for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

サンバイオ株式会社

4592.T

現在値

2,171.00JPY

変化

71.00(+3.38%)

出来高

4,230,600

本日のレンジ

1,987.00

 - 

2,210.00

52週レンジ

963.00

 - 

4,620.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
2,100.00
始値
2,110.00
出来高
4,230,600
3か月平均出来高
15.72
高値
2,210.00
安値
1,987.00
52週高値
4,620.00
52週安値
963.00
発行済株式数
51.79
時価総額
108,749.30
予想PER
-18.59
配当利回り
--

次のエベント

Dividend For 4592.T - 0.0000 JPY

適時開示

その他

SanBio Says U.S. FDA Granted Regenerative Medicine Advanced Therapy Designation For SB623

SanBio says exercise of options

SanBio says exercise of options

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

サンバイオ株式会社とは

サンバイオグループは、主に他家幹細胞を用いた再生細胞事業を行う。【事業内容】米国に研究開発の主たる拠点を構え、日米において再生細胞医薬品の研究、開発、製造及び販売を行う。主に中枢神経係の疾患における、アンメットメディカルニーズの高い疾患を対象とした治療薬の販売を目指す。大学等の研究機関から導入した技術の製造開発、非臨床試験、臨床試験等を実施し、医薬品の販売網を有するパートナー製薬会社に開発権及び販売権をライセンス許諾する。再生細胞薬は、主たる製品候補のSB623(神経再生細胞、適応疾患は慢性期脳梗塞、慢性期外傷性脳損傷、慢性期脳出血、加齢黄斑変性、網膜色素変性、脊髄損傷、パーキンソン病、アルツハイマー病等)、SB618(機能強化型・間葉系幹細胞、適応疾患は末梢神経障害等)、SB308(筋肉幹細胞、適応疾患は筋ジストロフィー等)、MSC1(間葉系幹細胞、適応疾患はがん疾患等)、MSC2(間葉系幹細胞、適応疾患は炎症性疾患等)の5種類である。

業種

Biotechnology & Drugs

連絡先

32F, St. Luke Tower, 8-1, Akashi-cho

CHUO-KU, TKY

104-0044

Japan

+81.3.62643481

https://www.sanbio.jp/

エグゼクティブリーダーシップ

Toru Kawanishi

Chairman of the Board, Executive Officer, Representative Director

Keita Mori

President, Executive Officer, Chairman of Subsidiary, Representative Director

Akihiro Tsujimura

Senior Managing Director, Executive Officer, Chief Executive Officer of Subsidiary

Yoshihiro Sumiya

Executive Officer, Director of Business Administration

Hiroshi Yamamoto

Executive Officer, Director of Business

統計

2.83 mean rating - 6 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, JPY)

2018

0.0K

2019

0.0K

2020

0.0K

2021(E)

0.0K
EPS (JPY)

2018

-86.850

2019

-60.170

2020

-100.910

2021(E)

-116.766
株価売上高倍率(過去12カ月)
--
株価売上高倍率(過去12カ月)
5,588.93
株価純資産倍率(四半期)
12.06
株価キャッシュフロー倍率
--
総負債/総資本(四半期)
44.35
長期負債/資本(四半期)
21.06
投資利益率(過去12カ月)
-43.49
自己資本利益率(過去12カ月)
-39.31

最新ニュース

最新ニュース

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陰線」、25日線が下値サポート

<16:20> 日経平均・日足は「小陰線」、25日線が下値サポート 日経平均・日足は上下にヒゲを伴う「小陰線」。終値は5日移動平均線(2万3443円12銭=17 日)を下回った一方、25日移動平均線(2万3202円28銭=同)が下値サポートとして機能した。為 替の円高が上値を重くしており、当面は5日移動平均線と25日移動平均線の間での調整局面となるとみら れている。 <16:00> 新興株市場は反落、直近IPO銘柄売られる 新興株市場で、日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数ともに反落した。直近上昇銘柄や、IPO銘 柄を中心に利益確定売...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場は反落、直近IPO銘柄売られる

<16:00> 新興株市場は反落、直近IPO銘柄売られる 新興株市場で、日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数ともに反落した。直近上昇 銘柄や、IPO銘柄を中心に利益確定売りが出た。市場では「来週からは約1カ月ぶりに IPOが再開する。待ち構えている個人投資家が、直近IPO銘柄を中心に換金売りをし た可能性がある」(国内証券)との声が出ていた。 日経ジャスダック平均は0.11%安。個別では、Nuts が値下がり率ト ップ。東京地裁から破産手続き開始決定を受けたことで、売りが殺到した。テラ 、ブロードバンドタワー も売られた。No.1 、...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陽線」、5日線を上回る

