for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

武田薬品工業株式会社

4502.T

現在値

3,813.00JPY

変化

--(--)

本日のレンジ

--

 - 

--

52週レンジ

3,239.00

 - 

4,365.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
3,813.00
始値
--
出来高
--
3か月平均出来高
97.61
高値
--
安値
--
52週高値
4,365.00
52週安値
3,239.00
発行済株式数
1,569.22
時価総額
6,047,428.00
予想PER
17.18
配当利回り
4.72

次のエベント

Dividend For 4502.T - 90.0000 JPY

適時開示

その他

Takeda Pharmaceutical Co's Exkivity(Mobocertinib) Approved By U.S. FDA As The First Oral Therapy Specifically Designed For Patients With Egfr Exon20 Insertion+ Nsclc

Takeda Provides Update On Phase 3 PANTHER (Pevonedistat-3001) Trial

Joint Statement From Moderna, Takeda On Deaths Of Two Individuals Who Recently Received Moderna COVID-19 Vaccine

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

武田薬品工業株式会社とは

武田薬品工業グループは、主に医薬品事業を展開する。【事業内容】同社は、日本及びその他の地域において医薬品、一般用医薬品、医薬部外品及びその他のヘルスケア製品の研究開発、製造、販売を行う。研究・開発機能については、「オンコロジー(がん)」、「消化器系疾患」、「希少疾患」、「ニューロサイエンス(神経精神疾患)」の4つの疾患領域と「血漿分画製剤」及び「ワクチン」の2つのビジネスユニットに研究開発分野を絞り込み、主に日本と米国に配置した研究開発拠点において、パイプラインを強化するため研究開発を行う。

業種

Major Drugs

連絡先

4F, 2-1-1, Nihombashihon-cho

CHUO-KU, TKY

103-8668

Japan

+81.3.32782111

https://www.takeda.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Masahiro Sakane

Chairman of the Board, Independent Director

Christophe Weber

President, Chief Executive Officer, Representative Director

Costa Saroukos

Chief Financial Officer, Director

Andrew S. Plump

President of Research & Development, Vice President of Subsidiary, Director

Masato Iwasaki

Representative Director

統計

2.19 mean rating - 16 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, JPY)

2019

2.1K

2020

3.3K

2021

3.2K

2022(E)

3.4K
EPS (JPY)

2019

113.500

2020

28.410

2021

240.720

2022(E)

218.622
株価売上高倍率(過去12カ月)
13.93
株価売上高倍率(過去12カ月)
1.81
株価純資産倍率(四半期)
1.14
株価キャッシュフロー倍率
6.09
総負債/総資本(四半期)
84.11
長期負債/資本(四半期)
83.65
投資利益率(過去12カ月)
4.01
自己資本利益率(過去12カ月)
3.41

最新ニュース

最新ニュース

米FDA、武田薬の肺がん治療薬を承認

武田薬品工業は15日、肺がんの一種である非小細胞肺がんの治療薬が米食品医薬品局(FDA)の承認を受けたと発表した。

米ノババックス製ワクチン、厚労省が1億5000万回分購入=武田薬

武田薬品工業は7日、同社が日本で生産する予定の米バイオ医薬品企業ノババックスの新型コロナウイルスワクチンについて、製造販売承認取得を条件に厚生労働省が1億5000万回分を購入する契約を締結したと発表した。

米ノババックス製ワクチン、厚労省が1億5000万回分購入=武田薬

武田薬品工業は7日、同社が日本で生産する予定の米バイオ医薬品企業ノババックスの新型コロナウイルスワクチンについて、厚生労働省が1億5000万回分を購入する契約を締結したと発表した。

モデルナワクチン異物はステンレス、医療上のリスク低い=厚労省

米モデルナ製の新型コロナウイルスワクチンへの異物混入が報告された問題を巡り、厚生労働省は1日、日本での流通を担う武田薬品工業の調査の結果、混入した異物は製造機器の破片(ステンレス)であり、医療上のリスクが増大する可能性は低いと発表した。使用を見合わせているワクチンは2日から回収するという。

