for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

株式会社リボミック

4591.T

現在値

229.00JPY

変化

-33.00(-12.60%)

出来高

3,306,500

本日のレンジ

225.00

 - 

264.00

52週レンジ

225.00

 - 

944.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
262.00
始値
263.00
出来高
3,306,500
3か月平均出来高
73.28
高値
264.00
安値
225.00
52週高値
944.00
52週安値
225.00
発行済株式数
27.96
時価総額
7,213.63
予想PER
-3.05
配当利回り
--

次のエベント

Q3 2022 Ribomic Inc Earnings Release

適時開示

その他

Ribomic Announces Preliminary Topline Data From Phase 2 Trials Of Rbm-007 Eye Disorder Drug

Ribomic Enters License Agreement With Aju Pharma For Rbm-007 In Age-Related Macular Degeneration

Ribomic Announces Positive Top-Line Results From The Phase 1/2A Clinical Trial Of Rbm-007

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

株式会社リボミックとは

リボミックはアプタマー創薬技術に関するプラットフォームである「RiboARTシステム(Ribomic Aptamer Refined Therapeutics System)」をベースとした創薬事業を展開している創薬プラットフォーム系バイオベンチャーである。【事業内容】同社の創薬事業は、自社創薬及び他の製薬企業との共同研究という二つから構成されている。自社創薬とは、一定の開発段階まで自社独自で医薬候補となるアプタマーを開発し、その後、その成果を製薬企業にライセンス・アウトし、契約締結時に受け取る契約一時金、開発進行に伴うマイルストーン収入、及び製品上市後の売り上げに応じたロイヤルティーを得る事業である。これに対し、共同研究とは、アプタマー医薬の研究を提携製薬企業と共同で行い、同社が分担する業務に応じて提携先から支払われる研究費を収入として得る事業である。さらに共同研究では、アドバイザリー契約を除いて、一定の開発段階に達した時点で提携先の製薬企業に同社分の権利をライセンス・アウトし、相応の契約一時金やマイルストーン収入等を得ている。

業種

Biotechnology & Drugs

連絡先

6F, Shirokanedai Usui Bldg.

3-16-13, Shirokanedai

MINATO-KU, TKY

108-0071

Japan

+81.3.34403303

http://www.ribomic.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Masatoshi Fujiwara

Executive Officer, Chief Director of Research Development, Director of Development Research, Director

Masayuki Miyazaki

Executive Officer, Chief Director of Administration, Director

Tomonari Adachi

Executive Officer, Director of Legal, Manager of Internal Audit Office

Kazuaki Aoki

Executive Officer, Director of Expedition Research

Katsunori Miyoshi

Executive Officer, Director of Clinical Development

統計

株価売上高倍率(過去12カ月)
--
株価売上高倍率(過去12カ月)
77.61
株価純資産倍率(四半期)
1.38
株価キャッシュフロー倍率
--
総負債/総資本(四半期)
0.00
長期負債/資本(四半期)
0.00
投資利益率(過去12カ月)
-23.09
自己資本利益率(過去12カ月)
-21.91

最新ニュース

最新ニュース

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「下十字」、引き続き下方硬直性を示す動きに

日経平均・日足は短めの上ヒゲと長いヒゲを伴う「下十字」となった。2万9000円に頭を抑えられたほか、200日移動平均線(2万8829円34銭=30日)を再び割り込んだが、引き続き下方硬直性を示しており、新年相場以降の巻き返しを期待させる動きとなっている。

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場まちまち、ジャスダックは3日続伸で有終の美

新興株式市場はまちまち。東証マザーズ指数は反落、日経ジャスダック平均は3日続伸した。市場では「マザーズがなかなか心理的節目の1000ポイントを上回らない。12月に新規上場した銘柄が指数に加わるまでは、上値の重い展開が続きそうだ」(国内証券)との声が聞かれる。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「中陽線」、5日線が上向きに転じる

