for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ブロードメディア株式会社

4347.T

現在値

1,042.00JPY

変化

3.00(+0.29%)

出来高

9,700

本日のレンジ

1,029.00

 - 

1,055.00

52週レンジ

715.00

 - 

1,250.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
1,039.00
始値
1,047.00
出来高
9,700
3か月平均出来高
1.34
高値
1,055.00
安値
1,029.00
52週高値
1,250.00
52週安値
715.00
発行済株式数
7.36
時価総額
8,009.71
予想PER
7.10
配当利回り
2.47

次のエベント

Q2 2023 Broadmedia Corp Earnings Release

適時開示

その他

Broadmedia says delay in submitting 22th annual securities report

Broadmedia receives approval to extend submitting of Q3 report for FY 2018

Broadmedia announces delay in submitting Q3 report for FY 2018 again

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ブロードメディア株式会社とは

ブロードメディアグループは、マルチメディア配信会社である。【事業内容】同社は、コンテンツ、放送、スタジオ、技術及びネットワーク営業の5つの事業セグメントを通じて運営する。コンテンツセグメントでは、クラウドゲームサービス等の提供、マルチデバイス向けの動画配信、モバイル向けのコンテンツ配信及び広域通信制高校の運営に至るまで広範な事業を行う。放送セグメントでは、釣り専門番組「釣りビジョン」の制作、並びに放送衛星(BS)放送及び通信衛星(CS)放送・ケーブルテレビ局等向けの番組供給事業を行う。スタジオセグメントでは、映画やドラマ等の映像作品の調達、日本語字幕・吹替制作から、その作品の配給、販売を行う。技術セグメントでは、デジタルシネマサービス、コンテンツデリバリネットワーク(CDN)サービス及びホテルの客室等へのインターネットサービスを提供する。ネットワーク営業セグメントでは、インターネットサービスプロバイダ(ISP)サービスや携帯電話サービス、ブロードバンド回線等の販売活動を行う。

業種

Broadcasting & Cable TV

連絡先

6F, Aoyama Tower Place, 8-4-14, Akasaka

MINATO-KU, TKY

107-0052

Japan

+81.3.64393725

https://www.broadmedia.co.jp/

エグゼクティブリーダーシップ

Taro Hashimoto

President, Chief Executive Officer, Chairman and President of Subsidiaries, Representative Director

Hideaki Oshio

Chief Financial Officer, Executive Officer, Chief Director of Business Administration, Director

Toshihito Kubo

Executive Officer, Chief Director of Technology Service, President of Subsidiary, Director

Takayoshi Momoi

Executive Officer, Chief Director of Education Service, Director

Yasutaka Shimamura

Executive Officer, President of Subsidiary, Director

統計

Revenue (MM, JPY)

2020

0.0K

2021

0.0K

2022

0.0K

2023(E)

0.0K
EPS (JPY)

2020

52.700

2021

19.500

2022

133.117

2023(E)

142.700
株価売上高倍率(過去12カ月)
7.83
株価売上高倍率(過去12カ月)
0.64
株価純資産倍率(四半期)
2.10
株価キャッシュフロー倍率
6.16
総負債/総資本(四半期)
20.49
長期負債/資本(四半期)
3.53
投資利益率(過去12カ月)
29.26
自己資本利益率(過去12カ月)
13.39

最新ニュース

最新ニュース

27日の主な自社株買い・消却、株式分割など一覧

27日に自社株買いや消却、株式分割を発表した主な企業の一覧は以下の通り。  <自社株買い> ・オージックグループ 、大阪中小企業投資育成が保有するオージックグルー プ株式を取得へ。発行済株式総数の40.0%に当たる52万株、取得総額2億5272 万円が上限で、取得期間は11月16日から12月30日。 ・ブロードメディア 、自己保有株を除く発行済株式総数の3.9%に当たる 30万株、取得総額2億5000万円を上限に自社株買いを実施へ。取得期間は11月1 日から2022年1月27日。 ・アイチコーポレーション 、自己保有株を除く発行済株式総数...

