for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

日立化成株式会社

4217.T

現在値

4,610.00JPY

変化

5.00(+0.11%)

出来高

533,700

本日のレンジ

4,605.00

 - 

4,610.00

52週レンジ

1,977.00

 - 

4,615.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
4,605.00
始値
4,610.00
出来高
533,700
3か月平均出来高
22.15
高値
4,610.00
安値
4,605.00
52週高値
4,615.00
52週安値
1,977.00
発行済株式数
208.22
時価総額
960,562.30
予想PER
--
配当利回り
0.65

次のエベント

Hitachi Chemical Co Ltd Annual Shareholders Meeting

適時開示

その他

Hitachi Chemical To Acquire Apceth Biopharma GmbH

Thai Storage Battery Enters License Agreement With Hitachi Chemical

Hitachi Chemical Advanced Therapeutics Solutions Says Signed A Three-Year Clinical Manufacturing Agreement With GSK

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

日立化成株式会社とは

日立化成グループは機能材料及び先端部品・システムの製造・加工及び販売を主たる事業とする。【事業内容】同社は2つの事業を運営する。機能材料事業は、半導体用エポキシ封止材、半導体用ダイボンディング材料、半導体回路平坦化用研磨材料、電気絶縁用ワニスなどの電子材料、リチウムイオン電池用カーボン負極材などの無機材料、機能性樹脂、粘着フィルム、ディスプレイ用回路接続フィルム、タッチパネル周辺材料などの樹脂材料、銅張積層板、感光性フィルムなどの配線板材料を提供する。先端部品・システム事業は、樹脂成形品、摩擦材、粉末冶金製品などの自動車部品、車両用電池、産業用電池・システム、キャパシタなどの蓄電デバイス・システム、配線板などの電子部品、診断薬・装置などのその他製品を提供する。

連絡先

7F, GRANTOKYO SOUTH TOWER

1-9-2, Marunouchi

+81.3.55337000

http://www.hitachi-chem.co.jp/

エグゼクティブリーダーシップ

Kazuyuki Tanaka

Chairman of the Board

Hisashi Maruyama

Executive President, Representative Executive Officer, Chief Executive Officer, Director

Yoshihiro Nomura

Senior Managing Executive Officer, Director

Hiroyuki Morishima

Managing Executive Officer

Misao Nakagawa

Managing Executive Officer

統計

3.56 mean rating - 9 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, JPY)

2017

0.6K

2018

0.7K

2019

0.7K

2020(E)

0.6K
EPS (JPY)

2017

192.990

2018

174.450

2019

137.940

2020(E)

104.641
株価売上高倍率(過去12カ月)
48.69
株価売上高倍率(過去12カ月)
1.50
株価純資産倍率(四半期)
2.26
株価キャッシュフロー倍率
15.51
総負債/総資本(四半期)
25.50
長期負債/資本(四半期)
13.85
投資利益率(過去12カ月)
3.82
自己資本利益率(過去12カ月)
2.79

最新ニュース

最新ニュース

今日の株式見通し=大幅続落、新型肺炎への警戒強まる

きょうの東京株式市場で日経平均株価は、大幅続落が想定されている。前日の米国株式市場は主要株価3指数が下落。引き続き新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大が警戒されており、世界的なリスクオフムードが強まっている。新型肺炎を巡るネガティブなニュースが突発的に出てきた場合は下方向に値幅が出やすく、2万3000円割れも視野に入るとみられる。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陰線」、5日移動平均線下回り調整色深める

<16:10> 日経平均・日足は「小陰線」、5日移動平均線下回り調整色深める 日経平均・日足は上下に短いヒゲを伴う「小陰線」。5日移動平均線(2万3968円17銭=19日 現在)を下回り、調整色を深めた格好となっている。より上値が重いとの印象を与えたが、次の下値の目安 となる12日と13日に空けたマドの上限値(2万3775円73銭)を割り込んだ場合、調整が長引く可 能性も生じそうだ。 今回は安寄りしたため「ツタイ線」のパターン。翌日も安寄りして「陰線」を引いた場合、決定的な売 りサインである「三羽烏」となり、警戒色をより強めることになる...

