for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

株式会社JTOWER

4485.T

現在値

5,820.00JPY

変化

--(--)

本日のレンジ

--

 - 

--

52週レンジ

2,260.00

 - 

6,310.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
5,820.00
始値
--
出来高
--
3か月平均出来高
9.40
高値
--
安値
--
52週高値
6,310.00
52週安値
2,260.00
発行済株式数
20.53
時価総額
119,493.80
予想PER
556.02
配当利回り
--

株式会社JTOWERとは

JTOWERグループは、主に通信インフラシェアリング事業を行う。【事業内容】国内屋内インフラシェアリング(IBS)事業、海外IBS事業、タワー事業及びソリューション事業を行う。国内IBS事業及び海外IBS事業は、日本及びベトナム、ミャンマーにおける商業施設・オフィスビル、病院、大学、高層マンション、ホテル、公共施設等の大型施設内の携帯通信インフラの設計・構築・シェアリングを行う。タワー事業は、携帯キャリアが屋外での基地局整備において建設する鉄塔・コンクリート柱・ポール・アンテナ・電源・ファイバー等の携帯通信インフラの統合・シェアリングを行う。ソリューション事業は、不動産事業者に対してクラウドワイファイ(Wi-Fi)ソリューションの提供、並びに不動産事業者情報を集約するデータベース「SITE LOCATOR」の提供を行う。

業種

Construction Services

連絡先

2F

Eastern Aoyama Bldg., 8-5-41, Akasaka

Minato-ku, TKY

107-0052

Japan

+81.3.64472614

https://www.jtower.co.jp/

エグゼクティブリーダーシップ

Atsushi Tanaka

President, Representative Director

Ryosuke Nakamura

Managing Director, Chief Financial Officer, Chief Director of Business Administration

Yusuke Kiriya

Senior Managing Director, Chief Director of Infrastructure Sharing Business

Nobuo Nezu

Director

Hiroyuki Mitoma

Independent Director

統計

1.50 mean rating - 4 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, JPY)

2020

0.0K

2021(E)

0.0K
EPS (JPY)

2020

-0.940

2021(E)

10.467
株価売上高倍率(過去12カ月)
--
株価売上高倍率(過去12カ月)
46.70
株価純資産倍率(四半期)
17.99
株価キャッシュフロー倍率
182.51
総負債/総資本(四半期)
16.33
長期負債/資本(四半期)
12.44
投資利益率(過去12カ月)
--
自己資本利益率(過去12カ月)
--

最新ニュース

最新ニュース

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陰線」、5日線がサポート 調整含みとの声も

<16:45> 日経平均・日足は「小陰線」、5日線がサポート 調 整含みとの声も 日経平均・日足は、短い上ヒゲと長い下ヒゲを伴う「小陰線」。5日移動平均線(2万2269円46 銭=17日)が支持線として機能した。市場では「メジャーSQ以降景色が変わっており、アイランド・リ バーサルが出現している。当面は調整含みとなり、2万3000円近辺では戻り売りが強まる可能性がある 」(国内証券)との声が出ていた。 <16:00> 新興株市場はしっかり、マザーズは2%超高 バイオ関連買われる 新興株市場で、日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数はともに...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場はしっかり、マザーズは2%超高 バイオ関連買われる

<16:00> 新興株市場はしっかり、マザーズは2%超高 バイオ関連買われる 新興株市場で、日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数はともに続伸した。市場では「バイオ関連が 引き続き買われたほか、個別物色の動きも強かった。個人投資家が中心」(国内証券)との声が聞かれた。 日経ジャスダック平均は前営業日比0.75%高。個別では、ワークマン 、テイツー 、チエル が上昇。一方、テラ 、レカム 、ハーモニック・ドライブ・システムズ<6 324.T>は下落した。 東証マザーズ指数は前営業日比2.13%高。個別では、アンジェス 、オンコリスバイオファ...