<15:53> 日経平均・日足は「小陽線」、5日線を上回る 日経平均・日足は上下にヒゲを伴う「小陽線」。5日移動平均線(2万3426円34銭=16日)が 引き続き下値支持線として機能した。下値不安がやや後退したとの印象を与えているが、騰落レシオ(東証 1部、25日平均)は114.60%。やや過熱ゾーンに接近しており、高値警戒感が意識されている。 <15:22> 新興株市場は堅調、マザーズ指数2%超高 サンバイオが高い 新興株市場で、日経ジャスダック平均は5日続伸、東証マザーズ指数は続伸した。マザーズ指数は終値 ベースで、2018年4月以来...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場は堅調、マザーズ指数2%超高 サンバイオが高い

<15:22> 新興株市場は堅調、マザーズ指数2%超高 サンバイオが高い 新興株市場で、日経ジャスダック平均は5日続伸、東証マザーズ指数は続伸した。マザーズ指数は終値 ベースで、2018年4月以来の高値となった。 マザーズ指数はほぼ高値引け。2.51%高で取引を終了した。最近、米国株市場のナスダック総合指 数との連動性が高くなっているといい、「前日のナスダック指数が上昇したことが買い安心感につながって いる」(ストラテジスト)との声も出ていた。 個別では、サンバイオ 、ステムリム がストップ高比例配分。メドレー が買わ れた。菅義偉自民党総裁...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陽線」、上昇期待感を維持

<15:57> 日経平均・日足は「小陽線」、上昇期待感を維持 日経平均・日足は「小陽線」。2万3500円付近の上値の重さが意識されるものの、ローソク足は上 昇期待をにじませる。5日移動平均線(2万3337円74銭=15日)は下値サポートとして機能した。 25日移動平均線(2万3174円23銭=同)や75日移動平均線(2万2717円96銭=同)は 右肩上がり。現行水準からの上値追いには追加の買い材料が必要とみられるものの、中長期では上昇トレン ドの維持を示唆している。 <15:46> 新興株市場は堅調、値動きのいい銘柄に資金 「地合い悪くない...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場は堅調、値動きのいい銘柄に資金 「地合い悪くない」

<15:46> 新興株市場は堅調、値動きのいい銘柄に資金 「地合い悪くない」  新興株市場は堅調。日経ジャスダック平均は4日続伸、東証マザーズ指数は反発した。「東証1部の大 型株が下落する中、値動きのいい中小型株に資金が向かった。個人投資家の回転売買は効いており、地合い は悪くない」(ストラテジスト)との声が出ていた。 マザーズ指数は2.05%高で取引を終了。サンバイオ がストップ高比例配分。オークファン は年初来高値更新。ティアンドエス やSun Asterisk など直近IPO 銘柄も買われた。 ジャスダック市場では、小僧寿し 、歯愛...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陰線」、2万円を目前にして強弱感が対立

<15:35> 日経平均・日足は「小陰線」、2万円を目前にして強弱感が対立 日経平均・日足は上下に短いヒゲを伴う「小陰線」。前日の「中陽線」の実体部分にすっぽり収まった 「はらみ線」となったほか、形状は「コマ」を示すなど、気迷いの強さを感じさせている。心理的な戻りの 節目である2万円に接近し上値に対して慎重となる一方、25日移動平均線(1万8575円72銭=20 日現在)を上回るなど、上向きのシグナルも点灯するなど、時価水準では強弱感が対立する様子だ。 一目均衡表では、遅行線(本日終値と同値)が日足の上位へ抜け出したが、今後、日足は厚い...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場は上値追い、日経ジャスダック平均は11日続伸

<15:25> 新興株市場は上値追い、日経ジャスダック平均は11日続伸 新興株市場は、堅調。日経ジャスダック平均は11日続伸、東証マザーズ指数は6日続伸した。市場で は「引き続き個人投資家の参戦が目立っており、新型コロナ関連株を中心に目先狙いの資金を誘っている」 (国内証券)との声が聞かれる。 マザーズでは、サイバーセキュリティクラウド が連日のストップ高となったほか、エードット 、松屋アールアンドディ 、ドラフト もストップ高。アンジェス も堅調に 推移した。半面、サンバイオ がさえない。 ジャスダックでは、イメージ情報開発 が連日の...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「中陽線」、戻りの節目更新しリバウンド相場に期待

