for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

株式会社レイ

4317.T

現在値

313.00JPY

変化

3.00(+0.97%)

出来高

17,600

本日のレンジ

307.00

 - 

314.00

52週レンジ

250.00

 - 

673.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
310.00
始値
310.00
出来高
17,600
3か月平均出来高
0.88
高値
314.00
安値
307.00
52週高値
673.00
52週安値
250.00
発行済株式数
14.33
時価総額
4,441.98
予想PER
--
配当利回り
1.61

適時開示

その他

TV Asahi Holdings unit says business and capital alliance with Ray

Ray to issue year-end dividend for FY 2016

Ray lowers consolidated full-year outlook for FY 2016

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

株式会社レイとは

レイグループは、広告・映像関連の企画制作を主な事業とする。【事業内容】セグメントの事業区分といたしましては、セールスプロモーションやテレビコマーシャル等の企画制作を行う広告ソリューション事業と、保有する各種映像インフラを活用し実制作をおこなうテクニカルソリューション事業となっている。広告ソリューション事業はキャンペーンやイベント、展示会、テレビコマーシャル等の企画制作をもって、主にクライアントや広告代理店より総合企画を受注する。同事業には、セールスプロモーション(SP)、展示会、キャンペーン、博覧会等各種イベント、ショールーム、展示施設等の企画制作を行うSP・イベント部門、テレビコマーシャル(TVCM)、ビジネスプロモーション映像等の企画制作を行うTVCM部門が含まれる。テクニカルソリューション事業は、広告ソリューション事業が提案する企画制作を実現する事業であり、デジタル映像編集スタジオを保有し、撮影から加工までの一貫した制作基盤と、各種催事に使用するデジタル映像機材のレンタルをおこなう映像関連インフラを持つ事業体である。同事業には、イベント、展示会、コンサート、学会、会議等において映像 システム、特殊演出システム、ビジネスプレゼンテーション機器等のレンタル・オペレーションサービスを行う映像機器レンタル部門、並びにデジタル映像を中心に各種映像(テレビコマーシャル・番組等)の編集及びDVD・ブルーレイディスク・CG制作等を行うポストプロダクション部門が含まれる。

業種

Advertising

連絡先

Harks Roppongi Bldg., 6-15-21, Roppongi

MINATO-KU, TKY

106-0032

Japan

+81.3.54103861

https://www.ray.co.jp/

エグゼクティブリーダーシップ

Hideo Wakebe

Chairman of the Board

Shiro Wakebe

President, Representative Director

Yasuo Suzuki

Senior Executive Officer, Director

Junzo Nakamura

Executive Officer, Director

Masaharu Iwata

Executive Officer, Director

統計

株価売上高倍率(過去12カ月)
--
株価売上高倍率(過去12カ月)
0.58
株価純資産倍率(四半期)
0.87
株価キャッシュフロー倍率
22.83
総負債/総資本(四半期)
43.73
長期負債/資本(四半期)
9.66
投資利益率(過去12カ月)
-4.32
自己資本利益率(過去12カ月)
-2.74

最新ニュース

最新ニュース

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陰線」、一目均衡表の基準線などサポート

<15:55> 日経平均・日足は「小陰線」、一目均衡表の基準線などサポート   日経平均・日足は短い下ヒゲを伴う大引けが「坊主」の「小陽線」。下値を小幅ながら切り下げたもの の、75日移動平均線(2万1280円45銭=4日現在)や一目均衡表の基準線(2万1308円34銭 =同)にサポートされ、目先的に底入れした格好となっている。上げ幅から自律反発の域は出ていないもの の、高値引けとなった引け味の良さからリバウンドが期待できる状況となった。 一目均衡表では、遅行線(本日終値の2万1410円20銭と同値)が「雲」領域上限で反転。また、 8月...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場はしっかり、値幅取り狙いの資金が流入

<15:10> 新興株市場はしっかり、値幅取り狙いの資金が流入 新興株市場はしっかり。日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数ともに反発した。市場では「好材料 が出た銘柄、値動きの良い低位株などを中心に値幅取り狙いの資金が流入している」(国内証券)といった 声が出ていた。 ジャスダック市場では、レイ がストップ高比例配分となったほか、アマガサ もストッ プ高、シンワワイズ が大幅上昇したが、フューチャーベンチャーキャピタル 、ワークマン などがさえない。 マザーズ市場では、霞ヶ関キャピタル がストップ高となったほか、直近IPOのパワーソリュ...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「下影陰線」、5日線が上値抵抗線に

<15:28> 日経平均・日足は「下影陰線」、5日線が上値抵抗線に 日経平均・日足は短い上ヒゲとやや長い下ヒゲを伴う「下影陰線」。25日移動平均 線(2万1520円42銭)が下値支持線となった形だが、弱い線だ。前週末26日には 下値支持線だった5日移動平均線(2万1672円39銭)が、今度は上値抵抗線になっ ている。 <15:13> 新興株市場は小反発、直近売られた銘柄に買い 新興株市場では、日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数がともに小幅に反発した 。市場からは「直近売られた銘柄や、決算発表を終えて動きが軽くなった銘柄が物色され ていた...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場は小反発、直近売られた銘柄に買い

<15:13> 新興株市場は小反発、直近売られた銘柄に買い 新興株市場では、日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数がともに小幅に反発した。市場からは「直 近売られた銘柄や、決算発表を終えて動きが軽くなった銘柄が物色されていた」(国内証券)との声が出て いた。 個別銘柄では、アプリックス 、SHIFT が大幅反発。環境管理センター が ストップ高比例配分。エクストリーム 、ALBERT 、レイ 、東映アニメーショ ン 、セプテーニ・ホールディングス なども買われた。 マザーズ市場に新規上場したブシロード は公開価格を16.6%上回る2204...