武田薬、接種見合わせのワクチン回収へ 異物混入巡り=モデルナ

米モデルナは1日、同社製の新型コロナウイルスワクチンへの異物混入が報告された問題を巡り、日本での流通を担う武田薬品工業が接種を見合わせているワクチンの回収を開始すると発表した。

沖縄でワクチンに異物、ゴム栓の一部か 群馬でも見つかる

米モデルナ製の新型コロナウイルスワクチンに異物が見つかった問題で、沖縄県と群馬県でも異物の混入が確認された。厚生労働省は29日、沖縄で見つかったのはワクチンを注射器に充塡(じゅうてん)する際に混入したゴム栓の可能性が高いとし、該当するロット番号のワクチンの品質自体に問題はなく、接種を控える必要はないとの見解を示した。

モデルナ製ワクチン、日本国内で接種中止の動き 「健康被害の報告なし」

厚生労働省は26日、米モデルナ<MRNA.O>製の新型コロナウイルスワクチンについて、未使用の状態での異物混入が複数の接種施設から報告されたとして、約163万回分の接種を見合わせると発表した。日本航空(JAL)<9201.T>など一部の企業は、同日の職域接種を取りやめるとしている。加藤勝信官房長官によると、これまでに「健康被害の報告はない」という。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陰線」、25日線上向きで短期上昇局面入りか

<16:25> 日経平均・日足は「小陰線」、25日線上向きで短期上昇局面入りか 日経平均・日足は上下にヒゲを伴う「小陰線」となった。終値(2万7742円29 銭=26日)は25日移動平均線(2万7656円59銭=同)を連日上回っており、同 線はわずかながら上向きに転じ、短期上昇局面入りを示唆している。直近戻り高値(2万 8279円80銭=12日)に向けた値固めの動きが加速している。 <16:00> 新興株式市場はしっかり、マザーズ5日続伸 出遅れ物色が継続 新興株式市場はしっかり。東証マザーズ指数は5日続伸、日経ジャスダック平均は4 日続伸...

〔マーケットアイ〕株式:新興株式市場はしっかり、マザーズ5日続伸 出遅れ物色が継続

<16:00> 新興株式市場はしっかり、マザーズ5日続伸 出遅れ物色が継続 新興株式市場はしっかり。東証マザーズ指数は5日続伸、日経ジャスダック平均は4 日続伸した。市場では「マザーズ市場は株価水準が依然として低い。個人投資家を中心に 値ごろ感からの押し目買いが継続しているようだ」(国内証券)との声が聞かれた。 マザーズ総合は前営業日比1.21%高。個別では、すららネット 、クラ ウドワークス 、HENNGE 、オキサイド などしっかり。 プレミアアンチエイジング 、インティメート・マージャー 、ウェルス ナビ は軟調だった。 日経ジャスダック...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は終値近辺で小動き、後場の値幅50円弱

<14:30> 日経平均は終値近辺で小動き、後 場の値幅50円弱 日経平均は前日終値(2万7724円80銭)近辺で小動きが続いている。後場の値 幅は上下49円にとどまっている。 午後2時30分現在の東証1部の売買代金は1兆4213億7300万円。東証33 業種では、空運業、鉄鋼、陸運業などの20業種が値上がり。パルプ・紙、その他製品、 化学工業などの13業種は値下がり。 市場では「買われているセクターは、前日の米国株式市場でリオープン(経済再開) 銘柄が物色された流れを引き継いだ格好。国内では材料がなく、後場は動きに乏しくなっ ている」...

