for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

武田薬品工業株式会社

4502.T

現在値

3,793.00JPY

変化

117.00(+3.18%)

出来高

10,215,200

本日のレンジ

3,700.00

 - 

3,817.00

52週レンジ

2,894.50

 - 

4,216.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
3,676.00
始値
3,710.00
出来高
10,215,200
3か月平均出来高
107.55
高値
3,817.00
安値
3,700.00
52週高値
4,216.00
52週安値
2,894.50
発行済株式数
1,563.36
時価総額
5,695,490.00
予想PER
33.21
配当利回り
4.98

次のエベント

Takeda Pharmaceutical Co Ltd Growth & Emerging Market Update Call (Japanese)

適時開示

その他

Novavax And Takeda Finalize License Agreement For Novavax’ Covid-19 Vaccine Candidate In Japan

Takeda’s Maribavir Phase 3 Clinical Trial Met Primary Endpoint of Superiority to Conventional Antiviral Therapy

KSQ Therapeutics- Co And Takeda Enter Broad Strategic Collaboration To Research, Develop And Commercialize Novel Immuno-Oncology Therapies

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

武田薬品工業株式会社とは

武田薬品工業グループは、主に医薬品事業を展開する。【事業内容】同社は、日本及びその他の地域において医薬品、一般用医薬品、医薬部外品及びその他のヘルスケア製品の研究開発、製造、販売を行う。研究・開発機能については、「オンコロジー(がん)」、「消化器系疾患」、「希少疾患」、「ニューロサイエンス(神経精神疾患)」の4つの疾患領域と「血漿分画製剤」及び「ワクチン」の2つのビジネスユニットに研究開発分野を絞り込み、主に日本と米国に配置した研究開発拠点において、パイプラインを強化するため研究開発を行う。

業種

Major Drugs

連絡先

4F, 2-1-1, Nihombashihon-cho

CHUO-KU, TKY

103-8668

Japan

+81.3.32782111

https://www.takeda.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Masahiro Sakane

Independent Chairman of the Executive Board

Christophe Weber

President, Chief Executive Officer, Representative Director

Constantine Saroukos

Chief Financial Officer, Director

Masato Iwasaki

President of Japan Pharma Business Unit, President of Subsidiary, Director

Andrew S. Plump

President of Research & Development, Director

統計

1.85 mean rating - 13 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, JPY)

2018

1.8K

2019

2.1K

2020

3.3K

2021(E)

3.2K
EPS (JPY)

2018

239.350

2019

113.500

2020

28.410

2021(E)

108.800
株価売上高倍率(過去12カ月)
31.43
株価売上高倍率(過去12カ月)
1.78
株価純資産倍率(四半期)
1.22
株価キャッシュフロー倍率
7.63
総負債/総資本(四半期)
102.50
長期負債/資本(四半期)
96.36
投資利益率(過去12カ月)
1.69
自己資本利益率(過去12カ月)
1.43

最新ニュース

最新ニュース

武田、糖尿病治療薬4製品を帝人ファーマに売却 1330億円

武田薬品工業は26日、糖尿病治療薬4製品の販売を帝人ファーマに移管し、日本での製造販売承認と関連資産を譲渡することを決めたと発表した。資産譲渡の価額は1330億円。

武田薬、国内でノババックスのコロナワクチン臨床試験を開始

武田薬品工業は24日、米ノババックスが開発した新型コロナウイルス感染症ワクチン候補の国内臨床試験を開始し、最初の被験者に治験薬の接種を行ったと発表した。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「上影陰線」、25日線との乖離率4.53%

<16:02> 日経平均・日足は「上影陰線」、25日線との乖離率4.53% 日経平均・日足は上に長いヒゲを伴う「上影陰線」。買い手の心理としては失望感を表すことが多い。 終値と25日移動平均線(2万8925円91銭=18日)の乖離率は4.53%まで下がっており、高値 警戒感は解消されつつある。 一目均衡表では転換線(2万9631円40銭=18日)が再び上を向き始め、目先は上値を追ってい く可能性もありそうだ。 <15:31> 新興株市場はさえない、直近IPO銘柄で利益確定優勢 新興株市場はさえない。日経ジャスダック平均は反落、東証マザーズ...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場はさえない、直近IPO銘柄で利益確定優勢

