for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

シンバイオ製薬株式会社

4582.T

現在値

542.00JPY

変化

20.00(+3.83%)

出来高

1,704,400

本日のレンジ

523.00

 - 

542.00

52週レンジ

243.00

 - 

638.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
522.00
始値
527.00
出来高
1,704,400
3か月平均出来高
17.97
高値
542.00
安値
523.00
52週高値
638.00
52週安値
243.00
発行済株式数
38.17
時価総額
19,940.05
予想PER
-3.95
配当利回り
--

次のエベント

Full Year 2020 SymBio Pharmaceuticals Ltd Earnings Release

適時開示

その他

Chimerix Announces Exclusive Global License Agreement With Symbio Pharma For Brincidofovir

SymBio Pharmaceuticals says exercise of options

SymBio Pharmaceuticals says exercise of options

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

シンバイオ製薬株式会社とは

シンバイオ製薬は、医薬品等の研究開発及び製造販売並びにこれらの付随業務を行う医薬品企業である。【事業内容】同社はがん・血液・ペインマネジメントの3治療領域に特化した新薬開発に取り組む。同社では、開発にかかる様々なリスクと費用を軽減するとともに、開発候補品の臨床試験を迅速・確実に進め、開始から承認取得までの期間を短縮するために、主として既にヒトで概念実証(POC)が確立され、前臨床試験データと臨床試験データがある化合物を対象とする。これらの化合物の探索は同社独自の探索ネットワークと評価ノウハウを活用し、社内の経験を有した専門スタッフによる第1次スクリーニングにより絞り込みを最初に行う。その後、科学的諮問委員会(SAB)において第一線で関連分野における治療の研究に携わる経験豊かな社外専門家の厳密な評価を受けた上で、同社において最終的な導入候補品を決定。開発については、基本的な開発戦略の中枢となる臨床試験のデザイン、海外の試験との連携、医学専門家との調整等は同社が主体となって行い、定型的な開発業務は、外部資源である受託臨床試験実施機関(CRO)へ業務委託し、製造についてはライセンス供給元あるいは信頼できる国内外の製薬企業へ業務委託を行う。販売については、製薬企業との提携により行う。同社はパイプラインとして抗がん剤のSyB L-0501、SyB L-1101とSyB C-1101を有する。

業種

Biotechnology & Drugs

連絡先

Toranomon 30 Mori Bldg.

3-2-2, Toranomon

MINATO-KU, TKY

105-0001

Japan

+81.3.54721125

https://www.symbiopharma.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Fuminori Yoshida

President, Executive President, Chief Executive Officer, Representative Director

Takaaki Fukushima

Chief Financial Officer, Executive Officer

Shigeo Kimura

Chief Compliance Officer, Managing Executive Officer

Tsutomu Abe

Executive Officer

Masataka Ohta

Executive Officer, Chief Medical Officer, Chief Director of Development

統計

Revenue (MM, JPY)

2020(E)

2.6K
EPS (JPY)

2020(E)

-1.430
株価売上高倍率(過去12カ月)
--
株価売上高倍率(過去12カ月)
6.31
株価純資産倍率(四半期)
3.68
株価キャッシュフロー倍率
--
総負債/総資本(四半期)
0.00
長期負債/資本(四半期)
0.00
投資利益率(過去12カ月)
-77.36
自己資本利益率(過去12カ月)
-57.66

最新ニュース

最新ニュース

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「中陽線」、短期的な高値警戒感でも上値余地あり

<16:25> 日経平均・日足は「中陽線」、短期的な高値警戒感でも上値余地あり 日経平均・日足は上下にヒゲを伴う「中陽線」。日経平均は連日の昨年来高値(2万8139円03銭 =8日)を更新した。短期急騰による高値警戒感はあるものの、日経平均の終値(2万8164円34銭= 12日)と25日移動平均線(2万6954円94銭=同)の上方乖離(かいり)率は4.5%にとどまっ ており、まだ上値余地はありそうだ。 <15:57> 新興株市場は軟調、直近IPOに売り マザーズは75日線がサポート 新興株市場は軟調。日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場は軟調、直近IPOに売り マザーズは75日線がサポート