<15:45> 日経平均・日足は「中陽線」、戻りの節目更新しリバウンド相場に期待 日経平均・日足はほぼ「中陽線」。上値の戻りの節目として強く意識されていた3月25日の高値1万 9564円38銭を更新した。ペナントフラッグ型のチャートパターンを構成していただけに、そこから上 放れる格好となったことによりリバウンド相場への期待を膨らませている。 ここからは心理的な上値抵抗線となる2万円を目指していくことになるが、このほか上値目標としては 、新型コロナショックで押した幅の半値戻しの水準(2万0237円07銭)や、3月6日と9日に空けた マドの...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場は堅調、幅広い銘柄に買い アンジェスはストップ高

<15:30> 新興株市場は堅調、幅広い銘柄に買い アンジェスはストップ高 新興株市場で、日経ジャスダック平均は7日続伸、東証マザーズ指数は続伸した。日経平均が反発し、 新興株市場でも幅広い銘柄が買われた。時価総額上位銘柄が買われたほか、医療や在宅勤務関連の銘柄でも 物色が目立った。一方、前日物色された直近IPO銘柄の一部では、利益確定売りもみられた。 ジャスダック市場では、ワークマン 、出前館 、セリア 、東洋合成工業<4970. T>が上昇。前日ストップ高となった文教堂グループホールディングス は下落。ニューテック<6734. T>...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「中陽線」、「三割高下に向かえ」通りになるか注目

<15:45> 日経平均・日足は「中陽線」、「三割高下に向かえ」通りになるか注目 日経平均・日足は「中陽線」。テクニカルは「破たん」した状態が続いており、「陰の極」を示すサイ ンが点灯し続ける状態に変わりがない。そうした中で注目できるのは、1月17日の昨年来高値2万411 5円95銭から30%押した水準(1万6881円16銭)を下回った後、同じ状態となった13日に続い て鋭角的な切り返しを演じた点だ。現時点においては「三割高下に向かえ」という相場格言が生きる動きと なっている。 3割安の水準は苛烈な暴落相場においても、いったんは下げ止まった...

〔マーケットアイ〕株式:新興株はプラス圏、新規上場3銘柄は売られる

<15:20> 新興株はプラス圏、新規上場3銘柄は売られる 新興株市場で、日経ジャスダック平均は続伸、東証マザーズ指数は反発となった。市場からは「前回換 金売りで大幅に下がった銘柄を中心に買い戻しが入った。日経平均は荒い値動きとなったが、ジャスダック やマザーズは比較的しっかりしる」(国内証券)との声が出ていた。きょうは3銘柄が新規上場するも、い ずれも公開価格を下回り、さえない展開となった。「IPO銘柄は需給面が弱いときに売られる傾向がある 。きょうのように売り気配で始まり公開価格を下回るようでは、買いは集まらない」(同)という。 ジャスダック...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場は3日続落、マザーズ指数は5%超安

<16:46> 新興株市場は3日続落、マザーズ指数は5%超安  新興株市場で、日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数は大幅に3日続落。東証1部の大型株が大幅 安となる中、小型株も売りに押される展開となった。 マザーズ指数は5.75%安。そーせいグループ 、サンバイオ 、ラクス など 時価総額上位銘柄が軟調。ハウテレビジョン はストップ安比例配分。エコモット はストッ プ高比例配分。アンジェス 、トビラシステムズ も買われた。 きょうマザーズ市場に新規上場したフォースタートアップス は公開価格を8.02%下回る1 628円で初値を形成。2000...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場は4日続落、東証マザーズ6%超安 リスクオフムードが広がる

<16:30> 新興株市場は4日続落、東証マザーズ6%超安 リスクオフムードが広がる 新興株市場で、日経ジャスダック平均と東証マザーズ指数は大幅に4日続落。それぞれ5.64%安、 6.28%安となった。リスクオフムードが広がる中で買い意欲に乏しく、幅広い銘柄が売りに押された。 マザーズ市場においては値上がりは7銘柄にとどまった。 ジャスダック市場では、ワークマン 、日本マクドナルドホールディングス 、ホロン が下落。フィスコ 、チエル 、出前館 は上昇。 マザーズ市場では、フリー 、BASE 、サンバイオ が下落。メルカリ <4385...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「中陽線」、5日線が戻りの抵抗ラインに

