for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

塩野義製薬株式会社

4507.T

現在値

6,134.00JPY

変化

-67.00(-1.08%)

出来高

1,568,300

本日のレンジ

6,128.00

 - 

6,242.00

52週レンジ

4,379.00

 - 

7,183.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
6,201.00
始値
6,198.00
出来高
1,568,300
3か月平均出来高
29.00
高値
6,242.00
安値
6,128.00
52週高値
7,183.00
52週安値
4,379.00
発行済株式数
301.50
時価総額
1,958,631.00
予想PER
16.81
配当利回り
1.64

次のエベント

Q1 2021 Shionogi & Co Ltd Earnings Release

適時開示

その他

GSK Says Long-Acting Injectable Cabotegravir 66% More Effective Than Truvada

GSK Says Long-Acting Injectable Cabotegravir 65% More Effective Than Truvada

FDA Accepts Shionogi's Supplemental New Drug Application With Priority Review For Fetroja

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

塩野義製薬株式会社とは

塩野義製薬グループは、医薬品事業を行う。【事業内容】主に医療用医薬品の研究開発、仕入、製造、販売並びに付随業務を行う。医療用医薬品事業は、「代謝性疾患」「疼痛」「感染症」を重点領域と位置づけ、高コレステロール血症治療薬「クレストール」、高血圧症治療薬「イルベタンファミリー(イルベタン、アイミクス、イルトラ)」、抗うつ薬「サインバルタ」を含む8つの新薬を重点品目とし、製品の最大化により医療に貢献できるよう情報提供を行う。一般用医薬品(OTC)医薬品事業は顧客のライフスタイルにあわせた製品を取り扱う。体外診断用医薬品事業は感染症、心血管疾患、アレルギー疾患における製品販売と情報提供を行う。日本、欧州、北米等の地域において製品とサービスを提供する。

業種

Major Drugs

連絡先

3-1-8, Dosho-machi, Chuo-ku

OSAKA-SHI, OSK

541-0045

Japan

+81.6.62022161

https://www.shionogi.co.jp/

エグゼクティブリーダーシップ

Motozo Shiono

Chairman of the Board, Representative Director

Isao Teshirogi

President, Representative Director

Takuko Sawada

Vice President, Director

Koji Hanasaki

Senior Executive Officer

Kazuhiro Hatanaka

Senior Executive Officer

統計

2.31 mean rating - 13 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, JPY)

2018

0.3K

2019

0.4K

2020

0.3K

2021(E)

0.3K
EPS (JPY)

2018

342.710

2019

424.308

2020

392.800

2021(E)

373.961
株価売上高倍率(過去12カ月)
15.90
株価売上高倍率(過去12カ月)
5.88
株価純資産倍率(四半期)
2.50
株価キャッシュフロー倍率
14.57
総負債/総資本(四半期)
1.07
長期負債/資本(四半期)
0.63
投資利益率(過去12カ月)
15.01
自己資本利益率(過去12カ月)
13.50

最新ニュース

最新ニュース

米国から新たな駐留経費を要求された事実ない=官房長官

菅義偉官房長官は22日午後の会見で、ボルトン前米大統領補佐官(国家安全保障問題担当)が23日出版の回顧録で、昨年7月に来日した際にトランプ米大統領が年間80億ドルの防衛費の分担金負担を求めていたと日本政府高官に伝えたと明らかにしたことに対し、回顧録の内容にはコメントしないと述べた。その上で、2021年3月末に終了する在日米軍の経費負担に関する特別協定以外の新たな取り決めに関する交渉で、米国から経費を要求された事実はないとの見解を示した。

BRIEF-菅官房長官:米国から新たな駐留経費を要求された事実ない

菅義偉官房長官は22日午後の会見で以下のように述べた。 * 菅官房長官:新型インフル特措法への罰則付与、慎重に考える必要 * 菅官房長官:米国から新たな駐留経費を要求された事実ない * 菅官房長官:塩野義製薬と3大学連携の検査キット開発、政府がしっかりと支援していく *この記事の詳細はこの後送信します。新しい記事は見出しに「UPDATE」と表示します。

