for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

応用技術株式会社

4356.T

現在値

2,742.00JPY

変化

-63.00(-2.25%)

出来高

10,100

本日のレンジ

2,660.00

 - 

2,771.00

52週レンジ

1,598.00

 - 

4,895.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
2,805.00
始値
2,771.00
出来高
10,100
3か月平均出来高
0.42
高値
2,771.00
安値
2,660.00
52週高値
4,895.00
52週安値
1,598.00
発行済株式数
2.86
時価総額
7,832.02
予想PER
--
配当利回り
0.73

次のエベント

Q2 2020 Applied Technology Co Ltd Earnings Release

適時開示

その他

Applied Technology announces change of chairman and president

Applied Technology raises consolidated full-year outlook for FY 2014

Applied Technology Co Ltd raises consolidated mid-year outlook for FY 2014

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

応用技術株式会社とは

応用技術は、ソリューションサービス及びエンジニアリングサービス事業を行う。【事業内容】同社には、2つの事業セグメントがある。ソリューションサービス事業において、同社はコンピュータ援用設計(CAD)、地理情報システム(GIS)、製品ライフサイクル管理(PLM)など、自社開発又は他社販売のパッケージなどをカスタマイズし、顧客の問題解決に最適なシステムを構築し、提供する。エンジニアリングサービス事業において、同社はデータ解析・数値シミュレーション技術をベースに、主に環境分野を対象にした計算や解析サービスを提供する。

業種

Software & Programming

連絡先

Umeda Center Bldg.

2-4-12, Nakazaki-Nishi, Kita-ku

OSAKA-SHI, OSK

530-0015

Japan

+81.6.63730440

https://www.apptec.co.jp/

エグゼクティブリーダーシップ

Natsuki Maehara

Chairman of the Board, Representative Director

Toshiro Funahashi

President, Representative Director

Katsuhiko Kotani

Vice President, Representative Director

Kazuhiro Kojima

Executive Officer

Tetsuya Nagazawa

Executive Officer, Director of Analysis Business

統計

株価売上高倍率(過去12カ月)
19.37
株価売上高倍率(過去12カ月)
1.85
株価純資産倍率(四半期)
2.92
株価キャッシュフロー倍率
17.44
総負債/総資本(四半期)
0.00
長期負債/資本(四半期)
0.00
投資利益率(過去12カ月)
15.84
自己資本利益率(過去12カ月)
11.58

最新ニュース

最新ニュース

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「中陽線」、上値追いに慎重な姿勢も

<16:16> 日経平均・日足は「中陽線」、上値追いに慎重な姿勢も 日経平均・日足は「中陽線」。短い下ヒゲが投資家の上昇期待感を表している。安値圏から戻したもの の、各種オシレーター系指標ではまだ売られ過ぎが示唆されており、ここから自律反発的に上昇する可能性 がある。一方、やや長い上ヒゲが上値追いに慎重な姿勢もうかがわせる。目先は27日と28日に下方向へ 空けたマド(2万1528円13銭─2万1844円29銭)を埋め切れるかがポイントになりそうだ。 <15:45> 新興株市場は5日ぶり反発、売られ過ぎの反動 打診買い  新興株市場で、日経...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場は5日ぶり反発、売られ過ぎの反動 打診買い

<15:45> 新興株市場は5日ぶり反発、売られ過ぎの反動 打診買い  新興株市場で、日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数はともに5日ぶりに反発した。それぞれ3. 10%高、5.83%高。市場からは「売られ過ぎの反動が出ているに過ぎず、まだ打診買いのレベル」( 株式アナリスト)との声が出ていた。 ジャスダック市場では、ワークマン 、日本マクドナルドホールディングス 、ハーモ ニック・ドライブ・システムズ など時価総額上位銘柄が堅調に推移。応用技術 はストッ プ高比配分となった。半面、城南進学研究社 は一時ストップ安。シンバイオ製薬 、...

