for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

株式会社電通グループ

4324.T

現在値

4,055.00JPY

変化

-150.00(-3.57%)

出来高

1,218,600

本日のレンジ

4,050.00

 - 

4,145.00

52週レンジ

3,500.00

 - 

5,060.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
4,205.00
始値
4,115.00
出来高
1,218,600
3か月平均出来高
21.84
高値
4,145.00
安値
4,050.00
52週高値
5,060.00
52週安値
3,500.00
発行済株式数
271.88
時価総額
1,212,764.00
予想PER
12.30
配当利回り
2.79

次のエベント

Q2 2022 Dentsu Group Inc Earnings Release

適時開示

その他

Dentsu Group Inc - Notice Regarding Sale And Lease Agreement Of Fixed Assets Including Dentsu Headquarters Building

Dentsu Group Inc - Expect Gain Of About 89 Bln Yen If Headquarters Sold

Dentsu Group - to book about 30 bln yen gain on sale of 2 property assets

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

株式会社電通グループとは

電通グループ(旧名:電通)は、広告を中心にコミュニケーションに関連するサービスを提供する。【事業内容】同社の国内事業は、広告業、情報サービス業及びその他の事業を含む。広告業は、日本国内の広告、マーケティングサービス及びコンテンツ・ビジネスを主な業務とする。情報サービス業は、情報システムに関するコンサルティング・開発・運用、ソフトウエアプロダクトの販売・総合ネットワークサービス等を行う。その他の事業は、ビルの賃貸管理、不動産の売買・仲介、損保代理業等の業務を行う。同社の海外事業は、海外の広告、マーケティングサービスの提供を行う広告業を含む。

業種

Advertising

連絡先

Dentsu Honsha Bldg.

1-8-1, Higashi-Shimbashi

MINATO-KU, TKY

105-7050

Japan

+81.3.62176600

https://www.group.dentsu.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Timothy Andree

Chairman of the Board of Directors, Chairman of the Board of Directors of Subsidiary

Hiroshi Igarashi

President, Executive President, Chief Executive Officer, Representative Director

Arinobu Soga

Chief Financial Officer, Executive Vice President, Representative Director

Nick Priday

Deputy Chief Financial Officer, Executive Officer, Director

Haruhiko Hirate

Executive Vice President, Chief Corporate Affairs Officer

統計

2.50 mean rating - 10 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, JPY)

2019

1.0K

2020

0.9K

2021

1.1K

2022(E)

1.2K
EPS (JPY)

2019

-287.920

2020

-571.190

2021

388.790

2022(E)

339.167
株価売上高倍率(過去12カ月)
9.18
株価売上高倍率(過去12カ月)
1.08
株価純資産倍率(四半期)
1.31
株価キャッシュフロー倍率
5.82
総負債/総資本(四半期)
65.96
長期負債/資本(四半期)
52.92
投資利益率(過去12カ月)
8.22
自己資本利益率(過去12カ月)
3.90

最新ニュース

最新ニュース

デルタ航空・ケロッグ・電通、IBMツールで広告のバイアス排除へ

米デルタ航空や食品大手ケロッグ、電通など世界的な大手広告代理店数社が20日、オンラインのターゲット広告で使用するアルゴリズムの望ましくない先入観を排することを約束した。米IBMのツールを通じて取り組む。

日経平均は10日ぶり反落、高値警戒 日銀指し値オペでの円安で下げ渋りも

東京株式市場で、日経平均は前営業日比205円95銭安の2万7943円89銭と、10営業日ぶりに反落した。朝方には9連騰後の高値警戒感から利益確定や戻り待ちの売りが優勢となった。日銀の指し値オペ通告を受けてドル/円が円安方向に振れる中、輸出関連株を中心に下げ渋る場面もあった。アジア株の底堅い動きも支えになった。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陽線」、チャート上は正念場に

日経平均・日足は上下に短いヒゲを伴う「小陽線」となった。前日の「大陽線」から上値を追う形で強い基調を継続した格好。25日移動平均線(2万6282円84銭=18日)を引き続き上回ったことで目先はトレンド転換との印象を与えている。

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場はしっかり、日経ジャスダック平均は5日続伸に

新興株市場はしっかり。東証マザーズ指数が続伸、日経ジャスダック平均が5日続伸した。市場では「イベント通過によって買い安心感が広がっている。リバウンドの流れに乗って短期回転を狙う動きがあるようだ」(国内証券)との声が聞かれた。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は高値もみあい、3連休前で見送り商状に

日経平均は高値もみあい。3連休を前にして見送り商状となっている。市場では「重要イベントを通過したうえに、明日から連休とあって手掛けにくい。堅調を保っているものの、全体的に模様眺めだ」(国内証券)との声が聞かれた。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は強もちあい、配当取り狙いの買いが下支えに

日経平均は強もちあい。週末だが利益確定売りに崩れることなく、堅調な地合いを保っている。市場では「期末が近づいており、配当金を狙った買いが流入する。これが下支えになり、目先は大きく崩れにくい」(東海東京調査センター・シニアストラテジストの中村貴司氏)との声が聞かれた。

〔マーケットアイ〕株式:後場の日経平均は横ばい圏、日銀決定会合は無難通過

後場の日経平均は前営業日比50円ほど高い2万6700円近辺と、前場終値(2万6724円06銭)から横ばい圏で推移している。

午前の日経平均は小幅続伸、米株高を好感 市場に安心感

18日午前の東京株式市場で、日経平均は前営業日比71円17銭高の2万6724円06銭と、5日続伸して午前の取引を終えた。連邦公開市場委員会(FOMC)通過で不透明要因が解消され欧米株が値を戻す中、日本株も連れ高の展開となった。ただ、国内では明日から3連休に入るため、積極的な売買は手控えられた。日経平均は朝方に小安く寄り付いた後、前日終値近辺(2万6652円89銭=17日)を挟んだ値動きが続いた。

