for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

武田薬品工業株式会社

4502.T

現在値

3,768.00JPY

変化

--(--)

本日のレンジ

--

 - 

--

52週レンジ

3,239.00

 - 

4,365.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
3,768.00
始値
--
出来高
--
3か月平均出来高
131.35
高値
--
安値
--
52週高値
4,365.00
52週安値
3,239.00
発行済株式数
1,564.82
時価総額
5,901,160.00
予想PER
19.31
配当利回り
4.81

次のエベント

Takeda Pharmaceutical Co Ltd Annual Shareholders Meeting

適時開示

その他

Bridgene Biosciences Raised $12 Million In Series A Private Financing Round Led By Wedo Venture Partners

Bridgene Biosciences Announces Research Collaboration With Takeda To Discover Small Molecule Drugs For “Undruggable” Targets

Novadiscovery Entered Into A New Collaboration With Takeda Pharmaceutical Company Limited

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

武田薬品工業株式会社とは

武田薬品工業グループは、主に医薬品事業を展開する。【事業内容】同社は、日本及びその他の地域において医薬品、一般用医薬品、医薬部外品及びその他のヘルスケア製品の研究開発、製造、販売を行う。研究・開発機能については、「オンコロジー(がん)」、「消化器系疾患」、「希少疾患」、「ニューロサイエンス(神経精神疾患)」の4つの疾患領域と「血漿分画製剤」及び「ワクチン」の2つのビジネスユニットに研究開発分野を絞り込み、主に日本と米国に配置した研究開発拠点において、パイプラインを強化するため研究開発を行う。

業種

Major Drugs

連絡先

4F, 2-1-1, Nihombashihon-cho

CHUO-KU, TKY

103-8668

Japan

+81.3.32782111

https://www.takeda.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Masahiro Sakane

Independent Chairman of the Executive Board

Christophe Weber

President, Chief Executive Officer, Representative Director

Constantine Saroukos

Chief Financial Officer, Director

Masato Iwasaki

President of Japan Pharma Business Unit, President of Subsidiary, Director

Andrew S. Plump

President of Research & Development, Director

統計

2.07 mean rating - 14 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, JPY)

2019

2.1K

2020

3.3K

2021

3.2K

2022(E)

3.3K
EPS (JPY)

2019

113.500

2020

28.410

2021

240.720

2022(E)

212.336
株価売上高倍率(過去12カ月)
15.59
株価売上高倍率(過去12カ月)
1.85
株価純資産倍率(四半期)
1.13
株価キャッシュフロー倍率
6.31
総負債/総資本(四半期)
89.61
長期負債/資本(四半期)
89.18
投資利益率(過去12カ月)
3.45
自己資本利益率(過去12カ月)
2.92

最新ニュース

最新ニュース

訂正-モデルナ製ワクチン、追加取得の協議進む 日本向け5000万回分=武田薬CEO

武田薬品工業のクリストファー・ウェバー最高経営責任者(CEO)は11日の会見で、日本向けに米モデルナ製の新型コロナウイルスワクチン5000万回分を追加取得する協議が進んでいることを明らかにした。同CEOはまた、ワクチンの承認申請の結果はまもなく日本政府から出るとの見通しを示した。

モデルナ製ワクチン、5000万回分の追加調達を協議中=武田薬CEO

武田薬品工業のクリストファー・ウェバー最高経営責任者(CEO)は11日の会見で、日本向けに米モデルナ製の新型コロナウイルスワクチン5000万回分を追加取得する協議が進んでいることを明らかにした。同CEOはまた、ワクチンの承認申請の結果はまもなく日本政府から出るとの見通しを示した。

今日の株式見通し=反落、米株安を嫌気 ハイテク株売り

きょうの東京株式市場で日経平均株価は、反落が想定されている。オーバーナイトの米国株式市場は主要3指数が下落。日本株もハイテク株中心に売りが先行する展開が見込まれる。今週は企業決算がピークを迎えることから、引き続き決算を材料視した個別物色が中心になるとの見方が多い。

モデルナ製ワクチン、日本国内の試験で安全・有効性 5000万回分調達

武田薬品工業は10日、米モデルナ製の新型コロナワクチンの国内における臨床試験結果を医薬品医療機器総合機構に提出したと発表した。試験結果は安全性と有効性が示されたとしている。

UPDATE 1-モデルナ製ワクチン、日本国内の試験で安全・有効性 5000万回分調達

武田薬品工業は10日、米モデルナ製の新型コロナワクチンの国内における臨床試験結果を医薬品医療機器総合機構に提出したと発表した。試験結果は安全性と有効性が示されたとしている。

米ノババックス、日本へのコロナワクチン供給開始へ 年末にも

米バイオ医薬品会社ノババックスは7日、新型コロナウイルスワクチンの日本への供給を2021年末または22年初めに開始すると発表した。

武田薬、J&Jコロナワクチン製造で独企業と契約

武田薬品工業は15日、米ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)製の新型コロナウイルスワクチン製造に絡み、ドイツのIDTビオロギカと契約を結んだと明らかにした。

武田薬品、米がん治療薬開発の会社を買収へ 最大5.25億ドル

武田薬品工業は10日、がん治療薬を開発する米バイオベンチャーのマーベリック・セラピューティクスを買収すると発表した。マイルストン支払いを含め最大5億2500万米ドルで同社を買収するオプション権を行使する。