塩野義、新型コロナのウイルス迅速診断法で業務提携 日大などと

塩野義製薬<4507.T>は22日、日本大学、群馬大学、東京医科大学との間で、新型コロナウイルスを含むウイルスの新規迅速診断法に関するライセンス契約に合意したと発表した。

ホットストック:塩野義製薬が堅調、新型コロナワクチン投入の報道手掛かり

日本経済新聞は、同社が2021年秋にも新型コロナウイルスのワクチンの市場投入を目指すと報じた。国立感染症研究所と共同で進める研究開発と並行し、1000万人規模のワクチン生産体制の構築に向けて100億─200億円投じる検討に入り、通常は臨床試験(治験)の結果を受けて生産体制を整えるが、早期のワクチン提供のため異例の対応をとるという。

ホットストック:塩野義薬は買い気配、新型コロナの予防ワクチン開発決定を好感

塩野義製薬は買い気配。27日、新型コロナウイルス感染症に対する予防ワクチンの開発を正式に決定したと発表し、好感されている。同社はこれまで公的機関やアカデミア、パートナー企業と連携し、治療薬の創製、ワクチンの開発、抗体検査キットの提供に向けた取り組みを進めている、と発表していた。

塩野義薬、新型コロナの予防ワクチン開発を正式決定

塩野義製薬<4507.T>は27日、新型コロナウイルス感染症に対する予防ワクチンの開発を正式に決定したと発表した。

30日の主な自社株買い・消却、株式分割など一覧

30日に自社株買いや消却、株式分割を発表した主な企業の一覧は以下の通り。  <自社株買い> ・スター・マイカ・ホールディングス  、自己保有株を除く発行済株式総数 の1.4%にあたる25万株、取得総額3億円を上限とする自社株買いを実施へ。取得期 間は3月31日から2021年3月30日。 ・プロパティデータバンク 、自己保有株を除く発行済株式総数の2.91% にあたる17万株、取得総額1億円を上限とする自社株買いを実施へ。取得期間は4月1 日から6月30日。  <自己株消却> ・北国銀行 、発行済み株式総数の3.41%に相当する99万5000...

塩野義薬、中国平安保険と資本業務提携 第三者割当で自己株処分

塩野義製薬は30日、中国平安保険との資本業務提携と、同社の子会社である中国平安人寿保険を割当予定先とする第三者割当による自己株式の処分を行うと発表した。同日開催の取締役会で決議した。

塩野義薬、新型コロナ検査キット販売に向け提携 10分で結果判明

塩野義製薬<4507.T>は17日、新型コロナウイルスの簡便な抗体検査キットの導入に向け、血液検査技術のマイクロブラッドサイエンス(東京都千代田区、MBS)と業務提携の協議を始めたと発表した。MBSが中国内の協力企業から輸入するキットの販売・取り扱いについて協議する。

ホットストック:塩野義薬は後場買い気配、新型コロナ検査キット販売に向け提携協議

塩野義製薬は後場買い気配。17日、新型コロナウイルスの簡便な抗体検査キットの導入に向け、血液検査技術のマイクロブラッドサイエンス(東京都千代田区、MBS)と業務提携の協議を始めたと発表したことが材料視されている。MBSが中国内の協力企業から輸入するキットの販売・取り扱いについて協議する。

英グラクソ傘下ヴィーブの抗HIV注射剤、FDAが承認せず

英製薬大手グラクソ・スミスクライン(GSK)<GSK.L>傘下で抗エイズウイルス(HIV)薬事業を手掛けるヴィーブ・ヘルスケアは21日、米食品医薬品局(FDA)が長期作用型の抗HIV注射剤の承認を見送ったと発表した。