再送-UPDATE 4-モデルナ製ワクチン、日本国内で接種中止の動き 「健康被害の報告なし」

厚生労働省は26日、米モデルナ製の新型コロナウイルスワクチンについて、未使用の状態での異物混入が複数の接種施設から報告されたとして、約163万回分の接種を見合わせると発表した。日本航空(JAL)など一部の企業は、同日の職域接種を取りやめるとしている。加藤勝信官房長官によると、これまでに「健康被害の報告はない」という。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は一進一退、25日線の上向き転換の攻防に関心

<13:04> 日経平均は一進一退、25日線の上向き転換の攻防に関心 日経平均は前日終値付近での一進一退が続いている。 市場では、きょうの取引を終えて25日移動平均線(MA)が上向きに転じるかどう かに関心が寄せられている。25日MAは7月2日から下向きとなってきた。上向きに転 じれば「足元の短期トレンド好転が意識され、投資家心理の改善につながる」(証券ジャ パンの野坂晃一調査情報部副部長)との声が聞かれる。 26営業日前に当たる7月19日の終値2万7652円74銭を上回って取引を終え るかどうかが焦点で、市場では約2カ月ぶりの「チャンス...

JAL、異物混入モデルナ製ワクチン使用中止で26日の接種一部取り止め

日本航空(JAL)は26日、異物の混入が見つかったロット番号のモデルナ製ワクチンの使用中止により、この日に予定していた一部の社員の接種を取り止めると明らかにした。異物混入が指摘された以外のロット番号については、使用して予定通り接種する。これまでに使用したモデルナ製ワクチンに、異物混入が見つかったとされるロット番号はないという。

午前の日経平均は続落、米国の重要イベント控え様子見強まる

26日午前の東京株式市場で、日経平均は前営業日比31円38銭安の2万7693円42銭となり、続落した。朝方は反発して始まったが、米金融政策の先行きを見通す上で重要視されるジャクソンホール会議を27日に控えて投資家の様子見姿勢が強まった。

武田薬品株が続落、流通担うコロナワクチンに異物混入の報告

武田薬品工業が続落している。同社が流通を担う米モデルナ製の新型コロナウイルスワクチンについて、厚生労働省が26日、複数の接種会場から異物の混入があるとの報告があったとして、約163万回分の接種を見合わせると発表し、嫌気する動きとなっている。

モデルナワクチン、160万回分接種中止 異物混入の報告=日経

日本経済新聞によると、厚生労働省は26日、米モデルナ製の新型コロナウイルスワクチンについて、複数の接種施設から異物の混入が報告されたとして、約160万回分の接種を見合わせると発表した。

武田薬、今年度第1四半期に約630億円を引当計上 子会社の税務処理で

武田薬品工業は2日、同社の子会社シャイアー社がアッヴィ社から受け取った違約金に関して、アイルランド税務不服審査委員会からアイルランド歳入庁の見解を支持する裁定を受けたと発表した。同社の主張は認められなかった。

BRIEF-武田、今年度第1四半期に約630億円の税務費用を引当計上=子会社シャイアーの税務評価で

* 武田薬品工業、今年度第1四半期に約630億円の税務費用を引当計上=子会社シャイアーの税務評価で * 武田、現時点で今年度業績予想に変更なし 適切な時期に見直しへ *この記事の詳細はこの後送信します。新しい記事は見出しに「UPDATE」と表示します。

武田、モデルナのワクチン5000万回分の追加供給で合意 22年初頭より

武田薬品工業は20日、早ければ2022年初頭からモデルナの新型コロナウイルス感染症ワクチン5000万回接種分を追加で輸入し、日本に供給することで、モデルナや厚生労働省と合意したと発表した。モデルナが開発に成功し、厚労省から製造販売承認が得られれば、新型コロナ変異株対応のワクチンを日本に供給する可能性もあるという。

アングル:決算本格化、「第2の安川」探し活発 進捗率で物色も

4―6月期の決算発表シーズンを控え、市場では安川電機に続く好業績株を探す動きが活発化している。世界的な景気回復の波に乗り、通期予想が市場の期待を上回れば好感され、早期の業績上方修正に企業が慎重だとしても、進捗率が高ければ市場が業績上振れを織り込む可能性もある。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up