for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

株式会社バンク・オブ・イノベーション

4393.T

現在値

3,025.00JPY

変化

-315.00(-9.43%)

出来高

547,300

本日のレンジ

3,005.00

 - 

3,360.00

52週レンジ

1,092.00

 - 

6,420.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
3,340.00
始値
3,305.00
出来高
547,300
3か月平均出来高
13.00
高値
3,360.00
安値
3,005.00
52週高値
6,420.00
52週安値
1,092.00
発行済株式数
3.83
時価総額
11,951.78
予想PER
--
配当利回り
--

次のエベント

Full Year 2020 Bank of Innovation Inc Earnings Release

適時開示

その他

Bank of Innovation to issue 34,500 shares through private placement

Bank of Innovation says individual shareholder decreases voting power to 7.8 pct from 10.7 pct

Bank of Innovation says listing on TSE Mothers

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

株式会社バンク・オブ・イノベーションとは

バンク・オブ・イノベーショングループは、スマートフォンゲームアプリ の開発・運営に従事する。【事業内容】同社はGoogle Inc.及びApple Inc.等が運営するプラットフォームを通じて、ユーザーにゲームアプリを提供する。同社のゲームアプリは、2次元(2D)グラフィックに特化して、グラフィックの制作及びゲームシステムの開発において多段階チェックを導入する。同社は、設定した予算内でより費用対効果があると判断したプロモーションを実施する。また、プロモーション単価のコントロールを適切に行うため、実施したプロモーション施策についてのデータ分析及び計画・実行・評価・改善(PDCA)サイクルを遂行する。同社はオリジナルタイトルの開発・運営を主力として、プロモーションとの連携によって自社(知的財産)IPの確立及び収益の多角化を図る。

業種

Software & Programming

連絡先

3F,Shinjuku East Side Square

6-27-30, Shinjuku

SHINJUKU-KU, TKY

160-0022

Japan

+81.3.44001817

https://boi.jp/

エグゼクティブリーダーシップ

Tomohiro Higuchi

President, Representative Director

Mika Kawachi

Chief Financial Officer, Director of Business Administration, Director

Daisuke Tanaka

Director of Human Resources & General Affairs, Director

Hiroyuki Shimizu

Director of Game Business, Director

Shusuke Fukamachi

Independent Director

統計

株価売上高倍率(過去12カ月)
199.40
株価売上高倍率(過去12カ月)
3.59
株価純資産倍率(四半期)
8.64
株価キャッシュフロー倍率
176.38
総負債/総資本(四半期)
66.36
長期負債/資本(四半期)
33.59
投資利益率(過去12カ月)
3.05
自己資本利益率(過去12カ月)
2.02

最新ニュース

最新ニュース

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陰線」、25日線下回る

<15:55> 日経平均・日足は「小陰線」、25 日線下回る   日経平均・日足は上下に短いヒゲを伴う「小陰線」。終値は25日移動平均線(2万 3216円58銭=24日)を割り込んだ。節目の2万3000円に接近したことで下値 余地が広がったとの見方が出ており、当面は下値を探る動きになりそうだ。 <15:27> 新興株市場は反落、IPO銘柄の物色意欲高く 新興株市場で、日経ジャスダック、東証マザーズ指数はともに反落した。市場では「 午前中は東証1部市場で下げ渋り、マザーズ銘柄を中心に個別銘柄の物色意欲が高まった 。午後は東証1部市場が海外要因...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場は反落、IPO銘柄の物色意欲高く

<15:27> 新興株市場は反落、IPO銘柄の物色意欲高く 新興株市場で、日経ジャスダック、東証マザーズ指数はともに反落した。市場では「 午前中は東証1部市場で下げ渋り、マザーズ銘柄を中心に個別銘柄の物色意欲が高まった 。午後は東証1部市場が海外要因で下落したことが嫌気され、ジャスダック、マザーズ指 数ともに下落した」(国内証券)との声が聞かれた。一方、新規上場の3銘柄では初値が 付かない展開が続き「明日以降もIPOが増えてくるので、投資家の物色意欲が高まって いる」(同)という。 菅政権下でのデジタル改革への期待の高まりからデジタル関連...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場は小反発、デジタル関連銘柄が買われる

