for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

株式会社メルカリ

4385.T

現在値

4,920.00JPY

変化

30.00(+0.61%)

出来高

2,060,400

本日のレンジ

4,725.00

 - 

4,945.00

52週レンジ

4,670.00

 - 

7,390.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
4,890.00
始値
4,820.00
出来高
2,060,400
3か月平均出来高
25.25
高値
4,945.00
安値
4,725.00
52週高値
7,390.00
52週安値
4,670.00
発行済株式数
159.78
時価総額
788,493.20
予想PER
192.57
配当利回り
--

次のエベント

Q2 2022 Mercari Inc Earnings Release

適時開示

その他

Mercari Inc - Decided To Sell All Shares Of Merpay Limited, Its Consolidated Subsidiary In London, Uk

Mercari Likely To Report FY Group Net Loss Of About 12 Bln Yen- Nikkei

Mercari Will No Longer Offer Its Flea Market App In Europe- Nikkei

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

株式会社メルカリとは

メルカリグループは、マーケットプレイス関連事業を主なる事業とする。【事業内容】オールジャンルの商品を取り扱う個人間取引(CtoC)マーケットプレイスである「メルカリ」を運営する。また、米国においては現地子会社がそれぞれオールジャンルのCtoCマーケットプレイス「Mercari」を運営する。

業種

Retail (Catalog & Mail Order)

連絡先

7F

Shin-Roppongi Bldg., 7-15-7, Roppongi

MINATO-KU, TKY

106-6118

Japan

+81.3.68046907

https://about.mercari.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Fumiaki Koizumi

Chairman of the Board, President

Shintaro Yamada

President, Chief Executive Officer, Representative Director

Kiyoka Eda

Chief Financial Officer, Executive Officer

Tatsuo Kinoshita

Chief Human Resource Officer, Executive Officer

Jun Yokota

Senior Executive Officer

統計

2.00 mean rating - 7 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, JPY)

2019

0.1K

2020

0.1K

2021

0.1K

2022(E)

0.1K
EPS (JPY)

2019

-94.980

2020

-147.860

2021

36.430

2022(E)

25.627
株価売上高倍率(過去12カ月)
622.76
株価売上高倍率(過去12カ月)
6.71
株価純資産倍率(四半期)
18.83
株価キャッシュフロー倍率
394.05
総負債/総資本(四半期)
249.65
長期負債/資本(四半期)
181.85
投資利益率(過去12カ月)
1.14
自己資本利益率(過去12カ月)
0.46

最新ニュース

最新ニュース

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「大陰線」、マイナス3シグマに接近し反発マグマも

日経平均・日足は「大陰線」となった。8月安値と12月安値を結ぶトレンドラインがこれまでサポートとして意識されたが、これを大きく下回っており、調整局面入りが警戒される。

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場はマザーズが大幅反落、ジャスダックは続落

新興株市場は、東証マザーズ指数が大幅に反落し、日経ジャスダック平均が5日続落した。米金利の先高観がある中で、グロース(成長)株売りが強まった。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「十字線」、5日線が抵抗線

日経平均・日足は上下に長いヒゲを伴う「十字線」。実体部分は値幅がわずか80銭の「陽」となり、気迷いを示す足となった。終値(2万8333円52銭=17日)は5日移動平均線(2万8387円01銭=同日)を下回っており、当面は同線が意識される可能性がある。

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場は3日続落、マザーズは連日の昨年来安値

新興株市場は、東証マザーズ指数と日経ジャスダック平均がともに3日続落した。朝方はプラス圏での推移となっていたが、徐々に値を消す展開となり、マザーズは連日の昨年来安値更新となった。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「中陰線」、日銀ETF思惑で下げ止まり

日経平均・日足は短い上ヒゲと長い下ヒゲを伴う「中陰線」となった。前場に安値を付けた後、日銀による上場投資信託(ETF)買いへの思惑が支えになり、後場は下げ幅を縮小した。

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場は軟調、マザーズは連日の3%超安 グロース株売り 

新興株市場は、東証マザーズ指数と日経ジャスダック平均がともに続落した。マザーズ指数は連日の3%超安となっており、市場では「グロース株が売られる相場の中で、業績悪化への懸念もあり、ますます買いづらくなっている」(国内証券)との声が聞かれる。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「中陰線」、調整局面入り

日経平均・日足は上下に短いヒゲを伴う「中陰線」となった。日足は25日移動平均線(2万8669円79銭=13日)を再び下回ったほか、日足・一目均衡表の雲の下限(2万8724円05銭=同)を下抜け、調整局面入りを示唆している。国内での新型コロナウイルスの急拡大など売り材料が多い中、積極的に上値を追うのは難しい。当面は25日移動平均線を意識した値動きとなりそうだ。

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場は軟調、マザーズ3%超安 やれやれ売り

新興株市場は、東証マザーズ指数と日経ジャスダック平均がともに反落した。市場では「マザーズは前日の反動で、やれやれの売りが出た。底打ちとみるのは時期尚早」(国内証券)との声が聞かれる。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「中陽線」、25日線を回復し地合い改善

日経平均・日足は上下にヒゲを伴う「中陽線」となった。25日移動平均線(2万8647円32銭=12日)を回復したほか、日足・一目均衡表の雲の下限(2万8736円16銭=同)を上回り、地合いが改善してきた。ただ、200日線(2万8798円54銭=同)で上値を抑えられたほか、その上方には75日線(2万8892円44銭=同)も控えており、一段の上昇にはエネルギーが必要になりそうだ。