日経平均は反発、米引き締めへの警戒後退 国際情勢は重し

東京株式市場で日経平均は前営業日比184円24銭高の2万6577円27銭と、反発した。米金融引き締めへの過度な警戒感が和らぎ、急反発した2日の米国株式市場の流れを引き継いだ。一方、ウクライナ情勢などの不透明要因は引き続き相場の重しで、買い一巡後は伸び悩んだ。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「中陰線」、5日線回復ならず

日経平均・日足は「中陰線」となった。終値は2万6865円19銭。下ヒゲを伴い、買い方の抵抗がうかがわれる。一方、5日移動平均線(2万7301円05銭=15日)の回復はならず、心理的節目2万7000円も再び下回った。目先の下値めどには、心理的節目の2万6500円や、年初来安値(2万6044円52銭=1月27日)が意識される。

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場は続落、引き続き米金利先高観が重し

新興株市場は、東証マザーズ指数と日経ジャスダック平均がともに続落した。マザーズは終値で2020年4月以来の安値となった。市場では「指数としては底値に近づいた印象がある。ただ、米金利の先高観がある中、投資対象としては手を出しにくい」(国内証券)との声が聞かれた。

日経平均は続落、ウクライナ情勢や米引き締め加速を警戒

東京株式市場で日経平均は続落した。ウクライナ情勢の緊迫化や米国での金融引き締め加速への警戒感が相場の重しになった。反発して寄り付いた後はマイナスに転じ、軟調な推移が続いた。一時300円超安に下げ幅を拡大する場面もあった。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は下げ幅拡大、米株先物の上げ幅縮小が重し

日経平均は下げ幅を拡大している。後場は前引けより安く始まった後も、徐々に水準を切り下げて一時前営業日比245円74銭安の2万6833円85銭に下落した。米株先物が上げ幅を縮小し、相場の重しとなっている。

午前の日経平均は続落、ウクライナ情勢や原油高などが重し

15日午前の東京株式市場で、日経平均は前営業日比72円93銭安の2万7006円66銭と、小幅に続落した。引き続き米国での金融引き締め加速への警戒感やウクライナ情勢の緊迫化に加え、原油価格の上昇が相場の重しとなった。個別では前日に決算を発表したリクルートホールディングスが12.32%安となり、日経平均を約75円押し下げた。

14日の主な自社株買い・消却、株式分割など一覧

14日に自社株買いや消却、株式分割を発表した主な企業の一覧は以下の通り。  <自社株買い> ・Robot Home 、自己保有株を除く発行済株式総数の0.6%にあ たる55万株、取得総額1億円を上限とする自社株買いを実施へ。取得期間は2月15日 から3月14日。 ・江崎グリコ 、自己保有株を除く発行済株式総数の2.30%にあたる15 0万株、取得総額50億円を上限とする自社株買いを実施へ。取得期間は2月15日から 12月30日。 ・ピクスタ 、自己保有株を除く発行済株式総数の6.15%にあたる14万 株、取得総額1億5000万円を上限とする...

BRIEF-電通、発行済み株式の7.30%・400億円上限に自社株買い

* 電通、発行済み株式の7.30%に当たる2000万株、400億円上限に自社株買いへ * 取得期間は2月15日から12月23日

日経平均は急反発、大幅安後の買い戻し優勢 米株先物高が支援

東京株式市場で日経平均は急反発した。前日までの大幅下落の反動もあって、自律反発狙いの買いが先行した。米株価指数先物が堅調に推移し投資家心理を支援、日経平均は2万8000円以下の水準での底堅さが意識された。一方、クリスマスを前に市場参加者は少なく、薄商いの中でボラティリティーの高まりへの警戒感も残っている。

日経平均は3日続伸、主力株の一角で上場来高値ラッシュ

東京株式市場で日経平均は3日続伸した。前週末の米国株式市場が上昇したことが好感されたほか、国内企業の好決算が注目され好地合いが持続した。ただ、日経平均が3万円に接近する場面では戻り売りが先行し、伸び悩んだ。個別では、トヨタ自動車、東京エレクトロンが上場来高値を更新。主力株の一角で「上場来高値ラッシュ」がみられた。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「大陽線」、上値抵抗線のトライする形に

<15:45> 日経平均・日足は「大陽線」、上値抵抗線のトライする形に 日経平均・日足は上下に短いヒゲを伴う「大陽線」となった。前日までのもたつきを 一変させるような、強い基調を明確に示す足を引き、先高期待を膨らませている。2月以 降描いてきた右肩下がりの上値抵抗線にトライする形となり、これを上回れば、さらなる 戻りを演じることになりそうだ。 当面の目標としては、この上値抵抗線とほぼ同じ水準にある一目均衡表「雲」領域の 下限値(2万8177円57銭)、さらには200日移動平均線(2万8261円33銭 =31日現在)などが注目。これらを上回...

〔マーケットアイ〕株式:新興株式市場はしっかり、地合いの好転が顕著に

<15:10> 新興株式市場はしっかり、地合いの好転が顕著に 新興株式市場はしっかり。東証マザーズ指数、日経ジャスダック平均はいずれも続伸 した。市場では「値幅取りの動きが活発化しており、一時期に比べて地合いの好転が顕著 になってきた」(国内証券)との声が聞かれる。 マザーズ総合は前営業日比1.86%高。個別では、グローバルウェイ 、A I inside などがストップ高となったほか、プレミアアンチエイジング<4 934.T>、QDレーザ なども高いが、HENNGE 、Enjin 、すららネット などが反落した。 日経ジャスダック平均は...

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up