for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

細谷火工株式会社

4274.T

現在値

1,126.00JPY

変化

14.00(+1.26%)

出来高

137,800

本日のレンジ

1,098.00

 - 

1,160.00

52週レンジ

552.00

 - 

1,483.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
1,112.00
始値
1,127.00
出来高
137,800
3か月平均出来高
3.49
高値
1,160.00
安値
1,098.00
52週高値
1,483.00
52週安値
552.00
発行済株式数
4.00
時価総額
4,540.03
予想PER
--
配当利回り
0.53

次のエベント

Dividend For 4274.T - 6.0000 JPY

適時開示

その他

Hosoya Pyro-Engineering announces shareholding structure change

Hisae Hosoya gets 25 pct stake in Hosoya Pyro-Engineering from Fumio Hosoya

Hosoya Pyro-Engineering Co Ltd to issue year-end dividend for FY 2014

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

細谷火工株式会社とは

細谷火工は、火工品事業及び賃貸事業を営む。【事業内容】火工品事業は、火工品を製造し、製品の大部分を外部顧客に販売する。関連当事者であるホソヤエンタープライズには、主に原材料を供給して外注加工を発注し、半製品を購入。賃貸事業は、大型商業店舗、大型実験棟や火薬庫の施設を賃貸する。火薬庫の一部について、ホソヤエンタープライズに賃貸する。

業種

Chemical Manufacturing

連絡先

1847, Sugao

AKIRUNO-SHI, TKY

197-0801

Japan

+81.42.5585111

http://www.hosoya-pyro.co.jp

エグゼクティブリーダーシップ

Joji Hosoya

President, Representative Director

Yuichi Furuyama

Managing Director

Takeshiro Shimai

Executive Director

Tsunao Hamanaka

Executive Officer, Director of Accounting

Makoto Maekawa

Executive Officer, Manager of Plant

統計

株価売上高倍率(過去12カ月)
49.67
株価売上高倍率(過去12カ月)
3.12
株価純資産倍率(四半期)
1.81
株価キャッシュフロー倍率
34.88
総負債/総資本(四半期)
32.88
長期負債/資本(四半期)
8.32
投資利益率(過去12カ月)
3.17
自己資本利益率(過去12カ月)
2.44

最新ニュース

最新ニュース

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陰線」、引き続き5日線が上値を抑える

<15:45> 日経平均・日足は「小陰線」、引き続き5日線が上値を抑える 日経平均・日足は上ヒゲを伴う大引けが「坊主」に近い「小陰線」。前日に続いて5日移動平均線(2 万2745円31銭=28日現在)に上値が抑えられる格好となり、重さを感じさせている。ただ、三角も ちあいを形成している動きに大きな変化はみられず、引き続き方向性を探っている様子だ。 6月8日の戻り高値2万3178円10銭と7月15日高値2万2965円56銭を結んだトレンドラ インが上値抵抗線として意識されており、本格的な戻りに転じるためには、これを大きくブレークする必要...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場はマザーズが軟調、下げ一巡の直近IPO銘柄に買い

<15:10> 新興株市場はマザーズが軟調、下げ一巡の直近IPO銘柄に買い  新興株市場で、日経ジャスダック平均は小幅に5日ぶりに小反落、東証マザーズ指数は軟調だった。市 場では「値を消していた直近IPOで下げが一巡した銘柄を買う動きが活発化している」(国内証券)との 声が聞かれる。 マザーズ指数は10.73%安となった。弁護士ドットコム 、アンジェス 、Aimi ng などが売られたが、メルカリ が反発し、フィーチャ が買われた。 ジャスダック指数は0.34%高。テラ がストップ安となり、KeyHolder も 大幅安となった半面、ストリームメディアコーポレーション...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「中陽線」、終値25日線を上回る パラボリックは陰転

<16:40> 日経平均・日足は「中陽線」、終値25日線を上回る パラボリックは陰転 日経平均・日足は上下に短いヒゲを伴う「中陽線」。5日移動平均線(2万2753円12銭=27日 )に上値を抑えられる形となったが、終値は25日移動平均線(2万2522円79銭=同)を上回り、 支持線として機能した。ただ、パラボリックは陰転しており、目先の調整局面入りも警戒される。反発時に は一定の戻り売り圧力も掛かりそうだ。 <15:59> 新興株市場はまちまち、直近IPO銘柄には買い直しも  新興株市場で、日経ジャスダック平均は小幅に4日続伸、東証マザーズ...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場はまちまち、直近IPO銘柄には買い直しも

<15:59> 新興株市場はまちまち、直近IPO銘柄には買い直しも  新興株市場で、日経ジャスダック平均は小幅に4日続伸、東証マザーズ指数は続落した。マザーズ市場 では、直近IPO銘柄が買い直された半面、バイオ関連が売られた。「個人投資家の元気はよく、押し目買 い意欲がみられる一方、物色する銘柄に手詰まり感も出ている」(SBI証券のシニア・マーケットアドバ イザー、雨宮京子氏)との声も出ていた。 マザーズ指数は1.79%安。メルカリ 、アンジェス 、そーせいグループ は 安い。Aiming は一時ストップ高を付けた後、売られた。コパ・コーポレーション...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は下げ幅を縮小、50円安 TOPIXはプラス圏

