for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

エーザイ株式会社

4523.T

現在値

9,567.00JPY

変化

74.00(+0.78%)

出来高

777,400

本日のレンジ

9,441.00

 - 

9,582.00

52週レンジ

5,230.00

 - 

9,890.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
9,493.00
始値
9,500.00
出来高
777,400
3か月平均出来高
14.29
高値
9,582.00
安値
9,441.00
52週高値
9,890.00
52週安値
5,230.00
発行済株式数
286.67
時価総額
2,837,256.00
予想PER
37.19
配当利回り
1.67

次のエベント

Dividend For 4523.T - 80.0000 JPY

適時開示

その他

FDA Alerts Of Possible Increased Risk Of Cancer With Weight Management Medicine Belviq, Belviq XR

Gilead And Eisai Enter Into Agreement In Japan For Co-Promotion Of The Filgotinib

Royalty Pharma Announces Agreement To Purchase Future Royalties On Tazemetostat From Eisai For $330 Million And A $100 Million Initial Investment In Epizyme

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

エーザイ株式会社とは

エーザイグループは主に医薬品等の研究開発・製造・販売を行う。【事業内容】2つの事業セグメントで構成される。医薬品事業は、医療用医薬品、ジェネリック医薬品、一般用医薬品等の研究開発・製造・販売を行う。医薬品セグメントは、日本、アメリカス(北米)、中国、EMEA(欧州、中東、アフリカ、オセアニア)、アジア・ラテンアメリカ(韓国、台湾、香港、インド、アセアン、中南米等)の5つの地域で事業を展開する。その他事業には、ライセンス収入及び医薬品原料などに係る事業が含まれる。神経領域とがん領域を重点領域と位置づけ、抗がん剤「レンビマ」と「ハラヴェン」などのブランドを提供する。

業種

Biotechnology & Drugs

連絡先

Eisai Main Bldg., 4-6-10, Koishikawa

BUNKYO-KU, TKY

112-8088

Japan

+81.3.38173700

https://www.eisai.co.jp/

エグゼクティブリーダーシップ

Yasuhiko Kato

Chairman of the Board of Directors, Independent Director

Haruo Naito

Chief Executive Officer, Representative Executive Officer, Director

Ryohei Yanagi

Senior Managing Executive Officer, Chief Financial Officer

Yasushi Okada

Representative Executive Officer, Chief Operating Officer

Mitsuaki Tanaka

Executive Officer, Chief Compliance Officer, Chief Information Security Officer

統計

2.64 mean rating - 11 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, JPY)

2018

0.6K

2019

0.6K

2020

0.7K

2021(E)

0.7K
EPS (JPY)

2018

181.180

2019

221.340

2020

425.010

2021(E)

253.843
株価売上高倍率(過去12カ月)
22.03
株価売上高倍率(過去12カ月)
4.01
株価純資産倍率(四半期)
4.04
株価キャッシュフロー倍率
17.82
総負債/総資本(四半期)
13.25
長期負債/資本(四半期)
8.10
投資利益率(過去12カ月)
16.35
自己資本利益率(過去12カ月)
12.11

最新ニュース

最新ニュース

日経平均は反発、米株先物高から買い優勢でほぼ高値引け

東京株式市場で日経平均は反発。前日の米国株式市場は休場だったものの、時間外取引で米株先物が堅調に推移したことが好感され、次第に買い優勢の展開となり、きょうのほぼ高値近辺で大引けた。東証1部の売買代金は2兆円台を回復しながらも、商いが活発化した印象は薄い。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陽線」、5日線と25日線がゴールデンクロス

<15:55> 日経平均・日足は「小陽線」、5日線と25日線がゴールデンクロス 日経平均・日足は上下にヒゲを伴う「小陽線」。上ヒゲは短く「下影陽線」の形状で、上昇指向を感じ させるローソク足となっている。しかも、いずれも上向きの5日移動平均線(2万2571円43銭=12 日現在)と25日移動平均線(2万2564円84銭=同)がゴールデンクロスを形成。さらなる上値が見 込める状況だ。 ただ、これまでの経緯から2万3000円に近づくと上値が重くなる印象があるため、チャート上では ここからが戻りの正念場になる。7月15日に付けた戻り高値2万2965...

日経平均続伸、円安好感で幅広く買い 2万3000円接近で伸び悩む

東京株式市場で日経平均は、続伸。前日の米国株式市場が軟調となり、マイナスで始まったものの、円安が好感され輸出関連株を中心に幅広く買われ、後半は堅調となった。ただ、日経平均で上値の目安として意識される2万3000円に接近してきた水準では、上値が重いとの印象があり、全般的に伸び悩み気味となった。

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場はさえない、直近IPOなど値動き良い銘柄を物色

<15:10> 新興株市場はさえない、直近IPOなど値動き良い銘柄を物色 新興株市場はさえない。日経ジャスダック平均は前日比でわずかに上昇、東証マザーズ指数は続落歩調 となった。市場では「先駆株で値を崩す銘柄が多い中で、直近IPOなどの動きの良い銘柄が物色された」 (国内証券)との声が聞かれる。 ジャスダック指数は2.03%安。アイビー化粧品 がストップ高となったほか、スペースシャ ワーネットワーク も一時ストップ高。日本マクドナルドホールディングス も堅調に推移し た。半面、ワークマン が大幅安となり、ハーモニック・ドライブ・システムズ...

