for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

株式会社アイ・ピー・エス

4335.T

現在値

991.00JPY

変化

--(--)

本日のレンジ

--

 - 

--

52週レンジ

740.00

 - 

1,260.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
991.00
始値
--
出来高
--
3か月平均出来高
0.56
高値
--
安値
--
52週高値
1,260.00
52週安値
740.00
発行済株式数
2.39
時価総額
2,579.44
予想PER
--
配当利回り
0.48

次のエベント

Dividend For 4335.T - 10.0000 JPY

適時開示

その他

Wonik IPS to pay cash dividend at 200 won/share

Wonik IPS signs contract worth 47.8 bln won

Wonik IPS signs contract worth 27.6 bln won

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

株式会社アイ・ピー・エスとは

アイ・ピー・エスグループは、主に企業資源計画(ERP)用パッケージソフトウェアの導入及び保守事業を行う。【事業内容】ERP用パッケージソフトウェアは、販売、物流、購買、会計等の基幹業務機能をコンピュータソフトウェアの機能上に統合することである。製品は「SAP ERP」である。導入支援サービスにおいて、業界が持つ特殊な業務機能を補完するために、機能再構築コンサルティングサービスを提供し、導入開発技術者の派遣も行う。保守その他事業において、開発した周辺アプリケーションソフトウェアとインターフェイスの保守運用、機能改善を付与するプログラム開発等を目的として、総合的な保守業務を行う。

業種

Software & Programming

連絡先

16F, Grand Front Osaka Tower B

3-1, Ofuka-cho

Kita-ku

OSAKA-SHI, OSK

530-0011

Japan

+81.6.62926236

http://www.ips.ne.jp/

エグゼクティブリーダーシップ

Hiroshi Watanabe

President, Representative Director

Naohiko Kuge

Director of Sales, Director

Katsuya Fujimoto

Manager of Business Planning Office, Manager of Internal Control Promotion Office, Director

Yasuto Shima

Director

統計

株価売上高倍率(過去12カ月)
9.99
株価売上高倍率(過去12カ月)
0.90
株価純資産倍率(四半期)
2.19
株価キャッシュフロー倍率
9.26
総負債/総資本(四半期)
0.00
長期負債/資本(四半期)
0.00
投資利益率(過去12カ月)
20.61
自己資本利益率(過去12カ月)
14.04

最新ニュース

最新ニュース

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陽線」、25日線が上値圧迫

<16:04> 日経平均・日足は「小陽線」、25日線が上値圧迫 日経平均・日足は「小陽線」。新たなマド(2万1631円47銭―2万1675円 66銭)を空けて上伸したものの、25日移動平均線(2万1870円33銭=13日) で頭打ちとなった。10月半ば以降は荒い値動きだが、レンジ相場であり中期的な方向感 はみえていない。当面の上値はレンジ上限の2万2500円どころがめど。一方、下値は 5日移動平均線(2万1493円03銭=同)がめどになる。 <15:22> 新興株式市場は続伸、需給悪の織り込み進む 新興株式市場では、日経ジャスダック平均...

〔マーケットアイ〕株式:新興株式市場は続伸、需給悪の織り込み進む

<15:22> 新興株式市場は続伸、需給悪の織り込み進む 新興株式市場では、日経ジャスダック平均と東証マザーズ指数がともに続伸した。市 場では「日経平均の続伸で投資家心理が改善している。IPOラッシュに伴う需給悪化も 織り込みつつあり、年末にかけて中小型株物色が強まる可能性も出てきた」(国内証券) という。ピアラ 、アルー などの直近IPO銘柄が高く、アイ・ピー・エ ス も買われた。半面、ヤマト・インダストリー が安く、マネーフォワー ド 、サンバイオ もさえない。 <14:30> 日経平均は高値もみあい、ECB理事会前で様子見姿勢 日経平均...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陰線」、目先は200日線が上値めど

<16:06> 日経平均・日足は「小陰線」、当面は200日線が上値めど 日経平均・日足は「小陰線」、下ヒゲの長い陰線で投資家の失望感を表している。ボ リンジャーバンドのマイナス2シグマに絡んできたことで買い戻しの動きも出たが、オシ レーター系の指標では反発の明確なシグナルは見えておらず、「目先は戻しても200日 移動平均線(2万2491円03銭=24日)が限界」(国内証券)との声が出ている。 <15:37> 新興株市場は軟調、商い薄い 決算発表後の反応に注目  新興株市場は軟調。日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数はいずれも続落となっ...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場は軟調、商い薄い 決算発表後の反応に注目

<15:37> 新興株市場は軟調、商い薄い 決算発表後の反応に注目  新興株市場は軟調。日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数はいずれも続落となっ た。「個人投資家はこのところの相場の変動にお手上げといった感じで商いが少ない。決 算発表前の期待では上昇しておらず、決算を受けてどのような反応になるか注目だ」(国 内証券)との声が出ていた。 個別ではエムティジェネックス 、シンバイオ製薬 、アイ・ピー・エ ス 、リーガル不動産 などが売られた。一方、サインポスト 、エ クストリーム 、ブロードメディア などが買われた。 <14:03> 日経平均...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「中陽線」、終値は連日で200日線割れ回避

<15:19> 日経平均・日足は「中陽線」、終値は連日で200日線割れ回避 日経平均・日足は「中陽線」。前週末と同様、200日移動平均線(2万2498円 26銭=22日)を割れる場面があったものの、終値はこれを上回った。同線が強い下値 抵抗線として意識されている。10月18─19日に空けたマドを埋め切ったが、5日移 動平均線(2万2639円08銭=同)が上値を圧迫した。東証1部の売買代金は約2兆 1000億円と市場のエネルギーは低水準。心理的節目の2万3000円に接近したとこ ろでは戻り売りが想定される。一方、200日線を割れたところでは...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場は小じっかり、決算発表シーズン控え様子見ムード

<15:13> 新興株市場は小じっかり、決算発表シーズン控え様子見ムード 新興株式市場では、日経ジャスダック平均と東証マザーズ指数が反発した。「地合い は必ずしも良いとは言えない中で、決算を見極めたいとの姿勢が広がった」(国内証券) との声が聞かれた。マザーズの売買代金は6月11日以来の低水準となった。 個別銘柄では細谷火工 、アイ・ピー・エス 、パルマ が急伸 。ミクシィ 、メルカリ が軟調。ロコンド がさえない。ディ・ア イ・システム は上場2日目で公開価格の2.57倍となる初値3300円を形成 。終値は3700円だった。 <14:...

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up