<15:50> 日経平均・日足は「中陽線」、5日線が戻りの抵抗ラインに 日経平均・日足は上下にごく短いヒゲを伴う「中陽線」。戻り歩調となったものの、5日移動平均線( 2万2123円77銭=4日現在)を捉えることができず、引き続き警戒感が強いことを示している。同線 が戻りの抵抗ラインとして意識されており、強めの足を引きながらも自律反発の域を出ていない。 明確に底打ちと意識させるためには、終値で5日線を上回る必要がある。これを上回った場合は、1月 24日と27日に空けたマドの下限値(2万3463円89銭、1月27日高値)が次の戻りの目安として...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場は堅調、値ごろ感で買い 新型肺炎銘柄は大幅安

<15:15> 新興株市場は堅調、値ごろ感で買い 新型肺炎銘柄は大幅安 新興株市場で、日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数はそれぞれ反発した。ジャスダックは一時下 げに転じる場面もあったが、総じてしっかりと推移した。ジャスダックに多い新型肺炎関連銘柄はきょう軟 調だった。市場からは「薄商いではあったが、決算を材料視した物色や、値ごろ感が出た銘柄の物色が目立 った」(国内証券)との声が出ていた。 ジャスダック市場では、大日光・エンジニアリング がストップ高、イナリサーチ は一 時ストップ、東洋合成工業 は上昇した。カイノス は一時ストップ...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陽線」、目先的に下げ止まりの兆候

<15:30> 日経平均・日足は「小陽線」、目先的に下げ止まりの兆候 日経平均・日足は下ヒゲを伴う大引けがほぼ「坊主」となる「小陽線」。前日に空け たマド(2万3243円36銭─2万3317円32銭)を埋め切ったほか、75日移動 平均線(2万3269円95銭=29日現在)から下方カイ離を広げることなく再び上回 ったことで、目先的に下げ止まりの兆候が出ている。このまま上値を追えば、前日の安値 (2万3115円15銭)が1月8日のザラ場安値(2万2951円18銭=同)に対す る二番底として意識されることになりそうだ。 オシレーター系指標から...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場は軟調、新型肺炎関連銘柄が物色される

<15:05> 新興株市場は軟調、新型肺炎関連銘柄が物色される  新興株市場では、日経ジャスダック平均が5日続落、東証マザーズ指数は6日続落と なった。市場では「全体的に見送り気分が強いが、そうした中でも新型肺炎関連銘柄など 勢いがある銘柄に値幅取り狙いの資金が向かっている」(国内証券)との声が出ている。 マザーズ市場では、ヒューマン・メタボローム・テクノロジーズ が一時スト ップ高となったほか、弁護士ドットコム が急反発。半面、BuySell Te chnologies が大幅安となった。 ジャスダック市場では、興研 、重松製作所 、...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陽線」、75日移動平均線を下回る

<16:11> 日経平均・日足は「小陽線」、75日移動平均線を下回る 日経平均・日足は「小陽線」。終値で75日移動平均線(2万3242円99銭=同)を下回ったもの の、1月8日のザラ場安値(2万2951円18銭=同)を下抜けなかったことはやや安心材料。 騰落レシオ(東証1部、25日平均)が78%台と、80%を下回って「売られ過ぎ」圏内に入ってい ることや、ボリンジャーバンドのマイナス2シグマ(2万3255円04銭=同)の近辺に来ていることな どを踏まえれば、何らかの好材料で反発に転じる可能性もある。 <15:53> 新興株市場は軟調、利益確定売...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場は軟調、利益確定売り優勢

<15:53> 新興株市場は軟調、利益確定売り優勢   新興株市場では、日経ジャスダック平均が4日続落、東証マザーズ指数は5日続落となった。市場から は「年明けまでの堅調な動きに比べると弱く、利益確定売りが続いている。ただ、日経平均やTOPIXよ りは下げ率も小さく、そろそろ短期資金が狙ってくる可能性もある」(国内証券)との声が出ていた。 マザーズ市場では、弁護士ドットコム がストップ安比例配分。サンバイオ は6日続落 、ジャパンインベストメントアドバイザー は反落した。サーバーワークス 、UUUM <39 90.T>は買われた。 ジャスダック...

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up