〔マーケットアイ〕株式:強もちあい、旧盆休みムード漂い動きに乏しい

<14:15> 強もちあい、旧盆休みムード漂い動きに乏しい 日経平均は強もちあい。例年この時期は積極的な仕掛けがみられなくなるが、実際に旧盆休みムードが 漂い、動きが乏しくなっている。市場では「商いがそこそこ膨らんでおり、夏枯れという感じはしないもの の、上値を積極的に取る様子はない。物色面では成長株が調整色を強めており、バリュー株が中心となって いる」(岡地証券・投資情報室長の森裕恭氏)との声が出ていた。 <13:36> 日経平均は高値圏でもみあい、100円高 手掛かり材料難 日経平均は高値圏でもみあい。前営業日比100円ほど高い2万...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は高値圏でもみあい、100円高 手掛かり材料難

<13:36> 日経平均は高値圏でもみあい、100円高 手掛かり材料難 日経平均は高値圏でもみあい。前営業日比100円ほど高い2万2800円台半ばでの推移となってい る。市場では「日本株を積極的に買う手掛かり材料には欠けるが、バリュー(割安)株や個別の決算を手掛 かりとした物色は続いている。2万3000円を上抜けるのは難しく、2万2800円台が居心地の良い水 準となっている」(国内証券)との声が出ていた。 東証33業種では石油・石炭製品、鉄鋼、電気・ガス業、保険業などの32業種が値上がり。半面、非 鉄金属は値下がりとなっている。個別では...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「中陽線」、5日線と25日線を上回る

<17:00> 日経平均・日足は「中陽線」、5日線と25日線を上回 る 日経平均・日足は上下にわずかなヒゲを伴う「中陽線」。終値は25日移動平均線(2万2545円3 4銭=11日)、5日移動平均線(2万2517円37銭=同)ともに上回った。市場からは「きょうは商 いが膨らみ、出遅れ銘柄も買われる1日となった。ただ、お盆休み入りし、企業決算も一巡しつつあるなか 、持続性があるかどうかは不明。きょうのような動きが明日も継続するかが注目ポイント」(国内証券)と の声が出ていた。 <16:30> 新興株市場はまちまち、メルカリに利益確定売り 新興株市場...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場はまちまち、メルカリに利益確定売り

<16:30> 新興株市場はまちまち、メルカリに利益確定売り 新興株市場はまちまち。日経ジャスダック平均は反発、東証マザーズ指数は反落となった。巣ごもり関 連などの買いが目立ったものの、マザーズ市場ではメルカリ が2%を超える下落となったことが重 荷となった。 ジャスダック指数は0.32%高。テラ 、出前館 、日本マクドナルドホールディング ス は上昇。ハーモニック・ドライブ・システムズ 、ワークマン 、ナガオカ<6239. T>は下落した。 マザーズ指数は0.47%安。メルカリは7日に年初来高値を更新したこともあり、利益確定売りが優...

日経平均は反発し420円高、米株高を好感 修正買いの動きも

東京株式市場で日経平均は反発した。前日の米国株市場でダウが続伸した流れを引き継ぎ、朝方から幅広い業種で買いが先行。前引けにかけてほぼ一本調子で上昇し、後場では2万2700円台での膠着状態が継続した。業種別では不動産業が値上がり率トップとなるなど、直近で売られていた銘柄に修正買いの動きが見られた。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均400円超高、米株先物・アジア株が支え 上値追いは慎重

<13:30> 日経平均400円超高、米株先物・アジア株が支え 上 値追いは慎重 日経平均は後場もしっかり。上値を伸ばし、現在前営業日比420円ほど高い2万2700円台半ばで の推移となっている。上値追いには慎重ながらも、香港ハンセン指数 や時間外取引での米株先物の堅 調な動きが支えとなっている。 市場では「日経平均は2万3000円が視野に入ってきたこともあり、利食い売りで上値がやや重くな ってきた。日本の場合は企業決算が総じて厳しい内容となっており、よほどの強い材料がない限り2万30 00円を付けるのは難しい」(三井住友DSアセットマネジメント...

〔マーケットアイ〕株式:前場の日経平均は反発、一時400円高 米国株高など追い風

<11:54> 前場の日経平均は反発、一時400円高 米国株高など追い風  前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日比380円66銭高の2万2710円60銭となり、反発 した。前日の米国株市場でダウが続伸した流れを引き継ぎ、朝方から幅広い業種で買いが先行。前引けにか けてほぼ一本調子で上昇した。トランプ米大統領が追加の新型コロナ経済対策を実施すると表明し、米国の 景気不安が和らいだことなどが米国株の支援材料となっている。 日経平均は前営業日比175円57銭高でスタート。その後、前引けにかけて上げ幅を406円まで拡 大した。時間外取引の米株先物...