<14:40> 日経平均は下げ幅を縮小、TOPIXはプラス圏  日経平均は前営業日比40円ほど安い2万2700円台前半。一時前営業日比10円48銭安の水準ま で下げ幅を縮小した。TOPIXはプラス圏での推移となっている。日銀によるETF(上場投資信託)買 い入れへの期待が継続しているようだ。市場では「米中関係悪化などの悪材料はあるものの、きょうは月曜 日なので後場から市場参加する海外投資家の動きが限定的。とりあえず今晩の米国株式市場の動向を見極め たいという様子見ムードから、悪材料を消化できない状態となっている」(国内証券)との声が出ていた...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は下げ幅縮小、日銀がETF購入か ニコンは安い

<13:17> 日経平均は下げ幅縮小、日銀がETF購入か ニコンは安い 日経平均は後場下げを幅を縮小し、2万2600円台後半で推移。TOPIXも前営業日比でほぼ横ば い圏となっている。日銀がETF(上場投資信託)を購入したのではないかとの声が出ている。 個別では、ニコン が後場一段安。市場では「デジタルカメラ事業の逆風に加え、米インテルの 半導体技術の開発が遅れていると伝わり、露光装置事業に対する懸念が出ている」(国内証券)との指摘が あった。 <11:42> 前場の日経平均は続落、朝安後に下げ幅縮小 押し目買い 前場の東京株式市場で、...

日経平均は続落、朝安後に下げ幅縮小 押し目買い

前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日比122円31銭安の2万2629円30銭となり、続落した。連休中の米中関係悪化や為替の円高進行などを受けて朝方は安く始まったが、その後は下げ幅を縮小する展開となった。押し目買いのほか、上海株の反発や米株先物の堅調推移が支えになった。

防衛関連株が高い、米中関係悪化で思惑的な買い

防衛関連株が高い。石川製作所<6208.T>、興研<7963.T>、細谷火工<4274.T>、重松製作所<7980.T>などが買われている。日本が連休中に米中対立が深まったとの見方から思惑的な買いが入っているという。

ホットストック:防衛関連の一角が軟調、北朝鮮が韓国への軍事行動計画を延期との報道

防衛関連の一角が軟調。石川製作所、豊和工業などが東証1部の値下がり率上位に入っている。北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長が、党の中央軍事委員会を主宰し、韓国に対する軍事行動計画の延期を決定した、と朝鮮中央通信社(KCNA)が伝え、地政学リスクがいったん後退したことが材料視されているもよう。ジャスダック市場上場の細谷火工も安い。

日経平均は反落、手掛かり材料難で方向感に欠ける展開

東京株式市場で日経平均は反落した。前日の日経平均が大幅上昇した反動や、時間外取引で米株先物が軟調に推移したことで、マイナス圏で方向感に欠ける値動きとなった。

ホットストック:防衛関連銘柄に買い、北朝鮮の南北連絡事務所爆破で地政学リスク警戒

防衛関連銘柄の一角が買われている。石川製作所、豊和工業が大幅高。細谷火工が買い気配。北朝鮮が16日、開城(ケソン)にある南北共同連絡事務所を爆破したと発表。地政学リスクの高まりに対する思惑から買いが先行している。東京計器、重松製作所も買われている。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「中陽線」、一目均衡表の雲の中でもみあい

<16:09> 日経平均・日足は「中陽線」、一目均衡表の雲の中でもみあい 日経平均・日足は上下にヒゲを伴う「中陽線」。一目均衡表の雲の中でもみあう展開だが、ローソク足 の形状は上昇期待感をうかがわせる。25日移動平均線(1万9226円86銭=7日)も上向きで短期上 昇トレンドを維持しており、目先、5日移動平均線(1万9808円44銭=同)を回復できるかがポイン トになりそうだ。 <15:50> 新興株市場は反発、マザーズ指数6%超高 アンジェスが10連騰でけん引  新興株市場で、日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数はともに反発した。大型連休...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場は反発、マザーズ指数6%超高 アンジェスが10連騰でけん引

<15:50> 新興株市場は反発、マザーズ指数6%超高 アンジェスが10連騰でけん引  新興株市場で、日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数はともに反発した。大型連休を通過し、日本 の個人投資家が再びリスクをとる動きに出ているという。マザーズ市場の売買代金は、2342億円の大商 い。新型コロナウイルス感染症向けのDNAワクチンの開発を行っているアンジェス が10日続伸 してストップ高比例配分となるなど、相場をけん引している。 マザーズ市場では、ヒューマン・メタボローム・テクノロジーズ 、サマンサタバサジャパンリ ミテッド 、FRONTEO...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「中陰線」、一目均衡表の雲下限が上値抵抗線に

<16:06> 日経平均・日足は「中陰線」、一目均衡表の雲下限が上値抵抗線に 日経平均・日足は上下にヒゲを伴う「中陰線」。日足一目均衡表の雲下限や5日移動平均線(1万95 37円49銭=21日)に上値を抑えられる形となった。 一方、25日移動平均線(1万8666円87銭=同)が上向きで短期的な上昇トレンドを維持してい る。利益確定や戻り待ちの売りをこなしながら戻しを試す展開もあり得る。 <15:53> マザーズ指数は7日ぶり反落、利益確定売り優勢に  新興株市場で、日経ジャスダック平均は12日ぶり反落、東証マザーズ指数は7日ぶり反落した...