  <15:42> 新興株市場は小反発、デジタ ル関連銘柄が買われる 新興株市場はしっかり。日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数はともに小反発し た。「菅新政権の政策への期待から、デジタル関連やオンライン診療などの医療関連の銘 柄が買われた」(国内ネット証券)という。 個別銘柄では、グローバルウェイ 、KIYOラーニング 、ユナイト アンドグロウ などが高い。半面、バンク・オブ・イノベーション 、トゥ エンティーフォーセブン は値下がりした。 <15:29> 日経平均・日足は「小陽線」、気迷い 中長期は上昇トレンド   日経平均・日足...

ホットストック:バンクオブイノベは後場売り気配、今期当期益の赤字予想を嫌気

バンク・オブ・イノベーションは後場売り気配。18日、2020年9月期の連結当期損益が1000万円の赤字から7000万円の赤字のレンジで着地しそうだと発表し、嫌気されている。前年実績(個別決算)は3億7300万円の黒字。新作ゲームや新規サービスの開発費用が影響する見通しという。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陰線」、目線は上方向

<16:29> 日経平均・日足は「小陰線」、目線は上方向 日経平均・日足は上下に短いヒゲを伴う「小陰線」。上値の節目と見られていた8月25日高値(2万 3431円04銭)を上回け、2万4000円方向に視界が広がった。騰落レシオ(東証1部、25日)は 108%台と過熱感は感じられない。中長期では上昇トレンドを示唆しており、利益確定や戻り待ちの売り をこなしながら、じりじりと上昇していく可能性があるという。 <16:14> 新興株市場はまちまち、直近IPO銘柄には物色意欲  新興株市場はまちまち。日経ジャスダック平均は小幅に4日続伸した一方...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場はまちまち、直近IPO銘柄には物色意欲

<16:14> 新興株市場はまちまち、直近IPO銘柄には物色意欲  新興株市場はまちまち。日経ジャスダック平均は小幅に4日続伸した一方、東証マザーズ指数は4日ぶ り反落した。「今まで買われていた銘柄に利益確定売りが出た一方、直近IPO銘柄への物色意欲は引き続 き観測される」(ネット系証券)との声が出ていた。 マザーズ市場は、メルカリ 、フリー 、弁護士ドットコム など時価総額の高い 銘柄が軟調。バンク・オブ・イノベーション 、AI inside など下落。ニューラル ポケット 、KIYOラーニング などは買われた。 ジャスダック市場は、...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陰線」、5日線が上値抑え調整続くとの印象

<15:55> 日経平均・日足は「小陰線」、5日線が上値抑え調整続くとの印象 日経平均・日足は長めの上ヒゲ伴う大引けが「坊主」の「小陰線」。上伸して始まったものの、5日移 動平均線(2万3011円87銭=21日)を終値で上回ることができず、これが上値を抑える格好となっ ている。前日に12日と13日に空けたマドの下限(2万2874円37銭=12日高値)を下回った意味 は大きく、なお調整局面が続くとの印象が強い。 一方、日経平均・週足は「陽の陰はらみ」となった。これが意味するところはその時点では気迷いを示 すもので、翌日(翌週)の動きに方向...

〔マーケットアイ〕株式:新興株式市場はしっかり、ニューラルポケットの初値形成持ち越しへ

<15:15> 新興株式市場はしっかり、ニューラルポケットの初値形成持ち越しへ 新興株式市場は、しっかり。東証マザーズ指数、日経ジャスダック平均ともに反発した。「値動きの良 い銘柄に短期回転狙いに資金が向かっている」(国内証券)という。上場2日目となったマザーズ市場のニ ューラルポケット はこの日も値が付かず、初値形成は週明けに持ち越しとなった。 マザーズ指数は2.38%高で終了。BASE 、マクアケ が上値を追い、いずれも初 の1万円乗せとなったほか、コマースOneホールディングス がストップ高に買われ、ティアンド エス 、メルカリ...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陰線」、5日移動平均線が上値抑える

<16:02> 日経平均・日足は「小陰線」、5日移動平均線が上値抑える 日経平均・日足は上下にヒゲを伴う「小陰線」、5日移動平均線(2万3085円68銭=20日)に 上値を抑えられた。下値の節目と意識されていた12日と13日に空けたマドの下限(2万2874円37 銭=12日高値)を一時的に下回り、マド埋めを完了。短期的に弱気に傾斜するとの見方も出ている。 一方、下値は25日移動平均線(2万2699円06銭=同)がサポートとして機能するか注目。それ を下抜けた場合は、75日移動平均線や200日移動平均線が推移する2万2000円近辺が視野に...

