for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

株式会社Jストリーム

4308.T

現在値

3,665.00JPY

変化

--(--)

本日のレンジ

--

 - 

--

52週レンジ

513.00

 - 

4,600.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
3,665.00
始値
--
出来高
--
3か月平均出来高
7.45
高値
--
安値
--
52週高値
4,600.00
52週安値
513.00
発行済株式数
11.63
時価総額
51,415.18
予想PER
--
配当利回り
0.18

次のエベント

Q2 2021 J-Stream Inc Earnings Release

適時開示

その他

J-Stream to acquire 39 pct voting power in BIGM2Y

J-Stream to buy software

J-Stream completes stake acquisition in Innoqos

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

株式会社Jストリームとは

Jストリームグループは、各種のインターネット動画配信用ソフトウェアを用い、インターネット上で映像や音声等のコンテンツ配信サービスを行う。【事業内容】2つの事業セグメントで構成される。配信事業は、ライブストリーミングやオンデマンドストリーミング、配信利用に付随するアプリケーションのカスタマイズなどを行う。制作・システム開発事業は、ウェブサイトや配信システム、映像制作及びコンテンツの受託制作を行う。その他は、多チャンネル事業者、ケーブルテレビ(CATV)事業者向けのエンコード設備等のインテグレーター業務などを実施する。また、動画広告関連の広告代理店に類するサービスも販路拡大を図る。

業種

Computer Services

連絡先

6F, Shiba 256 Square Bldg., 2-5-6, Shiba

MINATO-KU, TKY

105-0014

Japan

+81.3.57657000

https://www.stream.co.jp/

エグゼクティブリーダーシップ

Kiyoshi Shiraishi

Chairman of the Board

Toshio Ishimatsu

President, Representative Director

Satoru Miyama

Vice President, President of Subsidiary, Director

Norio Yamashita

Senior Executive Officer, Chief Director of Sales

Munetoshi Ariyama

Executive Officer, Chief Senior Director of Manufacturing & System Development Business, Manager of Manufacturing Service Promotion Office

統計

株価売上高倍率(過去12カ月)
104.48
株価売上高倍率(過去12カ月)
5.62
株価純資産倍率(四半期)
10.56
株価キャッシュフロー倍率
60.41
総負債/総資本(四半期)
0.51
長期負債/資本(四半期)
0.24
投資利益率(過去12カ月)
9.78
自己資本利益率(過去12カ月)
7.18

最新ニュース

最新ニュース

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「中陰線」、5日移動平均線を下回る

<16:03> 日経平均・日足は「中陰線」、5日移動平均線を下回る 日経平均・日足は上下にヒゲを伴う「中陰線」。終値は5日移動平均線(1万9120円53銭=31 日)を下回り、上値の重さを意識させる。 25日に引いた「大陽線」から上下どちらかの方向に動きそうな状況だが、トレンドの方向性を明確に 示すのは同日の高値・安値いずれかを抜けてからになりそうだ。 <15:47> マザーズ指数は反発、1.28%高 打診買い 新興株市場で、日経ジャスダック平均は小幅続落、東証マザーズ指数は反発となった。市場からは「個 人投資家に逆張りの動きが出たが、...

〔マーケットアイ〕株式:マザーズ指数は反発、1.28%高 打診買い

<15:47> マザーズ指数は反発、1.28%高 打診買い 新興株市場で、日経ジャスダック平均は小幅続落、東証マザーズ指数は反発となった。市場からは「個 人投資家に逆張りの動きが出たが、まだ打診買いの域を出ていない」(ストラテジスト)との声が出ていた 。 マザーズ市場では、関通 、AI CROSS 、トレンダーズ が一時ストッ プ高。Jストリーム 、フィードフォース は売られた。 きょうマザーズ市場に新規上場したMacbee Planet は公開価格を28.3%上回 る2348円で初値を形成。1848円で取引を終えた。 ジャスダック市場...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「中陰線」、直近安値割り込み下値模索が続く

<15:50> 日経平均・日足は「中陰線」、直近安値割り込み下値模索が続く 日経平均・日足は、短い上ヒゲと長めの下ヒゲを伴う「中陰線」。5日移動平均線(2万1212円1 5銭=6日)を上回って目先底入れを期待させた前日の動きが、結果的に「ダマシ」となり、再び不安感を 膨らませている。2日に付けた昨年来安値2万0834円29銭を下回り、なお下値模索の展開が続きそう な状況だ。 オシレーター系指標などに売られ過ぎを示すサインが出ているため、急速な戻りを演じる可能性がある ものの、当面の下値の目安を割り込んだため、どこで下げ止まるか見通せない...