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場はマザーズが3日続伸、ジャスダック反発

新興株市場は、東証マザーズ指数が大幅に3日続伸し、日経ジャスダック平均が5日ぶりに反発した。米ハイテク株高を受けて買い戻しが優勢となった。もっとも市場では、マザーズの上昇は自律反発の範囲内だとして「上昇すれば戻り待ちの売りも出やすい。すんなり値を戻していくとは想定しにくい」(国内証券)と慎重な見方も聞かれた。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「中陰線」、パラボリック陰転し悪地合い

日経平均・日足は上下にヒゲを伴う「中陰線」となった。前日に続いて25日移動平均線(2万8599円11銭=7日)の回復に失敗した上、パラボリックが陰転しており、地合いは悪い。上値は200日線(2万8814円26銭=同)に抑えられた。下方向では、8月安値と10月安値を結ぶトレンドラインが心理的節目2万8000円付近を通っており、目先のサポートとして意識される。

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場はマザーズが5日ぶり小反発、ジャスダックは3日続落

新興株市場は、東証マザーズ指数が5日ぶりに小幅に反発した。日経ジャスダック平均は3日続落となった。マザーズは下げ一服となったが、市場では米長期金利の先高観への警戒感がくすぶるほか「需給が改善し切ったかは不透明」(国内証券)と慎重な見方も根強い。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「大引け坊主」、調整局面の様相強く絶望感

日経平均・日足は安値引けで下ヒゲがない「大引け坊主」となり、先安見込みと投資家の絶望感を暗示している。終値(2万8487円87銭=6日)は長短移動平均線を全て下抜けたほか、一目均衡表の「雲」領域から下放れたことで、調整局面の様相を強くしている。当面は5日移動平均線と25日移動平均線(2万8577円39銭)を意識した値動きとなりそうだ。

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場は軟調、マザーズは20年5月以来の安値水準

新興株市場は軟調。東証マザーズ指数は大幅に4日続落し、日経ジャスダック平均は続落した。時価総額上位銘柄が総じて売られ、マザーズ指数は連日での大幅安。2020年5月以来の安値付近での推移となった。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陽線」、地合い改善への期待高まる

日経平均・日足は上下にヒゲを伴う「小陽線」となった。日足は長短移動平均線を全て突破しているほか、終値(2万9301円79銭=5日)は9月14日高値(3万0795円78銭)と11月16日高値(2万9960円93銭)を結んだトレンドライン(2万9300円)を上回り、地合い改善への期待が高まっている。ただ、200日移動平均線(2万8827円86銭=同)は再び下向きとなっており、値固め局面が長続きする可能性がある。

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場は軟調、マザーズ5%超安で20年5月以来の水準

新興株市場は軟調。東証マザーズ指数は大幅に3日続落し、日経ジャスダック平均は5日ぶりに反落した。東証マザーズ指数は5%超下げ、2020年5月以来の安値付近での推移となった。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陰線」、200日線に抑えられる

<16:10> 日経平均・日足は「小陰線」、200 日線に抑えられる 日経平均・日足は上下に短いヒゲを伴う「小陰線」となった。クリスマス休暇で海外 勢不在となる中、値動きに欠ける閑散相場となり、日経平均の値幅は96円となった。引 き続き200日移動平均線(2万8830円48銭=24日)に上値を抑えられる格好と なった。200日線を回復すれば、心理的節目2万9000円が視野に入る。 <16:00> 新興株しっかり、マザーズ1000ポイント回復 9営業日ぶり 新興株市場は、東証マザーズ指数が反発し、日経ジャスダック平均が4日続伸した。 マザーズ...

〔マーケットアイ〕株式:新興株しっかり、マザーズ1000ポイント回復 9営業日ぶり

<16:00> 新興株しっかり、マザーズ1000ポ イント回復 9営業日ぶり 新興株市場は、東証マザーズ指数が反発し、日経ジャスダック平均が4日続伸した。 マザーズは心理的節目である1000ポイントを回復した。終値で回復するのは12月1 3日以来、9営業日ぶり。市場からは「投資家心理が和らいでおり、底打ち期待が強まっ ている」(国内証券)との声が聞かれた。 マザーズ総合は前営業日比0.83%高の1003.36ポイント。個別では、FR ONTEO 、メルカリ 、グローバルウェイ がしっかり。エクサ ウィザーズ 、ラバブルマーケティンググループ...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陽線」、25日線が支持線に

<15:52> 日経平均・日足は「小陽線」、25日線が支持線に 日経平均・日足は下ヒゲを伴う「小陽線」となった。上ヒゲのない陽の大引け坊主の 形状で、買い姿勢の継続が示唆される。前日に抵抗線となっていた25日移動平均線(2 万8634円56銭=23日)を回復し、支持線に切り替わった。200日線(2万88 31円22銭=同)も視野に入り、これを回復すれば、心理的節目2万9000円が見え てくる。 <15:17> 株式:新興株市場はマザーズが小反落 「底打ち」の見方も 新興株市場は、東証マザーズ指数が3日ぶりに小幅反落し、日経ジャスダック平均...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場はマザーズが小反落 「底打ち」の見方も

<15:17> 株式:新興株市場はマザーズが小反落 「底打ち」の見方も 新興株市場は、東証マザーズ指数が3日ぶりに小幅反落し、日経ジャスダック平均が 3日続伸した。マザーズは朝方に心理的節目1000ポイントを一時回復したが、戻り売 りに押し返された。 一方、市場では「マザーズは、いったん底を打った可能性がある」(証券ジャパンの 大谷正之投資情報部部長)との声も聞かれる。このところの下落局面では25日移動平均 線からの下方乖離率が10%を超えると反発する傾向がみられ、直近では17日と20日 に10%超となった。 足元では下方乖離5.38%...

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up