訂正-〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陽線」、短期上昇を示唆

(午後4時16分配信のマーケットアイで、「小陰線」から「小陽線」へ訂正します。) [東京 13日 ロイター] - <16:10> 日経平均・日足は「小陽線」、短期上昇を示唆 日経平均・日足は上下にヒゲを伴う「小陽線」(訂正)。再び一目均衡表の「雲」の中に入りかけたが 、引けにかけてわずかに上抜けた。5日移動平均線(2万0175円61銭=13日)と25日移動平均線 (1万9519円55銭=13日)は上向きを維持、短期上昇を示唆している。 <15:55> 新興株市場は続伸、決算手掛かりに個別物色 IT関連銘柄もしっかり   新興株市場で日経...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場は続伸、決算手掛かりに個別物色 IT関連銘柄もしっかり

<15:55> 新興株市場は続伸、決算手掛かりに個別物色 IT関連銘柄もしっかり   新興株市場で日経ジャスダック平均は5日続伸、東証マザーズ指数は3日続伸した。決算発表など手掛 かりに個別物色が中心となったほか、クラウドビジネスやAI(人工知能)を手掛けるIT関連銘柄も買わ れた。時価総額の大きい銘柄はまちまちとなった。 ジャスダック指数は0.19%高。ワークマン 、日本マクドナルドホールディングス 、ハーモニック・ドライブ・システムズ などがしっかり。テラ は連日のストップ安比例配 分。セリア 、メイコー なども売られた。 マザーズ...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は中陰線、「陽の陰はらみ」

<15:57> 日経平均・日足は中陰線、「陽の陰はらみ」 日経平均・日足は「中陰線」。上ヒゲのない「陰の寄り付き坊主」の形状で、投資家の強い失望感を表 している。ローソク足の組み合わせは「陽の陰はらみ」。あすの取引で下寄りし、陰線で終わった場合は下 降相場を示唆するが、上寄りして陽線を引いた場合は短期的な上昇相場の継続も期待できる。 <15:45> 新興株市場は反落、国内での感染者拡大を嫌気 新型コロナ関連は物色 新興株市場で東証マザーズ指数、日経ジャスダック平均はともに反落した。東京都での新型コロナウイ ルス感染者急増を受け警戒感が広...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場は反落、国内での感染者拡大を嫌気 新型コロナ関連は物色

<15:45> 新興株市場は反落、国内での感染者拡大を嫌気 新 型コロナ関連は物色 新興株市場で東証マザーズ指数、日経ジャスダック平均はともに反落した。東京都での新型コロナウイ ルス感染者急増を受け警戒感が広がり、新興市場でも幅広い銘柄が売られた。ただ、ジャスダック市場では マスクなどの製造を手掛ける銘柄が物色され、ストップ高まで上昇する銘柄もあった。東証マザーズ指数は 4.23%安、日経ジャスダック平均は1.28%安となった。 マザーズ市場では、そーせいグループ 、フリー 、ティーケーピー が反落。メ ドレー 、オイシックス・ラ・大地...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「大陰線」、ネックライン割り込む

<17:45> 日経平均・日足は「大陰線」、ネックライン割り込む 日経平均・日足は「大陰線」、先安見込みを暗示するとされる。12月17日の高値 (2万4091円12銭)と1月17日(2万4115円95銭)でダブルトップを形成 、ネックラインとして機能していた1月8日のザラ場安値(2万2951円18銭)を割 り込んだ。 市場では「下げ圧力は徐々に増している。200日移動平均線(2万2075円68 銭=30日)が新たな下値水準になり得るため、覚悟が必要」(国内証券)との声が出て いる。 <15:30> 新興株市場は全面安、新型肺炎関連銘柄の...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場は全面安、新型肺炎関連銘柄の物色続く

<15:30> 新興株市場は全面安、新型肺炎関 連銘柄の物色続く 新興株市場では、日経ジャスダック平均が1.99%安で6日続落、東証マザーズ指 数が3.10%安で7日続落となった。市場では「新型肺炎の感染拡大への懸念で、全体 的に売られた。その一方で、新型肺炎関連銘柄には引き続き勢いがあった」(国内証券) との声が出ている。 ジャスダック市場では、ワークマン 、Nuts 、カイノス が下落。マスクの製造などを手掛ける重松製作所 、興研 、中京医薬品 < 4558.T>は上昇した。 マザーズ市場では、そーせいグループ 、JTOWER 、JMDC...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陽線」、5日線・25日線がゴールデンクロス

