for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

株式会社メルカリ

4385.T

現在値

2,167.00JPY

変化

-48.00(-2.17%)

出来高

10,146,600

本日のレンジ

2,147.00

 - 

2,215.00

52週レンジ

1,850.00

 - 

7,390.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
2,215.00
始値
2,165.00
出来高
10,146,600
3か月平均出来高
193.23
高値
2,215.00
安値
2,147.00
52週高値
7,390.00
52週安値
1,850.00
発行済株式数
160.87
時価総額
356,318.80
予想PER
-41.72
配当利回り
--

次のエベント

Q1 2023 Mercari Inc Earnings Release

適時開示

その他

Mercari Inc - Decided To Sell All Shares Of Merpay Limited, Its Consolidated Subsidiary In London, Uk

Mercari Likely To Report FY Group Net Loss Of About 12 Bln Yen- Nikkei

Mercari Will No Longer Offer Its Flea Market App In Europe- Nikkei

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

株式会社メルカリとは

メルカリグループは、マーケットプレイス関連事業を主なる事業とする。【事業内容】オールジャンルの商品を取り扱う個人間取引(CtoC)マーケットプレイスである「メルカリ」を運営する。また、米国においては現地子会社がそれぞれオールジャンルのCtoCマーケットプレイス「Mercari」を運営する。

業種

Retail (Specialty)

連絡先

7F

Shin-Roppongi Bldg., 7-15-7, Roppongi

MINATO-KU, TKY

106-6118

Japan

+81.3.68046907

https://about.mercari.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Fumiaki Koizumi

Chairman of the Board, President

Shintaro Yamada

President, Chief Executive Officer, Representative Director

Kiyoka Eda

Chief Financial Officer, Executive Officer

Tatsuo Kinoshita

Chief Human Resource Officer, Executive Officer

Jun Yokota

Senior Executive Officer

統計

2.56 mean rating - 9 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, JPY)

2020

0.1K

2021

0.1K

2022

0.1K

2023(E)

0.2K
EPS (JPY)

2020

-147.860

2021

36.430

2022

-47.340

2023(E)

-7.532
株価売上高倍率(過去12カ月)
--
株価売上高倍率(過去12カ月)
2.42
株価純資産倍率(四半期)
9.45
株価キャッシュフロー倍率
--
総負債/総資本(四半期)
348.56
長期負債/資本(四半期)
201.01
投資利益率(過去12カ月)
-8.90
自己資本利益率(過去12カ月)
-2.54

最新ニュース

最新ニュース

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陽線」、強い基調と調整リスクが混在

<15:46> 日経平均・日足は「小陽線」、強い基調と調整リスクが混在 日経平均・日足は上下にヒゲを伴う「小陽線」となった。終値は2万8542円11 銭円。抵抗線と見られた25日移動平均線(2万8284円38銭=12日)や、8月1 7日高値から9月7日安値の半値戻し(2万8245円74銭)を上回ったほか、陽線が 3本連なる買いサイン「赤三兵」が出現した。一方、窓を3つ連ねて上昇し、天井を示唆 する「三空踏み上げ」に準じる形とみることも可能で、調整リスクに注意が必要になりそ うだ。 <15:03> 新興株はマザーズが3日続伸、米ナスダック...

〔マーケットアイ〕株式:新興株はマザーズが3日続伸、米ナスダック高が支援

<15:03> 新興株はマザーズが3日続伸、米ナスダック高が支援 新興株式市場は、マザーズ総合は1.7%高の753.9ポイントと、3日続伸した 。前週末の米国市場でハイテク株比率の高いナスダック総合が上昇し、グロース(成長) 株を支援した。東証グロース市場指数は前営業日比1.69%高の958.6ポイントだ った。 ビジョナルやエクサウィザーズが大幅高。そーせいグループ<4565. T>も買われた。一方、アンジェス、ステムリムが大幅安。ジーエヌアイ グループは軟調だった。 <14:10> 日経平均は小動き、米株先物が横ばいで上昇に弾みつかず...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は小動き、米株先物が横ばいで上昇に弾みつかず

<14:10> 日経平均は小動き、米株先物が横ばいで上昇に弾みつかず 日経平均は高値圏での小動きとなっている。後場の値幅は46円程度にとどまってい る。米金融引き締めとそれに伴う景気後退への懸念がくすぶる中、8月米消費者物価指数 (CPI)の発表を明日に控え、見送りムードが強まっている。 連日の好地合いを受けて「だいぶムードは良くなってきた」(国内証券)との声が聞 かれる。一方、時間外取引の米株先物は横ばい推移にとどまっており「崩れていないこと は心理的に支えだが、(日本株の)上昇に弾みがつかない」(国内運用会社)という。 <13:05...