ホットストック:武田薬品が堅調、米モデルナ製ワクチンの承認申請

武田薬品工業が堅調な始まりとなった。同社は前週末の5日、米モデルナの新型コロナウイルスワクチンを日本で販売、製造するための承認を厚生労働省に申請したと発表。これを受けて買い優勢となっている。

米モデルナ製ワクチン、武田薬が日本での製造販売承認を申請

武田薬品工業は5日、米モデルナの新型コロナウイルスワクチンを日本で販売、製造するための承認を厚生労働省に申請したと発表した。今回出した海外の臨床試験データに加え、国内のデータを5月に追加で提出する。日本でコロナワクチンの承認申請をするのは、すでに接種が始まっている米ファイザー製を含め3件目。

武田薬、米モデルナ製コロナワクチンの製造販売承認を厚労省に申請

武田薬品工業は5日、米モデルナ製新型コロナウイルスワクチンを日本に供給するため、製造販売の承認を厚生労働省に申請したと発表した。

武田薬品、てんかん治療薬の開発・販売権取得 米バイオ医薬品企業から

武田薬品は3日、米バイオ医薬品企業オービッド・セラピューティクスから希少なてんかんに対する治療用試薬の世界的な開発・商品化の権利を最大8億5600万ドルで取得すると発表した。

武田、糖尿病治療薬4製品を帝人ファーマに売却 1330億円

武田薬品工業は26日、糖尿病治療薬4製品の販売を帝人ファーマに移管し、日本での製造販売承認と関連資産を譲渡することを決めたと発表した。資産譲渡の価額は1330億円。

武田薬、国内でノババックスのコロナワクチン臨床試験を開始

武田薬品工業は24日、米ノババックスが開発した新型コロナウイルス感染症ワクチン候補の国内臨床試験を開始し、最初の被験者に治験薬の接種を行ったと発表した。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「上影陰線」、25日線との乖離率4.53%

<16:02> 日経平均・日足は「上影陰線」、25日線との乖離率4.53% 日経平均・日足は上に長いヒゲを伴う「上影陰線」。買い手の心理としては失望感を表すことが多い。 終値と25日移動平均線(2万8925円91銭=18日)の乖離率は4.53%まで下がっており、高値 警戒感は解消されつつある。 一目均衡表では転換線(2万9631円40銭=18日)が再び上を向き始め、目先は上値を追ってい く可能性もありそうだ。 <15:31> 新興株市場はさえない、直近IPO銘柄で利益確定優勢 新興株市場はさえない。日経ジャスダック平均は反落、東証マザーズ...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場はさえない、直近IPO銘柄で利益確定優勢

<15:31> 新興株市場はさえない、直近IPO銘柄で利益確定優勢 新興株市場はさえない。日経ジャスダック平均は反落、東証マザーズ指数は続落した。市場では「日経 平均がさえない動きとなる中、新興株市場でも利益確定売りが優勢となった。特に、マザーズ市場では直近 IPO銘柄の下落が目立つ」(雨宮総研代表・雨宮京子氏)との声が聞かれた。 きょうマザーズ市場に新規上場したアクシージア は、公開価格を41.44%上回る2051 円で初値を形成。その後2440円まで上値を追い、2300円で取引を終えた。 日経ジャスダック平均は0.87%安。個別では...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は小幅安、3万円回復で達成感 「新規材料待ち」との声も

<14:52> 日経平均は小幅安、3万円回復で達成感 「新規材料待ち」との声も 日経平均は小幅安、前営業日比60円ほど安い3万0200円台前半で推移している。市場からは「日 経平均3万円回復で市場には達成感も広がっている。今は新規の材料待ちで、積極的な売買は手控えられて いるようだ」(雨宮総研代表・雨宮京子氏)との声が聞かれた。 東証1部の騰落数では、値下がり銘柄が約7割となっている。一方、東証33業種中、電気・ガス業、 空運業などは値上がりし、出遅れ銘柄では物色が広がっている。 <13:00> 日経平均はマイナス圏、主力銘柄で利益確定売...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均はマイナス圏、主力銘柄で利益確定売り先行

<13:00> 日経平均はマイナス圏、主力銘柄で利益確定売り先行 後場に入り日経平均は前営業日比30円ほど安い3万0200円台半ばとマイナス圏で推移している。 前場に続き指数寄与度の高いファーストリテイリング が上昇し日経平均を150円ほど押し上げて いるが、東証1部の騰落数では約7割が値下がりし、相場全体はさえない動きとなっている。 市場からは「高値警戒感も意識され、主力の銘柄で利益確定売りが先行している。だが、基調としては 上昇過程にあることに変わりはなく、足元の値動きは一時的な調整だとみている」(国内証券)との声が聞 かれた。 <...

午前の日経平均は反発、ファーストリテが上昇を支える展開に

前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日比52円78銭高の3万0344円97銭となり、反発。主力銘柄が利益確定売りで押される中、指数寄与度が大きいファーストリテイリングの上昇が支える展開となった。TOPIXはさえない。

武田薬、21年3月期の純利益予想を4倍増の1805億円に上方修正

武田薬品工業は4日、21年3月期の連結純利益(国際会計基準)予想を1240億円から1805億円(前年比4倍増)に上方修正したと発表した。現在進行中の組織体制統合や最適化に関連する税金費用減少を反映した。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up