for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

パーク二四株式会社

4666.T

現在値

1,920.00JPY

変化

-50.00(-2.54%)

出来高

712,200

本日のレンジ

1,915.00

 - 

1,955.00

52週レンジ

1,451.00

 - 

2,215.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
1,970.00
始値
1,954.00
出来高
712,200
3か月平均出来高
19.54
高値
1,955.00
安値
1,915.00
52週高値
2,215.00
52週安値
1,451.00
発行済株式数
170.52
時価総額
336,965.30
予想PER
66.85
配当利回り
--

次のエベント

Full Year 2022 Park24 Co Ltd Earnings Release

適時開示

その他

Park24 Co: We Will Continue To Cooperate With Tokyo Prosecutors, But Will Not Comment On The Case As Investigation Is Ongoing

Tokyo Prosecutors Raid Headquarters Of Parking Service Company Park24 Co In Connection To Tokyo 2020 Olympic Bribery Investigation -Kyodo

PARK24 says conversion price of 2025 due euro-yen denominated convertible bonds with warrants

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

パーク二四株式会社とは

パーク24グループは、駐車場の運営・管理、自動車の貸付・売買これらに関連した事業を展開する。【事業内容】同社は、3つの事業セグメントを通じて事業を展開する。駐車場事業(国内)は、土地所有者から遊休地等を賃借するサブリース契約と、駐車場施設所有者から管理の委託を受ける管理受託契約及び駐車場施設の自社保有により、時間貸及び月極駐車場サービスを提供する。また、駐車場に付帯した施設の管理運営を行う。駐車場事業(海外)は、台湾・韓国・オーストラリア・ニュージーランド・英国・シンガポール・マレーシアにおいて、サブリース契約並びに管理受託契約により時間貸及び月極駐車場サービスを提供する。モビリティ事業は、レンタカーサービス、カーシェアリングサービス及びクルマの事故・故障に対応するロードサービスを提供する。

業種

Business Services

連絡先

2-20-4, Nishi-Gotanda

SHINAGAWA-KU, TKY

141-8924

Japan

+81.3.34918924

http://www.park24.co.jp

エグゼクティブリーダーシップ

Koichi Nishikawa

President, Chairman & President of Subsidiaries, Representative Director

Kenichi Sasaki

Senior Managing Executive Officer, Chief Director of Business Planning, Director

Norifumi Kawakami

Managing Executive Officer, President of subsidiary, Director

Keisuke Kawasaki

Executive Officer, Chairman & President of Subsidiaries, Director

Shingo Yamanaka

Executive Officer, Senior Director of Compliance, Director

統計

2.10 mean rating - 10 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, JPY)

2019

0.3K

2020

0.3K

2021

0.3K

2022(E)

0.3K
EPS (JPY)

2019

79.790

2020

-302.000

2021

-75.450

2022(E)

29.470
株価売上高倍率(過去12カ月)
113.68
株価売上高倍率(過去12カ月)
1.21
株価純資産倍率(四半期)
8.03
株価キャッシュフロー倍率
9.30
総負債/総資本(四半期)
477.69
長期負債/資本(四半期)
360.47
投資利益率(過去12カ月)
1.60
自己資本利益率(過去12カ月)
1.05

最新ニュース

最新ニュース

パーク24、竹田JOC前会長が取締役を辞任 「一身上の都合」

パーク24は26日、社外取締役(監査等委員)で日本オリンピック委員会(JOC)前会長の竹田恒和氏が同日付で辞任したと発表した。辞任の理由は「本人の一身上の都合によるもの」としている。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「中陽線」、短期間で200日線回復し底入れ感

<15:50> 日経平均・日足は「中陽線」、短期間で200日線回復し底入れ感 日経平均・日足は「中陽線」となった。終値は2万8065円28銭。ローソク足の 上下のヒゲはわずかで強気サインの「丸坊主」に近い形状となった。5日線(2万767 8円51銭=8日)を9営業日ぶりに上回ったほか、前日に下回っていた200日移動平 均線(2万7458円54銭=同)も短期間で回復し、底入れ感を強めた。200日線は サポートを継続。目先のレジスタンスは25日線(2万8258円43銭=同)。 <15:26> 新興株はマザーズが反発、米ナスダック高で物色 新興株式市場...

