for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

BASE株式会社

4477.T

現在値

334.00JPY

変化

3.00(+0.91%)

出来高

6,112,500

本日のレンジ

321.00

 - 

342.00

52週レンジ

295.00

 - 

1,493.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
331.00
始値
331.00
出来高
6,112,500
3か月平均出来高
124.36
高値
342.00
安値
321.00
52週高値
1,493.00
52週安値
295.00
発行済株式数
111.98
時価総額
37,513.90
予想PER
-19.41
配当利回り
--

次のエベント

Q3 2022 Base Inc Earnings Release

BASE株式会社とは

BASEグループは、Eコマースプラットフォーム、オンライン決済サービス及び資金調達サービス等の事業を行う。【事業内容】2つの事業セグメントで構成される。ベース(BASE)事業は、ネットショップ作成サービス及びそこで開設されたショップの商品が購入できるショッピングモールアプリを提供するEコマースプラットフォームを行う。ペイ(PAY)事業はウェブ(Web)サービスや既存のネットショップにオンライン決済を簡単に導入できる「PAY.JP」及び独自のアイディ(ID)決済サービスを行う「PAY ID」を展開する。

業種

Computer Services

連絡先

4F, G Square, 2-11-1, Dogenzaka

MINATO-KU, TKY

106-6237

Japan

+81.3.64165450

https://binc.jp/

エグゼクティブリーダーシップ

Yuta Tsuruoka

Chief Executive Officer, Senior Executive Officer, Representative Director

Ken Harada

Chief Financial Officer, Senior Executive Officer, Director

Kenji Yamamura

Chief Operating Officer, Senior Executive Officer

Shinichi Fujikawa

Senior Executive Officer, SVPoD

Kosuke Hotta

Executive Officer

統計

2.33 mean rating - 6 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, JPY)

2019

0.0K

2020

0.0K

2021

0.0K

2022(E)

0.0K
EPS (JPY)

2019

-7.746

2020

5.636

2021

-10.800

2022(E)

-19.110
株価売上高倍率(過去12カ月)
--
株価売上高倍率(過去12カ月)
3.73
株価純資産倍率(四半期)
2.62
株価キャッシュフロー倍率
--
総負債/総資本(四半期)
0.00
長期負債/資本(四半期)
0.00
投資利益率(過去12カ月)
-12.26
自己資本利益率(過去12カ月)
-6.53

最新ニュース

最新ニュース

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「中陽線」、3月・6月戻り高値の攻防視野

<15:55> 日経平均・日足は「中陽線」、3月・6月戻り高値の攻防視野 日経平均・日足は「中陽線」となった。2万8175円87銭で取引を終えた。5日 移動平均線(2万7887円61銭=5日)をサポートに、7月終盤から上値を抑えてい た心理的節目の2万8000円を終値で上回った、ローソク足の下ヒゲは短く、寄り付き 坊主の形状に近い。前日はほぼ同事線ながら、陽線が3本並んだことで上昇基調を示唆す る「赤三兵」とみることも可能。目先は3月25日(高値2万8338円81銭)と6月 9日(高値2万8389円75銭)の2つの戻り高値の攻防が視野に...

〔マーケットアイ〕株式:新興株はマザーズが反落、クラシコムは初値上回る

<15:05> 新興株はマザーズが反落、クラシコムは初値上回る 新興株式市場は、マザーズ総合が0.77%安の730.36ポイントと反落した。 東証グロース市場指数は0.76%安の928.84ポイントだった。市場では「いった ん利益確定売りが重しになった。ただ、米グロース株が底堅い動きとなっている中では、 持ち直しの基調は続きそうだ」(国内証券)との見方が聞かれた。 そーせいグループやサンバイオがしっかり。ケアネットは 年初来高値を更新した。一方、BASEやメドレーが大幅安。ユーザベ ースもさえなかった。 グロース市場に新規上場したクラシコム...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「中陽線」、ダブルトップ前に過熱感生じる

<15:55> 日経平均・日足は「中陽線」、ダブルトップ前に過熱感生じる 日経平均・日足は、短い上ヒゲとやや長めの下ヒゲを伴う「中陽線」となった。終値 は2万7914円66銭。強い上値抵抗線として意識された200日移動平均線(2万7 588円38銭=22日)を上回った後も勢いが衰えることなく、引き続き強い基調にあ ることを示している。2万8000円回復は時間の問題となってきた。 ただ、時価より上値では、3月25日高値(2万8338円81銭)と6月9日高値 (2万8389円75銭)のダブルトップ天井を控え、テクニカル的にはここからが正念...