〔マーケットアイ〕株式:マザーズ指数は6日ぶり反落、年初来高値更新後に利益確定売り

<15:40> マザーズ指数は6日ぶり反落、年初来高値更新後に利益確定売り  新興株市場で、東証マザーズ指数が6日ぶりに反落した。前場の取引時間中に1122.72ポイント まで上昇。前日に付けた年初来高値を更新し2年2カ月ぶり高値まで強含んだが、その後は利益確定売りが 優勢となり、マイナス圏に沈んだ。 マザーズ指数は0.98%安で終了。メルカリ 、アンジェス 、BASE など 時価総額が高い銘柄が軟調。バンク・オブ・イノベーション が商いを伴って下落した。フィーチャ 、コマースOneホールディングス は買われた。 新規上場したニューラルポケット...

21日の主な自社株買い・消却、株式分割など一覧

21日に自社株買いや消却、株式分割を発表した主な企業の一覧は以下の通り。  <自社株買い> ・バンク・オブ・イノベーション 、自己保有株を除く発行済株式総数の1. 5%にあたる6万株、取得総額1億円を上限とする自社株買いを実施へ。取得期間は2月 25日から5月22日。 ・ケイティケイ 、自己保有株を除く発行済株式総数の6.20%にあたる3 5万5000株、取得総額1億8000万円を上限とする自社株買いを実施へ。取得期間 は2月26日から2月27日。東証自己株式立会外買付取引(ToSTNeT─3)で買 い付ける。 ・北越コーポレーション...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「中陽線」、上放れ鮮明にし新たな上昇ステージへ

追加関税発動の先送りはある程度想定されていたが、関税の引き下げまでは織り込まれておらず、市場 にとってポジティブサプライズとなった。英国総選挙で与党大勝の可能性が伝えられたことも先行き不透明 感の解消につながり、投資家心理を好転させた。日経平均は一時2万3998円99銭まで上昇し、201 8年10月4日以来の高値を付けた。 きょうは12月限日経平均先物・オプションの最終決済に関わる日経平均のSQ(特別清算指数)値の 算出日で、市場筋の推計値によると2万3895円88銭だった。 TOPIXは1.66%高で午前の取引を終了。東証1部の売買代金...

〔マーケットアイ〕株式:マザーズが続落、値動き良い銘柄を集中的に物色

追加関税発動の先送りはある程度想定されていたが、関税の引き下げまでは織り込まれておらず、市場 にとってポジティブサプライズとなった。英国総選挙で与党大勝の可能性が伝えられたことも先行き不透明 感の解消につながり、投資家心理を好転させた。日経平均は一時2万3998円99銭まで上昇し、201 8年10月4日以来の高値を付けた。 きょうは12月限日経平均先物・オプションの最終決済に関わる日経平均のSQ(特別清算指数)値の 算出日で、市場筋の推計値によると2万3895円88銭だった。 TOPIXは1.66%高で午前の取引を終了。東証1部の売買代金...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陰線」、様子見ムード

<15:41> 日経平均・日足は「小陰線」、様子見ムード  日経平均・日足は短い上ヒゲとやや長い下ヒゲを伴う「小陰線」。米国が中国製品を対象に追加関税を 発動する期限が15日に迫り、様子見ムードが市場を支配している。25日移動平均線(2万3327円2 6銭=12日)を上回る水準で推移していることは安心材料だが、2万3500円を超えて上昇していくに はエネルギーが不足している。 75日移動平均線(2万2336円82銭=同)、200日移動平均線(2万1726円23銭=同) は上向きで、中長期的な上昇トレンドの継続が示唆されている。 <15:...

