for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

窪田製薬ホールディングス株式会社

4596.T

現在値

237.00JPY

変化

-4.00(-1.66%)

出来高

5,372,500

本日のレンジ

231.00

 - 

266.00

52週レンジ

134.00

 - 

283.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
241.00
始値
241.00
出来高
5,372,500
3か月平均出来高
31.09
高値
266.00
安値
231.00
52週高値
283.00
52週安値
134.00
発行済株式数
45.86
時価総額
11,533.44
予想PER
--
配当利回り
--

次のエベント

Dividend For 4596.T - 0.0000 JPY

適時開示

その他

Kubota Pharmaceutical Holdings says exercise of options

Kubota Pharmaceutical Holdings unit and SIRION Biotech set sights on gene delivery tools for ocular gene therapy

Kubota Pharmaceutical Holdings says unit Acucela receives patent covering method of use for emixustat hydrochloride

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

窪田製薬ホールディングス株式会社とは

窪田製薬ホールディングスは眼疾患に対する治療または治療薬・医療技術の探索および開発を行う子会社の経営管理およびそれに附帯または関連する業務を行う。【事業内容】同社は医薬品開発セグメントを運営する。同社は主に加齢黄斑変性、糖尿病性網膜症、スターガート病、ならびに糖尿病性黄斑浮腫などさまざまな網膜疾患に対処する化合物である視覚サイクルモジュレーションを基盤とした経口製剤の開発に焦点を当てる。同社の製品候補は、網膜に蓄積する毒性副産物を減少させ、酸化ストレスによる損傷を軽減し、また、光による損傷から網膜を保護することにより、これらの疾患の根本原因に対処するように設計される。

業種

Biotechnology & Drugs

連絡先

18F

Ebisu Garden Place Tower, 4-20-3, Ebisu

CHIYODA-KU, TKY

100-0013

Japan

+81.3.65508928

https://www.kubotaholdings.co.jp/

統計

株価売上高倍率(過去12カ月)
--
株価売上高倍率(過去12カ月)
--
株価純資産倍率(四半期)
3.04
株価キャッシュフロー倍率
--
総負債/総資本(四半期)
4.89
長期負債/資本(四半期)
3.71
投資利益率(過去12カ月)
-52.85
自己資本利益率(過去12カ月)
-47.61

最新ニュース

最新ニュース

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陽線」、一目均衡表の「雲」連日下抜け

<16:09> 日経平均・日足は「小陽線」、一目均衡表の「雲」連日下抜け 日経平均・日足は、長い上ヒゲと短い下ヒゲを伴い、「上影陽線」に近い「小陽線」 となった。買い手の心理としては失望感を表している。終値は2万6171円25銭。 連日、一目均衡表の「雲」領域を上抜けることができず、下降トレンドの継続を示唆 している。また、「雲」の形状が薄いことから反発の力は弱いとみられ、不安定な相場を 表している。 <15:45> 新興株市場は小じっかり、個別物色意欲は旺盛との声 新興株市場は小じっかり。マザーズ総合が前営業日比0.91%高の635....

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場は小じっかり、個別物色意欲は旺盛との声

<15:45> 新興株市場は小じっかり、個別物色意欲は旺盛との声 新興株市場は小じっかり。マザーズ総合が前営業日比0.91%高の635.55ポ イントと小幅に反発した。市場では、「全体的に材料が少ない中で、IPO銘柄などには 買いが集まっている。テーマ別のような物色はないが、個別材料を手掛かりにした物色意 欲は旺盛のようだ」(国内証券)との意見が聞かれた。 きょう新規上場した坪田ラボは公開価格を68.9%上回る794円で初値 を付けた。同じく、きょう新規上場のジャパンワランティサポートは公開価格を 9.7%下回る1480円で初値を付けた...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「中陽線」、2日連続の売りサイン出現で不安感

<15:50> 日経平均・日足は「中陽線」、2日連続の売りサイン出現で不安感 日経平均・日足は上下にごく短いヒゲを伴い「丸坊主」に近い「中陰線」となった。 終値は2万6149円55銭。一目均衡表の「雲」領域を目前にして伸び悩んだほか、弱 い足を引いたことで上値の重さを改めて感じさせている。 しかも、今回の足は売りを示唆する「カブセ線」で、ここでの上昇が「あや戻し」で あると思わせるところ。前日の「上放れタスキ」に続き、2日連続の売りサインの出現は 現状が極めて不安定であることを示している。翌日に逆転の一打となる「カブセを抜く」 パターン...