<15:57> 新興株市場は軟調、直近IPOに売り マザーズは75日線がサポート 新興株市場は軟調。日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数ともに反落した。直近IPOなどを中心 に利益確定売りの動きが見られた。マザーズ指数では75日移動平均線(1224.63ポイント=12日 )を意識した動きが見られ、下値支持線として機能した。 日経ジャスダック平均は8日ぶりに反落し前営業日比0.01%安。個別では、出前館 、ウエ ストホールディングス 、ハーモニック・ドライブ・システムズ などが軟調。フェローテッ クホールディングス 、オービス 、シンバイオ...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陰線」、25日移動平均線を意識

<16:40> 日経平均・日足は「小陰線」、25日移動平均線を意識   日経平均・日足は上下にヒゲを伴う「小陰線」、気迷いを示す「コマ」の形状となっている。終値は2 5日移動平均線(2万2512円84銭=6日)を下回ったほか、5日移動平均線(2万2282円41銭 =6日)は下値支持線として機能した。市場では「25日移動平均である2万2500円近辺での動きが意 識されている。材料に乏しい薄商い相場となると、2万2500円近辺では上値が重くなり、利益確定売り の動きが強まりやすい」(国内証券)との声が出ていた。 <16:15> 新興株は反落...

〔マーケットアイ〕株式:新興株は反落、利益確定売り 個別では決算を材料視

 <13:15> 新興株は反落、利益確定売り 個別では決算を材料 視 新興株市場で、日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数はともに4日ぶりの反落となった。日経平均 の下落を受け連れ安となったほか、新興株市場は前日まで3日続伸となっていたこともあり、利益確定売り が優勢となった。個別では決算を材料視した売買が引き続き活発となった。 ジャスダック指数は0.10%安。シンバイオ製薬 、テラ 、ワークマン など が下落した。コックス 、出前館 、小僧寿し は上昇した。 マザーズ指数は0.69%安。プレシジョン・システム・サイエンス 、アンジェス...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「中陰線」、5日線下回る 健全な調整との見方

<16:20> 日経平均・日足は「中陰線」、5日線下回る 健全な調整との見方 日経平均・日足は「中陰線」。下ヒゲがほとんどない「大引け坊主」の形状で、終値はこれまで下値サ ポートとして機能していた5日移動平均線(2万2946円14銭=11日)を下回った。このところ騰落 レシオや25日移動平均線からの上方かい離率など複数の指標が強い過熱感が示唆していたこともあり、健 全な調整との見方も出ている。 一方、200日移動平均線(2は万1741円19銭=同)は上向きで、長期的な上昇トレンドは維持 されている。6月8日から10日まで3日連続で高値となった...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場は5日ぶり反落、利益確定売り広がる

<15:49> 新興株市場は5日ぶり反落、利益確定売り広がる  新興株市場で、日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数はともに5日ぶり反落した。マザーズ指数は 前場の取引時間中に連日の年初来高値更新となった後、マイナス圏に転じた。東証1部の大型株が全般的に 弱含む中、個人投資家を中心に利益確定売りが広がった。 マザーズ指数は2.82%安。リボミック は一時ストップ安。FRONTEO は大幅 続落。アンジェス 、メルカリ など時価総額上位銘柄も軟調。一方、ナノキャリア はストップ高比例配分。アイ・ピー・エス 、カイオム・バイオサイエンス は...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「中陰線」、5日移動平均線を4日ぶりに下回る

<17:11> 日経平均・日足は「中陰線」、5日移動平均線を4日ぶりに下回る 日経平均・日足は「中陰線」。短い下ヒゲは先安見込みを示している。終値は下値支持線として機能し ていた5日移動平均線(1万9725円89銭=1日)を4日ぶりに下回った。連休明けの株価下落が警戒 されるが、市場では「大幅高となった前日の売買代金は約3兆円で、きょうは2兆円弱となった。下押しの 圧力は限定的と考えられる」(みずほ証券のシニアテクニカルアナリスト、中村克彦氏)との声が聞かれた 。 5月入りし、意識される米国の株式相場格言「Sell in May(株は5...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場は反落、UUUMやアンジェスは連日の大商い

<16:03> 新興株市場は反落、UUUMやアンジェスは連日の大商い 新興株市場で、日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数はともに反落した。前日上昇した銘柄の利益 確定売りや、直近IPO銘柄の売りが目立った。ただ、個別での物色は活発化しており、吉本興業との業務 提携が好感されているUUUM や、新型コロナウイルス感染症向けのDNAワクチンの開発を行っ ているアンジェス は連日の大商いとなった。 ジャスダック指数は4営業日ぶりに反落。個別では、ワークマン 、出前館 、ユニバー サルエンターテインメント が下落。前日にストップ高となったシンバイオ...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陽線」、短期上昇トレンドは維持