30日の主な自社株買い・消却、株式分割など一覧

30日に自社株買いや消却、株式分割を発表した主な企業の一覧は以下の通り。  <自社株買い> ・牧野フライス製作所 、自己保有株を除く発行済株式総数の1.15%にあ たる28万株、取得総額10億円を上限とする自社株買いを実施へ。取得期間は11月1 日から2021年3月31日。 ・ブロードメディア 、自己保有株を除く発行済株式総数の2.05%にあた る160万株、取得総額2億円を上限とする自社株買いを実施へ。取得期間は11月2日 から11月30日。 ・KDDI 、自己保有株を除く発行済株式総数の3.65%にあたる840 0万株、取得総額2000...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「中陰線」、終値が5日線と25日線下回り調整色強める

<15:55> 日経平均・日足は「中陰線」、終値が5日線と25日線下回り調整色強める 日経平均・日足は「中陰線」。上下ともヒゲがほとんどなく、「丸坊主」に近い形状で、単独で弱さを 示す足となった。しかも、これまでサポートラインとなっていた5日移動平均線(2万2517円58銭= 10日現在)と25日移動平均線(2万2542円54銭=同)を同時に下回り、調整色を強める動きとな っている。一目均衡表では、基準線(2万2357円84銭=同)を割り込んだ。 なおも、形成中のペナントフラッグをブレークするには至っておらず、売りを決定づけるような格好...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場はまちまち、値動き良い銘柄の循環物色続く

<15:10> 新興株市場はまちまち、値動き良い銘柄の循環物色続く 新興株市場で、日経ジャスダック平均は続落したものの、東証マザーズ指数は小反発。市場では「値動 きの良い銘柄の循環物色が続いている」(国内証券)との声が聞かれる。 きょう、ジャスダック市場に新規上場したSpeee は、朝方は買い気配で始まった後、前引 け直前に公開価格2880円に対して78.8%上昇の5150円で初値をつけ、後場に入ってから上値を 追う展開となった。 マザーズでは、Delta-Fly Pharma がストップ高となり、アンジェス も堅調。Aiming も買...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陽線」、終値は25日線を上回る

<16:22> 日経平均・日足は「小陽線」、終値は25日線を上回る 日経平均・日足は「小陽線」。下ヒゲがほとんどない「寄り付き坊主」の形状で、投資家の上昇期待を 示唆している。終値が25日移動平均線(2万2475円45銭=9日)を上回ったことは、あすの安心材 料となりそうだ。一方、長い上ヒゲからは上値追いに慎重な姿勢もうかがえる。上昇を再始動させるには追 加のエネルギーが必要となる。 <15:57> 新興株市場は5日ぶり反落、様子見姿勢 Bエンジニアはストップ高比例配分 新興株市場で、日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数はともに5日ぶりに...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場は5日ぶり反落、様子見 Bエンジニアはストップ高比例配分

<15:57> 新興株市場は5日ぶり反落、様子見姿勢 Bエンジニアはストップ高比例配分 新興株市場で、日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数はともに5日ぶりに反落。底堅さが意識され ながらも上値追いには慎重な動きで、個人投資家も様子見姿勢になっているという。上場3日目のBran ding Engine は公開価格の5.95倍となる2920円で初値を付けた後、上値を伸ば してストップ高比例配分となった。 マザーズ指数は1.00%安で取引を終了。アンジェス 、ステムリム 、ジーエヌアイ グループ が軟調に推移。直近IPOのグッドパッチ 、コマース...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陽線」、上値重い印象で自律反発の域は出ず

<15:55> 日経平均・日足は「小陽線」、上値重い印象で自律反発の域は出ず 日経平均・日足は、長い上ヒゲを伴う寄り付きがほぼ「坊主」の「小陽線」となった。5日移動平均線 (2万3224円31銭=31日現在)を終値で上回ることができなかったほか、75日移動平均線(2万 3312円18銭=同)に上ヒゲでタッチしたにとどまるなど、上値が重いという印象があり、自律反発の 域を出ていない。 ただ、オシレーター系指標などに売られ過ぎのサインが出ているほか、前日の急落局面において下値の 目安である昨年11月21日安値(22726円71銭)に距離を残...

〔マーケットアイ〕株式:マザーズ指数は8日ぶり反発、下値リスクは残る

<15:52> マザーズ指数は8日ぶり反発、下値リスクは残る  新興株市場で、日経ジャスダック平均は7日ぶり反発、東証マザーズ指数は8日ぶり反発となった。マ ザーズ指数は前日の取引で大幅安となり2019年8月に付けた安値を下回った。きょうはいったん反発し たものの、「自律反発狙いの買いも入らず、反発力は弱い。来週以降の下値リスクは残る」(国内証券)と の声が出ていた。 マザーズ市場では、Jストリーム 、プレシジョン・システム・サイエンス がストップ 高比例配分。一方、カヤック は大幅安。HPCシステムズ 、UUUM 、弁護士ド ットコム...

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up