for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

シンバイオ製薬株式会社

4582.T

現在値

1,046.00JPY

変化

-24.00(-2.24%)

出来高

1,053,600

本日のレンジ

1,016.00

 - 

1,063.00

52週レンジ

337.00

 - 

2,566.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
1,070.00
始値
1,016.00
出来高
1,053,600
3か月平均出来高
64.89
高値
1,063.00
安値
1,016.00
52週高値
2,566.00
52週安値
337.00
発行済株式数
38.37
時価総額
41,135.20
予想PER
38.35
配当利回り
--

次のエベント

Q3 2021 SymBio Pharmaceuticals Ltd Earnings Release

適時開示

その他

Chimerix Announces Exclusive Global License Agreement With Symbio Pharma For Brincidofovir

SymBio Pharmaceuticals says exercise of options

SymBio Pharmaceuticals says exercise of options

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

シンバイオ製薬株式会社とは

シンバイオ製薬は、医薬品等の研究開発及び製造販売並びにこれらの付随業務を行う医薬品企業である。【事業内容】同社はがん・血液・ペインマネジメントの3治療領域に特化した新薬開発に取り組む。同社では、開発にかかる様々なリスクと費用を軽減するとともに、開発候補品の臨床試験を迅速・確実に進め、開始から承認取得までの期間を短縮するために、主として既にヒトで概念実証(POC)が確立され、前臨床試験データと臨床試験データがある化合物を対象とする。これらの化合物の探索は同社独自の探索ネットワークと評価ノウハウを活用し、社内の経験を有した専門スタッフによる第1次スクリーニングにより絞り込みを最初に行う。その後、科学的諮問委員会(SAB)において第一線で関連分野における治療の研究に携わる経験豊かな社外専門家の厳密な評価を受けた上で、同社において最終的な導入候補品を決定。開発については、基本的な開発戦略の中枢となる臨床試験のデザイン、海外の試験との連携、医学専門家との調整等は同社が主体となって行い、定型的な開発業務は、外部資源である受託臨床試験実施機関(CRO)へ業務委託し、製造についてはライセンス供給元あるいは信頼できる国内外の製薬企業へ業務委託を行う。販売については、製薬企業との提携により行う。同社はパイプラインとして抗がん剤のSyB L-0501、SyB L-1101とSyB C-1101を有する。

業種

Biotechnology & Drugs

連絡先

Toranomon 30 Mori Bldg.

3-2-2, Toranomon

MINATO-KU, TKY

105-0001

Japan

+81.3.54721125

https://www.symbiopharma.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Fuminori Yoshida

President, Executive President, Chief Executive Officer, Representative Director

Takaaki Fukushima

Chief Financial Officer, Executive Officer

Shigeo Kimura

Chief Compliance Officer, Managing Executive Officer

Tsutomu Abe

Executive Officer

Masataka Ohta

Executive Officer, Chief Medical Officer, Chief Director of Development

統計

株価売上高倍率(過去12カ月)
--
株価売上高倍率(過去12カ月)
8.62
株価純資産倍率(四半期)
9.22
株価キャッシュフロー倍率
--
総負債/総資本(四半期)
0.00
長期負債/資本(四半期)
0.00
投資利益率(過去12カ月)
-47.05
自己資本利益率(過去12カ月)
-39.92

最新ニュース

最新ニュース

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陽線」、地合い強いが過熱感も

<16:10> 日経平均・日足は「小陽線」、地合い強いが過熱感も 日経平均・日足は上下にヒゲを伴う「小陽線」となった。25日移動平均線(2万8 499円66銭=14日)が、75日線(2万8480円94銭=同)、200日線(2 万8480円22銭=同)とゴールデンクロスし、地合いの強さがうかがえる。 一方、25日線からの乖離率が7.62%と前日(7.25%)を上回ったほか、東 証1部の騰落レシオが149.06%と高水準を継続。過熱感も示されており、目先は調 整リスクもくすぶる。 <15:34> 新興市場はマザーズが続伸、ジャスダックは反発...