再送-〔マーケットアイ〕株式:ジャスダック指数は15日ぶり反落、大塚家具はストップ高比例配分

(見出しを修正しました。) [東京 12日 ロイター] - <15:31> ジャスダック指数は15日ぶり反落、大塚家具はストップ高比例配分  新興株市場では、日経ジャスダック平均が小幅に15日ぶり反落、東証マザーズ指数が続落した。市場 からは「ジャスダック指数は連騰に次ぐ連騰だったのでいつ反落してもおかしくなかった。目立った下げ材 料が出たわけではなく、(米国が対中追加関税を発動する期限の)15日を前に利益確定売りも出やすかっ た」(国内証券)との声も出ていた。 個別では、ヤマダ電機 による子会社化の報道が出た大塚家具 がストップ高比例配分...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「短陰線」、気迷い示すが基調の強さを維持

<15:45> 日経平均・日足は「短陰線」、気迷い示すが基調の強さを維持 日経平均・日足は、上ヒゲと短い下ヒゲを伴う「短陰線」。前日の長い上ヒゲを伴う 「小陰線」にはらむ形で出現した上、「コマ」に準じる形状となったことで、気迷いを示 している。ただ、上向きに転じた5日移動平均線(2万3251円07銭=27日現在) を超したままで推移するなど基調の強さに変化は見られない。 前日に年初来高値を更新し、目標達成感が台頭するとともに、高値を警戒するムード もあり、伸びを欠いた格好。だが、前日の高値(2万3608円06銭)を更新した場合 はチャート...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場は続伸、地合い好転の中で値動き良い銘柄を物色

<15:10> 新興株市場は続伸、地合い好転の中で値動き良い銘柄を物色 新興株市場で、日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数はともに4日続伸。全体の 地合い好転が顕著となる中で「買い安心感を誘って、値動きの良い銘柄や材料が出た銘柄 を物色している」(SBI証券・シニアマーケットアドバイザーの雨宮京子氏)という。 マザーズ市場では、インパクトホールディングス が連日のストップ高となっ たほか、セルソース もストップ高。エードット も大幅高となり、バンク ・オブ・イノベーション も反発したが、BASE はさえない。 ジャスダック市場では、ワークマン...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場は堅調、マザーズ指数は900ポイントを回復

<16:01> 新興株市場は堅調、マザーズ指数は900ポイントを回復 新興株市場で、日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数はともに3日続伸。マザーズ指数の終値は9 05.19ポイントとなり、8月1日以来の900ポイントを回復した。「個人投資家は含み損が減り、心 理が好転している」(ネット系証券)との声が出ていた。 マザーズ市場では、インパクトホールディングス 、ログリー がストップ高比例配分。 ホープ も一時ストップ高となった。半面、サイバー・バズ 、バンク・オブ・イノベーシ ョン などは売られた。 ジャスダック市場では、テクノホライゾン・ホールディングス...

〔マーケットアイ〕株式:日銀がETFを703億円購入、今月初めて 10月9日以来

<17:36> 日銀がETFを703億円購入、今月初めて 10月9日以来 日銀は20日、ETF(上場投資信託)を703億円購入したと発表した。通常のE TF買いは11月に入って初めてで10月9日(704億円)以来となる。前場のTOP IX は前日比マイナス0.64%だった。 今月13日にはTOPIXが前場で同0.5%下落したが、ETF買いを見送ったこ とで、市場では「ステルス・テーパリング」に動き出したのではないかとの思惑が広がっ ていた。 <15:30> 日経平均・日足は「小陰線」、直近安値維持で2万3000円に底堅い 印象 日経平均...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陰線」、直近安値維持で2万3000円に底堅い印象

<15:30> 日経平均・日足は「小陰線」、直近安値維持で2万3000円に底堅い印象 日経平均・日足は長い上ヒゲと短めの下をヒゲを伴う「小陰線」。バランスが悪く上値の重さを感じさ せる足を引いたほか、5日移動平均線(2万3260円57銭=20日)を割り込んだものの、下値の目安 として意識される14日の直近安値(2万3062円16銭)を維持したことで、心理的なサポートライン となる2万3000円近辺は底堅いとの印象を与えている。 今後は、右肩上がりで接近してきた25日移動平均線(2万2982円57銭=同)が支持線として機 能するか否かがポイント...

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up