<15:30> 日経平均・日足は「小陽線」、5日線・25日線がゴー ルデンクロス 日経平均・日足は上下にヒゲを伴う「小陽線」。昨年来高値(2万4091円12銭)で上値が抑えら れるなど、投資家の気迷い心理が表れている。 一方、5日移動平均線(2万1960円39銭=14日)が25日移動平均線(2万1327円86銭 =同)を上抜け、ゴールデンクロスを達成。短期的な相場転換のシグナルとして意識される。75日線も右 肩上がりで中・長期的な上昇トレンドの維持を示唆している。強い買い材料が重なり、昨年来高値を上抜け れば、18年10月2日につけたバブル...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場はまちまち、ジャスダックは3日続伸

<15:15> 新興株市場はまちまち、ジャスダックは3日続伸 新興株市場はまちまち。日経ジャスダック平均は3日続伸、東証マザーズ指数は反落した。市場からは 「10日に決算を発表した銘柄を中心に物色された。今後業績が期待できる銘柄は買われた」(国内証券) との声が出ていた。 ジャスダック市場では、ワークマン 、ソレキア 、倉元製作所 などが値上がり 。ニューテック 、両毛システムズ は値下がりした。 マザーズ市場では、マクアケ 、AI inside 、JTOWER が値下が り。10日に決算を発表したフィードフォース やエルテス は買われた...

ホットストック:直近IPOが人気化、個人の値幅狙い取り資金が流入

マクアケ、スペースマーケット、BuySell Technologiesなど昨年末に上場した直近IPOが人気化している。中東情勢など先行きに不透明感が残る中、外部環境に左右されにくいことから、個人の短期値幅取りを狙った資金が流入した。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陰線」、アイランド・リバーサルで調整長期化も

<15:45> 日経平均・日足は「小陰線」、アイランド・リバーサルで調整長期化も   日経平均・日足は、上下に短いヒゲを伴う「小陰線」。大きなマド(2万3365円36銭─2万36 56円62銭)を空けて下放れを鮮明にし、下値に対する不安を大きくしている。25日移動平均線(2万 3608円54銭=6日現在)を割り込んだほか、チャートのパターンは典型的な「アイランド・リバーサ ル」となり、調整が長期化する懸念が生じてきた。 当面の下値の目安としては75日移動平均線(2万2866円86銭=同)が意識されるほか、2万3 200円台に位置する一目均衡表...

〔マーケットアイ〕株式:ジャスダック平均は6日ぶり反落、「粘り目立つ」との声も

<15:14> ジャスダック平均は6日ぶり反落、「粘り目立つ」との声も  新興株市場で、日経ジャスダック平均は6日ぶり反落、東証マザーズ指数は続落となった。市場からは 「朝方からジャスダック指数の粘りが目立っていた。個人投資家が中東情勢などに左右されない小型の内需 株にほこ先を向けたようだ」(SBI証券のシニア・マーケットアドバイザー、雨宮京子氏)との声が出て いた。 ジャスダック市場ではセキチュー 、ナガオカ 、大井電気 などが値下がり率上 位に入った。半面、倉元製作所 、ソレキア がストップ高比例配分。第一商品 も一 時ストップ高となった...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陰線」、5日移動平均線下回り弱気に傾斜

<16:30> 日経平均・日足は「小陰線」、5日移動平均線下回り弱気に傾斜   日経平均・日足は、ごく短い上ヒゲを伴う大引けが「坊主」の「小陰線」。チャート は下放れを鮮明にしたほか、5日移動平均線(2万3806円54銭=30日)を下回る など、弱気に傾斜する格好となっている。「アイランド・リバーサル」に準じるパターン となったことが不安を抱かせるところ。12日と13日に空けたマドの下限(2万346 8円15銭)が当面の下値メドとして意識されそうだ。 <15:55> 新興株市場はまちまち、日経ジャスダック平均が5日続伸 新興株市場はまちまち...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場はまちまち、日経ジャスダック平均が5日続伸

