for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

株式会社明光ネットワークジャパン

4668.T

現在値

576.00JPY

変化

0.00(0.00%)

出来高

58,400

本日のレンジ

574.00

 - 

580.00

52週レンジ

521.00

 - 

1,017.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
576.00
始値
576.00
出来高
58,400
3か月平均出来高
2.88
高値
580.00
安値
574.00
52週高値
1,017.00
52週安値
521.00
発行済株式数
25.08
時価総額
16,014.87
予想PER
51.43
配当利回り
5.21

次のエベント

Dividend For 4668.T - 5.0000 JPY

適時開示

その他

Meiko Network Japan Co Ltd - To Buy 100 Percent Of K.M.G. Corp

Meiko Network Japan appoints Kazuhito Yamashita as president

Meiko Network Japan to fully acquire K.Line for 606 mln yen

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

株式会社明光ネットワークジャパンとは

明光ネットワークジャパングループは明光義塾直営事業として明光義塾直営教室を経営するとともに、明光義塾フランチャイズ事業として独自のフランチャイズシステムに基づき、加盟者と契約を締結し継続的な教室運営指導を行う。【事業内容】3つの事業セグメントにより構成される。明光義塾直営事業は個別指導塾「明光義塾」直営教室における学習指導及び教材、テスト等商品販売を行う。明光義塾フランチャイズ事業は個別指導塾「明光義塾」フランチャイズ教室における教室開設、経営指導及び教室用備品、教室用機器、教材、テスト、広告宣伝物等商品販売を行う。予備校事業は医系大学受験専門予備校の運営を行う。その他の事業は子ども対象のサッカースクール「サッカー」事業、高学力層向け個別指導塾「早稲田アカデミー個別進学館」事業、長時間預かり型学習塾「キッズ」事業等を行う。

業種

Schools

連絡先

30F,Sumitomo Fudosan Nishi-Shnjk Bldg.,

7-20-1, Nishi-Shinjuku

SHINJUKU-KU, TKY

160-0023

Japan

+81.3.58602111

http://www.meikonet.co.jp

エグゼクティブリーダーシップ

Hirotake Watanabe

Chairman of the Board

Kazuhito Yamashita

President, Chief Director of Meikogijuku Business, Representative Director

Yoshikazu Takemasa

President of Subsidiary, Director

Yukie Ohsaka

Executive Director

Kazushige Kinoshita

Executive Officer, Chief Director of Administration, Director of Overseas Business Development

統計

Revenue (MM, JPY)

2018

0.0K

2019

0.0K

2020

0.0K

2021(E)

0.0K
EPS (JPY)

2018

24.740

2019

36.080

2020

-85.210

2021(E)

11.200
株価売上高倍率(過去12カ月)
--
株価売上高倍率(過去12カ月)
0.89
株価純資産倍率(四半期)
1.54
株価キャッシュフロー倍率
--
総負債/総資本(四半期)
0.10
長期負債/資本(四半期)
0.09
投資利益率(過去12カ月)
-16.37
自己資本利益率(過去12カ月)
-12.58

最新ニュース

最新ニュース

ホットストック:明光ネットワークが上昇、自社株買いを好感する動き

明光ネットワークジャパンが上昇している。同社は1日、自己保有株を除く発行済株式総数の5.84%にあたる155万株、取得総額13億2525万円を上限とする自社株買いを実施すると発表。これを好感する動きとなった。

1日の主な自社株買い・消却、株式分割など一覧

1日に自社株買いや消却、株式分割を発表した主な企業の一覧は以下の通り。  <自社株買い> ・明光ネットワークジャパン 、自己保有株を除く発行済株式総数の5.84 %にあたる155万株、取得総額13億2525万円を上限とする自社株買いを実施へ。 6月2日午前8時45分の東証自己株式立会外買付取引(ToSTNeT─3)で買い付 けの委託を行う。買い付け価格は6月1日終値の855円。  <株式分割> ・サイバーセキュリティクラウド は、6月30日現在の株主に対して、7月 1日付けで、1対4の株式分割を実施すると発表した。 ・テクマトリックス...

日経平均は大幅反発、円安・中国株高を好感し一時300円超高

東京株式市場で日経平均は大幅反発した。決算シーズンが近づく中、為替が1ドル112円台まで円安に振れ、企業業績の上方修正期待につながった。米中貿易戦争を巡る過度なリスク回避姿勢が後退。中国株の反発も安心材料となり、先物主導で上げ幅は一時300円超に拡大した。ソフトバンクグループ<9984.T>、ファーストリテイリング<9983.T>など指数への影響が大きい銘柄が買われ、日経平均の上昇に寄与した。

ホットストック:明光ネットが売り気配、通期業績予想の下方修正で

学習塾の「明光義塾」を展開する明光ネットワークジャパンが売り気配。同社は11日、2018年8月期の連結業績予想を下方修正した。低調な業況を嫌気している。営業利益予想は従来の20億1100万円から12億8000万円(前期比51.1%減)に引き下げた。生徒数の回復の遅れや予備校事業における生徒数の計画未達などが響いた。

日経平均は3日ぶり反発、シリア情勢・米保護主義への懸念が緩和

東京株式市場で日経平均は3日ぶりに反発した。シリア情勢への警戒感が和らいだことで前日の米国株が上昇したほか、トランプ米大統領がTPP(環太平洋連携協定)の復帰検討を指示したことが明らかとなって、米国の保護主義姿勢への懸念も緩和した。景気敏感株に買い戻しが入って、上げ幅は一時250円を超えた。ただ、高値圏では戻り売りに押され、後場にかけて伸び悩んだ。

ホットストック:明光ネットが急落、2月中間期営業益は41.8%減

明光ネットワークジャパンが急落し、年初来安値を更新した。同社が12日発表した2017年9月─18年2月期の中間期連結業績は、営業利益が前年比41.8%減の11億8600万円だった。主力の学習塾事業でテレビCMの放映回数を増やしたことや、ICTコンテンツなどの戦略投資が響いた。大幅減益を嫌気した売りが出ている。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up