for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

三井化学株式会社

4183.T

現在値

3,600.00JPY

変化

125.00(+3.60%)

出来高

478,200

本日のレンジ

3,495.00

 - 

3,615.00

52週レンジ

2,005.00

 - 

4,075.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
3,475.00
始値
3,500.00
出来高
478,200
3か月平均出来高
15.79
高値
3,615.00
安値
3,495.00
52週高値
4,075.00
52週安値
2,005.00
発行済株式数
195.99
時価総額
711,170.30
予想PER
8.44
配当利回り
2.88

次のエベント

Q1 2022 Mitsui Chemicals Inc Earnings Release

適時開示

その他

Mitsui Chemicals Inc, Mitsui & Co To Launch Tender Offer For Honshu Chemical Industry

Mitsui Chemicals Completes Share Buyback

Mitsui Chemicals Bought Back 1.65 Million Own Shares For 4.69 Billion Yen In November

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

三井化学株式会社とは

三井化学グループは、モビリティ、ヘルスケア、フード&パッケージング及び基盤素材の製造・販売を主な事業内容とし、さらに、各事業に関連するサービス等の事業活動を展開する。【事業内容】4つの事業セグメントで構成される。モビリティ事業は、エラストマー、機能性コンパウンド、機能性ポリマー及びポリプロピレン・コンパウンドの製造・販売を行う。ヘルスケア事業は、ビジョンケア材料、不織布、歯科材料及びパーソナルケア材料の製造・販売を行う。フード&パッケージング事業は、コーティング・機能材、機能性フィルム・シート及び農薬の製造・販売を行う。基盤素材事業は、エチレン・プロピレン等の石化原料、ポリエチレン、ポリプロピレン、触媒、フェノール類、高純度テレフタル酸、ペット樹脂、ポリウレタン材料及び工業薬品の製造・販売を行う。

業種

Chemical Manufacturing

連絡先

18F, Shiodome City Center

1-5-2, Higashi-Shimbashi

MINATO-KU, TKY

105-7122

Japan

+81.3.62532225

https://www.mitsuichem.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Tsutomu Tannowa

Chairman of the Board, Representative Director

Osamu Hashimoto

Executive President, Chief Executive Officer, Representative Director

Hajime Nakajima

Chief Financial Officer, Managing Executive Officer

Hideki Matsuo

Executive Vice President, Chief Technology Officer, Representative Director

Takayoshi Shimogori

Senior Managing Executive Officer, Chief Director of Food & Packaging Business, Director

統計

2.62 mean rating - 13 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, JPY)

2019

1.5K

2020

1.3K

2021

1.2K

2022(E)

1.4K
EPS (JPY)

2019

385.600

2020

194.940

2021

298.004

2022(E)

411.804
株価売上高倍率(過去12カ月)
11.76
株価売上高倍率(過去12カ月)
0.59
株価純資産倍率(四半期)
1.12
株価キャッシュフロー倍率
5.05
総負債/総資本(四半期)
83.93
長期負債/資本(四半期)
48.28
投資利益率(過去12カ月)
6.48
自己資本利益率(過去12カ月)
4.16

最新ニュース

最新ニュース

三井化学と三井物産がTOB開始へ、本州化学に共同で

三井化学と三井物産は14日、各国競争法の条件を満たしたことことから、本州化学工業株の共同公開買い付け(TOB)を開始すると発表した。

ホットストック:本州化学が買い気配、510万株の買いでTOB価格にサヤ寄せ

本州化学工業が買い気配。約510万株の買い超過で始まった。三井化学と三井物産が11日、本州化学工業株を1株1830円で公開買い付け(TOB)すると発表。これにサヤ寄せする動きとなっている。

三井化学と三井物産、本州化学工業にTOB 1株1830円

三井化学と三井物産は11日、本州化学工業株を1株1830円で公開買い付け(TOB)すると発表した。日本、欧州、中国、トルコ、台湾の競争法に基づく手続きを経て、2021年5月ごろの買い付け開始を予定している。

三井化学が通期予想を上方修正、海外市況が改善

三井化学<4183.T>は13日、2021年3月通期の連結業績予想を上方修正し、営業利益を従来見通しの370億円から前年比35%減の420億円に引き上げた。海外市況が回復しているほか、ナフサ価格が当初予想を上回って推移し、販売単価が上昇。利幅が改善する見込みだという。