<15:31> 新興株市場はさえない、直近IPO銘柄で利益確定優勢 新興株市場はさえない。日経ジャスダック平均は反落、東証マザーズ指数は続落した。市場では「日経 平均がさえない動きとなる中、新興株市場でも利益確定売りが優勢となった。特に、マザーズ市場では直近 IPO銘柄の下落が目立つ」(雨宮総研代表・雨宮京子氏)との声が聞かれた。 きょうマザーズ市場に新規上場したアクシージア は、公開価格を41.44%上回る2051 円で初値を形成。その後2440円まで上値を追い、2300円で取引を終えた。 日経ジャスダック平均は0.87%安。個別では...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は小幅安、3万円回復で達成感 「新規材料待ち」との声も

<14:52> 日経平均は小幅安、3万円回復で達成感 「新規材料待ち」との声も 日経平均は小幅安、前営業日比60円ほど安い3万0200円台前半で推移している。市場からは「日 経平均3万円回復で市場には達成感も広がっている。今は新規の材料待ちで、積極的な売買は手控えられて いるようだ」(雨宮総研代表・雨宮京子氏)との声が聞かれた。 東証1部の騰落数では、値下がり銘柄が約7割となっている。一方、東証33業種中、電気・ガス業、 空運業などは値上がりし、出遅れ銘柄では物色が広がっている。 <13:00> 日経平均はマイナス圏、主力銘柄で利益確定売...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均はマイナス圏、主力銘柄で利益確定売り先行

<13:00> 日経平均はマイナス圏、主力銘柄で利益確定売り先行 後場に入り日経平均は前営業日比30円ほど安い3万0200円台半ばとマイナス圏で推移している。 前場に続き指数寄与度の高いファーストリテイリング が上昇し日経平均を150円ほど押し上げて いるが、東証1部の騰落数では約7割が値下がりし、相場全体はさえない動きとなっている。 市場からは「高値警戒感も意識され、主力の銘柄で利益確定売りが先行している。だが、基調としては 上昇過程にあることに変わりはなく、足元の値動きは一時的な調整だとみている」(国内証券)との声が聞 かれた。 <...

午前の日経平均は反発、ファーストリテが上昇を支える展開に

前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日比52円78銭高の3万0344円97銭となり、反発。主力銘柄が利益確定売りで押される中、指数寄与度が大きいファーストリテイリングの上昇が支える展開となった。TOPIXはさえない。

武田薬、21年3月期の純利益予想を4倍増の1805億円に上方修正

武田薬品工業は4日、21年3月期の連結純利益(国際会計基準)予想を1240億円から1805億円(前年比4倍増)に上方修正したと発表した。現在進行中の組織体制統合や最適化に関連する税金費用減少を反映した。

ホットストック:武田薬品がしっかり、ワクチン関連として再び注目

武田薬品工業がしっかり。国内におけるワクチン接種が関心を集める中、同社は前週、米バイオテクノロジー企業モデルナの新型コロナウイルスワクチンについて、日本国内での供給に向けた臨床試験(治験)を開始したと発表しており、ワクチン関連株として再び注目されている。

武田薬、国内でモデルナのコロナワクチン臨床試験を開始

武田薬品工業は21日、米モデルナが開発した新型コロナウイルス感染症ワクチン候補の臨床試験を日本国内で開始したと発表した。日本はモデルナとの間で、今年前半から5000万回分のワクチン供給を受けることで合意している。

UPDATE 1-武田薬、国内でモデルナのコロナワクチン臨床試験を開始

武田薬品工業は21日、米モデルナが開発した新型コロナウイルス感染症ワクチン候補の臨床試験を日本国内で開始したと発表した。日本はモデルナとの間で、今年前半から5000万回分のワクチン供給を受けることで合意している。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「中陽線」、短期的な高値警戒感でも上値余地あり

<16:25> 日経平均・日足は「中陽線」、短期的な高値警戒感でも上値余地あり 日経平均・日足は上下にヒゲを伴う「中陽線」。日経平均は連日の昨年来高値(2万8139円03銭 =8日)を更新した。短期急騰による高値警戒感はあるものの、日経平均の終値(2万8164円34銭= 12日)と25日移動平均線(2万6954円94銭=同)の上方乖離(かいり)率は4.5%にとどまっ ており、まだ上値余地はありそうだ。 <15:57> 新興株市場は軟調、直近IPOに売り マザーズは75日線がサポート 新興株市場は軟調。日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場は軟調、直近IPOに売り マザーズは75日線がサポート

