for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

扶桑化学工業株式会社

4368.T

現在値

5,070.00JPY

変化

30.00(+0.60%)

出来高

45,500

本日のレンジ

5,050.00

 - 

5,130.00

52週レンジ

3,150.00

 - 

5,420.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
5,040.00
始値
5,060.00
出来高
45,500
3か月平均出来高
1.54
高値
5,130.00
安値
5,050.00
52週高値
5,420.00
52週安値
3,150.00
発行済株式数
35.50
時価総額
180,040.80
予想PER
20.41
配当利回り
0.95

次のエベント

Q2 2022 Fuso Chemical Co Ltd Earnings Release

適時開示

その他

Fuso Chemical says change of president

Fuso Chemical appoints new chairman

Fuso Chemical lists on TSE first section

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

扶桑化学工業株式会社とは

扶桑化学工業グループは、同社、および連結子会社7社で構成され、ライフサイエンス事業および電子材料・機能性化学品事業の2分野に関係する事業を行う。【事業内容】ライフサイエンス事業は、同社(本社、東京本社、新大阪事業所、福岡営業所、大阪工場、十三工場)、連結子会社である扶桑コーポレーション、海洋化学、青島扶桑精製加工、青島扶桑貿易、FUSO (THAILAND) CO.,LTD.、PMP Fermentation Products, Inc.が、果実酸類、応用開発商品の製造・販売を行う。果実酸類製品は、リンゴ酸、クエン酸、グルコン酸等の果実酸を中心に構成し、飲料、加工食品に使用する酸味料、pH調整剤、酸化防止剤等の食品分野での用途を中心に、洗剤、化粧品、表面処理剤、コンクリート用混和剤、電子機器等の工業分野での用途に至るまで幅広く使用されている。応用開発商品は果実酸等の同社グループ製品を原料として、食品分野、工業分野に幅広く用途開発する商品であり、麺食品の品質改良剤、加工食品の日持ち向上剤、養殖海苔用品質向上剤、食品製造メーカーにおけるトータル・サニテーション、金属加工の改善等に用いられる。電子材料および機能性化学品事業は、同社(東京本社、京都事業所、東京研究所)、扶桑化学(青島)が、電子材料、機能性化学品の製造・販売を行う。電子材料は、研磨剤原料用途として利用されている超高純度コロイダルシリカを中心に製品構成している。この製品は、半導体業界を中心に需要があり、微細化、高集積化される次世代半導体集積回路の製造に必要な化学的機械的平坦化(CMP)スラリーにも対応している。機能性化学品は、プラスチック、塗料の添加剤および香料、化粧品の原料としての用途に使用される樹脂添加剤や、精密化学薬品製造の技術を活かしたファインケミカルを製造・販売している。同社は有機酸事業も含む。

業種

Chemical Manufacturing

連絡先

4-3-10 Koreibashi

Chuo-ku

OSAKA-SHI, OSK

541-0043

Japan

+81.6.62034771

https://fusokk.co.jp/

エグゼクティブリーダーシップ

Misako Fujioka

Chairman of the Board, Representative Director

Shinichi Sugita

President, Representative Director

Haruo Masauji

Senior Managing Director, Director of Electronic Materials Business

Takashi Tanimura

Senior Managing Director, Director of International Business

Hiroyuki Ito

Executive Officer, Director of Human Resources, Chief Director of Administration

統計

1.50 mean rating - 4 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, JPY)

2019

0.0K

2020

0.0K

2021

0.0K

2022(E)

0.0K
EPS (JPY)

2019

193.810

2020

197.560

2021

191.750

2022(E)

246.985
株価売上高倍率(過去12カ月)
23.94
株価売上高倍率(過去12カ月)
4.02
株価純資産倍率(四半期)
2.67
株価キャッシュフロー倍率
14.59
総負債/総資本(四半期)
0.00
長期負債/資本(四半期)
0.00
投資利益率(過去12カ月)
11.36
自己資本利益率(過去12カ月)
10.21

最新ニュース

最新ニュース

23日の主な自社株買い・消却、株式分割など一覧

23日に自社株買いや消却、株式分割を発表した主な企業の一覧は以下の通り。  <自社株買い> ・ヤマハ 、自己保有株を除く発行済み株式総数の3.4%に当たる600万 株、取得総額280億円を上限とする自社株買いを実施へ。取得期間は8月24日から2 022年2月28日。 ・プラコー 、自己保有株を除く発行済み株式総数の11.66%に当たる1 00万株、取得総額5億円を上限とする自社株買いを実施へ。取得期間は9月1日から2 022年8月31日。 ・扶桑化学工業 、自己保有株を除く発行済み株式総数の0.73%に当たる 26万株、取得総額11億0760...

アングル:来年は国内の小型株活況か、海外勢流入の2013年に類似

来年の新興株市場は面白いかもしれない──。市場からこうした声が聞かれ始めている。「5G」市場の拡大や規制緩和期待などを背景にして、2013年のように海外マネーが流入するとの期待が高まっているという。

〔テクニカルデータ〕東証1部GC・DC銘柄一覧=14日

RIC 銘柄名 01 サンケン電気 02 ホーチキ 03 日本ライフライン 04 インテリックス 05 総合メディカルHLDG  

〔テクニカルデータ〕東証1部RSIランキング=19日

2.52%(*) RIC 銘柄名 RSI 01 ランド 6.68 02 ダイドーリミテッド 21.93 03 東急建設 22.97 04 グローバル・リンク・マネジメン 24.14 05 高砂香料工業 24.74 06 巴コーポレーション 25.02 07 ビオフェルミン製薬 25.10 08 総合メディカルHLDG 25.35 09 安永 25.48 10 タケエイ 25.54 11 扶桑化学工業 25.57 12 フォーカスシステムズ 25.63 13 TOKAI HLDG 25.67 14 コーセーアールイー 25.81 15 富士...

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up