<16:29> 日経平均・日足は「小陽線」、短期上昇トレンドは維持 日経平均・日足は「小陽線」。一目均衡表の雲上限や、1月高値から3月安値までの下落の半値戻しの 水準まで上昇してきた。 長い上ヒゲは投資家の高値警戒感を示唆しているが、25日移動平均線(1万9177円26銭=30 日)は上向きで、短期的な上昇トレンドを維持している。目先、3月6日安値(2万0613円91銭)が 上値めどとして意識される。 <16:16> 新興株市場は堅調、マザーズ5日続伸 アンジェスが大商い   新興株市場で、日経ジャスダック平均は3日続伸、東証マザーズ指数...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場は堅調、マザーズ5日続伸 アンジェスが大商い

<16:16> 新興株市場は堅調、マザーズ5日続伸 アンジェスが大商い   新興株市場で、日経ジャスダック平均は3日続伸、東証マザーズ指数は5日続伸した。マザーズ市場の 売買代金は2188億6700万円と、2018年6月19日以来の高水準。中でもアンジェス の 売買代金は1035億円と大商いとなった。新型コロナウイルス感染症向けDNAワクチンの開発を手掛か りに個人投資家の売買が膨らんでいる。 このほかマザーズ市場ではUUUM がストップ高比例配分。吉本興業との業務提携が好感され た。Aiming 、メルカリ 、ジーエヌアイグループ なども...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「中陽線」、上値追いに慎重な姿勢も

<16:16> 日経平均・日足は「中陽線」、上値追いに慎重な姿勢も 日経平均・日足は「中陽線」。短い下ヒゲが投資家の上昇期待感を表している。安値圏から戻したもの の、各種オシレーター系指標ではまだ売られ過ぎが示唆されており、ここから自律反発的に上昇する可能性 がある。一方、やや長い上ヒゲが上値追いに慎重な姿勢もうかがわせる。目先は27日と28日に下方向へ 空けたマド(2万1528円13銭─2万1844円29銭)を埋め切れるかがポイントになりそうだ。 <15:45> 新興株市場は5日ぶり反発、売られ過ぎの反動 打診買い  新興株市場で、日経...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場は5日ぶり反発、売られ過ぎの反動 打診買い

<15:45> 新興株市場は5日ぶり反発、売られ過ぎの反動 打診買い  新興株市場で、日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数はともに5日ぶりに反発した。それぞれ3. 10%高、5.83%高。市場からは「売られ過ぎの反動が出ているに過ぎず、まだ打診買いのレベル」( 株式アナリスト)との声が出ていた。 ジャスダック市場では、ワークマン 、日本マクドナルドホールディングス 、ハーモ ニック・ドライブ・システムズ など時価総額上位銘柄が堅調に推移。応用技術 はストッ プ高比配分となった。半面、城南進学研究社 は一時ストップ安。シンバイオ製薬 、...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は「小陰線」、5日移動平均線下回り調整色強める

<15:35> 日経平均は「小陰線」、5日移動平均線下回り調整色強める 日経平均は、短い下ヒゲを伴う寄り付きがほぼ「坊主」の「小陰線」。前日とは方向性が正反対の典型 的な「たすき線」となった。定石では前日の方向に振れるため、強い基調を維持しながらも、5日移動平均 線(2万3378円78銭=13日現在)を下回ったため、調整色を強めたとの印象を与えている。 次の下値の目安としては、一目均衡表の転換線(2万3148円35銭=13日現在)が意識される。 これを割り込むことなく切り返しを鮮明にすれば、今回の押しは微調整で終わりそうだが、下回った場合...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場はまちまち、値動き悪い銘柄に見切り売り

<15:12> 新興株市場はまちまち、値動き悪い銘柄に見切り売り  新興株市場はまちまち。東証マザーズ指数は続落、日経ジャスダック平均は3日続伸となった。市場か らは「マザーズが弱い。値動きの悪い銘柄を見切り売りして、値動きのいい銘柄にシフトしようとする動き が個人投資家に出ている」(国内証券)との指摘が出ていた。 マザーズ市場では、そーせいグループ が大幅続落し同市場で値下がり率上位4位。ユーザベー ス やセルソース も売られた。半面、JIG─SAW 、Sansan は堅 調だった。 ジャスダック市場では、セレスポ 、イメージワン 、...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陽線」、翌日「三ツ星」なれば買いサイン

