for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

株式会社オリエンタルランド

4661.T

現在値

20,490.00JPY

変化

-315.00(-1.51%)

出来高

525,800

本日のレンジ

20,370.00

 - 

20,795.00

52週レンジ

14,930.00

 - 

24,850.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
20,805.00
始値
20,795.00
出来高
525,800
3か月平均出来高
21.12
高値
20,795.00
安値
20,370.00
52週高値
24,850.00
52週安値
14,930.00
発行済株式数
327.54
時価総額
7,564,756.00
予想PER
101.64
配当利回り
0.13

次のエベント

Dividend For 4661.T - 15.0000 JPY

適時開示

その他

U.S. trade mix-up

Oriental Land Is Likely To Report First Profit Decline In Three Years For April-December Period - Nikkei

Oriental Land says expansion project of Tokyo DisneySea

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

株式会社オリエンタルランドとは

オリエンタルランドグループは、テーマパーク及びホテルなどの経営・運営を主な事業とする。【事業内容】同社は、2つの事業セグメントを通じて事業を展開する。テーマパーク事業は、東京ディズニーランド及び東京ディズニーシーの2つのテーマパークの経営・運営に関わる事業を行う。ホテル事業は、ディズニーアンバサダーホテル、東京ディズニーシー・ホテルミラコスタ及び東京ディズニーランドホテルなどのホテルの経営・運営を行う。その他、イクスピアリ及びモノレールの経営・運営、不動産の賃貸などを行う。

業種

Recreational Activities

連絡先

1-1, Maihama

URAYASU-SHI, CHB

279-8511

Japan

+81.47.3053017

http://www.olc.co.jp/

エグゼクティブリーダーシップ

Toshio Kagami

Chairman of the Board, Chief Executive Officer, Representative Director

Kenji Yoshida

President, Executive President, Chief Operating Officer, Representative Director

Yuichi Katayama

Executive Vice President, Director

Yumiko Takano

Executive Vice President, Chief Director of Business Strategy, Chief Director of 8th Theme Port Promotion, Chairman of Subsidiary, Director

Rika Kanbara

Managing Executive Officer, Chief Director of Human Resources, Director

統計

2.40 mean rating - 15 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, JPY)

2020

0.5K

2021

0.2K

2022

0.3K

2023(E)

0.5K
EPS (JPY)

2020

189.230

2021

-165.510

2022

24.630

2023(E)

201.425
株価売上高倍率(過去12カ月)
269.02
株価売上高倍率(過去12カ月)
23.34
株価純資産倍率(四半期)
8.91
株価キャッシュフロー倍率
160.14
総負債/総資本(四半期)
31.70
長期負債/資本(四半期)
31.00
投資利益率(過去12カ月)
2.73
自己資本利益率(過去12カ月)
2.47

最新ニュース

最新ニュース

日経平均は大引け=反発、好決算銘柄が株価を下支えに高値引け

1日の東京株式市場で日経平均は反発した。前週末比191円71銭高の2万7993円35銭で大引けた。円高など環境面に不安が感じられたものの、好決算銘柄が株価を下支えする格好となっている。ただ、2万8000円より上値は重いとの印象が強く、高値引けながら大きな伸びとはならなかった。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陰線」、200日線維持 強い基調継続

<15:58> 日経平均・日足は「小陰線」、200日線維持 強い基調継続 日経平均・日足は上下にヒゲを伴う「小陰線」となった。2万7801円64銭で取 引を終えた。前日に続いて心理的節目2万8000円をわずかに一時回復したが、押し返 された。一方、200日移動平均線(2万7561円64銭=29日)を維持したほか、 10日線(2万7583円54銭=同)が200日線を上抜けた。基調の強さは継続して いる。大台をしっかり回復し、3月25日高値(2万8338円81銭)と6月9日高値 (2万8389円75銭)のダブルトップを捉えるかが焦点となる。...