〔マーケットアイ〕株式:新興市場はマザーズが続伸、ジャスダックは反発

<15:34> 新興市場はマザーズが続伸、ジャスダックは反発   新興株市場は、東証マザーズ指数が3日続伸し、日経ジャスダック平均が反発した。 マザーズ総合は前営業日比0.51%高。好決算を手がかりにビジョナル が 買われたほか、セルソース が上場来高値となった。メルカリ もしっかり 。一方、前日まで連騰していたキャリア はストップ安。BASE も軟調 だった。 日経ジャスダック平均は前営業日比0.38%高。増資を発表した出前館 が 買われたほか、東映アニメーション が反発した。半面、日本マクドナルドホール ディングス やシンバイオ製薬...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「下影陽線」、5日移動平均線が支持線

<16:30> 日経平均・日足は「下影陽線」、5日移動平均線が支持線 日経平均・日足は下ヒゲを伴う高値引けの「下影陽線」となった。日経平均は9月入 りしてから2300円以上、上昇しているため高値警戒感が意識されるが、経済再開や政 局への期待感で下値も底堅い。利益確定売りに押される場面があれば、5日移動平均線( 3万0186円95銭=13日)が支持線として意識されそうだ。 <16:00> 新興市場はまちまち、売り買いが拮抗 海外勢の物色は継続 新興株市場はまちまち。東証マザーズ指数は続伸、日経ジャスダック平均は反落した 。決算などを材料視...

〔マーケットアイ〕株式:新興市場はまちまち、売り買いが拮抗 海外勢の物色は継続

<16:00> 新興市場はまちまち、売り買いが 拮抗 海外勢の物色は継続 新興株市場はまちまち。東証マザーズ指数は続伸、日経ジャスダック平均は反落した 。決算などを材料視した個別物色が活発化した一方、前週までに大幅上昇となった個別雌 株では利益確定売りの動きがみられた。市場では「海外投資家に好まれるようなIT関連 をはじめとする銘柄はしっかり。海外勢の物色は継続しているようだ」(国内証券)との 声が聞かれた。 マザーズ総合は前営業日比0.34%高。個別では、セルソース 、メルカ リ 、日本電解 などしっかり。ENECHANGE はストッ...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「大陽線」、200日線を上回り基調転換

<16:30> 日経平均・日足は「大陽線」、200日線を上回り基調転換 日経平均・日足は「大陽線」となった。わずかな上ヒゲを伴う陽の寄り付き坊主で、 先高見込みが示された。終値(2万8451円02銭=1日)は上値抵抗線として意識さ れていた200日移動平均線(2万8281円96銭=同)を上回り、基調の転換が確認 された。 <16:15> 新興株式市場は3日続伸、日経平均大幅高で巻き返し 新興株式市場はしっかり。東証マザーズ指数、日経ジャスダック平均はともに3日続 伸となった。朝方はさえない動きとなっていたが、後場は東証1部の流れに連れ高...

〔マーケットアイ〕株式:新興株式市場は3日続伸、日経平均大幅高で巻き返し

<16:15> 新興株式市場は3日続伸、日経平均 大幅高で巻き返し 新興株式市場はしっかり。東証マザーズ指数、日経ジャスダック平均はともに3日続 伸となった。朝方はさえない動きとなっていたが、後場は東証1部の流れに連れ高する展 開となった。市場では「日本株の見直しが新興市場にも広がっている。特にマザーズ銘柄 は割安感があるため、先週からの買いが継続している」(国内証券)との声が聞かれる。 マザーズ総合は前営業日比0.07%高。個別では、グローバルウェイ 、 HENNGE 、ナノキャリア などが商いを伴い上昇。すららネット < 3998...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陽線」、終値が25日平均線を上回る

<15:50> 日経平均・日足は「小陽線」、終値が25日平均線を上回る 日経平均・日足は「小陽線」となった。上ヒゲを伴う「陽の寄り付き坊主」となり、新たにマドを空け て出現しただけに、基調が強いことを示している。これまで上値の節目として意識されていた25日移動平 均線(2万7664円14銭=24日現在)を終値が上回ったことも、調整が一巡したと印象付けるところ だ。 ただ、一目均衡表の「雲」領域には距離を残しており、本格的なリバウンド相場に向かうためには、2 5日平均線の上方で値固めすることが必要と言えよう。12日の直近戻り高値2万8279...