〔マーケットアイ〕株式:新興株は大幅反落、既存店売上好調のマクドナルドが買われる

  <15:15> 新興株は大幅反落、既存店売上好調のマクドナル ドが買われる 新興株市場は軟調。日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数ともに大幅反落となった。世界的なリス クオフムードが強まり、新興株市場でも幅広い銘柄が売られた。 ジャスダック市場では、ワークマン 、ハーモニック・ドライブ・システムズ 、ウチダ エスコ が下落。金などの商品取引を手掛ける第一商品 や出前・宅配サービスの出前館<248 4.T>は上昇。日本マクドナルドホールディングス は5日に発表した月次動向で、2月の既存店売上 高が前年同月比14.7%増だったことが好感...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陰線」、5日移動平均線がサポート

<15:55> 日経平均・日足は「小陰線」、5日移動平均線がサポート 日経平均・日足は「小陰線」。5日移動平均線(2万1199円79銭=5日)が下値サポートとして 機能した。上ヒゲがない「寄り付き坊主」で先安感を見込ませる形状だが、やや長い下ヒゲは下値抵抗力も 感じさせる。騰落レシオ(東証1部、25日平均)は63%台と安値圏。25日線や75日線からの下方乖 離率も売られ過ぎを示唆しており、自律反発的に上昇する余地はある。 <15:40> 新興株市場は小幅高、アンジェスがストップ高比例配分  新興株市場で、日経ジャスダック平均は小反発、東証...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場は小幅高、アンジェスがストップ高比例配分

<15:40> 新興株市場は小幅高、アンジェスがストップ高比例配分  新興株市場で、日経ジャスダック平均は小反発、東証マザーズ指数は小幅続伸となった。マザーズ市場 ではアンジェス が後場一段高となりストップ高比例配分となった。新型コロナウイルス向けのワク チンを開発すると伝わったことが材料視された。 このほかマザーズ市場では、Jストリーム がストップ高比例配分。イグニス が大幅続 伸。半面、オンコリスバイオファーマ  Amazia などは売られた。上場2日目のKi ds Smile Holdings は買い一巡後、売りに押された。 ジャスダック...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「中陰線」、短期RSIは売られ過ぎ示唆

<15:59> 日経平均・日足は「中陰線」、短期RSIは売られ過ぎ示唆 日経平均・日足は「中陰線」。新たなマド(2万2950円23銭―2万3378円33銭)を空けて 下放れた。上ヒゲがほとんどない「陰の寄り付き坊主」の形状で、買い手の強い失望感を表している。節目 の2万3000円も大きく割り込んでおり、チャート上では弱気転換も意識される。 一方、短期RSI(相対力指数)は売られ過ぎを示唆。騰落レシオ(東証1部、25日平均)も68% 台と安値圏に低下している。200日移動平均線(2万2195円24銭=25日)を支えにして自律反発 する可能性...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場は大幅反落、個人中心の換金売りが優勢

<15:15> 新興株市場は大幅反落、個人中心の換金売りが優勢 新興株市場で、日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数はともに大幅反落となった。市場からは「新 型ウイルスの感染拡大がアジアにとどまらず世界中で警戒されるようになった。前日の米国株安やきょうの 日経平均の大幅安で、投資家心理が冷え込んでいる。小型に限らず幅広い換金売りが個人を中心に強まって いる」(あかつき証券・投資情報部長の藤井知明氏)との声が出ていた。 ジャスダック市場では、ワークマン 、ハーモニック・ドライブ・システムズ 、ユニバ ーサルエンターテインメント 、日本マクドナルドホールディングス...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陰線」、気迷い MACDはゴールデンクロス