<15:57> 新興株市場は軟調、直近IPOに売り マザーズは75日線がサポート 新興株市場は軟調。日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数ともに反落した。直近IPOなどを中心 に利益確定売りの動きが見られた。マザーズ指数では75日移動平均線(1224.63ポイント=12日 )を意識した動きが見られ、下値支持線として機能した。 日経ジャスダック平均は8日ぶりに反落し前営業日比0.01%安。個別では、出前館 、ウエ ストホールディングス 、ハーモニック・ドライブ・システムズ などが軟調。フェローテッ クホールディングス 、オービス 、シンバイオ...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は高値圏でもみあい、電力株が堅調

<14:49> 日経平均は高値圏でもみあい、電力株が堅調 日経平均は高値圏。現在、前営業日比100円ほど高い2万8200円台前半での推 移となっている。市場では「高値警戒感はあるものの、買い意欲が強い。香港ハンセン指 数や上海総合指数をはじめアジア株がしっかりした動きとなっていることも支えとなって いる」(国内証券)との声が聞かれた。 東証33業種では、電力・ガス業が値上がり率トップ。寒波で電力需給がひっ迫する なかで、東京電力ホールディングス 、中部電力 、関西電力 など の電力株は軒並み堅調に推移している。 <13:04> 日経平均...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は終値近辺で一進一退、長期的な先高観が支え

<13:04> 日経平均は終値近辺で一進一退、長期的な先高観が支え 後場の日経平均は前日終値(2万8139円03銭=8日)を挟んだ一進一退の値動 きとなっている。東証33業種では、石油・石炭製品、電気・ガス業、医薬品などの17 業種が値上がり。半面、パルプ・紙、証券業、サービス業などの16業種は値下がりとな っている。 市場では「日経平均が前週短期急騰したことを踏まえると、高値警戒感が台頭しても おかしくないが、買い意欲は依然として強い。11日の米国株は下がったとはいえ、今年 の前半はまだ強い相場が続くという長期的な先高観が支えとなっているようだ...

前場の日経平均は続伸、高値警戒の中で売り買い交錯 商い膨らむ

前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日比47円72銭高の2万8186円75銭となり、続伸。米国株安や前週末の急な上昇による反動から、下落して始まったが、依然として物色意欲は強い。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均はもみあい、高値警戒感から上値追いに慎重

<10:55> 日経平均はもみあい、高値警戒感から上値追いに慎重 日経平均はもみあい。マイナス圏から一時前週末比で約150円上昇したものの、そ の後は伸び悩む展開となっている。「買い意欲が感じられるが、高値警戒感から上値追い に慎重な様子がうかがえる」(国内証券)という。 <09:45> 日経平均はプラスに転換、物色意欲の強さを再確認 日経平均は前週末比プラスに転換、連日のバブル後最高値更新となっている。TOP IXもしっかりとなり、昨年来高値を更新した。市場では「押せば買いが入ることが示さ れた。物色意欲の強さを再確認した格好となっている...

日経平均はプラスに転換、物色意欲の強さを再確認

日経平均は前週末比プラスに転換、連日のバブル後最高値更新となっている。TOPIXもしっかりとなり、昨年来高値を更新した。市場では「押せば買いが入ることが示された。物色意欲の強さを再確認した格好となっている」(国内証券)との声が聞かれる。

米モデルナのコロナワクチン、日本承認は5月以降の見込み

日本が確保している米モデルナの新型コロナウイルスワクチンについて、国内での承認が5月以降になる見込みであることが分かった。臨床試験や流通を請け負う武田薬品工業の日本ワクチン事業部長、今川昌之氏はロイターの取材に対し、治験には数カ月かかる見通しで、承認は早くて5月になると語った。

日本のコロナワクチン接種、原則居住地で 医療機関を事前予約

厚生労働省は10日、保管する冷凍庫1万0500台を国が確保するなど、日本国内における新型コロナウイルスワクチンの接種体制をまとめた。来年前半までに全国民に供給できる数量のワクチンを確保し、原則として居住地の市町村で接種。事前に予約した医療機関のほか、市町村が設置する会場で行う。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up