〔マーケットアイ〕株式:新興株式市場はしっかり、個人投資家にマインド回復の声も

<15:15> 新興株式市場はしっかり、個人投資家にマインド回復の声も 新興株式市場はしっかり。東証マザーズ指数、日経ジャスダック平均がいずれも続伸 した。市場では「新興株式市場にようやく底打ちの気配が出て、個人投資家のマインド回 復の兆候が感じらるようになった」(国内証券)との声が聞かれる。 きょうジャスダック市場に新規上場したタンゴヤ は公開価格を6.43%上 回る1703円で初値を付けた後、軟調に推移。 マザーズ総合は前営業日比0.76%高。個別では、インティメート・マージャー<7 072.T>がストップ高となり、直近IPOフューチャーリンクネットワーク...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陽線」、底値もみあいの上限値を上回る

<15:35> 日経平均・日足は「小陽線」、底値もみあいの上限値を上回る 日経平均日足は上ヒゲを伴う「小陽線」となった。2日続けて寄り付き「坊主」とな り、下値に対する不安が後退していることを示したほか、直近の底値圏でのもみあいにお けるレンジ上限にあたる2日の戻り高値2万7834円60銭を更新しており、チャート 上ではリバウンドが読めるようになっている。 ただ、200日移動平均線(2万7927円46銭=6日現在)に押し戻される動き となり、依然として上値の重さも意識されている状況。本格的な反発に転じるには、同線 を終値で上回る必要がありそうだ...

〔マーケットアイ〕株式:新興株式市場はまちまち、マザーズは連日の薄商い

<15:10> 新興株式市場はまちまち、マザーズは連日の薄商い 新興株式市場はまちまち。東証マザーズ指数が小反発したが、日経ジャスダック平均 は続落した。マザーズ市場の売買代金は前日に年初来最低を記録したのに続いて連日の薄 商い。市場では「値崩れした銘柄の追い証発生などもあり、メイン参加者の個人の投資マ インドが悪化している」(国内証券)との声が聞かれる。 マザーズ総合は前営業日比0.17%高。グローバルウェイ が連日のストッ プ高となったほか、ウェルスナビ などが高いが、メルカリ 、すららネッ ト などが軟調に推移した。 日経ジャスダック...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陽線」、5日線上回る 200日線にはなお距離

<15:52> 日経平均・日足は「小陽線」、5日線上回る 200日線にはなお距離 日経平均日足は「小陽線」となった。わずかな上ヒゲを伴う寄り付き坊主で、上昇期 待が示された。5日移動平均線(MA、2万7603円73銭=5日)を上回り下値不安 がやや和らいだが、200日MA(2万7906円37銭=同)にはなお距離を残してお り、早期に回復したいところ。 <15:36> 新興市場は続落、日経平均やTOPIXと対象的な動き 新興株市場は、東証マザーズ指数が3日続落し、日経ジャスダック平均が続落となっ た。小幅ながらプラスだった日経平均や東証株価指数...

〔マーケットアイ〕株式:新興市場は続落、日経平均やTOPIXと対象的な動き

<15:36> 新興市場は続落、日経平均やTOPIXと対象的な動き 新興株市場は、東証マザーズ指数が3日続落し、日経ジャスダック平均が続落となっ た。小幅ながらプラスだった日経平均や東証株価指数(TOPIX)とは対象的な動きと なり、市場では「個人投資家のロスカットが増えているようだ」(国内証券)との声が聞 かれた。 マザーズ総合は前営業日比0.78%安。スペースマーケット が年初来安値 をつけたほか、アイドマ・ホールディングス<7373.Tもさえなかった。一方、グローバル ウェイ 、ヘッドウォータース がストップ高。マクアケ もしっか...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陽線」、20日安値2万7330円15銭を支持線として意識

<15:45> 日経平均・日足は「小陽線」、20日安値2万7330円15銭を支持線として意識 日経平均・日足は上下に長いヒゲを伴う「中陰線」となった。再び200日移動平均線(2万7782 円33銭=28日現在)を割り込み、下値不安を感じさせたが、長めに下ヒゲが抵抗力を示しており、時価 水準は底堅いとの印象も同時に与えている。 20日の直近安値2万7330円15銭が意識されたるが、テクニカル面で同安値が維持できるかどう かが当面のポイント。5月の急落場面も含めて過去3回、2万7500円を割り込んだ後は切り返しに転じ た経緯があることを踏まえると...

