for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

伊勢化学工業株式会社

4107.T

現在値

4,005.00JPY

変化

-70.00(-1.72%)

出来高

1,200

本日のレンジ

4,005.00

 - 

4,040.00

52週レンジ

3,250.00

 - 

4,695.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
4,075.00
始値
4,040.00
出来高
1,200
3か月平均出来高
0.07
高値
4,040.00
安値
4,005.00
52週高値
4,695.00
52週安値
3,250.00
発行済株式数
5.10
時価総額
20,951.35
予想PER
--
配当利回り
2.94

次のエベント

Dividend For 4107.T - 55.0000 JPY

適時開示

その他

ISE CHEMICALS announces change of Executive President

ISE CHEMICALS raises full-year consolidated outlook for FY 2014

ISE CHEMICALS raises full-year consolidated operating profit and ordinary profit outlook for FY 2014

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

伊勢化学工業株式会社とは

伊勢化学工業グループは、主にヨウ素及び天然ガス事業、金属化合物事業を行う。【事業内容】2つの事業セグメントで構成される。ヨウ素及び天然ガス事業は、地下かん水を主原料とし、ブローイングアウト法でヨウ素、球状ヨウ素、無機ヨウ素化合物、ヨウ素系防菌剤等の生産・販売、並びに地下かん水に随伴して採取される天然ガスの提供を行う。金属化合物事業は、塩化ニッケル、塩化コバルト、水酸化コバルト等を提供する。

業種

Chemical Manufacturing

連絡先

10F, Yaesuguchi Daiei Bldg

1-3-1, Kyobashi

CHUO-KU, TKY

104-0031

Japan

+81.3.32420520

http://www.isechem.co.jp

エグゼクティブリーダーシップ

Tadashi Hiraoka

Executive President, Representative Director

Hideaki Kan

Senior Managing Executive Officer, Chief Director of Administration, Director of General Affairs In Main Administration Unit, Director

Hidenori Suzuki

Managing Executive Officer, Chief Director of Sales

Takashi Takayama

Managing Executive Officer, Chief Director of Sales

Masaaki Kobayashi

Managing Executive Officer, Chief Director of Administration, Director of General Affairs in Main Administration Unit, Director of Accounting in Main Administration Unit, Director

統計

株価売上高倍率(過去12カ月)
10.45
株価売上高倍率(過去12カ月)
0.96
株価純資産倍率(四半期)
0.76
株価キャッシュフロー倍率
5.89
総負債/総資本(四半期)
2.20
長期負債/資本(四半期)
0.00
投資利益率(過去12カ月)
7.06
自己資本利益率(過去12カ月)
6.24

最新ニュース

最新ニュース

午前の日経平均は急落、ウクライナ原発火災でリスクオフ

前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日比556円67銭安の2万6020円60銭と、大幅に反落して午前の取引を終えた。前日の米株安を嫌気して安く始まった後は、ウクライナの原発でロシア軍の攻撃による火災が生じているなど、情勢の緊迫化を示唆する情報が相次ぎ、リスク回避の売りが急速に広がった。日経平均は2月24日につけた昨年来安値(2万5775円64銭)を更新した。

ホットストック:放射能対策関連が上昇、ウクライナの原発火災で思惑

放射能対策関連株が急上昇している。ウクライナ情勢が警戒される中、ロシア軍の攻撃で欧州最大規模の原発で火災が生じていると伝わっており「現地の状況ははっきりしないが、連想買いが出ているようだ」(国内証券)との声が出ている。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up