for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

株式会社キャンバス

4575.T

現在値

700.00JPY

変化

12.00(+1.74%)

出来高

30,200

本日のレンジ

679.00

 - 

706.00

52週レンジ

437.00

 - 

1,068.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
688.00
始値
681.00
出来高
30,200
3か月平均出来高
1.85
高値
706.00
安値
679.00
52週高値
1,068.00
52週安値
437.00
発行済株式数
6.91
時価総額
4,754.80
予想PER
--
配当利回り
--

次のエベント

Full Year 2020 CanBas Co Ltd Earnings Release

適時開示

その他

CanBas to issue unsecured convertible bonds with subscription warrants

CanBas announces exercise of options

CanBas signs joint research agreement with FUJIFILM

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

株式会社キャンバスとは

キャンバスは、正常細胞に影響が少ない抗癌剤の研究・開発を単一事業として行う創薬企業である。【事業内容】同社は医薬品の一般研究開発プロセスの中で、テーマに沿った化合物を探索し、獲得・創出された化合物をより最適なものに改良し、動物での検証医薬を実施した後、臨床試験開始を申請し、最後はヒトでの検証を行う臨床試験の初期段階に至る領域で活動。同社は現在、CBP501及びCBS9106によって開発パイプラインを構築し、事業化を意識した優先順位づけと管理に基づき研究開発を進める。CBP501は、同社設立の契機となったG2チェックポイント阻害オリジナルペプチドTAT-S216を改良して創出された、ペプチド型の抗癌剤候補化合物である。CBS9106は、同社が開発した薬剤スクリーニング法から見出した候補化合物群を最適化して創出した、低分子型の抗癌剤候補化合物。

業種

Biotechnology & Drugs

連絡先

2-2-1, Ote-machi

NUMAZU-SHI, SZK

410-0801

Japan

+81.55.9543666

http://www.canbas.co.jp

エグゼクティブリーダーシップ

Takumi Kawabe

President, Representative Director

Makoto Katozumi

Chief Financial Officer, Director of Administration, Director

Kazuyoshi Sakamoto

Manager of Business Planning Office, Director

統計

株価売上高倍率(過去12カ月)
--
株価売上高倍率(過去12カ月)
43.23
株価純資産倍率(四半期)
18.15
株価キャッシュフロー倍率
--
総負債/総資本(四半期)
289.55
長期負債/資本(四半期)
289.55
投資利益率(過去12カ月)
-73.72
自己資本利益率(過去12カ月)
-58.81

最新ニュース

最新ニュース

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陽線」、5日線のサポート続く

<15:50> 日経平均・日足は「小陽線」、5日線のサポート続く 日経平均・日足は「小陽線」。引き続き上昇中の5日移動平均線(2万1714円2 5銭=5日)が支持線として意識されている。方向感は明確にならなかったが、主要な移 動平均線が終値の下方に位置する状態であり、強気ポジションは維持している。当面の上 値は5月7日と8日に空けたマド上限値(2万1875円11銭)がめどになる。マド埋 めを完了すれば2万2000円奪回も視野に入る。 <15:35> 新興株市場は続伸、IPOのフィードフォースは初日値付かず 新興株市場はしっかり。日経ジャスダック...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場は続伸、IPOのフィードフォースは初日値付かず

<15:35> 新興株市場は続伸、IPOのフィードフォースは初日値付かず 新興株市場はしっかり。日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数はともに続伸した 。「短期資金の売買で乱高下する銘柄は多いが、全体に底堅さが出てきた」(国内証券) という。メドレックス 、カルナバイオサイエンス が高く、日本テレホン も買われた。半面、キャンバス は軟調だった。きょう東証マザーズに新 規上場したフィードフォース は、買い注文が多く初日は値付かずだった。 <13:31> 日経平均は小動き、好業績株が堅調持続 日経平均は小動き。2万1700円付近の狭いレンジ...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陰線」、5日線が下値支持線に

<15:39> 日経平均・日足は「小陰線」、5日線が下値支持線に  日経平均・日足は「小陰線」。5日移動平均線(2万2191円88銭=19日)が下値支持線として 機能した。引き続き200日移動平均線(2万1880円79銭=同)を上回っており、形は悪くない。高 値圏で出現した陰線のはらみ線で、下落トレンド転換を示唆するケースも多いが、きょうは出来高が少なく ダマしの可能性もある。 <15:19> 新興株市場はまちまち、東証1部の主力株に関心 新興株市場はまちまち。日経ジャスダック平均は小幅に続落、東証マザーズ指数は反発した。「東証1 部の...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場はまちまち、東証1部の主力株に関心

