for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

オンコリスバイオファーマ株式会社

4588.T

現在値

1,934.00JPY

変化

15.00(+0.78%)

出来高

135,200

本日のレンジ

1,912.00

 - 

1,935.00

52週レンジ

724.00

 - 

4,410.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
1,919.00
始値
1,919.00
出来高
135,200
3か月平均出来高
8.91
高値
1,935.00
安値
1,912.00
52週高値
4,410.00
52週安値
724.00
発行済株式数
14.21
時価総額
27,474.98
予想PER
-29.62
配当利回り
--

次のエベント

Dividend For 4588.T - 0.0000 JPY

適時開示

その他

Oncolys Biopharma says exercise of options

Oncolys Biopharma says exercise of options

Oncolys Biopharma says exercise of options

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

オンコリスバイオファーマ株式会社とは

オンコリスバイオファーマの事業セグメントは、医薬品事業と検査薬事業の2つである。【事業内容】医薬品事業は、医薬品の研究・開発・製造・販売を事業目的とし、検査薬事業は、検査薬の研究・開発・製造・販売及び検査機器の開発・製造・販売ならびに検査サービスの提供を事業目的としている。同社は、ウイルス遺伝子改変技術を活用した新規がん治療薬、新規がん検査薬の開発を行い、さらにHIVやHBVの新たな治療薬の開発を行う。主要なパイプラインは、腫瘍溶解ウイルスOBP-301(テロメライシン)、エピジェネティックがん治療薬OBP-801、HIV感染症治療薬OBP-601(Censavudine)、検査薬テロメスキャンを含む。

業種

Biotechnology & Drugs

連絡先

Toranomon Towers Office

4-1-28, Toranomon

+81.3.54721578

https://www.oncolys.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Yasuo Urata

President, Representative Director

Yasushi Rokutanda

Managing Director, Director of Accounting

Naoki Kobayashi

Executive Director

Yasunari Kashihara

Director of License, Director

Keiji Yoshimura

Director

統計

株価売上高倍率(過去12カ月)
--
株価売上高倍率(過去12カ月)
39.81
株価純資産倍率(四半期)
7.50
株価キャッシュフロー倍率
--
総負債/総資本(四半期)
14.61
長期負債/資本(四半期)
10.93
投資利益率(過去12カ月)
-25.45
自己資本利益率(過去12カ月)
-24.10

最新ニュース

最新ニュース

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足はほぼ「十字線」、気迷い 5日線が上値抑える

<16:08> 日経平均・日足はほぼ「十字線」、気迷い 5日線が上値抑える   日経平均・日足は、ほぼ「十字線」。上ヒゲ・下ヒゲともに相対的に長く、投資家の気迷いを表してい る。前日に続き5日移動平均線(2万0507円09銭=28日)で上値を抑えられた。 「米国のダウ平均株価 は節目の2万5500ドル近辺を維持しているが、ここを割り込んでくる ようだと、日本株も下値を模索する可能性が高い」(国内証券)との声が聞かれた。その場合、日経平均は 8月6日につけた直近安値(2万0110円76銭)を割り込み、2万円をうかがう展開もあり得るという...

再送-〔マーケットアイ〕株式:新興株市場は軟調、豪雨関連や直近IPO銘柄には買い

(時間を修正しました) [東京 28日 ロイター] - <15:52> 新興株市場は軟調、豪雨関連や直近IPO銘柄には買い 新興株市場は軟調。日経ジャスダック平均が6日続落、東証マザーズも3日続落となった。流動性が低 い新興株は軟調だったが、九州豪雨に絡んで復旧関連銘柄が物色されたほか、直近IPO銘柄への買いも目 立った。 ジャスダック市場ではアテクト 、カルナバイオサイエンス 、太洋物産 などが 大幅安。ワークマン が上昇。九州地方の豪雨に絡み、インフラの復旧需要増加への思惑から麻生フ オームクリート やヤマウ なども買われた。 マザーズ...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「短陰線」、雲領域の圧迫続く

