for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

サカタインクス株式会社

4633.T

現在値

1,082.00JPY

変化

9.00(+0.84%)

出来高

10,700

本日のレンジ

1,071.00

 - 

1,082.00

52週レンジ

837.00

 - 

1,160.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
1,073.00
始値
1,071.00
出来高
10,700
3か月平均出来高
1.91
高値
1,082.00
安値
1,071.00
52週高値
1,160.00
52週安値
837.00
発行済株式数
50.03
時価総額
58,126.94
予想PER
11.55
配当利回り
2.80

次のエベント

Full Year 2022 Sakata Inx Corp Earnings Release

適時開示

その他

Sakata Inx buys back 2.1 mln shares for 3.4 bln yen as planned

Sakata Inx to buy back up to 2,108,000 shares

SAKATA INX revises consolidated full-year outlook for FY 2015 and raises year-end dividend forecast for FY 2015

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

サカタインクス株式会社とは

サカタインクスグループは、子会社26社及び関連会社6社により構成され、印刷インキ事業を主なる事業とする。【事業内容】同社は5つの事業セグメントを通じて事業を行う。印刷インキ・機材(日本)、印刷インキ(アジア)、印刷インキ(北米)及び印刷インキ(欧州)の4つの事業セグメントは、主として日本、アジア、北米及び欧州の各市場向けに新聞インキ、オフセットインキ、フレキソインキ、グラビアインキ及びメタルインキ等の生産・販売を行う印刷インキ事業を営む。また、印刷インキ・機材(日本)セグメントは、日本市場向けに印刷製版用材料及び印刷製版関連機器の仕入・販売を行う印刷用機材事業も営む。機能性材料セグメントは、主として日本、アジア、北米及び欧州の各市場向けにインクジェットインキ、トナー、カラーフィルター用顔料分散液及び機能性コーティング剤の生産・販売を行う。その他、同社は日本市場向けに色彩関連機器、化成品の仕入・販売及びディスプレイサービスの生産・販売も行う。

業種

Chemical Manufacturing

連絡先

1-23-37, Edobori, Nishi-ku

OSAKA-SHI, OSK

550-0002

Japan

+81.6.64475811

http://www.inx.co.jp

エグゼクティブリーダーシップ

Kotaro Morita

Chairman of the Board, Chairman and President of Subsidiaries

Yoshiaki Ueno

Executive President, Chief Executive Officer, Representative Director

Hitoshi Nakamura

Senior Managing Executive Officer, Director

Masaki Nakamura

Senior Managing Executive Officer, Director

Toshihiko Fukunaga

Managing Executive Officer, Director

統計

1.67 mean rating - 3 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, JPY)

2019

0.2K

2020

0.2K

2021

0.2K

2022(E)

0.2K
EPS (JPY)

2019

70.460

2020

90.320

2021

84.430

2022(E)

93.000
株価売上高倍率(過去12カ月)
18.28
株価売上高倍率(過去12カ月)
0.28
株価純資産倍率(四半期)
0.59
株価キャッシュフロー倍率
6.93
総負債/総資本(四半期)
31.59
長期負債/資本(四半期)
13.45
投資利益率(過去12カ月)
3.29
自己資本利益率(過去12カ月)
2.13

最新ニュース

最新ニュース

〔マーケットアイ〕株式:後場の日経平均は伸び悩み、米指標にらみ様子見ムード

<14:02>  後場の日経平均は伸び悩み、米指標にらみ様子見ムード 後場の日経平均は、前引けの時点より上げ幅を縮小し、前営業日比約350円高の2 万7900円台前半で推移している。 今晩は12月のミシガン大学消費者信頼感指数が、来週には11月の米CPIが発表 される予定で、大和証券の木野内栄治チーフテクニカルアナリストは、「後場の動きは限 定的。日本独自の材料がないことに加え、FOMCなど来週の米国の重要イベントを見極 めたい投資家心理が働くとみられる」と話した。 個別では、東芝が4%高、レーザーテックが4%高でそれぞれ堅 調に推移している...

午前の日経平均は3日ぶり反発、米株高を好感 ハイテク株買い戻し

9日午前の東京株式市場で、日経平均は前営業日比371円78銭高の2万7946円21銭と3営業日ぶりに反発した。前日の米国株市場で主要3指数が上昇したことを好感し、日本株も堅調な展開となった。特に、前日まで軟調だった半導体関連や電子部品関連などハイテク銘柄の上昇が目立ち、指数を押し上げた。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は上げ幅拡大、半導体関連株が相場押し上げ

   <10:35> 日経平均は上げ幅拡大、半導体関連株が相場押し上げ 日経平均は上げ幅を拡大し、前営業日比約320円高の2万7900円近辺で推移し ている。一時、上げ幅は340円を超えた。前日の米市場でナスダック総合が5 日ぶりに反発した流れを受け、日本市場でも半導体関連銘柄が買われ、相場を押し上げて いる。個別では、東京エレクトロンが2%超高、アドバンテストが3% 超高、ルネサスエレクトロニクスが2%超高で推移している。業種別では電気・ ガス業や電機機器などがしっかり。 一方で、市場では「きょうの東京株式市場は材料が乏しい。来週には...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陰線」、75日線を下回り正念場に

   <15:55> 日経平均・日足は「小陰線」、75日線を下回り正念場に 日経平均・日足は「小陰線」となった。終値は2万7574円43銭。日足・一目均 衡表の雲領域の上限(2万7422円37銭=8日)が支持線として機能した一方、75 日移動平均線(2万7584円78銭=同)を終値で下回った。 ローソク足は下影陰線の形状で、反転への期待をつなぐ。足元の水準となる2万74 00円前後には週足の13、26、52週線が集まっており下値の固さが示唆されるが、 割り込めば下げが深まりかねず、正念場でもある。 <15:35> 新興株はマザーズが反落...

