は反落、EV関連株が売られる

<15:45> 新興株式市場は反落、EV関連株が売られる 新興株式市場は軟調。日経ジャスダック平均、マザーズ総合とも4日ぶりに反落した 。市場では「バッテリーなどを手がけるEV関連株が売られたものの、防衛関連株が再び 人気化するなど短期筋の回転売買が目立った」(国内証券)との声が聞かれた。田中化学 研究所 、菊水電子工業 が安く、大泉製作所 もさえない。半面、 細谷火工 が高く、ソレイジア・ファーマ も買われた。きょう東証マザー ズ市場に新規上場したウォンテッドリー は買い注文が多く、初日は値付かずだっ た。 <14:35> 日経平均は...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陰線」、75日線を1カ月ぶりに回復

      <15:50> 日経平均・日足は「小陰線」、75日線を1カ月ぶりに回復 日経平均・日足は「小陰線」となった。新たなマド(1万9792円06銭─1万9 845円02銭=13日)を空けて上伸し、75日移動平均線(1万9863円68銭= 同)を8月9日以来約1カ月ぶりに回復した。マドを空けて上昇するのは3日連続で戻り のスピードの速さが伺える。短期のRSI(相対力指数)は80%まで上昇し、買われす ぎのサインも点灯している。いつ利益確定売りに押されてもおかしくない状況だ。 <15:05> 新興株式市場はしっかり、日経ジャスダック平均...

〔マーケットアイ〕株式:新興株式市場はしっかり、日経ジャスダック平均は連日の高値更新

    <15:05> 新興株式市場はしっかり、日経ジャスダック平均は連日の高値更新 新興株式市場はしっかり。日経ジャスダック平均、マザーズ総合ともに3日続伸した 。日経ジャスダック平均は連日の年初来高値更新。市場では「投資家心理は多少リスクを 取れる状況になってきた。きょうは利益確定売りに押されたが、ジャスダック市場のバッ テリーメーカーはEV関連株としてテーマ的な物色が続いている」(国内証券)との声が 聞かれた。菊水電子工業 が一時ストップ高、アカツキ がしっかり、ア スカネット も大幅上昇。半面、クロスフォー が急落、田中化学研究所...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陽線」、終値は1カ月ぶりに25日線回復

<15:31> 日経平均・日足は「小陽線」、終値は1カ月ぶりに25日線回復 日経平均・日足は「小陽線」。下方にマドを空けて上放れ、25日移動平均線(1万 9543円11銭=12日終値)を上回って取引を終えた。25日線の回復は8月7日以 来、1カ月ぶりとなる。一目均衡表の雲のねじれを付く形で踏み上げ的に上昇すれば、2 万円回復が視野に入るが、パラボリックは陰転。75日移動平均線(1万9861円24 銭=同)に接近した場面では、戻り売り圧力も見込まれる。反対に25日線が今度は下値 のめどとなり、同線を上回った水準を保てるかが目先のポイントとなりそうだ...

〔マーケットアイ〕株式:新興株はしっかり、割安銘柄を選別物色

<15:15> 新興株はしっかり、割安銘柄を選別物色 新興株式市場では、日経ジャスダック平均が続伸。新高値を付けたほか、東証マザー ズ指数は2%を超す上昇となり、大幅続伸した。「全体的に楽観的なムードが広がってい るが、バリュエーション的に割安な銘柄を選別して物色する動きが顕著となった」(国内 証券)との声が出ていた。 個別銘柄ではアスカネット 、田中化学研究所 が大幅高となったほか 、ザインエレクトロニクス 、テノックス が底堅い。日特エンジニアリン グ は小幅安。UUUM が軟調。石垣食品 が大幅安となった。 <14:26> 日経平均...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陽線」、25日線が上値圧迫

<15:31> 日経平均・日足は「小陽線」、25日線が上値圧迫 日経平均・日足は「小陽線」。200日移動平均線(1万9411円78銭=11日 )を回復した一方、25日移動平均線(1万9554円28銭=同)に頭を押さえられる 格好となった。強気へのトレンド転換とはなお言いにくい局面にあるが、早期に25日線 を回復すれば、戻り相場への期待が膨らむ。ただ東証1部の売買代金が2兆円を割れるな ど市場のエネルギーは足元では乏しい。上値抵抗帯として同線が機能すれば、200日線 を再び割り込み、1万9000円に接近するシナリオを描くことができる。 <...