<15:19> 新興株市場はまちまち、東証1部の主力株に関心 新興株市場はまちまち。日経ジャスダック平均は小幅に続落、東証マザーズ指数は反発した。「東証1 部の主力株に関心が向かっている。週末や10連休を意識してポジションを閉じる動きも出ていた」(ネッ ト系証券)という。 個別銘柄では、カオナビ 、ビーマップ がストップ高比例配分、シノプス は大 幅高で上場来高値更新。ウエストホールディングス は2014年以来4年7カ月ぶり高値をつけた ほか、ラクスル 、リックソフト 、ジャストプランニング なども買われた。 一方、チームスピリット は...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陽線」、連続陽線で上値追い

<15:40> 日経平均・日足は「小陽線」、連続陽線で上値追い 日経平均・日足は「小陽線」。陽線は7日連続となり、連日の上値追いとなった。 ボリンジャーバンドのプラス2シグマに沿うバンドウォークの形状を示しているため、ト レンドには逆らいにくいところだ。昨年12月以降の値幅、日柄を伴う調整を経てエネル ギーは蓄積されている。昨年12月3日に付けた高値(2万2698円79銭)を抜ける と本格反騰相場への移行が鮮明になる。 <15:20> 新興株市場はしっかり、個人投資家が材料に反応 新興株市場はしっかり。日経ジャスダック平均が3日続伸、東証...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場はしっかり、個人投資家が材料に反応

<15:20> 新興株市場はしっかり、個人投資家が材料に反応 新興株市場はしっかり。日経ジャスダック平均が3日続伸、東証マザーズ指数は反発 した。市場では「材料に反応する個人投資家の動きは良いが、新興株全体を底上げするに はややエネルギー不足だ」(国内証券)との声が出ていた。サンバイオ がストッ プ高。ロゼッタ 、環境管理センター も高い。半面、ディ・アイ・システ ム が売られ、キャンバス 、UUUM も軟調だった。 <13:54> 日経平均は堅調もみあい、買い戻しは継続 日経平均は堅調もみあい、2万2200円台後半で推移している。安川電機...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陽線」、上値は12月高値を意識

<15:57> 日経平均・日足は「小陽線」、上値は12月高値を意識 日経平均・日足は「小陽線」。引き続き200日移動平均線(2万1883円93銭=16日)を上 回っており、形としては悪くない。拡散してきたボリンジャーバンドのプラス2シグマに沿うバンドウォー クとなれば一段の上昇も視野に入る。上値は昨年12月3日に付けた高値(2万2698円79銭)が意識 される。2万2500円に近づいてくれば戻り待ちの売りが出てくることも予想され、12月高値を試すに は追加の買い材料が必要との見方も多い。 <15:29> 新興株市場は反落、値動き軽い銘柄...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場は反落、値動き軽い銘柄に個人の物色も

<15:29> 新興株市場は反落、値動き軽い銘柄に個人の物色も 新興株市場では、日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数ともに反落した。下落したものの、「直近 IPO銘柄などは買われている。東証1部の大型株がもみあう中、個人投資家からは値動きの軽い中小型株 への物色も見られた」(国内証券)との声が出ていた。 個別銘柄では、足元の堅調な業績が好感されたティーケーピー がストップ高比例配分。ヴィッ ツ 、シンバイオ製薬 は一時ストップ高。チームスピリット 、多摩川ホールディン グス なども買われた。 一方、UMNファーマ は一時ストップ安。マネーフォワード...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陽線」、200日線上抜け 上昇期待

日経平均・日足は「小陽線」。抵抗線とみられていた200日移動平均線(2万1886円29銭=15日)を上抜けた。ボリンジャーバンドは拡散が始まりつつあり、プラス2シグマに沿う形でバンドウォークとなれば一段の上昇も視野に入る。市場では「週足でも52週移動平均線を抜いた。非常に堅調で2万2000円台半ばを目指していく展開も見込まれる」(証券ジャパンの調査情報部上席次長、野坂晃一氏)との声が出ていた。

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場は反発、東証1部の主力株堅調で安心感

新興株市場で、日経ジャスダック平均は反発、東証マザーズ指数は3日ぶり反発となった。東証1部の主力株が堅調に推移し、投資家心理が好転。「これまで様子見していた個人投資家からの物色も入り始めた」(国内証券)という。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陽線」、5日線が上値圧迫

<16:05> 日経平均・日足は「小陽線」、5日線が上値圧迫 日経平均・日足は「小陽線」。安寄り後に切り返し、前日空けたマド(2万1687 円57銭―2万1698円42銭)を埋めたものの、5日移動平均線(2万1754円1 4銭=11日)に上値を抑え込まれた。今回も底堅さは示したが、直近のレンジ上限を抜 けず頭打ちの印象だ。本格反騰相場へ移行するには少なくとも200日移動平均線(2万 1890円26銭=同)を明確に上抜く必要がある。 <15:24> 新興株市場はまちまち、オンコリスが活況 新興株市場はまちまち。日経ジャスダック平均は小幅続伸...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場はまちまち、オンコリスが活況