〔マーケットアイ〕株式:新興株式市場は堅調、個人投資家の売買が活発化

<16:19> 新興株式市場は堅調、個人投資家の売買が活発化 新興株式市場は堅調、日経ジャスダック平均は11日続伸し年初来高値を更新、東証 マザーズ指数は反発した。市場からは「12月の新興株式市場は個人投資家の売買が活発 化する傾向がある。来週は新規上場する銘柄が多いことから、資金が集中する。新興株式 市場での堅調な流れはしばらく続くだろう」(国内証券)との声が出ていた。 ジャスダック市場では、日本一ソフトウェア 、医学生物学研究所 、 リバーエレテック などが上昇。一方、日本マクドナルドホールディングス<2702. T>、ウチダエスコ...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陰線」、終値は25日線上回る

<15:59> 日経平均・日足は「小陰線」、終値は25日線上回る 日経平均・日足は短い上ヒゲと長い下ヒゲを伴う「小陰線」。終値は25日移動平均線(2万3015 円83銭=21日)をやや上回った。25日線や心理的節目の2万3000円を下回って取引を終えた場合 は値幅を伴って調整する可能性もあったが、同水準を維持できたことで一定の安心感を誘っている。 仮に25日線を明確に下抜けた場合は、チャート的に4月24日高値(2万2362円92銭)、9月 19日高値(2万2255円56銭)、10月15日高値(2万2219円63銭)などがいったんの下値...

〔マーケットアイ〕株式:マザーズ指数は5日ぶり反落、値動きいい銘柄には物色

<15:39> マザーズ指数は5日ぶり反落、値動きいい銘柄には物色   新興株市場では、東証マザーズ指数は小幅に5日ぶり反落、日経ジャスダック平均が小幅に続落となっ た。市場からは「センチメントは良くなかったが、値動きのいい銘柄には個人投資家の買いも入った」(ス トラテジスト)との声が出ていた。 マザーズ市場では、メルカリ 、サンバイオ など時価総額の高い銘柄が軟調。ジーエヌ アイグループ 、アンジェス なども売られた。すららネット 、シノプス な どが大幅高。手間いらず は買われた。 ジャスダック市場では、新都ホールディングス 、トレイダーズホールディングス...

〔マーケットアイ〕株式:新興株式市場はまちまち、決算発表などの個別材料に反応

<15:20> 新興株式市場はまちまち、決算発表などの個別材料に反応 新興株式市場はまちまち。東証マザーズ指数は反落、日経ジャスダック平均は続伸し た。市場からは「(全体的な市場の流れよりも)決算発表などの個別材料に反応している 」(国内証券)との声が出ていた。 マザーズ市場では、10月28日に上場したセルソース が続落。Amazi a は続落、ブシロード は反落した。一方、ロゼッタ 、アドバン スト・メディア は買われた。 ジャスダック市場では、AKIBAホールディングス が急伸しストップ高比 例配分。11日に発表した好決算が材料視された...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陰線」、5日移動平均線がサポ―ト

<15:47> 日経平均・日足は「小陰線」、5日移動平均線がサポ―ト 日経平均・日足は上下にヒゲを伴う「小陰線」。5日移動平均線(2万3225円7 5銭=8日)が下値サポートとして機能している。オシレーター系指標では短期的な過熱 感を示すものがあるものの、拡散基調にあるボリンジャーバンドのプラス2シグマに追随 するような動きをみせている。25日移動平均線、75日移動平均線、200日移動平均 線はいずれも右肩上がりで、中期的な上昇トレンド維持を示唆している。 <15:31> 新興株式市場は軟調、メルカリは大幅下落 新興株式市場は軟調。日経...