〔マーケットアイ〕株式:新興株はマザーズが4日ぶり小反落、値幅取りの動きは残る

<15:05> 新興株はマザーズが4日ぶり小反落、値幅取りの動きは残る 新興株式市場は、マザーズ総合が0.26%安の712.78ポイントと4日ぶり に小反落。東証グロース市場指数は前営業日比0.23%安の906.15ポイントで取 引を終了した。市場では「週末とあって利益確定売りが出やすい中、値幅取りの動きが残 ってる印象だ」(国内証券)との声が聞かれる。 個別では、スポーツフィールドがストップ高となったほか、モイ、 坪田ラボなどが商いを伴って上昇。HENNGEも続伸した。半面、B ASEが反落し、イーディーピー、メディネットなどが安い。...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「中陽線」、5日線と10日線が急上昇

<15:51> 日経平均・日足は「中陽線」、5日線と10日線が急上昇 日経平均・日足は下に短いヒゲを伴う「中陽線」。買い手の心理としては強い上昇期 待感を示している。終値は2万7803円00銭。 5日移動平均線(2万7175円36銭=21日)や10日線(2万6851円23 銭=同)が角度を付けて急上昇しており、強い相場を示唆している。ただ、日経平均は6 日続伸と急ピッチで上昇していることから、短期的には高値警戒感も意識されそうだ。 <15:36> 新興株はマザーズが3日続伸、グロース株に買い戻し 新興株式市場は、マザーズ総合が2.79%...

〔マーケットアイ〕株式:新興株はマザーズが3日続伸、グロース株に買い戻し

<15:36> 新興株はマザーズが3日続伸、グロース株に買い戻し 新興株式市場は、マザーズ総合が2.79%高の714.67ポイントと3日続伸 して取引を終えた。東証グロース市場指数は前営業日比2.84%高の908.26ポイ ントで取引を終了。市場では「投資家の新規の買いが入っているというよりは、これまで 売られていた銘柄を買い戻す動きが中心」(国内運用会社)との声が聞かれ、グロース( 成長)株の上昇が目立った。 個別では、BASEやHENNGEが商いを伴って上昇。その他、 スポーツフィールドがストップ高となったほか、メディネットも堅調に...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「中陽線」、200日線に急接近

<16:00> 日経平均・日足は「中陽線」、200日線に急接近 日経平均・日足は上下に短いヒゲを伴う「中陽線」となった。終値は2万7915円 89銭と200日移動平均線(2万7940円26銭=6日)を上回らなかったものの、 取引時間中には上抜ける場面もみられ、急接近の展開となった。 市場では「日本株は売り疲れており、下値抵抗力が強い。週明けの米株次第では2万 8000円が視野に入る」(国内証券)との声が聞かれた。 <15:40> 新興株はマザーズ総合が続伸、海外投資家の売り一巡 新興株式市場は、マザーズ総合が前営業日比5.77ポイント高...

〔マーケットアイ〕株式:新興株はマザーズ総合が続伸、海外投資家の売り一巡

<15:40> 新興株はマザーズ総合が続伸、海外投資家の売り一巡 新興株式市場は、マザーズ総合が前営業日比5.77ポイント高(0.86%)の6 76.14ポイントと続伸した。市場では「時価総額上位銘柄を中心に買い戻しがみられ る。海外投資家の売りが一巡したようだ」(国内証券)との声が聞かれた。 個別では、メルカリ、メドレー、ウェルスナビなどがしっ かり。Appier Group、BASEはさえなかった。 <14:35> 日経平均は2万8000円手前で伸び悩み、材料不足との声 日経平均は前営業日比200円ほど高い2万7900円台半ばでもみあい...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陽線」、25日線を回復 パラボリックは陽転

   <15:52> 日経平均・日足は「小陽線」、25日線を回復 パラボリックは陽転 日経平均・日足は上下にヒゲを伴う「小陽線」となった。終値は2万6911円20 銭。窓を開けて上昇し、25日移動平均線(2万6730円16銭=18日)を15営業 日ぶりに終値で回復した。同線はわずかながら上向きとなった。パラボリックが陽転した ほか、MACDがシグナルをゴールデンクロスし、上昇サインが増えてきた。心理的節目 2万7000円近くにある日足・一目均衡表の雲上限(2万7025円95銭=同)を明 確に上抜ければ、上昇に弾みが付きそうだ。 <15:...