ホットストック:エーザイは年初来高値、FDAがアルツハイマー薬を迅速審査

エーザイは大幅続伸し年初来高値を更新した。同社と米バイオ医薬品大手バイオジェンは7日、共同開発しているアルツハイマー病治療薬候補「アデュカヌマブ」を、米食品医薬品局(FDA)が迅速審査すると発表した。今後の業績向上に期待感が出ている。

バイオジェンとエーザイのアルツハイマー薬、FDAが迅速審査へ

米バイオ医薬品大手バイオジェン<BIIB.O>とエーザイ<4523.T>は7日、両社が開発するアルツハイマー病治療薬候補「アデュカヌマブ」について、米食品医薬品局(FDA)が迅速審査を実施すると発表した。

今日の株式見通し=続伸、米株高と円高一服で安心感 個別では決算を材料視

きょうの東京株式市場で日経平均株価は、続伸が想定されている。オーバーナイトの米国株式市場は主要3指数がそろって上昇、外為市場ではドル/円が106円近辺とドル安/円高の流れが一服している。市場では安心感が広がり、前日に続き買い戻しが先行しそうだ。個別では、前日に企業決算を発表した銘柄の売買が加速するとみられる。

ホットストック:エーザイは後場堅調、4─6月期営業益24%増を好感

エーザイは後場堅調。3日、2020年4─6月期の連結営業利益(IFRS)が前年同期比24.4%増の321億円になったと発表、足元の堅調な業績が好感されている。抗がん剤「レンビマ」が引き続き全リージョンで大きく伸長したことに加え、抗がん剤タゼメトスタットの日本以外の地域における売上ロイヤルティ受領権の譲渡に係るマイルストン収入などで売上収益が伸びた。

今日の株式見通し=反発、円高一服などで買い戻し 上値は追えず

きょうの東京株式市場で日経平均株価は反発が予想されている。前週末の米国株主要3指数はそろって上昇。ドル安/円高の流れも一服しており、朝方は買い戻しが優勢になるとみられている。一方、国内ではさえない企業決算が続き、新型コロナウイルスの新規感染者数も増加するなどネガティブ材料が多い。上値追いには慎重な姿勢もみられそうだという。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陽線」、終値は25日線を上回る

<16:22> 日経平均・日足は「小陽線」、終値は25日線を上回る 日経平均・日足は「小陽線」。下ヒゲがほとんどない「寄り付き坊主」の形状で、投資家の上昇期待を 示唆している。終値が25日移動平均線(2万2475円45銭=9日)を上回ったことは、あすの安心材 料となりそうだ。一方、長い上ヒゲからは上値追いに慎重な姿勢もうかがえる。上昇を再始動させるには追 加のエネルギーが必要となる。 <15:57> 新興株市場は5日ぶり反落、様子見姿勢 Bエンジニアはストップ高比例配分 新興株市場で、日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数はともに5日ぶりに...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場は5日ぶり反落、様子見 Bエンジニアはストップ高比例配分

<15:57> 新興株市場は5日ぶり反落、様子見姿勢 Bエンジニアはストップ高比例配分 新興株市場で、日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数はともに5日ぶりに反落。底堅さが意識され ながらも上値追いには慎重な動きで、個人投資家も様子見姿勢になっているという。上場3日目のBran ding Engine は公開価格の5.95倍となる2920円で初値を付けた後、上値を伸ば してストップ高比例配分となった。 マザーズ指数は1.00%安で取引を終了。アンジェス 、ステムリム 、ジーエヌアイ グループ が軟調に推移。直近IPOのグッドパッチ 、コマース...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は後場一段高、日銀がETF買いの可能性

<13:39> 日経平均は後場一段高、日銀がETF買いの可能性 日経平均は後場一段高。上げ幅を200円超に拡大し、2万2600円台半ばで推移している。 ランチタイム中の中国株のしっかりした動きを好感したという見方に加えて、日銀がETF(上場投資 信託)買いを行ったのではないかとの観測が出ている。 市場では、TOPIXの前引け時の下げ率が0.5%以上となった場合に日銀がETF買いに動くとみ る向きが多いが、直近では5月15日、6月19日とTOPIXの下げ率が0.5%未満でもETF買いが 入ったケースがある。きょうの前場のTOPIXは0.30...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は後場上げ幅を拡大、170円高 中国株はしっかり

<12:51> 日経平均は後場上げ幅を拡大、170円高 中国株はしっかり 日経平均は後場上げ幅を拡大、前営業日比170円ほど高い2万2600円台前半で の推移となっている。TOPIXはプラス転換。市場からは「特段な材料はないが、ラン チタイム中に中国株がしっかりしてきたことが影響している可能性がある」(国内証券) との声が出ていた。上海総合指数 は前場後半で上げ幅を拡大し、1.03%高で 前場の取引を終了した。 <11:55> 前場の日経平均は反発、47円高 ソフトバンクGが押し上げ 前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日比47円36...

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up