〔マーケットアイ〕株式:新興株式市場はさえない、買い材料乏しくマザーズ総合は反落

<15:05> 新興株式市場はさえない、買い材料乏しくマザーズ総合は反落 新興株式市場はさえない。マザーズ総合が前営業日比1.64%安の629.82ポ イントと反落した。市場では「プライム市場と同様に買い材料に乏しく、見送り気分が強 い。前日はあや戻しだったとの印象を与えた」(国内証券)との声が聞かれる。 個別では、トリプルアイズ、ANYCOLORが反落したほか、フ リーも軟調。半面、ENECHANGEが商いを伴い上昇し、セルシー ド、ビーマップがストップ高となった。 <14:20> 日経平均はもみあい、手掛かり材料難から模様眺めに 日経平均...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「中陽線」、「下放れタスキ」出現で要注意

<15:45> 日経平均・日足は「中陽線」、「下放れタスキ」出現で要注意 日経平均・日足は上下に比較的長めのヒゲを伴う「中陽線」となった。終値は2万6 246円31銭と急反発。前日の長い下ヒゲが下方硬直性が強いと思わせたほか、売られ 過ぎを示唆する指標も多く、突っ込み警戒感から自律的に切り返した格好だ。上ヒゲが重 さを多少感じさせながらも、足そのものは強さを示している。 もっとも、今回のパターンは「下放れタスキ」で、典型的な追撃売りのサイン。見た 目は相場反転を期待させるが、教科書通りの展開となるのであれば今回の上昇は「アヤ戻 し」になる...

〔マーケットアイ〕株式:新興株は5日ぶり反発、売り飽き感台頭 直近IPOの堅調目立つ

<15:10> 新興株は5日ぶり反発、売り飽き感台頭 直近IPOの堅調目立つ 新興株式市場は、買い優勢の展開。マザーズ総合が前営業日比で4.06%高の64 0.35ポイントと5日ぶりに反発した。前日は同指数が連日の年初来安値更新となるな ど、地合いの悪化が極まった感もあったが、そうした中で売り飽き感が台頭。「プライム 市場の上場も追い風もなり、買いが入るようになった」(国内証券)という。そうした中 、直近IPOの堅調さが目立つ。 個別では、トリプルアイズ、ENECHANGEがストップ高とな ったほか、ANYCOLORが大幅高。フリーもしっかりだが...

訂正-〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「中陰線」、5月安値が下値支持線に

(11時56分配信のマーケットアイの本文中の「ヤマイチエステート」を「ヤマイチ・ ユニハイムエステート」に訂正します) [東京 20日 ロイター] -    <15:44> 日経平均・日足は「中陰線」、5月安値が下値支持線に 日経平均・日足は「中陰線」となった。終値は2万5771円22銭。寄り付き坊主 の形状で、売り圧力の強さが示された。一方、下値めどだった5月12日安値(2万56 88円11銭)をザラ場では割り込んだものの終値で上回り、引き続き下値支持線になり そうだ。ボリンジャーバンドのマイナス2シグマ(2万5714円58銭)に近く...

〔マーケットアイ〕株式:新興株はマザーズが4日続落し年初来安値 米金融引き締め加速を警戒

T&Dアセットマネジメントのチーフ・ストラテジスト兼ファンドマネージャー浪岡 宏氏は、7月のFOMCでの75bp利上げが市場で完全に織り込まれているわけではな いと指摘。ウォラー理事のタカ派的な発言を受けて「大幅利上げで米経済が減速するので はないかとの警戒感が強まっている」との見方を示す。 その上で、目先の日経平均は自律反発で2万6000円台回復の可能性はあるが、「 世界景気の後退懸念が和らがない限り、2万6000円以上では上値の重さが意識される のではないか」と、浪岡氏は話した。 東証33業種では、鉱業、石油・石炭製品など30業種が...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「大陰線」、25日線下回る パラボリックも陰転

<16:00> 日経平均・日足は「大陰線」、25 日線下回る パラボリックも陰転 日経平均・日足は上下に短いヒゲを伴う「大陰線」となった。終値は2万6987円 44銭。25日移動平均線(2万7042円64銭=13日)を約3週間ぶりに下回った ほか、パラボリックも陰転しており、再び下落局面を示唆している。目先は75日移動平 均線(2万6856円78銭=同)がサポートとして意識される。 <15:45> 新興株市場はマザーズが4%超安、グロース株売りの流れ引き継ぐ 新興株式市場は、マザーズ総合が前営業日比4.83%安の653.98ポイントと...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場はマザーズが4%超安、グロース株売りの流れ引き継ぐ

<15:45> 新興株市場はマザーズが4%超安 、グロース株売りの流れ引き継ぐ 新興株式市場は、マザーズ総合が前営業日比4.83%安の653.98ポイントと 大幅に続落した。米国株式市場の急落を受けた世界的なリスクオフムードの動きが新興株 市場にも波及した。   個別では、メルカリ、ビジョナル、フリー、ウェルスナビ が大幅安となった。窪田製薬ホールディングス、フリークアウトホール ディングスは上昇した。 <14:20> 日経平均は2万7000円割れ、円金利上昇でパニック売りも 日経平均は一時、前営業日比876円07銭安の2万6948円22...

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up