日経平均は続落、方向性を示す材料欠き見送り

東京株式市場で日経平均は続落。引き続き方向感を示す材料に乏しく、見送りムードに支配され、終始利益確定売りが優勢の展開となった。値動きの良い銘柄や、材料が出た銘柄を物色する動きはありながらも、全体としては盛り上がりを欠いている。東証1部の売買代金は1兆9908億2500万円と2兆円を下回った。

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場は小じっかり、引き続きIPOが活況

<15:30> 新興株市場は小じっかり、引き続きIPOが活況 新興株市場では、日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数が小じっかり。市場では「小型株を物色し て値幅を取ろうとする資金の回転が続いている」(国内証券)との声が出る中、引き続きIPOが活況を呈 した。 ジャスダック市場では、多摩川ホールディングス が年初来高値を更新したが、ワークマン<75 64.T>がさえない。一方、マザーズ市場では、上場2日目のウィルズ 、JTOWER がス トップ高。BuySell Technologies 、フリー が大幅上昇となったもの の、マクアケ...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は安値もみあい、後場の振れ幅は44円51銭

<14:30> 日経平均は安値もみあい、後場の振れ幅は44円51銭 日経平均は安値もみあい。2万3800円台で推移している。手掛かり難となっており、見送りムード が強い。後場に入ってから日経平均の振れ幅は上下に44円51銭。 市場では「海外勢のクリスマス休暇から参加者の増加が見込めず、模様眺めの状態が続いている。新た な刺激材料が出ない限り、指数が上下に振れることはなさそうだ」(国内証券)との声が聞かれる。 <13:15> 日経平均は下げ渋り、日銀はETF貸付制度の導入決定 日経平均は2万3800円台後半。後場下げ幅を一時100円近くまで...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は下げ渋り、日銀はETF貸付制度の導入決定

<13:15> 日経平均は下げ渋り、日銀はETF貸付制度の導入決定 日経平均は2万3800円台後半。後場下げ幅を一時100円近くまで拡大したが、その後は下げ渋っ ている。 日銀は18─19日開催した金融政策決定会合で金融政策の現状維持やETF(上場投資信託)貸付制 度の導入を決定した。 日銀が保有する株価指数連動型の上場投資信託(ETF)を市場参加者に一時的に貸し付けることを可 能とする。株式市場からは「ニュートラルか若干プラス。日銀のETF買いを巡っては流動性の枯渇が一部 で指摘されており、組成会社も苦しんでいたようだ。今後、日銀は流動性...

〔マーケットアイ〕株式:前場の日経平均は続落、利益確定売り優勢 米大統領の弾劾訴追も嫌気か

<11:42> 前場の日経平均は続落、利益確定売り優勢 米大統領の弾劾訴追も嫌気か  前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日比71円76銭安の2万3862円67銭となり、続落し た。オーバーナイトの米国株がほぼ横ばいで取引を終えるなど全体的に手掛かり材料に乏しい中、利益確定 売りが優勢となった。午前10時半前、米下院がトランプ大統領の弾劾訴追決議案を可決したと伝わるとや や下げ幅を拡大した。 米下院はトランプ大統領の「権力乱用」と「議会妨害」について弾劾訴追決議案を可決した。年明けか ら上院で弾劾裁判が始まるが、上院は与党・共和党が多数派...

ホットストック:日立化成は買い気配、昭電工によるTOB価格を意識

日立化成は買い気配。昭和電工が18日、日立化成の株式を公開買い付け(TOB)により取得すると発表したことが材料視されている。TOB価格は1株4630円。株価はTOB価格を意識した動きとなっている。TOB価格は2019年12月17日の日立化成の終値4080円に対し13.48%、直近1カ月の終値単純平均値3878円に対し19.39%のプレミアムがそれぞれ加算された水準だった。

日立が日立化成と画像診断事業を売却、南ア火力和解で「リスク遮断」

日立製作所は18日、連結子会社・日立化成の株式を昭和電工に、画像診断関連事業を富士フイルムホールディングスに、それぞれ売却すると発表した。一方、南アフリカの火力発電所建設事業で損失負担を巡って対立していた三菱重工業との和解も発表した。

昭和電工がTOBで日立化成を買収、5Gや半導体で成長目指す

昭和電工<4004.T>は18日、日立化成<4217.T>を株式公開買い付け(TOB)により買収すると発表した。TOB価格は1株4630円、買付代金は総額9640億円となる。昭和電工は、今回の買収よって、5G、半導体、自動車電動化などに注目した7事業領域での成長を目指す、としている。

昭和電工、日立化成を1株4630円でTOB 日立から取得へ

昭和電工は18日、日立化成の株式を公開買い付け(TOB)により取得すると発表した。TOB価格は1株4630円、買付代金は総額9640億円となる。TOB開始は2020年2月ごろを予定している。日立化成は同TOBに賛同している。