〔マーケットアイ〕株式:新興株はマザーズが反発、米ナスダック高で物色

<15:26> 新興株はマザーズが反発、米ナスダック高で物色 新興株式市場は、マザーズ総合が0.95%高の723.83ポイントと反発した。 東証グロース市場指数は前営業日比0.95%高の920.36ポイントだった。 前日の米国市場でナスダック総合が大幅高となり、グロース(成長)株が物色された 。もっとも、日経平均が大幅高となる中で「投資家の関心は大型株に向かった」(国内証 券)とみられ、指数の上昇は限られた。 ティーケーピーやライフネット生命保険が大幅高となり、年初来高 値を更新。Appier Groupも買われた。一方、中国・武漢で発見...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は小幅ながら後場一段高、下値切り上がりを意識

<14:20> 日経平均は小幅ながら後場一段高、下値切り上がりを意識 日経平均は小幅ながら後場一段高となり、600超高に上昇した。時間外取引の米株 先物は小幅高で推移し、投資家心理を支えている。 欧州中央銀行(ECB)理事会やパウエル米連邦準備理事会(FRB)議長の講演を 前に「戻り待ちの売りが見込まれる水準でもあり、いったん上昇一服となりやすい」(国 内証券)との声が聞かれる。 一方、前日には強力なサポートとみられた200日移動平均線を下回ったものの短期 間で回復したことで「下値が切り上がってきている印象で、心理的な安心感も支えになっ...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は日中高値圏で小動き、欧米の金融イベント控え様子見も

<13:08> 日経平均は日中高値圏で小動き、欧米の金融イベント控え様子見も 日経平均は後場に入り、日中高値圏で小動きとなっている。前営業日比約550円高 の2万7900円台後半で推移。後場に入ってからの値幅は30円程度にとどまっている 。物色動向としては、前場に引き続き、値がさのハイテク株やグロース(成長)株がしっ かり。 きょうは欧州中央銀行(ECB)理事会を控えているほか、パウエル米連邦準備理事 会(FRB)議長が講演に参加し、発言する予定となっている。欧州の景気減速や米国の 金融政策動向が注目される中で、「欧米のイベントをにらんで...

午前の日経平均は反発、一時2万8000円回復 値がさ株が堅調

午前の東京株式市場で日経平均は、前営業日比561円95銭高の2万7992円25銭と、反発した。前日の米株市場で主要3指数がそろって上昇したことを好感し、日経平均は朝方から堅調に推移。値がさ株の上昇が相場を押し上げ、一時、心理的節目の2万8000円を回復した。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は上げ幅拡大、主力株が堅調 米金利低下を好感

<11:02> 日経平均は上げ幅拡大、主力株が堅調 米金利低下を好感 日経平均は上げ幅を拡大し、前営業日比約560円高の2万7900円台後半で取引 されている。前日の米市場で長期金利が低下したことで、主力株や値がさのグロース(成 長)株が総じて堅調となっている。時間外取引で米10年債利回りは足元3.25%台で の推移。 東証33業種では鉱業以外の32業種が値上がりし、幅広い業種で買いが優勢となっ ている。空運業の値上がり率がトップで、日本航空は4%高、ANAホールディ ングスは2%高。政府が新型コロナウイルス感染拡大で厳格化していた水際対策...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は上値追い、半導体関連などグロース株がしっかり

<10:05> 日経平均は上値追い、半導体関連などグロース株がしっかり 日経平均は上値追いとなっている。午前10時05分現在できょうの高値圏で推移。 2万7900円台を回復した。前日の米国株式市場の上昇、とりわけナスダック市場のハ イテク株の上げを好感する形で、日本株も半導体関連をはじめグロース株が中心にしっか りとなっている。 注目されたのは米アップルが7日に行った新製品発表イベント。そこで新型 の「iPhone14」と「14プラス」を発表したが「これに関連して半導体関連株や 電子部品株が買われ、株価全体を押し上げる要因になっている」...

寄り付きの日経平均は急反発、米株大幅高を好感し幅広い買い

寄り付きの東京株式市場で、日経平均は前営業日比302円38銭高の2万7732円68銭と、急反発した。前日の米国株式市場が大幅高となったことを好感して幅広く買われて始まった。

ホットストック:パーク24が大幅安、東京地検が家宅捜索と報道

パーク24が大幅安となっている。東京地検が五輪汚職事件の関係先として、同社の本社(東京都品川区)を家宅捜索したと7日に報じられ、手掛かりになっている。一時6%超安に下落した。午前9時05分時点でプライム市場の下落率1位。

〔マーケットアイ〕株式:寄り前の板状況、日産化は買い優勢 日ガスは売り優勢

<08:40> 寄り前の板状況、日産化は買い優勢 日ガスは売り優勢 東証プライム市場の寄り前の板状況で、買い優勢と売り優勢のそれぞれ上位銘柄群は 以下の通り。 買い優勢 銘柄名 騰落 MID 買気 売気 終値 率 気配 配 配 1 日産化学 9% 7,49 7,49 7,50 6,89 5 0 0 0 2 パーソルHLDG 8% 3,00 2,99 3,00 2,76 0 9 0 5 3 アイル 8% 1,76 1,75 1,76 1,62 0 9 0 4 4 ニッコンHLDG 8% 2,53 2,52 2,53 2,35 0 9 0...