〔マーケットアイ〕株式:新興株はマザーズが反落、米ハイテク株安が投資家心理の重し

   <15:35> 新興株はマザーズが反落、米ハイテク株安が投資家心理の重し 新興株式市場は、マザーズ総合は0.56%安の774.71ポイントと、反落した 。東証グロース市場指数は前営業日比0.68%安の983.38ポイントだった。米国 市場でハイテク株安となり、投資家心理の重しとなった。 リプロセルやジーエヌアイグループが大幅安。ウェルプレイド・ラ イゼストも売られた。一方、スマレジやサスメドが大幅高。ビ ジョナルも堅調だった。 <14:00>  後場の日経平均は下げ幅縮小、ソフトバンクGが一段高 後場の日経平均は、前引けの時点より...

〔マーケットアイ〕株式:後場の日経平均は下げ幅縮小、ソフトバンクGが一段高

   <14:00>  後場の日経平均は下げ幅縮小、ソフトバンクGが一段高 後場の日経平均は、前引けの時点より下げ幅を縮小し前営業日比約140円安の2万 7500円台半ばで推移している。「足元で米国株の先物が下げ幅を縮小していているこ とが好感されているのではないか」(国内運用会社のストラテジスト)とのみられている 。 中国の衛生当局は日本時間の午後4時から、ゼロコロナ政策に関する記者会見を発表 する。ただ、「ゼロコロナ政策を一気に解除することは難しい。日本株市場ではあまり材 料視されていない」(同)という。 個別では、値がさ株のソフトバンクグループ...

前場の日経平均は続落、米景気後退を懸念 ハイテク株下げ継続

前場の東京株式市場で日経平均は、前営業日比205円91銭安の2万7480円49銭と、続落した。前日の米国株市場の流れを引き継いだ。米連邦準備制度理事会(FRB)の利上げ長期化による景気後退(リセッション)入りへの懸念が引き続き重しとなっている。半導体関連やハイテク株のほか、ヘルスケアや生活必需品など、景気敏感株を中心に売りが先行した。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は下げ幅拡大、ハイテク銘柄の下落が重し

<10:19> 日経平均は下げ幅拡大、ハイテク銘柄の下落が重し 日経平均は下げ幅を拡大し、前営業日比約200円安の2万7400円台後半で推移 している。下げ幅は一時、260円を超えた。前日の米市場でハイテク株が下落した流れ を受け、半導体や電子部品の関連銘柄が売られている。個別では、東京エレクトロン<803 5.T>、アドバンテストがそれぞれ1%超安、村田製作所が2%安。 一方、業種別では食料品や卸売業がしっかり。米金融引き締めの長期化懸念がくすぶ り、景気後退リスクが意識される中、「景気敏感株は軟調だが、ディフェンシブセクター の一角...

寄り付きの日経平均は続落、米株安を嫌気 幅広い業種で売り先行

寄り付きの東京株式市場で日経平均は、前営業日比64円10銭安の2万7622円30銭と、続落してスタートした。前日の米株安を嫌気して幅広い業種で売りが先行し、寄り付き後も下げ幅を拡大。足元では約120円安となっている。

〔マーケットアイ〕株式:寄り前の板状況、コニシが買い優勢 丹青社は売り優勢

<08:29> 寄り前の板状況、コニシが買い優勢 丹青社は売り優勢  東証プライム市場の寄り前の板状況では、買い優勢と売り優勢のそれぞれ上位銘柄群 は以下の通り。 買い優勢 銘柄名 騰落 MID 買気 売気 終値 率 気配 配 配 1 コニシ 20% 1,98 1,98 1,98 1,65 5 4 5 9 2 三陽商会 12% 1,42 1,41 1,42 1,26 0 9 0 2 3 京セラ 8% 7,44 7,43 7,44 6,86 0 9 0 5 4 エスペック 7% 2,09 2,08 2,09 1,94 0 9 0 6 5...

発表者側の訂正(5月13日配信の記事)-13日の主な自社株買い・消却、株式分割など一覧

(発表者側の訂正により、5月13日に配信した記事中の「ヨータイ」の自社株買いの規 模について、「自己保有株を除く発行済株式総数の7.28%」から「自己保有株を除く 発行済株式総数の7.26%」に訂正します。) 13日に自社株買いや消却、株式分割を発表した主な企業の一覧は以下の通り。  <自社株買い> ・ワコールホールディングス 、自己保有株を除く発行済株式総数の8.95 %にあたる550万株、取得総額100億円を上限とする自社株買いを実施へ。取得期間 は6月4日から2023年3月24日。 ・ライドオンエクスプレスホールディングス 、自己保有株...

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up