ホットストック:新元号関連は息切れ気味、レイは大幅安

新元号関連として注目された銘柄が下落している。レイは一時7%超、文教堂グループホールディングスは一時5%超の下落となり、それぞれジャスダック市場で下げ率上位となっている。1日に新元号「令和」(れいわ)が発表され、社名が似ていたり、出典の万葉集の売り利上げ拡大への連想が働いたりして買われたが、「ご祝儀的なもので持続性のある買いではなかった」(ネット系証券)との声が出ている。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「中陰線」、25日線が下値支持線に

<15:31> 日経平均・日足は「中陰線」、25日線が下値支持 線に  日経平均・日足は「中陰線」。25日移動平均線(2万1428円12銭)が下値支持線として意識さ れている。 ローソク足は高値寄り付きの「陰の寄り付き坊主」の形状で、投資家の失望感を表している。外部環境 はそれほど悪くはないものの、3月4日につけた年初来高値(2万1860円39銭)に近づけば、戻り待 ちの売りが出やすい。2万1800円を上回って上昇していくには、追加で強い買い材料が必要とみられて いる。 <15:07> 新興株市場は軟調、マザーズ指数は3%超の下げ幅 新興株市場...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場は軟調、マザーズ指数は3%超の下げ幅

<15:07> 新興株市場は軟調、マザーズ指数は3%超の下げ幅 新興株市場で、日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数はともに続落となった。マザーズ指数の下げ 幅は3%を超えた。「東証1部の大型株に関心が向かっている。日銀短観で景況感の悪化が示された中、中 小型株は物色しにくい」(国内証券)との声が出ていた。 個別銘柄では、ASJ が一時ストップ安。アンジェス 、オンコリスバイオファーマ<4 588.T>、窪田製薬ホールディングス 、ジョルダン 、夢の街創造委員会 、ラクオリ ア創薬 、日本一ソフトウェア なども売られた。 前日、新元号関連...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足はほぼ「十字線」、25日線が下値支持

<16:12> 日経平均・日足はほぼ「十字線」、25日線が下値支持 日経平均・日足は「十字足」。上ヒゲが長い「トウバ」のような形状で、2万1500円より上の水準 での売り圧力の強さを表した。一方、下値は25日移動平均線(2万1429円04銭=1日)が支持線と して意識される。やや上値の重い動きではあるが、「3月上旬に25日線と75日線がゴールデンクロスし ている。交差してから2、3カ月は強い相場トレンドを示す」(銀行系証券)として、上値余地があるとの 見方も出ている。 <15:04> 新興株市場は軟調、新元号発表で一部に連想買い 新興株市場...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場は軟調、新元号発表で一部に連想買い

<15:04> 新興株市場は軟調、新元号発表で一部に連想買い 新興株市場で日経ジャスダック平均は小反落、東証マザーズ指数は反落となった。市場からは「東証1 部の大型株に関心が向かった。個別銘柄への物色意欲もそれほど強くない」(ネット系証券)との声が出て いた。 個別では、ギークス はストップ高比例配分。ASJ 、、サーバーワークス 、 ハーモニック・ドライブ・システムズ などが買われた。半面、オンコリスバイオファーマ はストップ安比例配分。AmidAホールディングス 、日本一ソフトウェア 、ジョルダン なども売られた。 新元号関連では、...

レイ株が後場買い気配、新元号「令和」の連想買い

東京株式市場で、レイ<4317.T>が後場買い気配。ランチタイム中、政府が新元号「令和」(れいわ)を発表し、社名が似ている同社への連想的な買いが入っている。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「陽線」、じわり過熱感の高まりも

<16:33> 日経平均・日足は「陽線」、じわり過熱感の高まりも 日経平均・日足は「陽線」だった。主要な移動平均線は上昇トレンドを維持。上方向では2万4000 円が目先の節目となる。騰落レシオ(東証1部、25日平均)は124%付近、25日移動平均線(2万3 109円28銭=16日終値)からのかい離率は3.65%付近で、過熱感の高まりも意識されつつある。 下方向では12日安値の2万3588円07銭や、日足一目均衡表の転換線(2万3357円64銭=16 日終値)が下値めどとみられている。 <15:45> 新興株は方向感欠く、ジャスダックは小幅...

〔マーケットアイ〕株式:新興株は方向感欠く、ジャスダックは小幅ながら9日続伸

<15:45> 新興株は方向感欠く、ジャスダックは小幅ながら9日続伸 新興株式市場は方向感が出なかった。日経ジャスダック平均は9日続伸し高値を更新したが、上昇は小 幅にとどまった。東証マザーズ指数は3日ぶりに反落したが、下げは小幅だった。市場では「大型株がしっ かりだと、小型株は足が止まる」(国内証券)との声が聞かれた。ファンドクリエーショングループ<3266. T>やレイ 、エルテス などが上昇率上位だった一方、NFKホールディングス やレ カム 、イントランス などが下落率上位だった。 <14:29> 日経平均はしっかり、昨年来高値...

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up