<15:24> 新興株市場はまちまち、オンコリスが活況 新興株市場はまちまち。日経ジャスダック平均は小幅続伸、東証マザーズ指数は5日 ぶりに反落した。8日に中外製薬 との資本業務提携を発表したオンコリスバイオ ファーマ が活況のうちに上伸した。市場では「一部のバイオ株に資金が集中し、 全体は方向感のない値動きになっている」(国内証券)との声が出ていた。キャンバス<4 575.T>、ジョルダン が高く、ソーバル も買われた。半面、ASJ<2351. T>、ハーモニック・ドライブ・システムズ は軟調だった。 <14:05> 日経平均はプラス...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陽線」、高値引けで底堅さ示す

<15:42> 日経平均・日足は「小陽線」、高値引けで底堅さ示す 日経平均・日足は「小陽線」。新たなマド(2万1687円57銭―2万1698円 42銭)を空けて下放れたものの、終値は高値引けとなり底堅さを示した。一目均衡表の 転換線(2万1524円99銭=10日)がサポートラインとして機能した。一方、上値 の重さも否めない。5日移動平均線(2万1756円85銭=同)は下降に転じ、翌日か ら抵抗線として意識される。ここで跳ね返されると直近のレンジ下限となる2万1000 円付近までの調整も視野に入ってくる。 <15:24> 新興株市場はしっかり...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場はしっかり、マザーズ指数は4日続伸

<15:24> 新興株市場はしっかり、マザーズ指数は4日続伸 新興株市場はしっかり。日経ジャスダック平均は小反発、東証マザーズ指数は4日続 伸となった。「製造業が全般的に利益確定売り優勢の一方、直近調整していたバイオ株な どに個人の資金が戻った」(国内証券)との声が出ている。オンコリスバイオファーマ<4 588.T>がストップ高比例配分、キャンバス 、フェニックスバイオ も高い 。半面、アイレックス 、小田原エンジニアリング は軟調だった。 <14:00> 日経平均は軟調もみあい、日銀ETF買い観測が支え 日経平均は軟調もみあい、2万1600...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陽線」、2週ぶりに終値25日線回復

<15:38> 日経平均・日足は「小陽線」、2週ぶりに終値25日線回復 日経平均・日足は「小陽線」。終値は5月23日以来、2週ぶりに25日移動平均線 (2万2568円15銭=6日終値)を上回った。次の上値めどとしては心理的節目の2 万3000円が意識される。ただ足元の価格帯は滞留時間が比較的長く、累積売買高も積 み上がっている。節目突破には売買代金の増加など市場のエネルギーの高まりが不可欠と なる。下落局面では5日移動平均線(2万2402円88銭=同)で下げ渋れるかが注視 される。 <15:17> 新興株市場は軟調、IPOラッシュ控え需給悪化...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場は軟調、IPOラッシュ控え需給悪化を懸念

<15:17> 新興株市場は軟調、IPOラッシュ控え需給悪化を懸念 新興株式市場は軟調。日経ジャスダック平均は3日続落。東証マザーズ指数は4日続 落した。マザーズの下落率は1%を超え、安値引けだった。「メルカリなどの新規上場ラ ッシュを控え、新興市場全体の需給悪化が懸念されている」(国内証券)との見方があっ た。個別銘柄ではそーせいグループ 、ハーモニック・ドライブ・システムズ<632 4.T>が売られ、KeyHolder が軟調。キャンバス が急落。サンバ イオ 、ミクシィ はしっかり。クラスターテクノロジー はストッ プ高となった。...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陰線」、パラボリックが陽転

<15:55> 日経平均・日足は「小陰線」、パラボリックが陽転 日経平均・日足は「小陰線」だった。チャートからは地合いの改善がうかがえる。パ ラボリックが陽転したほか、5日移動平均線(2万2281円43銭=5日)や、25日 線(2万2561円83銭=同)、75日線がいずれも上向きとなっている。ゼロに接近 しつつあったMACDも、ゼロを割り込むことなく上向きとなった。 終値では引き続き25日線は上回れなかったものの、このところの急ピッチな上昇を 踏まえれば、スピード調整と捉えることも可能だ。この先25日線をしっかり上回ってく るようなら、...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場は軟調、マザーズは3日続落 そーせいの下げが重し

<15:41> 新興株市場は軟調、マザーズは3日続落 そーせいの下げが重し 新興株市場は、日経ジャスダック平均が続落、東証マザーズ指数が3日続落した。市 場では「元気のあった銘柄の動きが止まり、いったん個人投資家から利益確定売りが出て いる様子だ」(国内証券)との声が出ていた。マザーズは、執行役副社長CFOの辞任が 伝わったそーせいグループ が大きく下げ、指数の重しとなった。 個別銘柄では、理研グリーン やクラスターテクノロジー がストップ 高。綜研化学 やキャンバス がしっかりだった。一方、ムラキ 、 やまねメディカル やJMC は、...

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up