〔マーケットアイ〕株式:後場入りの日経平均は高値もみ合い、徐々に見送りムードに

<13:05> 後場入りの日経平均は高値もみ合い、徐々に見送りムードに 後場に入ってからの日経平均は高値もみ合い。2万8500円台を固めつつあるが、 新たな材料が見当たらず、徐々に見送りムードが強くなってきた。時間外取引で米株先物 がマイナス圏に沈んだことが上値を重くしている。 市場では「テクニカル的にみると、突っ込みからのリバウンドを鮮明にしており、売 りにくいものの、反対に買い材料もないため、気迷いから膠着状態となっている」(国内 証券)との声が聞かれた。 <11:45> 前場の日経平均は続伸、米株高を好感 25日移動平均線を上回る...

午前の日経平均は続伸、米株高を好感 25日移動平均線を上回る

午前の東京株式市場で、日経平均は前営業日比314円15銭高の2万8528円90銭と続伸した。前週末の米国株高を好感し、幅広く物色された。日経平均は2万8200円台に位置する25日移動平均線を上回るなど、テクニカル面で強気転換を示唆するものが目立っている。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は堅調、米株先物高も支援材料 テクニカル面は強気示唆

<11:05> 日経平均は堅調、米株先物高も支援材料 テクニカル面は強気示唆 日経平均は2万8500円台で堅調に推移している。時間外取引で米株先物が高いこ とも支援材料となった。一方、テクニカル面では強気を示唆するサインが出ているという 。 日経平均は前週末、8月17日高値(2万9222円77銭)から9月7日安値(2 万7268円70銭)まで押した幅の半値戻し(2万8245円)を達成していたが「そ の後も勢いが止まらない。テクニカル面の好転も目立ち、戻り相場に対して期待できる状 況になってきた」(国内証券)という。 きょうは、日経平均が...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は上げ幅拡大、値がさ株が一段高 

   <10:05> 日経平均は上げ幅拡大、値がさ株が一段高  日経平均は上げ幅を拡大し、前営業日比約310円高の2万8500円台前半で推移 している。値がさ株が一段高となり、上げ幅は一時390円を超えた。市場では「前週末 のナスダック総合の上昇やフィラデルフィア半導体指数(SOX指数)が2%高となり、 半導体関連株やハイテク株が堅調に推移している」(国内証券)との声が聞かれる。ただ 、「買い一巡後は徐々に上値の重さも意識されそうだ」(同)との指摘もあった。 物色動向としては、時間外取引で米10年債利回りが足元3.3%台で落ち着いてい...

ホットストック:グロース株軟調、マネーフォワードは6%安 米長期金利上昇を嫌気

グロース(成長)株が軟調に推移している。マネーフォワードは6%超安、エムスリーは3%超安、メルカリは2%超安と、それぞれ東証プライム市場の値下がり率上位に入っている。米10年債利回りが3%台に乗せるなど再び上昇傾向となっており、グロース株売りにつながっている。

ホットストック:メルカリは6日続伸、3%高 グロース株の買い戻しで

メルカリは6日続伸し、3%高で推移している。一時、4%高となる場面もみられた。特段の新規材料は出ていないものの、市場では「グロース(成長)株を買い戻す流れの中で、メルカリ株も上昇が続いている」(国内証券)との声が聞かれた。

日経平均は反発、2万9000円回復 値がさ株けん引し7カ月半ぶり高値

東京株式市場で日経平均は、前営業日比353円86銭高の2万9222円77銭と、反発して取引を終えた。米国の金融引き締めに対する過度な懸念が後退し、投資家心理の改善が続いていることから、値がさ株やグロース(成長)株を中心に買いが入った。日経平均は7カ月半ぶりに2万9000円を回復。その後も堅調に推移し、大引けにかけて上げ幅を広げた。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「大陽線」、25日線が200日線を上抜け

<15:43> 日経平均・日足は「大陽線」、25日線が200日線を上抜け 日経平均・日足は下に短いヒゲを伴う「陽の大引け坊主」の「大陽線」となった。終 値は2万9222円77銭。買い手の心理としては、強い上昇期待感を示している。 25日移動平均線(2万7772円45銭=17日)が200日線(2万7546円 98銭=同)を下から上に抜けて、「ゴールデンクロス」となっており、目先の相場の上 昇も期待される。短期的には、年初来高値(2万9388円16銭)を超えられるかが注 目されそうだ。 <15:10> 新興株はマザーズが4日続伸、中小型グロース...

〔マーケットアイ〕株式:新興株はマザーズが4日続伸、中小型グロース株の物色活発

<15:10> 新興株はマザーズが4日続伸、中小型グロース株の物色活発 新興株式市場では、マザーズ総合が1.56%高の761.92ポイントと4日続伸 した。東証グロース市場指数は前営業日比1.56%高の968.88ポイントで取引を 終えた。今後、米国のインフレや金融引き締めが落ち着くとの思惑から、中小型のグロー ス(成長)株にも買いが入った。 市場では「台湾有事など目先の米中対立激化のリスクを意識して、内需型のグロース 株を組み入れる機関投資家の動きもあるようだ」(国内証券)との声が聞かれた。 個別では、窪田製薬ホールディングス、プレイド...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は日中高値更新、値がさ株が相場押し上げ

<14:23> 日経平均は日中高値更新、値がさ株が相場押し上げ 日経平均は後場も堅調に推移しており、日中高値を更新した。値がさ株が引き続き堅 調で、相場を押し上げている。米国のインフレや金融引き締めが今後は落ち着くとの思惑 から、グロース株の買い戻しも活発になっている。個別では、メルカリ、マネー フォワードなどがしっかり。 日経平均は2万9000円台をしっかり維持しており、底堅さがみられる。目先は年 初来高値の2万9388円16銭を超えられるかが注目され、「同水準を上抜ければ3万 円トライも視野に入る」(国内運用会社)との声が聞かれた。...