〔マーケットアイ〕株式:新興株は堅調、マザーズの売買代金は今年最少

<15:21> 新興株は堅調、マザーズの売買代金は今年最少 新興株式市場では日経ジャスダック平均が反発。東証マザーズ指数は3日ぶりの反発 となった。ともに上昇率は1%を超えた。ただマザーズの売買代金は今年最少。「先週、 新興市場が大きく調整したことを受け、突発的な株安への警戒感が残っている」(国内証 券)との声が出ていた。明豊エンタープライズ 、田中化学研究所 、トラ ンザス が大幅高。モルフォ 、細谷火工 がさえない。 <14:11> 日経平均は1万9500円台前半、ボラティリティ―指数は急低下 日経平均は1万9500円台前半で推移している...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陰線」、5日線を4営業日ぶりに回復

   <15:45> 日経平均・日足は「小陰線」、5日線を4営業日ぶりに回復 日経平均・日足は上下に短いヒゲを伴う「小陰線」となった。5日移動平均線(1万 9476円93銭=23日)を4営業日ぶりに回復した。中短期のRSI(相対力指数) やストキャスティクスは低水準で、売られすぎ感が継続している。だが、日足は依然とし て一目均衡表の雲の下で推移しており、反転の兆候はみられない。短期的な上値の目途は 一目均衡表の転換線(1万9595円92銭=同)となろう。    <15:05> 新興株式市場はしっかり、値動きのよい銘柄に買いが集まる 新興株式市場...

〔マーケットアイ〕株式:新興株式市場はしっかり、値動きのよい銘柄に買いが集まる

      <15:05> 新興株式市場はしっかり、値動きのよい銘柄に買いが集まる 新興株式市場はしっかり。日経ジャスダック平均、マザーズ総合ともに続伸した。市 場では「直近IPO銘柄や株式分割が予定されている銘柄が活況だ。国内決算が一巡、夏 休みで手掛かり難のなか、値動きのよいものに買いが入りやすい」(中堅証券)との声が 聞かれた。ティーケーピー とジャパンエレベーターサービスホールディングス<6 544.T>がともに年初来高値更新、田中化学研究所 も堅調。半面、アエリア<3758. T>が軟調、伊豆シャボテンリゾート が安く、イグニス...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陰線」、レンジ内で方向感欠く

<15:37> 日経平均・日足は「小陰線」、レンジ内で方向感欠く 日経平均・日足は「小陰線」。終値は5日移動平均線(2万0045円07銭=26 日)にサポートされる一方、上値は25日移動平均線(2万0083円09銭=同)が圧 迫した形だが、連日狭いレンジで両平均線に絡む動きが続き、移動平均線が機能している とは言い難い。ボリンジャーバンドは中央線(2万0083円09銭=同)に向けて収れ んしている。もち合い相場には煮詰まり感もある。直近のレンジ上限は6月20日に付け た年初来高値(2万0318円11銭)、下限は6月15日安値(1万9755...

〔マーケットアイ〕株式:新興株は堅調、ジャスダック平均は6日続伸で新高値

<15:04> 新興株は堅調、ジャスダック平均は6日続伸・新高値 新興株式市場では、日経ジャスダック平均が6日続伸し、新高値を付けたほか、東証 マザーズ指数も続伸した。市場では「FOMC(米連邦公開市場委員会)の声明文発表前 で持ち越したくはない局面。朝方買われた銘柄も値を消すなどの動きがあった」(国内証 券)との声が聞かれた。インターネットインフィニティー 、アンジェス 、田中化学研究所 が急伸。UTグループ 、ソケッツ 、ユナイテ ッド は軟調だった。 <14:15> 日経平均はもみ合い、バリュー系大型株がしっかり 日経平均はもみ合...

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも15分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up