<15:45> 日経平均・日足は「中陽線」、5日線が上向きに転じる 日経平均・日足は上下に比較的長いヒゲを伴う「中陽線」となった。チャートの形状 が目先底確認を示す一方、上向きに転じた5日移動平均線(2万8020円32銭=7日 )を大きく上回り、戻り相場の期待を膨らませている。前日の「カブセ線」を上回り、強 い基調をを表す「カブセを抜く」パターンになったことも注目できそうだ。 やや長めの上ヒゲが上値の重さに対して警戒感があることを示唆している。実際に2 万9000円に近づくと戻り売りが厚くなるとみられ、ここからが戻りの正念場になると 言...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「中陽線」、高値引けで「陽の大引け坊主」

<16:15> 日経平均・日足は「中陽線」、高値 引けで「陽の大引け坊主」 日経平均・日足は下に長いヒゲを伴う「中陽線」。後場に上げ幅を拡大し高値引けと なり、形状は上昇期待感を示す「陽の大引け坊主」となった。終値(2万8029円57 銭=3日)は8営業日ぶりに5日移動平均線を回復し、来週以降はしっかりとした展開が 期待できそうだ。 <16:00> 新興市場8日ぶりに反発、売られ過ぎの反動で 上値は重い 新興株市場では、東証マザーズ指数と日経ジャスダック平均が8日ぶりに反落した。 市場では「売られ過ぎの反動できょうは買われているが、上値...

〔マーケットアイ〕株式:新興市場8日ぶりに反発、売られ過ぎの反動 上値は重い

<16:00> 新興市場8日ぶりに反発、売られ過 ぎの反動で 上値は重い 新興株市場では、東証マザーズ指数と日経ジャスダック平均が8日ぶりに反落した。 市場では「売られ過ぎの反動できょうは買われているが、上値は重い。来週からはIPO ラッシュが始まり需給悪化が懸念されるため、楽観視はできない」(国内証券)との声が 聞かれる。 マザーズ総合は前営業日比1.95%高。GRCS 、プレミアアンチエイジ ング 、GMOフィナンシャルゲート などが買われたほか、サイエンスア ーツ はストップ高比例配分となった。リボミック 、JTOWER<4485...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陽線」、上昇トレンド継続に期待残す

<15:54> 日経平均・日足は「小陽線」、上昇トレンド継続に期待残す 日経平均・日足は、上下にヒゲを伴う「小陽線」となった。上ヒゲが長く、戻り売り 圧力の強さをうかがわせる。引き続き主要な移動平均線を大きく下回っており、地合いは 良くない。 一方、東証1部の騰落レシオは節目とされる70を割り込んで69.23%となり、 売られ過ぎが意識される水準。8月20日の年初来安値2万6954円81銭と、10月 6日安値2万7293円62銭を結ぶトレンドラインを終値で辛うじて上回り、上昇トレ ンドの継続に期待を残した。 <15:44> 新興市場は7...

〔マーケットアイ〕株式:新興市場は7日続落、オミクロン株警戒根強い 需給悪化懸念も重し

<15:44> 新興市場は7日続落、オミクロン株警戒根強い 需給悪化懸念も重 し 新興株市場では、東証マザーズ指数と日経ジャスダック平均が7日続落した。新型コ ロナウイルスの変異株「オミクロン」への警戒感が根強い中、IPO(新規株式公開)ラ ッシュを控えて、需給悪化への懸念も重しになった。 マザーズは心理的節目の1000ポイントが意識されるが、市場では「押し目買いを 狙う人もいるため、節目付近では底堅くなるのではないか」(国内証券)との声が聞かれ た。 マザーズ総合は前営業日比3.04%安。ウェルスナビ やそーせいグループ の下げが重しとなった...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「大陰線」、長短移動平均線を大きく下回る

<15:55> 日経平均・日足は「大陰線」、長短移動平均線を大きく下回る 日経平均・日足は短い上ヒゲを伴う大引けがほぼ「坊主」の「大陰線」となった。前 日に下向きに転じた200日移動平均線(2万8943円03銭=30日)をはじめ長短 移動平均線をいずれも大きく下回っており、弱気が支配する動きとなっている。 日々の動きからは下げ止まりの手掛かりが見い出せない状況で、当面は10月6日に 付けた安値2万7528円87銭を維持できるかどうかが注目点になりそうだ。ただ、急 な下げに対して突っ込み警戒感が生じ、自律反発のタイミングを探る可能性もある...