<16:15> 日経平均・日足は「小陰線」、気迷い MACDはゴールデンクロス 日経平均・日足は上下のヒゲを伴う「小陰線」。投資家の気迷い感を表している。MACD(短期12 日、長期26日の平滑移動平均線のかい離幅、マイナス48.31=7日)は、9日移動平均線であるシグ ナル(マイナス62.95=同)を上回りゴールデンクロスを達成したほか、一目均衡表の「雲」も完全に 抜けた。 上昇転換のサインが増えている一方、ストキャスティクスなど、オシレーター系指標に高値警戒感が伺 えるものもある。日経平均は連日2万4000円を前に押し戻されたこともあり...

〔マーケットアイ〕株式:東証マザーズ指数は4日ぶり反落、メルカリは買われる

<16:04> 東証マザーズ指数は4日ぶり反落、メルカリは買われる  新興株市場で、日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数はともに4日ぶり反落となった。直近上昇し ていたこともあり、週末を控えて利益確定売りが先行した。 個別では、マザーズ市場で時価総額トップのメルカリ が7日続伸。市場からは「1800円台 で踏みとどまり、昨年来安値更新を回避した。底打ちを意識させている」(SBI証券のシニア・マーケッ トアドバイザー、雨宮京子氏)との声が出ていた。 このほかマザーズ市場では、プレシジョン・システム・サイエンス 、Jストリーム が 買われた...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陰線」、気迷い 5日線は上回る

<15:59> 日経平均・日足は「小陰線」、気迷い 5日線は上回る 日経平均・日足は上下にヒゲを伴う「小陰線」。投資家の気迷い心理を表している。終値が5日移動平 均線(2万3111円80銭=5日)を上回ったことは調整の底打ちをうかがわせるものの、75日移動平 均線(2万3373円10銭=同)に上値を抑えられた。 あす以降、75日線や1月24日と27日に空けたマドの下限(2万3463円89銭)を上回ること ができれば、次の戻りの目安として同マドの上限(2万3755円32銭)が意識されそうだ。 <15:20> マザーズ指数は続伸、投資家心理...

〔マーケットアイ〕株式:マザーズ指数は続伸、投資家心理に落ち着き

<15:20> マザーズ指数は続伸、投資家心理に落ち着き 新興株市場で、日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数はともに続伸となった。市場からは「投資家 心理がやや落ち着き、相対的に売り込まれていた中小型株に買いが入っている。ただ、それほど大きな買い ではなく、自律反発的な戻りの域を出ない」(国内証券)との声が出ていた。 ジャスダック市場では、MICS化学 がストップ高比例配分。セプテーニ・ホールディングス が5日続伸となった。エムケイシステム がストップ安比例配分。イナリサーチ と 重松製作所 も大幅安となった。 マザーズ市場では、AI...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陽線」、一目均衡表の「雲」の中

<16:28> 日経平均・日足は「小陽線」、一目均衡表の「雲」の中 日経平均・日足は上下にヒゲを伴う「小陽線」。一目均衡表の「雲」の領域内で浮遊する格好となって おり、自律反発の域から出ていない。5日移動平均線(2万3150円00銭=3日)を下回ったことも上 値の重さを意識させる。 ボリンジャーバンドでマイナス2シグマ近辺にあることや、一部のオシレーター系指標で売られ過ぎの サインが出ていることは調整一服の期待を持たせる。上値は重いものの、ここから大きく売り込むのは難し いとの見方もある。 <16:00> 新興株市場は軟調、投資家心理は...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場は軟調、投資家心理は上向かず