<15:31> 日経平均・日足は「短陰線」、雲領域の圧迫続く   日経平均・日足は「短陰線」。一目均衡表の雲領域(2万1323円97銭―2万1 557円19銭)が上値をブロックする状態が続いている。先行き雲領域は下方に張り出 してくるため圧迫感が強い。ここで跳ね返されると再び下値を試す展開も考えられる。当 面の下値は25日移動平均線(2万1047円76銭=28日)がめどになる。同平均線 が明確に上向くと支持線としての期待感が増す。 <15:18> 新興株市場は続伸、バイオ株が買われる 新興株市場は堅調。日経ジャスダック平均、東証マザーズ...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場は続伸、バイオ株が買われる

<15:18> 新興株市場は続伸、バイオ株が買われる 新興株市場は堅調。日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数がともに続伸した。「 売買は盛り上がりに欠けるが、値動きの良いバイオ株などに個人の資金が集まった」(国 内証券)という。 そーせいグループ 、オンコリスバイオファーマ が買われ、天竜製鋸 も高い。半面、フルッタフルッタ 、中村超硬 は軟調だった。 きょうマザーズ市場に新規上場したリビン・テクノロジーズ は公開価格の2 .3倍で初値を付けたが、大引けはストップ安となった。 <14:05> 日経平均は軟調もみあい、半導体関連はしっかり...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陽線」、終値は75日線上回る

<15:55> 日経平均・日足は「小陽線」、終値は75日線上回る   日経平均・日足は「小陽線」。新たなマド(2万1358円72銭―2万1377円 27銭)を空けて上伸し、終値は75日移動平均線(2万1432円68銭=20日)を 奪回した。ボリンジャーバンドは中央線(2万1045円23銭=同)から拡散する形状 となり、上向きのトレンドが発生する可能性を示唆している。目先の上値は200日移動 平均線(2万1677円02銭=同)がめどになる。 <15:20> 新興株市場は続伸、IPO銘柄の活況続く 新興株市場はしっかり。日経ジャスダック平均...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場は続伸、IPO銘柄の活況続く

<15:20> 新興株市場は続伸、IPO銘柄の活況続く 新興株市場はしっかり。日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数がともに続伸した 。きょうマザーズ市場に新規上場したピアズ は公開価格を約52%上回る水準で 初値を付けた。市場では「日経平均の上昇やIPO銘柄の活況などで個人の物色意欲が回 復している」(国内証券)という。マネジメントソリューションズ 、オンコリス バイオファーマ が高く、サンオータス も買われた。半面、日本テレホン が安く、Kudan もさえない。 <14:09> 日経平均は高値もみあい、上海株高も安心材料 日経平均は...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陽線」、5日線は下向く

<15:34> 日経平均・日足は「小陽線」、5日線は下向く 日経平均・日足は「小陽線」。安寄り後に戻したが、プラス圏に浮上できず上値の重 さは否めない。下降に転じた5日移動平均線(2万1225円18銭=24日)が抵抗線 として意識されている。ボリンジャーバンドは拡散傾向であり、下方へのトレンドが発生 しやすい状況だ。一方、5月14日につけた安値(2万0751円45銭)を割らずに踏 み止まったことで底入れ期待は残している。 <15:20> 新興株市場は軟調、ジャスダック・マザーズが小幅続落 新興株市場は軟調。日経ジャスダック平均、東証マザーズ...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場は軟調、ジャスダック・マザーズが小幅続落

<15:20> 新興株市場は軟調、ジャスダック・マザーズが小幅続落 新興株市場は軟調。日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数がともに小幅続落した 。「個別株を物色する動きは継続しているが、短期投資家が中心で資金の出入りは激しい 」(国内証券)という。SKIYAKI 、オンコリスバイオファーマ が 安く、イメージ情報開発 も売られた。半面、フジタコーポレーション 、 エンバイオ・ホールディングス が高く、エルテス も堅調だった。 <13:28> 日経平均は下げ幅縮小、不動産株が一段高 日経平均は下げ幅縮小。2万1050円付近で推移している...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陰線」、終値は5日線割れ