〔マーケットアイ〕株式:新興市場は5日続落、先駆した銘柄に売り急ぎの動き

<15:10> 新興市場は5日続落、先駆した銘柄に売り急ぎの動き 新興株市場は軟調な展開となり、東証マザーズ指数と日経ジャスダック平均が5日続 落した。市場では「地合いの悪化から、先駆した銘柄を売り急ぐ動きが目立つ」(国内証 券)との声が聞かれる。 きょうマザーズ市場に新規上場したボードルア は公開価格を37.5%上回 る2750円で初値を付けた後は、利益確定売りに押され、ストップ安に沈んだ。 マザーズ総合は前営業日比2.26%安。FRONTEO がストップ安比例 配分となったほか、グローバルウェイ アスタリスク 、GRCS などもストップ...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陰線」、ボリンジャーでは反発マグマも

<15:55> 日経平均・日足は「小陰線」、ボリンジャーでは反発マグマも 日経平均・日足は上下にヒゲを伴う「小陰線」となった。上ヒゲが長く、売り圧力の 強さをうかがわせる。日足・一目均衡表の雲の下限(2万8867円96銭=29日)や 主要な移動平均線からの下方乖離を拡大。パラボリックは26日に陰転しており、地合い は良くない。一方、ボリンジャーバンドでは、マイナス2シグマ(2万8476円31銭 =同)を下回り、反発のマグマがたまってきている。 <15:40> 新興市場は4日続落、新型コロナ変異株を警戒し「神経質」に 新興株市場は、東証マザーズ...

〔マーケットアイ〕株式:新興市場は4日続落、新型コロナ変異株を警戒し「神経質」に

<15:40> 新興市場は4日続落、新型コロナ変異株を警戒し「神経質」に 新興株市場は、東証マザーズ指数と日経ジャスダック平均が4日続落した。市場では 「市場のボラティリティーが高く、値幅の出やすい新興株に投資家は神経質になった」( 国内証券)との声が聞かれた。 マザーズ総合は前営業日比2.91%安。FRONTEO がストップ安とな ったほか、フリー 、そーせいグループ などの下げが指数の重しとなった 一方、Appier Group はしっかり。リボミック はストップ 高となった。 日経ジャスダック平均は前営業日比1.40%安。シンバイオ...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陽線」、5日線が引き続き下値サポートか

<16:50> 日経平均・日足は「小陽線」、5日線が引き続き下値サポートか 日経平均・日足は上下にわずかなヒゲを伴う「小陽線」。強もちあいとなり、心理的な節目の2万30 00円手前では上値の重さが意識された。市場では「短期的には買いシグナルが多くみられるものの、中期 的にはボックス相場が継続している。加えて、売買代金が伴っていないため買い圧力は限定的で上値を追え ない。目先の支持線としては、引き続き5日移動平均線(2万2627円47銭=15日)が意識される」 (国内証券)との声が出ていた。 <16:00> 新興株は反発、IPOは2銘柄が...

〔マーケットアイ〕株式:新興株は反発、IPOは2銘柄が値付かず

<16:00> 新興株は反発、IPOは2銘柄が値付かず 新興株市場で、日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数はともに反発した。日経平均が前営業日比3 50円超高となったことを受け、新興株も連れ高となったほか、前日発表された決算を材料視した個別物色 も目立った。きょう新規上場した3銘柄のうち、2銘柄は買い注文が多く、初日値付かずだった。 ジャスダック平均は0.58%高で取引を終了した。個別では、インターライフホールディングス<141 8.T>、不二精機 、ワークマン が上昇。ケイブ 、Speee 、イマジニア は下落した。 マザーズ指数は...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「中陽線」、終値が5日線と25日線を上回る