日経平均は大引け=反落、円高で輸出関連株に売り 米株高は支え

東京株式市場で日経平均は、前営業日比13円84銭安の2万7801円64銭と、小幅に反落して取引を終えた。前日の米国株式市場の上昇を好感して朝方には強い基調だったが、午後には為替が円高方向に振れる中、輸出関連株を中心に軟化し、相場の重しになった。

〔マーケットアイ〕株式:新興株はマザーズが4日続伸、米グロース株高が支援

<15:10> 新興株はマザーズが4日続伸、米グロース株高が支援 新興株式市場は、マザーズ総合は1.35%高の718.55ポイントと続伸した。 東証グロース市場指数は前営業日比1.35%高の913.54ポイント。米国市場でハ イテク株比率の高いナスダック総合が上昇し、投資家心理を支援した。 そーせいグループ、HENNGEが大幅高。HOUSEI はストップ高となった。一方、ワンダープラネットや坪田ラボが大幅安 。unerryもさえなかった。 東証グロース市場に新規上場したエアークローゼットの初値は公開価格を1 3.7%上回る910円となった...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は安値もみ合い、円高一服し下げ渋り

<14:16> 日経平均は安値もみ合い、円高一服し下げ渋り 日経平均はマイナス圏でのもみ合いとなっている。ドル/円相場が円高方向に振れ、 自動車株や値がさのハイテク株、機械などの一角が上げ幅を縮めたりマイナスに転じてお り、相場の重しになった。足元ではドルが133円前半で一服する中、日経平均も下げ渋 っている。 週末を控えて手掛けにくさが意識される一方、半導体関連の上値が重くなった局面で も、前日に業績予想の上方修正や自社株買いを発表したアドバンテストは堅調を 保つなど「きょうは個別物色の側面が強い」(国内運用会社)との受け止めが聞かれる...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均はマイナス圏、円高が株価を圧迫 週末で見送りムード

<12:50> 日経平均はマイナス圏、円高が株価を圧迫 週末で見送りムード 日経平均は前日比マイナス圏に沈んだ。2万7700円台で推移している。外為市場 でドル/円相場が円高に振れており、これが輸出関連株を中心に株価の圧迫要因になって いるという。週末で新規のポジションが取りにくく見送りムードを強めている。 市場では「全体的に薄商いの状態で、少しの売りでも下に振れやすい。加えて月末の ポジション整理に絡んだ売りが出るため、後場の相場は軟調に推移するとみられる」(国 内証券)との指摘もあった。 前引け直前に通期見通しの下方修正を発表したデンソー...

午前の日経平均は続伸、米株上昇を好感 上値重く伸び悩む

午前の東京株式市場で、日経平均は前営業日比129円07銭高の2万7944円55銭と、続伸した。前日の米国株式市場の上昇を好感して、日本株も強い基調を維持したものの、時価より上値の2万8000円前後の水準は重いと意識され、買い一巡後は伸び悩む動きとなった。

再送-〔マーケットアイ〕株式:日経平均は高値もみ合い、2万8000円を強力な節目として意識

(本文と見出しの一部表記を修正しました。) [東京 29日 ロイター] - <11:05> 日経平均は高値もみ合い、2万8000円を強力な節目として意識 日経平均は高値もみ合い。2万7900円台での推移となっている。商いが引き続き 低調な中で、上値に対して慎重な動きが続いているという。テクニカル面では2万800 0円が強力な節目として意識され、強い地合いが継続されながらも「積極的に上値を買う 投資家が出てこない」(国内証券)という。 物色面では、決算内容によって株価に明暗が生じており、「同一業種内でも優劣が出 ているため、個別の一本釣りにならざるを...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は伸び悩み、決算手掛かりにした売り買い交錯

<10:06> 日経平均は伸び悩み、決算手掛かりにした売り買い交錯 日経平均は伸び悩み、前営業日比約50円高の2万7800円台後半で推移している 。寄り付き後には一時、節目の2万8000円を回復する場面もあったが、買いは継続せ ずに、上げ幅は縮小している。 決算発表を手掛かりにした個別銘柄の売買が交錯しており、好決算を発表したアドバ ンテスト、オリエンタルランドなどが堅調。一方、ルネサスエレクトロ ニクスは8%安と軟調に推移している。 市場では「昨日の日経平均は2万8000円を超えられずに終わり、きょうも2万8 000円近辺では上値が重...