ホットストック:三井化学が後場に入り上げ足速める、通期見通しの上方修正を好感

三井化学が後場に入って上げ足を速めた。立ち会い時間中に決算を発表したが、そこで通期見通しを上方修正したことが好感されている。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陰線」、引き続き過熱感

<15:26> 日経平均・日足は「小陰線」、引き続き過熱感 日経平均・日足は短い上ヒゲと下ヒゲを伴う「小陰線」。前日のローソク足との組み合わせは「かぶせ 線」で、やや売られ気味ではあるものの、その勢いはそれほど強くない状況を示している。ボリンジャーバ ンドは拡散基調で、プラス2シグマとプラス3シグマの間のバンドウォークが続けば上値を伸ばす可能性も ある。 一方、短期RSI(相対力指数)やストキャスティクスなどオシレーター系指標は引き続き過熱感を示 唆しており、あす株価が続落するようであれば調整が強まる流れもあり得る。下値は5日移動平均線...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場は高安まちまち、材料ある銘柄に物色

<15:03> 新興株市場は高安まちまち、材料のある銘柄に物色  新興株市場は高安まちまち、日経ジャスダック平均は小幅に9日続伸、東証マザーズ指数は反落となっ た。「大型株に手仕舞い売りが出たが、本格的に売りを仕掛けていく段階ではない。そういう中で短期の資 金が材料のある中小型株のところに入ってきている」(国内証券)との声が出ていた。 ジャスダック市場では、プロルート丸光 が一時ストップ高。ラクオリア創薬 が大幅続 伸。シンバイオ製薬 は大幅反発した。半面、アエリア は売られた。 マザーズ市場では、フーバーブレイン が一時ストップ高。サンバイオ...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は小幅安、FOMC前に手仕舞い売り

<13:11> 日経平均は小幅安、FOMC前に手仕舞い売り 日経平均は小幅安、2万1900円台後半で推移している。市場では「2万2000円台の上値の重さ が意識される中、米連邦公開市場委員会(FOMC)前に手仕舞い売りが出ている」(日本株ストラテジス ト)との指摘があった。 FOMCは25ベーシスポイントの利下げ決定がコンセンサス。「材料出尽くし感から米国株に調整が 入れば日本株の過熱感も少し冷やされるが、利下げ期待が高まり米国株が上昇するようだと日本株の過熱感 は強まり、その先の下値リスクも大きくなる」(同)とみられている。 <11:...

前場の日経平均は小幅続伸、見送られ狭いレンジで推移

前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日比11円40銭高の2万2012円72銭となり、小幅続伸となった。原油価格が軟化したことやドル/円相場が落ち着いて推移していることが安心感を誘っているものの、前日までの10日続伸で高値警戒感が強いほか、米連邦公開市場委員会(FOMC)を控えて見送りムードが強いことから小動きの展開に終始。前場の日経平均は上下に65円13銭と狭いレンジで推移した。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は一進一退、心理的節目2万2000円を意識

<10:53> 日経平均は一進一退、心理的節目2万2000円を意識 日経平均は一進一退、前日終値付近の2万2000円近辺で推移している。市場からは「昨日まで10 日続伸したため、きょうは高まった過熱感をほぐしている状況。2万2000円の水準を意識した売買が目 立っている」(国内証券)との声が出ていた。 また、明日19日(現地時間18日)に控えている米連邦公開市場委員会(FOMC)について「警戒 はしているが、現在の日本株は需給が強い。金利に左右されやすいグロース株より、バリュー株が買われて いるため、警戒感が極度に強まっているというわけではない...

寄り付きの日経平均は続伸、好地合い引き継ぐ

寄り付きの東京株式市場で、日経平均は前営業日比13円33銭高の2万2014円65銭となり、続伸した。米国株式市場、外為市場ともに方向性が見出せない中、前日までの好地合いを引き継ぐ動きとなっている。ただ、これまでの連騰で過熱感が生じているほか、米連邦公開市場委員会(FOMC)、日銀の金融政策決定会合といったイベントを控えていることから、模様眺めムードに支配されそうだ。

〔マーケットアイ〕株式:寄り前の板状況、主力の輸出関連株が売り優勢

<08:45> 寄り前の板状況、主力の輸出関連株が売り優勢 市場関係者によると、寄り前の板状況は、昭和電工 、三井化学 など の前日に売られた化学株が買い優勢となっているほか、指数寄与度の大きいファーストリ テイリング も買い優勢。半面、トヨタ自動車 、キヤノン 、ソニ ー など主力の輸出関連株に売り優勢の銘柄が目立つ。 東証第1部出来高上位50銘柄 東証第1部値上がり率上位50銘柄 東証第1部値下がり率上位50銘柄 日経225先物 SGX日経225先物 TOPIX先物 日経225オプション 株式関連指標の索引ページ 関連アプリ:インデックスムーバー...