<15:55> 新興株市場はまちまち、日経ジャスダック平均が5日続伸 新興株市場はまちまち。日経ジャスダック平均が5日続伸、東証マザーズが反落した 。マザーズを中心に、直近IPO銘柄の物色が目立った。 ジャスダック市場ではソレキア がストップ高比例配分、ラクオリア創薬<457 9.T>、テクノホライゾンHLDG が上昇。ワークマン 、ハーモニック・ ドライブ・システムズ は下落した。 マザーズ市場では、JTOWER 、ランサーズ 、スポーツフィール ド が上昇。マクアケ 、AI inside 、ナノキャリア<45 71.T>は下落した。...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陽線」、5日移動平均線を上回る

<15:14> 日経平均・日足は「小陽線」、5日移動平均線を上回る 日経平均・日足は上下にヒゲを伴う「小陽線」。終値は5日移動平均線(2万3835円22銭=26 日)を上回った。12日と13日に空けたマドの上限値(2万3775円73銭)を明確に割り込んだ場合 は調整が長引く可能性もあったが、それも回避された。 中期的な上昇トレンドは維持している。日足一目均衡表の転換線(2万3918円88銭=25日)を 上回って取引を終えたことで、短期的に強気のサインも出ている。 <15:10> 新興株市場は堅調、個人の買い意欲旺盛 マザーズ指数は1%超高...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場は堅調、個人の買い意欲旺盛 マザーズ指数は1%超高

<15:10> 新興株市場は堅調、個人の買い意欲旺盛 マザーズ指数は1%超高 新興株市場で、日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数はともに3日続伸。市場からは「年末年始は 流動性が低く、動きの軽い中小型株が物色されやすい。個人投資家の買い意欲も旺盛でセンチメントは悪く ない」(ストラテジスト)との声が出ていた。 マザーズ市場では、直近IPOのスペースマーケット が大幅高。ITbookホールディング ス は一時ストップ高となった。トゥエンティーフォーセブン 、JTOWER は売 られた。 きょうマザーズ市場に上場したAI insideの初値...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陰線」、5日移動平均線が上値抑える

<15:59> 日経平均・日足は「小陰線」、5日移動平均線が上値抑える 日経平均・日足は「小陰線」。下ヒゲのない「大引け坊主」で、5日移動平均線(2万3823円21 銭=25日)に上値を抑えられた。 25日移動平均線(2万3536円28銭=25日)は上昇トレンドの継続を示唆しているものの、次 の下値の目安となる12日と13日に空けたマドの上限値(2万3775円73銭)を明確に割り込んだ場 合は調整が長引く可能性も生じそうだ。 <15:08> 新興株市場は続伸、個人の個別物色意欲は旺盛  新興株市場で、日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場は続伸、個人の個別物色意欲は旺盛

<15:08> 新興株市場は続伸、個人の個別物色意欲は旺盛  新興株市場で、日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数はともに続伸した。マザーズ指数は1%超の 上昇。市場からは「日経平均は高値圏にあり、国内個人投資家も資金の回転が利いている。好材料が出た中 小型株などへの物色意欲は旺盛だ」(国内証券)との声が聞かれた。 マザーズ市場では、サンバイオ 、Sansan 、JTOWER が堅調。エ ヌ・ピー・シー が一時ストップ高となった。 本日マザーズ市場に新規上場したWDBココ 、AI inside はともに買い気配 の中、初日値付かずで終了...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均日足は「小陰線」、5日移動平均が抵抗線

<15:30> 日経平均日足は「小陰線」、5日移動平均が抵抗 線 日経平均・日足は、寄り付き引け値とも「坊主」に近い「小陰線」 となった。引き続き5日移動平均線(2万3900円63銭=23日現 在)が上値抵抗線となったものの、前日比プラスを維持し底堅い印象も 与えている。  当面は、前日の安値(2万3746円63銭)を維持できるか否かが ポイント。6日連続の「陰線」で上値の重さが感じられる中、同安値を 割り込むと、下げトレンドが鮮明になるため、注意が必要になってきた 。 <15:15> 新興株は軟調、引き続きIPO銘柄を中心に物色 新興株市場...

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up