〔マーケットアイ〕株式:新興株はマザーズ総合が反発、BASEやメルカリの上昇が寄与

   <15:05> 新興株はマザーズ総合が反発、BASEやメルカリの上昇が寄与 新興株式市場は、マザーズ総合が反発した。ハイテク株比率の高い米ナスダックが前 日の米国市場で上昇しており、グロース(成長)株が物色された。 マザーズ総合は前営業日比1.69%高の656.37ポイントだった。BASE<4 477.T>やメルカリ、ジーエヌアイグループの上昇が指数押し上げに寄与 した。一方、CYBERDYNEやココナラ、ビジョナルはさ えなかった。 <14:04> 日経平均は小動き、外部環境の不透明感くすぶり上値追い慎重 後場の日経平均は2万6800...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「大陽線」、5日線回復で強気シグナル

<15:50> 日経平均・日足は「大陽線」、5日 線回復で強気シグナル 日経平均・日足は上下に短いヒゲを伴う「大陽線」となった。終値は前営業日比67 8円93銭高の2万6427円65銭。5日移動平均線(2万6175円29銭=13日 )を上回り、短期的な強気シグナルを示唆している。25日移動平均線(2万6806円 51銭=同)が目先の上値抵抗線として意識されそうだ。 <15:40> 新興株式市場はマザーズが急反発し4%超高、前日の反動とも 新興株式市場は、マザーズ総合が大幅に反発した。東証プライム市場の堅調な流れを 受け、時価総額上位銘柄...

〔マーケットアイ〕株式:新興株式市場はマザーズが急反発し4%超高、前日の反動とも

<15:40> 新興株式市場はマザーズが急反発 し4%超高、前日の反動とも 新興株式市場は、マザーズ総合が大幅に反発した。東証プライム市場の堅調な流れを 受け、時価総額上位銘柄を中心に連れ高の展開となった。市場では「前日に大幅安となっ た反動もあり、買いが入りやすい」(国内証券)との声が聞かれた。 マザーズ総合は前営業日比4.51%高の648.65ポイント。前日に6%超安と なり年初来安値(620.63ポイント=12日)を更新した動きから一転、大幅高とな った。 個別では、メルカリ、フリー、ミンカブ・ジ・インフォノイド<443 6.T>...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陽線」、チャート上は正念場に

日経平均・日足は上下に短いヒゲを伴う「小陽線」となった。前日の「大陽線」から上値を追う形で強い基調を継続した格好。25日移動平均線(2万6282円84銭=18日)を引き続き上回ったことで目先はトレンド転換との印象を与えている。

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場はしっかり、日経ジャスダック平均は5日続伸に

新興株市場はしっかり。東証マザーズ指数が続伸、日経ジャスダック平均が5日続伸した。市場では「イベント通過によって買い安心感が広がっている。リバウンドの流れに乗って短期回転を狙う動きがあるようだ」(国内証券)との声が聞かれた。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「大陽線」、強気シグナルを示唆

日経平均・日足は上下に短いヒゲを伴う「大陽線」となった。終値は2万6652円89銭。3月の高値と安値の半値戻し(2万5847円50銭)を達成したほか、25日移動平均線(2万6312円94銭=17日)を2月10日以来、23営業日ぶりに上回った。中期的な強気シグナルを示唆する格好となった。

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場はしっかり、マザーズ4%超高

新興株市場はしっかり。東証マザーズ指数が続伸、日経ジャスダック平均が4日続伸した。世界的な株高の流れを受け、新興市場もつれ高の展開となった。市場では「マザーズ市場は成長性のある企業が多い。一時は投げ売りに見舞われたが、インフレ率と金利の上昇が一服するれば、再び買われるとみている」(国内証券)との声が聞かれた。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陽線」、25日線は終値で回復ならず

日経平均・日足は上下にヒゲを伴う「小陽線」となった。終値は2万7460円40銭。5日移動平均線(2万7336円23銭=16日)を回復したが、25日線(2万7474円43銭=同)は終値では上回れなかった。一方、窓を開けた陽線で、買いの強さもうかがえる。上方向では、25日線のほか心理的節目2万8000円が、目先の上値めどに意識される。

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場は3日ぶり反発、米ナスダック高が支えに

新興株市場は、東証マザーズ指数と日経ジャスダック平均がともに3日ぶりに反発した。前日の米国市場でハイテク株比率の高いナスダック総合が大幅に上昇し、投資家心理の支えとなった。一方、金利上昇に対する警戒感は引き続きくすぶっている。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陰線」、25日線を回復 1カ月ぶり

日経平均・日足は上下にヒゲを伴う「小陰線」となった。終値は2万7696円08銭。25日移動平均線(2万7625円78銭=10日)を回復した。25日線を上回るのは、取引時間中を含めれば1月18日以来、終値では1月12日以来で、約1カ月ぶりとなる。心理的節目2万8000円が視野に入ってきたが、昨年後半に支持線だった水準で、抵抗線への切り替わりも意識されそうだ。

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場は続伸、マザーズ2%超高

新興株市場は、東証マザーズ指数と日経ジャスダック平均がともに続伸した。米国市場でのグロース(成長)株高が、日本の新興株にも引き続き追い風となった。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up