〔マーケットアイ〕株式:新興株式市場は軟調、直近IPO中心に売り優勢の展開

<15:10> 新興株式市場は軟調、直近IPO中心に売り優勢の展開 新興株式市場は軟調。東証マザーズ指数は続落、日経ジャスダック平均は反落した。市場では「全体の 地合いが悪化する中で、直近IPOを中心に売り優勢の展開になった」(国内証券)との声が聞かれる。 きょうマザーズ市場に新規上場したブレインズテクノロジー は公開価格の2.33倍となる4 165円で初値を形成した後は、値を消す動きとなった。 マザーズ総合は前営業日比3.48%安。前日に新規上場したサーキュレーション が下落した ほか、Enjin 、ラキール も軟調。BCC も急反落...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陽線」、200日線を引き続き上回る

<15:45> 日経平均・日足は「小陽線」、200日線を引き続き上回る 日経平均・日足は上下にヒゲを伴う「小陽線」となった。前日に続いて200日移動 平均線(2万7759円57銭=27日現在)を上回り、急落局面以降、強めていた下値 不安感を和らげている。 今回の足は気迷いを示す「コマ」に準じるものの、2日連続して戻りを演じながら弱 さを感じさせる「陰線」だっただけに、心理的にも弱気が後退したことを示した格好。こ のまま200日線が支持線として機能すれば、リバウンドに対する期待を膨らませること になりそうだ。 <15:10> 新興株式市場...

〔マーケットアイ〕株式:新興株式市場はまちまち、参加者減り見送りムード

<15:10> 新興株式市場はまちまち、参加者減り見送りムード 新興株式市場はまちまち。東証マザーズ指数は反落、日経ジャスダック平均は続伸し た。市場では「個人投資家に物色意欲が感じられず、日々参加者が減っているようだ。見 送りムードに支配されている」(国内証券)との声が聞かれる。 きょうマザーズ市場に新規上場したサーキュレーション は公開価格を77. 07%上回る3205円で初値を付け、その後も上値を追う展開となった。 マザーズ総合は前営業日比0.45%安。グローバルウェイ が連日のストッ プ高となったほか、BCC もストップ高。半面...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陽線」、25日線を下回る

<16:30> 日経平均・日足は「小陽線」、25日線を下回る 日経平均・日足は上下に短いヒゲを伴う「小陽線」。気迷いを示す形状となった。終 値(2万8608円49銭=14日現在)は一目均衡表の雲(2万8719円37銭─2 万8796円96銭=同)を下抜けたほか、25日移動平均線(2万8768円01銭= 同)を下回った。依然として上値の重さが意識されている。 <16:15> 新興株式市場はまちまち、個別物色が中心 新興株式市場はまちまち。東証マザーズ指数が反発したものの、日経ジャスダック平 均は小幅に反落した。直近IPO銘柄の一角が物色されたほか...

〔マーケットアイ〕株式:新興株式市場はまちまち、個別物色が中心

<16:15> 新興株式市場はまちまち、個別物 色が中心 新興株式市場はまちまち。東証マザーズ指数が反発したものの、日経ジャスダック平 均は小幅に反落した。直近IPO銘柄の一角が物色されたほか、好決算が期待される銘柄 に買いがみられた。 マザーズ総合は前営業日比0.50%高。個別では、プレミアアンチエイジング<493 4.T>、日本電解 、ステムセル研究所 などしっかり。ベイシス 、 メタップス 、Macbee Planet はさえない。 日経ジャスダック平均は前営業日比17銭安と小幅に反落。シンバイオ製薬 、ファブリカコミュニケーションズ...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「短陽線」、「トウバ」形成で上値の重さ再確認

<15:40> 日経平均・日足は「短陽線」、「トウバ」形成で上値の重さ再確認 日経平均・日足は上ヒゲを伴う寄り付きがほぼ「坊主」の「短陽線」。実体部分がほとんどない「トウ バ」を形成したことで、動きが不安定な様子をうかがわせている。25日移動平均線(2万8778円10 銭=13日現在)に押し戻されたほか、2万9000円近辺に位置する5月急落以降の右肩下がりの上値抵 抗線が意識されるなど、時価水準より上値は重いと印象付けた。 さらに上値を追うには、終値で25日線を回復するほか、一目均衡表の「雲」領域からの上放れを鮮明 にすることが必要。目先底打...

〔マーケットアイ〕株式:新興株式市場はまちまち、直近IPOに値幅取り狙い目立つ

<15:10> 新興株式市場はまちまち、直近IPOに値幅取り狙い目立つ 新興株式市場はまちまち。東証マザーズ指数は反落したものの、日経ジャスダック平均は続伸。市場で は「1部市場のエネルギー不足が気にされる中で、値の軽い直近IPOで値幅取りを狙う動きが目立つ」( 国内証券)との声が聞かれる。 マザーズ総合は前営業日比0.49%安。個別では、プレミアアンチエイジング が大幅高とな ったほか、ベイシス が連日のストップ高。コラントッテ も堅調だったものの、メルカリ< 4385.T>、日本電解 などがさえない。 日経ジャスダック平均は前営業日比...

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up