<16:30> 日経平均・日足は「中陽線」、終値が5日線と25 日線を上回る 日経平均・日足はわずかな下ヒゲを伴う「中陽線」。高値引けとなり、上昇期待感を示す「陽の大引け 坊主」となった。終値は5日移動平均線(2万2531円64銭=13日)と25日移動平均線(2万24 36円80銭=同)を上回り、短期的には安心材料となりそうだ。 <16:00> 新興株市場はしっかり、決算などの材料を手掛かりとした物色が継続 新興株市場で、日経ジャスダック平均は反発、東証マザーズ指数は続伸した。市場では「東証1部での 上昇を好感し、新興株でも上値を追う展開...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場はしっかり、決算などの材料を手掛かりとした物色が継続

<16:00> 新興株市場はしっかり、決算などの材料を手掛かりとした物色が継続 新興株市場で、日経ジャスダック平均は反発、東証マザーズ指数は続伸した。市場では「東証1部での 上昇を好感し、新興株でも上値を追う展開となった。個別では、決算などの材料を手掛かりとした動きがみ られた」(国内証券)との声が出ていた。 ジャスダック平均は0.59%高で取引を終了した。個別では、テラ 、ワークマン 、 東洋合成工業 が買われた。プロルート丸光 、テクノホライゾン・ホールディングス<6629. T>、10日に上場したSpeee は売られた。 マザーズ...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「中陰線」、5日線下回る 健全な調整との見方

<16:20> 日経平均・日足は「中陰線」、5日線下回る 健全な調整との見方 日経平均・日足は「中陰線」。下ヒゲがほとんどない「大引け坊主」の形状で、終値はこれまで下値サ ポートとして機能していた5日移動平均線(2万2946円14銭=11日)を下回った。このところ騰落 レシオや25日移動平均線からの上方かい離率など複数の指標が強い過熱感が示唆していたこともあり、健 全な調整との見方も出ている。 一方、200日移動平均線(2は万1741円19銭=同)は上向きで、長期的な上昇トレンドは維持 されている。6月8日から10日まで3日連続で高値となった...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場は5日ぶり反落、利益確定売り広がる

<15:49> 新興株市場は5日ぶり反落、利益確定売り広がる  新興株市場で、日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数はともに5日ぶり反落した。マザーズ指数は 前場の取引時間中に連日の年初来高値更新となった後、マイナス圏に転じた。東証1部の大型株が全般的に 弱含む中、個人投資家を中心に利益確定売りが広がった。 マザーズ指数は2.82%安。リボミック は一時ストップ安。FRONTEO は大幅 続落。アンジェス 、メルカリ など時価総額上位銘柄も軟調。一方、ナノキャリア はストップ高比例配分。アイ・ピー・エス 、カイオム・バイオサイエンス は...

ホットストック:リボミックは買い気配、新型コロナ治療用アプタマー開発を材料視

リボミックは買い気配。12日、新型コロナウイルス感染症の治療用アプタマーの開発を始めたと発表し、材料視されている。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陰線」、25日線を割り込む

<15:45> 日経平均・日足は「小陰線」、25日線を割り込む 日経平均・日足は「小陰線」。ローソク足の形状は弱もちあいを示しているが、最近では比較的大きな 陰線となっている。終値は25日移動平均線(2万1023円43銭=18日)を割り込み、節目の2万1 000円も下回ったことで下値余地が広がったとの見方が出ている。6月11日終値(2万1204円28 銭)を高値に短期調整局面入りした可能性もある。 <15:06> 新興株市場は軟調、マザーズは2%超の下げ幅 新興株市場は軟調。日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数はともに続落。マザース指数...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場は軟調、マザーズは2%超の下げ幅

<15:06> 新興株市場は軟調、マザーズは2%超の下げ幅 新興株市場は軟調。日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数はともに続落。マザース指数は2%超の 下げとなった。「材料のある小型株は物色されているが、東証1部の大型株が軟調な中、新興株市場も全体 的に買いづらい」(ネット系証券)との声が出ていた。 個別銘柄では、チームスピリット 、Kudan 、リボミック 、ジェイ・エス コムホールディングス など軟調。半面、地域新聞社 がストップ高比例配分。多摩川ホール ディングス 、サン電子 は年初来高値更新。メドピア なども買われた。 <12...

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up