〔テクニカルデータ〕東証1部GC・DC銘柄一覧=24日

RIC 銘柄名 01 チムニー 02 ヴィンクス  

〔テクニカルデータ〕東証1部GC・DC銘柄一覧=23日

RIC 銘柄名 01 チムニー 02 ヴィンクス 03 MS&ADインシュアランスH D  

ホットストック:塩野義製薬が後場に入り急伸、自社株買い発表を好感

塩野義製薬が後場に入ってから急伸した。午後1時に自社株買いを発表。それを好感した買いが入っている。

焦点:塩野義、「特許の崖」へ対策急務 後継者は社外登用も視野

薬の町として知られる大阪・道修町に本社を構える創業141年の塩野義製薬<4507.T>。足元では好調な業績が続くが、薬の特許切れに伴って収益が激減する「特許の崖」が迫る中、切れ目のない成長に道筋を付けられるかが課題だ。同社の手代木功社長は、製薬業界の未来図を模索しながら、後継者を社外から登用することも視野に人選を進める。

日経平均は6日ぶり反発、米株大幅高を好感 景気敏感株に買い戻し

東京株式市場で日経平均は6日ぶりに反発。終値は367円高だった。パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長が金融政策に柔軟な姿勢を示したことを好感し、前日の米国株が大幅上昇。日経平均は前日まで5日続落していた反動もあり、幅広い銘柄で買い戻しや自律反発狙いの買いが先行した。上海株や米株価指数先物がプラス圏で推移したことも安心感を誘った。後場は新規材料が乏しく戻り待ちの売りで若干伸び悩んだ。

ホットストック:塩野義製薬が続伸、ゾフルーザの第3相臨床試験で主要目的を達成

塩野義製薬が続伸している。同社は4日、抗インフルエンザウイルス薬「ゾフルーザ」の第3相臨床試験で、主要目的を達成したと発表した。今回の国内予防投与試験の結果は、ゾフルーザが1回の経口投与でインフルエンザウイルス感染症の治療だけでなく、予防にも効果を発揮することを示すものという。

〔テクニカルデータ〕東証1部GC・DC銘柄一覧=18日

RIC 銘柄名 01 極洋 02 ベステラ 03 戸田建設 04 NIPPO 05 かどや製油 06 高千穂交易 07 あさひ 08 明治電機工業 09 サンマルクHLDG 10 ジェイ・エス・ビー 11 コメダHLDG 12 塩野義製薬 13 扶桑薬品工業 14 オカモト 15 ダントーHLDG 16 日本フイルコン 17 中国工業 18 冨士ダイス 19 不二電機工業 20 コナカ 21 ツツミ 22 コクヨ 23 ナイガイ 24 三菱商事 25 極東貿易 26 山梨中央銀行 27 日本アジア投資 28 岩井コスモHLDG 29 トーセイ...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陽線」、5日線が上値圧迫

<15:40> 日経平均・日足は「小陽線」、5日線が上値圧迫 日経平均・日足は「小陽線」。前日の陽線にはらむ足となり、終値は5日移動平均線 (2万1404円10銭=27日)が圧迫した。上値の重い形状だが、やや長い下ヒゲを 付けて下値に抵抗も示した。今後の方向性を示すには至らず、気迷いを感じさせる。早期 に5日線と25日移動平均線(2万1451円95銭=同)を奪回できなければ、再び2 万1000円付近の下値を試す可能性が高くなる。 <15:18> 新興株市場はしっかり、アンジェスが活況 新興株市場はしっかり。日経ジャスダック平均、東証マザーズ...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場はしっかり、アンジェスが活況

<15:18> 新興株市場はしっかり、アンジェスが活況 新興株市場はしっかり。日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数はともに続伸した 。遺伝子治療薬の国内条件付承認を取得したと前日発表したアンジェス が売買高 を伴って上昇し、マザーズ市場を牽引した。市場では「材料が出た個別株に対する個人の 反応は引き続き良い」(国内証券)という。個別銘柄ではAppBank 、ジョ ルダン などが高い。半面、ハーモニック・ドライブ・システムズ 、ロゼ ッタ が軟調だった。 <14:27> 日経平均は軟調もみあい、塩野義・中外薬がしっかり 日経平均は軟調もみあい...

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up