〔マーケットアイ〕株式:新興株式市場は軟調、メルカリは大幅下落

<15:31> 新興株式市場は軟調、メルカリは大幅下落 新興株式市場は軟調。日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は反落した。市場か らは「メルカリ の弱い決算などがマザーズ指数に影響を与えた。今週、来週は決 算発表がピーク。来週の新興株も決算動向をにらみながら動くだろう」(国内証券)との 声が出ていた。 マザーズ市場では、メルカリが大幅続落し一時ストップ安。7日に発表した2019 年7─9月期の連結決算で当期損益が71億円の赤字だったことが嫌気された。NATT Y SWANKY はストップ安比例配分。一方、上場9日目のセルソース<4880...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「中陽線」、巻き返しに期待持たせる形状

<15:43> 日経平均・日足は「中陽線」、巻き返しに期待持たせる形状 日経平均・日足は、長めの下ヒゲと短い上ヒゲを伴う「中陽線」となった。前日の「 短陰線」に差し込むような形で出現し、下げトレンドを止めた格好となっている。 6月4日安値2万0289円64銭と7月18日安値2万0993円44銭を結んだ ラインの延長線上にある右肩上がりの支持線近辺で下げ止まったほか、終値で75日移動 平均線(2万1445円71銭=1日現在)を維持したことで、6月4日安値を起点とし た戻り相場が崩れていないとの印象を与えており、巻き返しが期待できる状態となった...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場はまちまち、マザーズ指数は4日続伸

<15:36> 新興株市場はまちまち、マザーズは4日続伸 新興株市場は、日経ジャスダック平均が反落、東証マザーズ指数が小幅に4日続伸となった。全体的に は方向性が出ず、決算内容を手掛かりにした個別物色が目立った。 santec やアスコット は好決算を材料に上昇。ロゼッタ 、セプテーニ・ ホールディングス なども堅調だった。一方、ユナイテッド 、応用技術 、直近IP Oのブシロード は売られた。 <14:49> 日経平均は小幅安、円安は投資家心理の支え 日経平均は小幅安、2万1500円台前半で推移している。チャート的にはもちあいの状況で...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陰線」、マド空けて下放れ

<15:40>  日経平均・日足は「小陰線」、マド空けて下放れ 日経平均・日足は「小陰線」。新たなマド(2万1071円73銭―2万1177円 27銭)を空けて下放れ、売り圧力の強さを感じさせる。ボリンジャーバンドではマイナ ス1シグマ(2万1096円08銭=29日)に絡んで下方へのトレンドが意識される形 状だ。一方、日経平均は3月以降、終値での2万1000円割れに強い抵抗を示している 。下値の堅さが確認されれば、自律反発に向かうことも考えられる。 <15:18> 新興株市場は反落、情報システム系がしっかり 新興株市場で日経ジャスダック平均...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場は反落、情報システム系がしっかり

<15:18> 新興株市場は反落、情報システム系がしっかり 新興株市場で日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数はともに反落した。市場では 「全般は売り優勢だが、グローバル景気に影響を受けにくい情報システム系銘柄などには 資金が流入している」(国内証券)との声が出ていた。シルバーエッグ・テクノロジー<3 961.T>、Kudan が高く、イメージワン 、応用技術 もしっか り。半面、フジタコーポレーション 、レアジョブ は軟調だった。 <14:04> 日経平均は軟調継続、2万1000円の攻防 日経平均は軟調継続。節目の2万1000円を挟んだ...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陽線」、一目均衡表の雲に突入

日経平均・日足は「小陽線」。一目均衡表の雲(2万1032円41銭─2万1349円20銭=13日)に突入。終値はボリンジャーバンドのマイナス2シグマ(2万1215円77銭=同)を下回り、短期のRSI(相対力指数)などオシレーター系指標も売られ過ぎ圏内に低下している。雲下限が下値サポートになり続ければ、自律反発的に強含む展開もありそうだ。

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場は軟調、決算内容による選別目立つ

新興株市場で、日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数はともに4日続落。マザース指数は2%超の下落となった。「好業績を期待できる銘柄が買われるものの、芳しくない銘柄はストップ安まで売り込まれている。決算内容の良し悪しで選別されている」(国内証券)との声が出ていた。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up