訂正-東京株式市場・大引け=10日続伸、日経平均は終値で2万2000円を回復

(表中の日経平均株価の高値を訂正します) [東京 17日 ロイター] - 日経平均 終値      22001.32 +13.03 寄り付き    21947.59 安値/高値   21878.63─22041.08(訂正 ) TOPIX<.TOP X> 終値      1614.58 +4.71   寄り付き    1605.64   安値/高値   1601.73─1619.13   東証出来高(万株 133628 ) 東証売買代金(億 24201.81 円) 東京株式市場で日経平均は10日続伸。終値で4月26日以来の2万2000円回復...

〔テクニカルデータ〕東証1部RSIランキング=29日

2.78%(*) RIC 銘柄名 RSI 01 静岡銀行 19.12 02 東邦チタニウム 19.50 03 日産自動車 23.29 04 PALTAC 23.33 05 SHO―BI 24.06 06 エスケイジャパン 24.92 07 日本テレビHLDG 25.79 08 MonotaRO 26.09 09 前田工繊 26.58 10 タダノ 26.77 11 三井化学 26.81 12 竹内製作所 26.89 13 ユニー・ファミリーマー 26.95 トHD 14 新日本電工 27.04 15 クボタ 27.09 (*):RSIが...

〔テクニカルデータ〕東証1部RSIランキング=10日

1.85%(*) RIC 銘柄名 RSI 01 ランドビジネス 17.13 02 かんぽ生命保険 20.71 03 電気興業 22.48 04 OSJB HLDG 24.46 05 エステー 24.92 06 王子HLDG 25.36 07 レイズネクスト 25.61 08 住友ベークライト 25.70 09 伊藤園 優 25.87 10 昭和電工 26.52 11 三井化学 26.63 12 エア・ウォーター 26.72 13 信越ポリマー 27.16 14 オービック 27.30 15 東海カーボン 27.35 (*):RSIが70...

焦点:好況ベトナムで電力ブーム、石炭産業の「希望の星」に

ベトナムは目下、エネルギー関連投資家の熱い視線を浴びている。電力需要拡大に対応するため、今後10年間のエネルギー関連支出が最大1500億ドル(約16兆4000億円)に達すると見られているためだ。

〔テクニカルデータ〕東証1部GC・DC銘柄一覧=16日

RIC 銘柄名 01 コムシスHLDG 02 鹿島建設 03 ダイダン 04 塩水港精糖 05 コシダカHLDG 06 GCA 07 養命酒製造 08 トーメンデバイス 09 大冷 10 日清食品HLDG 11 黒谷 12 東急不動産HLDG 13 帝国繊維 14 日本コークス工業 15 日本調剤 16 ジャパンミート 17 クロス・マーケティンググループ 18 ステラ ケミファ 19 日本触媒 20 三井化学 21 大日本塗料 22 ソフトブレーン 23 MARUWA 24 大阪製鉄 25 モリ工業 26 古河機械金属 27 東洋機械金属...

ホットストック:住友化・三井化学は売り先行、中国の反ダンピング関税延長を材料視

住友化学、三井化学は売り先行。3%超の下落となっている。中国商務省が22日、日米原産の輸入レゾルシノールに対する反ダンピング(不当廉売)関税を23日からさらに5年間延長すると発表したことが嫌気されている。

中国、日米産の一部化学薬品への反ダンピング関税を5年延長

中国商務省は22日、日米原産の輸入レゾルシノールに対する反ダンピング(不当廉売)関税を23日からさらに5年間延長すると発表した。

〔テクニカルデータ〕東証1部GC・DC銘柄一覧=15日

RIC 銘柄名 01 関西ペイント 02 東洋製罐グループHLDG 03 OSJB HLDG 04 コナミHLDG  

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up