日経平均は3日続伸、終値で2万8000円回復 半導体株高が支援

東京株式市場で日経平均は、前営業日比243円67銭高の2万8175円87銭と、3日続伸して取引を終えた。値がさの半導体株などが買われて指数を押し上げたほか、好業績銘柄が物色された。心理的節目2万8000円を上回り、6月9日以来の高値に上昇した。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陰線」、今後はダブルトップを意識

<15:45> 日経平均・日足は「小陰線」、今後はダブルトップを意識 日経平均・日足は上下に長めのヒゲを伴う「小陰線」。2万7815円48銭で大引 けた。やや伸びを欠く動きとなりながらも、22日の戻り高値2万7952円25銭を上 回ったほか、心理的な節目である2万8000円を回復するなど基調の強さを感じさせる 動きとなっている。 ただ、チャート上ではここからが正念場になりそうだ。3月25日高値2万8338 円81銭と6月9日高値2万8389円75銭で形成するダブルトップは強力な抵抗線で あり、これらに近づくにつれ伸び悩む可能性がある。ただ...

〔マーケットアイ〕株式:新興株はマザーズが小幅続伸、IPOに商いが集中

<15:05> 新興株はマザーズが小幅続伸、IPOに商いが集中 新興株式市場は、マザーズ総合が前営業日比0.50%高の708.98ポイントと 続伸した。東証グロース市場指数は同0.42%高の901.35ポイントとなった。「 模様眺めムードが強い中で高寄りした後のIPO(新規株式公開)に商いが集中した」( 国内証券)という。 きょうグロース市場に新規上場したunerryの初値は公開価格の2.3 倍となる3000円、同じく新規上場のHOUSEIの初値は公開価格の45% を上回る580円と好発進だった。両銘柄ともに、商いが集中したものの、株価...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は強もち合い、米GDP発表などを控え様子見ムード

<14:25> 日経平均は強もち合い、米GDP発表などを控え様子見ムード 日経平均は強もち合いで、2万7700円台で推移している。前日比プラスは維持し ているものの、薄商いの状態に変化はみられない。連邦公開市場委員会(FOMC)は通 過したが、米国で実質国内総生産(GDP)の発表やアップル、アマゾンなど企業決算の 公表を控えているため、様子見ムードが強くなっている。 市場では「米GDPが発表されるまでは動きにくいとする関係者が多いようだ。ただ 、国内企業の決算で好調なものが目立つため、当面、底堅さをキープするとみられる」( 国内証券)との...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は小幅高で小動き、目先は2万7000円台値固めとの声

<13:00> 日経平均は小幅高で小動き、目先は2万7000円台値固めとの声 後場に入り日経平均は、前営業日比約50円高の2万7700円台後半と小幅高の水 準で小動きとなっている。前場に引き続きグロース株の一角が堅調に推移している一方、 トヨタ自動車や日東電工など輸出関連株はさえない。足元のドル/円は 135円台前半と、前日の場中から1円以上円高が進み、輸出株の重しとなっているとい う。 市場では日経平均は2万8000円近辺では利益確定売りが出やすいとの声が聞かれ 、「目先は2万7000円台での値固めの展開が続きそうだ」(国内証券)という...

午前の日経平均は続伸、グロース株堅調で相場下支え

午前の東京株式市場で日経平均は、前営業日比88円46銭高の2万7804円21銭と、続伸した。前日の米株高の流れを引き継いで日経平均は朝方から堅調に推移し、一時2万8000円台を回復。上昇一巡後は利益確定売りに押されマイナス圏に沈んだが、グロース株の買い戻しが活発になり、相場を下支えした。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は再びプラス圏に浮上、グロース株買いが相場下支え

<10:54> 日経平均は再びプラス圏に浮上、グロース株買いが相場下支え 日経平均は再びプラス圏に浮上し、前営業日比約30円高の2万7700円台半ばで 小動きとなっている。ドル/円の急速な円高進行を受けて、輸出関連株がさえない動きと なる一方、グロース株がしっかりと推移し、相場を下支えしている。 米連邦公開市場委員会(FOMC)とパウエル米連邦準備理事会(FRB)議長の記 者会見を経て、「目先は米金利上昇が落ち着くとの思惑から、これまで売られていたグロ ース株に買い戻しが入っている」(国内証券)という。エムスリーやメルカリ<4 385...

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up