<15:47> 日経平均・日足は「小陰線」、終値は5日線割れ 日経平均・日足は「小陰線」。新たなマド(2万1209円56銭―2万1266円 98銭)を空けて下放れ、終値は支持線とみられた5日移動平均線(2万1251円76 銭=23日)を割り込んだ。自律反発一巡を感じさせる形状であり、弱気に傾きやすい。 目先の下値は5月14日につけた安値(2万0751円45銭)がめどになる。同安値を 下回ると2番底模索に進む可能性が高まる。一方、上値は75日移動平均線(2万143 9円74銭=23日)がめどになる。 <15:33> 新興株市場は反落、換金売...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場は反落、換金売りが優勢

<15:33> 新興株市場は反落、換金売りが優勢 新興株市場で、日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数がともに反落した。「材料 のある個別株には資金が入るものの、全体は上値の重さが嫌気され、換金売りが優勢だ」 (国内証券)という。オンコリスバイオファーマ 、メルカリ が売られ、 倉元製作所 も軟調だった。半面、そーせいグループ が買われ、ライフネ ット生命保険 、イメージ情報開発 も高い。 <14:00> 日経平均は軟調もみあい、内需系は堅調持続 日経平均は軟調もみあい。2万1100円台で推移している。食料品、小売などの内 需系は堅調持続...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陰線」、短期の天井形成リスク

<15:54> 日経平均・日足は「小陰線」、短期の天井形成リスク 日経平均・日足は「小陰線」。終値は5日移動平均線(2万2193円66銭=24 日)を割らずに踏みとどまったものの、前日の陽線をつつむ足となり、売り買いの勢力逆 転を暗示している。短期的な天井形成のリスクが出てきた。翌日マドを空けて下放れた場 合は「アイランドリバーサル」となり調整色が鮮明になる。目先の下値は12日と15日 に空けたマド下限値(2万1878円78銭)がめどになる。一方、昨年12月3日に付 けた高値(2万2698円79銭)を抜ける強さがあれば、上値余地は広がる...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場はしっかり、IPOのハウテレビジョンは初日値付かず

<15:26> 新興株市場はしっかり、IPOのハウテレビジョンは初日値付かず 新興株市場はしっかり。日経ジャスダック平均は小幅に5日ぶり反発。東証マザーズ 指数は続伸した。「個別の手掛かり材料も少ない中、値動きの良い一部の銘柄に資金が集 まった」(国内証券)という。ソケッツ 、AppBank が高く、環境 管理センター も買われた。半面、ベルグアース が大幅安。アクトコール 、オンコリスバイオファーマ もさえない。きょうマザーズ市場に新規上 場したハウテレビジョン は買い注文が多く、初日は値付かずだった。 <14:18> 日経平均は軟調...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陽線」、短期の天井サイン出現なるか

<15:54> 日経平均・日足は「小陽線」、短期の天井サイン出現なるか 日経平均・日足は「小陽線」。下方に長いヒゲを残したものの、結果的に5日移動平均線(2万220 9円26銭=23日終値)が下値をサポートする形となった。薄商いの中で、同線が抵抗線として機能して おり、きょうも下値の堅さを印象付けた。半面、高値は切り下げている。翌日以降、マドを空けて下放れた 場合、短期的な天井を示すサインとなる「アイランドリバーサル」を形成する恐れもある。売買代金の回復 が高値トライに必要な状況であることに変化はない。 <15:42> 新興株市場はまちまち...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場はまちまち、10連休控え個人投資家の動き鈍い

<15:42> 新興株市場はまちまち、10連休控え個人投資家の動き鈍い 新興株市場はまちまち。日経ジャスダック平均は小幅に4日続落。東証マザーズ指数は小反発した。「 個人投資家も10連休を前に動けない。バイオ関連など物色は局所的なものにとどまった」(国内証券)と いう。個別銘柄ではオンコリスバイオファーマ 、岡本硝子 が急伸。環境管理センター<46 57.T>、UUUM がさえない。 <13:27> 日経平均は小幅安、大引け後の日本電産決算に注目 日経平均は小幅安、2万2200円台前半で推移している。10連休や国内決算企業の決算発表本格化...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陽線」、5日線が下値支持