〔マーケットアイ〕株式:マザーズ指数は7日ぶり反落、利益確定売り優勢に

<15:53> マザーズ指数は7日ぶり反落、利益確定売り優勢に  新興株市場で、日経ジャスダック平均は12日ぶり反落、東証マザーズ指数は7日ぶり反落した。市場 からは「短期的に戻り調子だが、北朝鮮の金正恩氏の健康状態に関するニュースが利益確定売りの材料にさ れた」(ストラテジスト)との声が出ていた。 ジャスダック平均は1.45%安。ワークマン 、ハーモニック・ドライブ・システムズ<6324. T>など時価総額上位銘柄の一角が軟調。シライ電子工業 はストップ高比例配分。防衛関連の細谷火 工 も買われた。 マザーズ指数は4.15%安。サイバーセキュリティクラウド...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は後場下げ幅拡大、金委員長の健康問題への思惑 防衛関連は急騰

<13:06> 日経平均は後場下げ幅拡大、金委員長の健康問題への思惑 防衛関連は急騰  日経平均は後場下げ幅拡大。一時1万9100円台後半まで下落した。北朝鮮の金正恩(キム・ジョン ウン)朝鮮労働党委員長の健康状態に関する報道が出て、地政学リスクの高まりが意識されている。市場か らは「ニュースがどこまで本当か分からないが、北朝鮮情勢がキーワードに組み込まれたアルゴリズム取引 で先物が売られ、現物指数に影響したようだ」(国内証券)との声が出ていた。 個別銘柄では、防衛関連株の一角の石川製作所 、細谷火工 が急騰し一時ストップ高と なった。...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「中陽線」、上値追いに慎重な姿勢も

<16:16> 日経平均・日足は「中陽線」、上値追いに慎重な姿勢も 日経平均・日足は「中陽線」。短い下ヒゲが投資家の上昇期待感を表している。安値圏から戻したもの の、各種オシレーター系指標ではまだ売られ過ぎが示唆されており、ここから自律反発的に上昇する可能性 がある。一方、やや長い上ヒゲが上値追いに慎重な姿勢もうかがわせる。目先は27日と28日に下方向へ 空けたマド(2万1528円13銭─2万1844円29銭)を埋め切れるかがポイントになりそうだ。 <15:45> 新興株市場は5日ぶり反発、売られ過ぎの反動 打診買い  新興株市場で、日経...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場は5日ぶり反発、売られ過ぎの反動 打診買い

<15:45> 新興株市場は5日ぶり反発、売られ過ぎの反動 打診買い  新興株市場で、日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数はともに5日ぶりに反発した。それぞれ3. 10%高、5.83%高。市場からは「売られ過ぎの反動が出ているに過ぎず、まだ打診買いのレベル」( 株式アナリスト)との声が出ていた。 ジャスダック市場では、ワークマン 、日本マクドナルドホールディングス 、ハーモ ニック・ドライブ・システムズ など時価総額上位銘柄が堅調に推移。応用技術 はストッ プ高比配分となった。半面、城南進学研究社 は一時ストップ安。シンバイオ製薬 、...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均伸び悩み、買い戻し一巡 防衛関連の一角は上昇

<13:51> 日経平均伸び悩み、買い戻し一巡 防衛関連の一角は上昇 日経平均は2万1300円台前半。短期筋による先物買い戻しが一巡し、後場に付けたきょうの高値2 万1593円11銭から上げ幅を縮小している。 ランチタイム中、北朝鮮が飛翔体を2発発射したと伝わった。日経平均に与えた影響は限定的だったも ようだが、個別では防衛関連株として知られる石川製作所 や細谷火工 が急上昇した。 <12:49> 日経平均は後場上げ幅拡大、短期筋の先物買い戻し 日経平均は2万1400円台後半で推移している。朝方は日経平均のPBR(株価純資産倍率)1倍水...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陽線」、25日移動平均線を上回る

<15:49> 日経平均・日足は「小陽線」、25日移動平均線を上回る 日経平均・日足は上下に短いヒゲを伴う「小陽線」。買い勢力が強く、25日移動平均線(2万362 3円72銭=9日)を上回って取引を終えるとともに、12月30日と1月6日に空けたマド(2万336 5円36銭─2万3656円62銭)を埋めた。 下値は5日移動平均線(2万3476円37銭=同)がサポートとして機能しているが、昨年12月中 旬以降2万4000円近辺での上値の重さが意識されており、同水準が近づくにつれて売りに押される可能 性もあるという。 <15:10> 新興株市場...

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up