<16:00> 新興株市場は軟調、投資家心理は上向かず  新興株市場で、日経ジャスダック平均は反落、東証マザーズ指数はほぼ横ばいとなった。「先週大きく 下げたため戻りやすい状況ではあるが、個人投資家の心理は強気になっていない」(国内証券)との声も出 ていた。 マザーズ市場ではメルカリ が上昇。Jストリーム はストップ高比例配分となった。コ ラボス は一時ストップ安だった。 ジャスダック市場では、中京医薬品 、重松製作所 がストップ安比例配分。大木ヘルス ケアホールディングス も売られた。半面、イナリサーチ 、カイノス はストップ高 比例配分...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陽線」、上値重い印象で自律反発の域は出ず

<15:55> 日経平均・日足は「小陽線」、上値重い印象で自律反発の域は出ず 日経平均・日足は、長い上ヒゲを伴う寄り付きがほぼ「坊主」の「小陽線」となった。5日移動平均線 (2万3224円31銭=31日現在)を終値で上回ることができなかったほか、75日移動平均線(2万 3312円18銭=同)に上ヒゲでタッチしたにとどまるなど、上値が重いという印象があり、自律反発の 域を出ていない。 ただ、オシレーター系指標などに売られ過ぎのサインが出ているほか、前日の急落局面において下値の 目安である昨年11月21日安値(22726円71銭)に距離を残...

〔マーケットアイ〕株式:マザーズ指数は8日ぶり反発、下値リスクは残る

<15:52> マザーズ指数は8日ぶり反発、下値リスクは残る  新興株市場で、日経ジャスダック平均は7日ぶり反発、東証マザーズ指数は8日ぶり反発となった。マ ザーズ指数は前日の取引で大幅安となり2019年8月に付けた安値を下回った。きょうはいったん反発し たものの、「自律反発狙いの買いも入らず、反発力は弱い。来週以降の下値リスクは残る」(国内証券)と の声が出ていた。 マザーズ市場では、Jストリーム 、プレシジョン・システム・サイエンス がストップ 高比例配分。一方、カヤック は大幅安。HPCシステムズ 、UUUM 、弁護士ド ットコム...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陰線」、5日移動平均線がサポート

日経平均・日足は上下にヒゲを伴う「小陰線」。5日移動平均線(2万3900円63銭=16日)が下値支持線として機能している一方、上値は昨年来高値(2万4091円12銭)の壁も意識されつつある。

〔マーケットアイ〕株式:ジャスダック平均は5日ぶり反落、材料ある銘柄には物色

新興株市場で日経ジャスダック平均は5日ぶり反落、東証マザーズ指数は小幅に3日続落となった。「材料のある銘柄への物色は活発だったが、全体的には決算発表前ということもあり大きくポジションを傾けづらい。指数は膠着し、方向性が出なかった」(アナリスト)との声が出ていた。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陽線」、75日線を終値で上回る

<16:40> 日経平均・日足は「小陽線」、75日線を終値で上回る 日経平均日足は「小陽線」となった。下ヒゲが長い「下影陽線」は先高見込みを示す 。 チャート形状の改善が意識されてきている。これまで抵抗線となっていた75日移動 平均線(2万2193円95銭=24日)を終値で上回った。2月2日以来となる。75 日線には、5日移動平均線(2万2175円56銭=同)が下方向から接近してきている 。抵抗帯となる日足・一目均衡表の雲の中にあるが、現在の水準を維持していれば週明け には上限を上抜け、上値が軽くなるとみられる。雲を抜ければ、2月27日高値...

訂正-〔マーケットアイ〕株式:新興株市場は小じっかり、HEROZ初値はIPO史上最高の公開価格比

(14時25分の記述で「日本株も調整が深まった2月5日以来」を「日本株が調整する 前の2月2日以来」に訂正します。) [東京 24日 ロイター] - <15:55> 新興株市場は小じっかり、HEROZ初値はIPO史上最高の公開 価格比 新興株市場は、日経ジャスダック平均と東証マザーズ指数がともに3日続伸した。市 場では「資金の流入は少なく、大型株に比べると盛り上がりを欠いた」(国内証券)との 声が出ていた。 一方、上場3日目のHEROZ は、公開価格の10.88倍となる4万90 00円の初値をつけて市場の関心を集めた。市場関係者によると...

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up