パーク24、東京地検が家宅捜索 「捜査に全面協力」

パーク24は7日、「東京地方検察庁による捜査に協力していることは事実」とのコメントを発表した。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陰線」、5日線下回るが下げ深まらず

<15:38> 日経平均・日足は「小陰線」、5日線下回るが下げ深まらず 日経平均・日足は「小陰線」となった。2万8930円33銭で取引を終えた。5日 移動平均線(2万8967円19銭=19日)を終値で下回ったが、下方乖離を深めてお らず底堅さもある。2万9000円台の定着に手間取る一方、過熱感を示すRSI(相対 力指数)などはやや落ち着きつつあり、上値指向の継続に期待をつなぐ。年初来高値(1 月5日、2万9388円16銭)を捉えて上昇に弾みをつけられるかが目先の焦点。 <15:05> マザーズが続落、朝高後は利益確定売りが重し 新興株式市場...

〔マーケットアイ〕株式:マザーズが続落、朝高後は利益確定売りが重し

<15:05> マザーズが続落、朝高後は利益確定売りが重し 新興株式市場は、マザーズ総合は0.9%安の748.34ポイントと続落した。東 証グロース市場指数は前営業日比0.9%安の951.69ポイントだった。 朝方に高かったが、徐々に利益確定売りが重しとなった。市場では「週末でもあり上 昇一服となったが、下げは深まっておらず、基調に大きな変化はないだろう」(国内証券 )との声が聞かれた。 ビジョナルやフリー、CYBERDYNEが大幅安となっ た一方、そーせいグループが大幅高だったほか、ライフネット生命保険 は年初来高値を更新。アクリート...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均はもみ合い、徐々に模様眺め気分広がる

<13:10> 日経平均はもみ合い、徐々に模様眺め気分広がる 日経平均はもみ合い。後場に入ってから再び前日比マイナス圏に沈んだものの、大き く下げる気配は感じられず、方向感なく小動きとなっている。週末の後場で参加者も少な く、徐々に模様眺め気分が広がってきた。 市場では「実需の注文が売り買いともに入らない。中長期の投資家は、来週のジャク ソンホールのパウエル議長公演を材料として消化するまで動かないのではないか」(東海 東京調査センター・シニアストラテジストの中村貴司氏)との声が聞かれる。 <11:45> 前場の日経平均は反発、米株上昇を...

午前の日経平均は反発、米株上昇を好感 見送りムードで伸び悩む

午前の東京株式市場で、日経平均は前営業日比25円80銭高の2万8967円94銭と、反発した。前日の米株上昇が好感され、堅調な地合いとなったものの、週末とあって見送りムードが強く、伸び悩む展開となっている。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は伸び悩み、前日比で一時マイナス圏 様子見気分に

<10:55> 日経平均は伸び悩み、前日比で一時マイナス圏 様子見気分に 日経平均は伸び悩む展開。前日比で一時マイナス圏まで値を消した。その後は再び持 ち直したものの、方向感が定まっていない。週末とあって様子見気分が加わり、商いも細 っている。 市場では「現時点では値上がり銘柄数の方が多いが、これまで上昇をリードしてきた ファーストリテイリングなど指数寄与度が大きい銘柄が軟調で、全体的に動きが 重くなってきた。週末で利益確定売りも出やすい」(国内証券)との声が聞かれた。 <10:27> 日経平均は上げ幅縮小、2万9000円割れ 週末で利益確定...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は上げ幅縮小、2万9000円割れ 週末で利益確定も

<10:27> 日経平均は上げ幅縮小、2万9000円割れ 週末で利益確定も 日経平均は上げ幅を縮小し、前営業日比約30円高の2万8900円台後半で推移し ている。寄り付き後、一時200円超まで上昇したが、騰勢は続かなかった。市場では「 来週には米国でジャクソンホール会議を控えており、いったん利益を確定する動きが広が っているようだ」(国内証券)との声が聞かれた。 米国のインフレのピークアウト感が足元の株価上昇を支えてきたが、「原油価格など 資源価格は高水準での推移が続き、先々の物価動向に対する警戒感はまだ払拭されていな い」(別の国内証券...

寄り付きの日経平均は反発、米株高を好感 値がさ株が堅調

寄り付きの東京株式市場で日経平均は、前営業日比153円57銭高の2万9095円71銭と、反発してスタートした。

〔マーケットアイ〕株式:寄り前の板状況、SGホールディングスは買い優勢 GMOは売り優勢

<08:23> 寄り前の板状況、SGホールディングスは買い優勢 GMOは売り 優勢 東証プライム市場の寄り前の板状況では、買い優勢と売り優勢のそれぞれ上位銘柄群 は以下の通り。 買い優勢 銘柄名 騰落 MID 買気 売気 終値 率 気配 配 配 1 SG HLDG 14% 2,68 2,68 2,68 2,34 0 0 0 6 2 アイスタイル 10% 621 620 621 564 3 三和HLDG 6% 1,50 1,49 1,50 1,41 0 9 0 1 4 パーソルHLDG 6% 3,07 3,07 3,08 2,90 8 5...

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up