<15:30> 日経平均・日足は「小陽線」、翌日「三ツ星」なれば買いサイン 日経平均・日足は下ヒゲを伴う大引けがほぼ坊主の「小陽線」。前日の高値を更新で きなかったものの、終始高値水準を保つ動きとなり、強い基調を維持している。前日に続 き実体部分の短い足を引き、気迷いを感じさせながらも、明日も同様の足を引けば、上昇 途上で出現すれば買いサインとされる「三ツ星」になるため、翌日の動きに注目したい。 オシレーター系指標は引き続き高値警戒感が強いことを示唆し、それも伸び悩んだ要因 になったとみられるが、長短すべての移動平均線が上向きとなっているなど...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場は小じっかり、柱になる銘柄が見当たらず

<15:05> 新興株市場は小じっかり、柱になる銘柄が見当たらず 新興株市場は小じっかり。日経ジャスダック、東証マザーズ指数は反発した。市場で は「決算を見ながら個別物色の動きとなっている。ただ、資金の逃げ足は速く、柱になる 銘柄が見当たらない」(SBI証券・シニアマーケットアドバイザーの雨宮京子氏)との 指摘もある。 マザーズ市場では、ホープ が連日のストップ高となったほか、霞ヶ関キャピ タル もストップ高。半面、EduLab が引き続き売られたほか、ジー ニー が急反落し、リンクバル がストップ安比例配分となった。 ジャスダック市場...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陰線」、上値に対して慎重な様子

<15:30> 日経平均・日足は「小陰線」、上値に対して慎重な様子 日経平均・日足は下にヒゲを伴う寄り付きがほぼ坊主の「小陰線」。連日の年初来高 値更新となったものの、伸びを欠く動きとなり、上値に対して慎重な様子がうかがえる。 引き続き基調の強さを感じさせながらも、オシレーター系指標には高値警戒感も出ており 、伸びが止まった格好だ。 リズム的には、10月29日高値(2万3008円43銭)から1日安値(2万27 05円60銭)まで押した幅の倍返しを達成しており、定石に従えばここで一服する可能 性もある。ただ、しばらく上値にチャートの節目が...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場はさえない、全体的に商いも細る

<15:05> 新興株市場はさえない、全体的に商いも細る  新興株市場はさえない。日経ジャスダック平均が4日ぶりに反落、東証マザーズ指数 もさえない動きとなった。全体的に商いも細っている。市場では「1部市場が活況となっ ているため、そちらに資金がシフトしているようでもある」(国内ネット証券)との指摘 もある。 マザーズ市場では、ジーニー がストップ高となったほか、ホープ も 一時ストップ高となったが、セルソース が反落し、EduLab が引き 続き売られた。 ジャスダック市場では、ネクスグループ が一時ストップ高となったほか、フ ルヤ金属...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陽線」、上昇基調 5日線上回る

<15:59> 日経平均・日足は「小陽線」、上昇基調 5日線上回る 日経平均・日足は上下にヒゲを伴う「小陽線」。1日に下抜けた5日移動線(2万2969円41銭= 5日)を再び上回り、調整は短期間で終わったとの見方も出ている。25日移動平均線(2万2235円3 8銭=同)、75日移動平均線(2万1521円65銭=同)、200日移動平均線(2万1365円52 銭=同)はいずれも右肩上がりで、中期的な上昇トレンドの維持を示唆している。 年初来高値を更新し、水準的に高値警戒感も出やすいが、「トレンドが上向きで中長期の海外投資家の 買いが入ってくる...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場は上昇、中小型は出遅れとの指摘も

<15:11> 新興株市場は上昇、中小型は出遅れとの指摘も  新興株市場で、日経ジャスダック平均が3日続伸、東証マザーズ指数は小幅上昇となった。上昇したも のの、「動きのいい東証1部の大型株の方に資金が流れ、中小型株は出遅れている。マザーズ指数も900 ポイントを上抜けると動きが良くなりそうだ」(ストラテジスト)との声が出ていた。 マザーズ市場では、セルソース がストップ高比例配分、Sansan が大幅反発。B ASE が大幅続伸。一方、EduLab がストップ安比例配分。ジャパンインベストメン トアドバイザー は軟調。 ジャスダック市場...

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up