前場の日経平均は反落、利益確定売り 米CPI前の警戒感も

前場の東京株式市場で日経平均は、前営業日比397円74銭安の2万7848円79銭と6日ぶりに反落した。欧米株安の流れを嫌気し、値がさ株が軒並み下落した。きょうは米消費者物価指数(CPI)の発表を控えているため、警戒ムードも強かった。日経平均は前日まで5営業日連続で上昇していた反動もあり、利益確定売りの動きが加速した。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「中陰線」、目標達成感から押される

日経平均・日足は上下に短いヒゲを伴う「中陰線」となった。終値は2万7824円29銭。前日に上値の目標として強く意識された3月25日の戻り高値(2万8338円81銭)を更新した後だけに、目標達成感から売りに押された格好となっている。200日移動平均線(2万7943円67銭=10日)を下回ったことで、時価近辺の水準は重いとの印象を与えた。

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場はマザーズ総合反落、米ナスダック安でグロース株低調

新興株式市場は、マザーズ総合が前営業日比1.71%安の687.15ポイントと反落した。市場では「米ナスダックが安いと、国内の小型グロース株はどうしても低調となる。一方そうした中、直近IPOの健闘は安心感を誘う」(国内証券)との声が聞かれる。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は軟調に推移、一段と見送り気分を強める

日経平均は軟調に推移している。2万7800円前後での動き。終盤に入り一段と見送り気分を強めた。市場では「今晩の米消費者物価指数(CPI)や来週の米連邦公開市場委員会(FOMC)など重要イベントを控えた週末とあって、新規のポジションは取りにくい」(国内証券)との声が聞かれる。

〔マーケットアイ〕株式:後場の日経平均は小動き、値幅40円 手控えムード

後場の日経平均は前営業日比350円超安の2万7800円台半ばで小動きとなっている。値動きに乏しく、後場に入ってからの日経平均の値幅は約40円にどとまっている。きょうは米消費者物価指数(CPI)の発表を控えているため、積極的にポジションを傾けづらいという。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は安値もみあい、値がさ株が軒並み下落

日経平均は安値もみあいとなっている。足元の株価は400円ほど安い2万7800円台半ば。きょうは米消費者物価指数(CPI)の発表を控えているため、警戒ムードが強いという。個別では、ファーストリテイリング、東京エレクトロンなどの指数寄与度の高い銘柄が2%を超す下落となっている。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は一時400円超安、欧米の金融引き締めへの警戒くすぶる

日経平均は安値もみあいとなっている。一時400円超安に下落した後も、戻りは鈍い。ファーストリテイリング、東京エレクトロン、ソフトバンクグループといった指数寄与度の大きい銘柄の下落が重しになっている。

寄り付きの日経平均は反落スタート、欧米株安が重し

  寄り付きの東京株式市場で日経平均は、前営業日比250円18銭安の2万7996円35銭と、反落してスタートした。前日の欧米株安を嫌気する形となっている。

再送-〔マーケットアイ〕株式:寄り前の板状況、日本電産やレーザーテックは売り優勢

(末尾のリンクを修正しました) [東京 10日 ロイター] - <08:30> 寄り前の板状況、日本電産やレーザーテックは売り優勢 日経平均を構成しない主要企業の寄り前の板状況は、日本電産、東芝、HOYA、豊田自動織機がそれぞれ売り優勢となっている。 半導体関連では、ルネサスエレクトロニクス、レーザーテックが売り優勢。 ZOZO、ユニ・チャームは売り優勢、オリエンタルランド、メルカリは売り買い拮抗。ゆうちょ銀行は買い優勢となっている。 東証プライム市場出来高上位50銘柄 東証プライム市場値上がり率上位50銘柄 東証プライム市場値下がり率上位...

ホットストック:OLCが大幅安、市場予想下回る通期見通しを嫌気

オリエンタルランドが大幅安になっている。2023年3月期の通期連結純利益が前期の4.4倍の352億円になりそうだと27日に発表し、手がかりとなっている。IBESがまとめたアナリスト12人の予測平均値は848億円で、会社予想はこれを下回った。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「中陽線」、短期的な強気シグナル

日経平均・日足は上下にヒゲを伴う「中陽線」となった。終値は2万7001円98銭とわずかながら心理的節目である2万7000円を上回ったほか、5日移動平均線(2万6806円46銭=31日)を13営業日ぶりに上抜けた。短期的な強気シグナルを示唆する格好となった。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up