米ファンドアポロが日本でオフィス開設、ベインから総括採用=関係筋

米投資ファンドのアポロ・グローバル・マネジメントが日本にオフィスを開設し、総括にベイン・キャピタルのマネージングディレクターだった岡本哲士氏を採用したことがわかった。複数の関係者が明らかにした。岡本氏は今月末にアポロに入社し、同社は今後も日本で人材を採用していく。

東京株式市場・大引け=3日続伸、年初来高値を更新 ハイテク関連が堅調

東京株式市場で日経平均株価は3日続伸。米国株市場の流れを引き継ぐ形で朝方からハイテク関連が堅調に推移した。前場の取引時間中、米中通商協議を巡るヘッドラインに反応して2万3608円06銭まで上昇。年初来高値を更新したが、その後は利益確定売りに押されて上げ幅を縮小した。米中通商協議を巡るニュースに振らされやすい地合いとなっている。

昭電工への日立化成売却報道、現時点で決定した事実はない=日立

日立製作所は26日、同社が日立化成の売却を巡り、昭和電工に買収の優先交渉権を与えることを決めたとの報道を受けて、「当社が公表したものではない。企業価値向上に向けて様々な検討は行っているが、本件も含め現時点で決定した事実はない」とのコメントを発表した。

日立化成の株式取得含め様々な検討、決まったことはない=昭電工

昭和電工<4004.T>は26日、日立製作所<6501.T>が日立化成<4217.T>の売却を巡り、昭電工に買収の優先交渉権を与えることを決めたとの報道を受けて「企業価値向上を目的に、日立化成の株式取得を含め、常にさまざまな検討を行っているが、現時点で決定した事実はない」とのコメントを発表した。

日立化成の株式取得含め様々な検討、決まったことはない=昭電工

昭和電工は26日、日立製作所が日立化成の売却を巡り、昭電工に買収の優先交渉権を与えることを決めたとの報道を受けて「企業価値向上を目的に、日立化成の株式取得を含め、常にさまざまな検討を行っているが、現時点で決定した事実はない」とのコメントを発表した。

ホットストック:日立化成は買い気配、昭電工に買収の優先交渉権との報道

日立化成は買い気配。親会社の日立製作所が、日立化成の売却を巡り、昭和電工に買収の優先交渉権を与えることを決めたとの報道が材料視されている。市場からは「買収がTOB(株式公開買い付け)になる可能性があり、プレミアムの上乗せに対する思惑が出ているのではないか。日立は経営リソースを集中できるので悪い話ではない」(国内証券)との声が出ている。

日立化成の売却交渉、ベインや日東電工などが2次入札へ=関係筋

日立製作所が51%を出資する日立化成の売却交渉で、大手プライベートエクイティ(PE)ファンドのベイン・キャピタルや日東電工など4、5社程度が株式取得の2次入札に参加する見通しであることが11日、分かった。複数の関係筋が明らかにした。11月に2次入札を締め切り、年明けにも売却先を選定する運びだ。

〔テクニカルデータ〕東証1部RSIランキング=2日

2.68%(*) RIC 銘柄名 RSI 01 三菱製紙 19.41 02 塩水港精糖 21.47 03 山九 22.04 04 チヨダ 23.17 05 トップカルチャー 23.67 06 島根銀行 23.70 07 ポーラ・オルビスHLD 24.24 G 08 ミライアル 24.51 09 ライオン 24.65 10 エイトレッド 24.69 11 キユーソー流通システム 24.78 12 船井電機 24.86 13 テクノメディカ 25.05 14 エコートレーディング 25.35 15 大陽日酸 25.42 (*):RSIが70...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陽線」、底堅さも基調転換まで至らず

<16:30> 日経平均・日足は「小陽線」、底堅さも基調転換まで至らず  日経平均・日足は、上下にヒゲを伴う「小陽線」。下押して始まったものの、陽の 実体部分が前日に引いた足と並ぶ格好となり、引き続き下値抵抗力が強く底堅いと印象付 けている。ただ、前日に空けたマド(2万0419円388銭─2万0581円17銭) を埋め切れなかったほか、下向きの5日移動平均線(2万0523円97銭=16日現在 )を割り込んだままであることから、弱い基調が転換したとまでは言えない。 リバウンド力が今ひとつと感じさせる一方、6日の直近安値2万0110円76銭...

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up