<15:35> 日経平均・日足は「小陽線」、5日線が下値支持 日経平均・日足は「小陽線」。前営業日の陰線に下方から差し込む形となったが、上下のヒゲは比較的 長く気迷いムードも強い。5日移動平均線(2万2201円64銭=22日終値)が下値を支持している。 同線を下抜けた場合、ボリンジャーバンドのプラス1シグマ(2万2057円08銭=同)や一目均衡表の 転換線(2万1958円43銭=同)が抵抗線として位置づけられそうだ。もっとも東証1部の売買代金は 今年最低となり、市場のエネルギーは低い。年初来高値の更新には、売買代金の回復が必要となる。...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場は軟調、利益確定売り優勢 マザーズは1%超安

<15:31> 新興株市場は軟調、利益確定売り優勢 マザーズは1%超安 新興株市場は軟調。日経ジャスダック平均は3日続落、東証マザーズ指数は反落した。市場からは「今 まで頑張っていた元気のいい銘柄に利益確定売りが出ている」(国内証券)との声が出ていた。個別銘柄で は、窪田製薬ホールディングス 、サンバイオ 、オンコリスバイオファーマ などバ イオ関連が軟調。KeyHolder 、環境管理センター なども売られた。 一方、AppBank はストップ高比例配分。日本ホスピスホールディングス 、ジー エヌアイグループ などは買われた。 <14...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陽線」、200日線上抜け 上昇期待

日経平均・日足は「小陽線」。抵抗線とみられていた200日移動平均線(2万1886円29銭=15日)を上抜けた。ボリンジャーバンドは拡散が始まりつつあり、プラス2シグマに沿う形でバンドウォークとなれば一段の上昇も視野に入る。市場では「週足でも52週移動平均線を抜いた。非常に堅調で2万2000円台半ばを目指していく展開も見込まれる」(証券ジャパンの調査情報部上席次長、野坂晃一氏)との声が出ていた。

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場は反発、東証1部の主力株堅調で安心感

新興株市場で、日経ジャスダック平均は反発、東証マザーズ指数は3日ぶり反発となった。東証1部の主力株が堅調に推移し、投資家心理が好転。「これまで様子見していた個人投資家からの物色も入り始めた」(国内証券)という。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陽線」、200日線が上値抑える

<15:58> 日経平均・日足は「小陽線」、200日線が上値抑える 日経平均・日足は「小陽線」。終値で昨年12月5日以来の高値をつけ、上値指向を 感じさせる足取りだが、今回も200日移動平均線(2万1888円22銭=12日)が 抵抗線として機能した。4月限SQ(特別清算指数)算出に伴う売買を除くと実質的な商 いも低調だ。200日線を明確に抜ければ、中間反騰後の調整一巡が確認され、本格反騰 相場への移行に期待が高まる。一方、同平均線に跳ね返されると、再びレンジ下限の2万 1000円付近まで下値余地が広がってくる。 <15:20> 新興株市場...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場は軟調、オンコリスがストップ安

<15:20> 新興株市場は軟調、オンコリスがストップ安 新興株市場は軟調。日経ジャスダック平均は反落、東証マザーズ指数は続落した。市 場では「個人投資家の人気を集めていたオンコリスバイオファーマ の急反落が投 資家心理を冷ました」(国内証券)という。オンコリスは大引けでストップ安となった。 その他ではASJ 、カルナバイオサイエンス が安く、ジョルダン<3710. T>もさえない。半面、UMNファーマ 、レアジョブ が買われ、UTグル ープ も堅調だった。 <14:11> 日経平均高値もみあい、TOPIXは横ばい圏 日経平均は高値もみあい...

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up