for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Zホールディングス株式会社

4689.T

現在値

746.00JPY

変化

17.00(+2.33%)

出来高

19,099,600

本日のレンジ

725.00

 - 

751.00

52週レンジ

281.00

 - 

792.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
729.00
始値
726.00
出来高
19,099,600
3か月平均出来高
496.07
高値
751.00
安値
725.00
52週高値
792.00
52週安値
281.00
発行済株式数
4,763.74
時価総額
3,371,851.00
予想PER
--
配当利回り
1.27

次のエベント

Q2 2021 Z Holdings Corp Earnings Release

適時開示

その他

Softbank Group's Z Holdings Sold Stake In Apartment Rental Venture To Oyo For Total 339 Yen, Or 1 Yen Per Share - Nikkei

Yahoo Japan Has Exited A JV For Japanese Residential Property Rentals With India's Oyo Hotels And Homes - Nikkei

SoftBank's Z Holdings And Line To Announce Their Merger Plan On Monday - Nikkei

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Zホールディングス株式会社とは

Zホールディングス(旧名:ヤフー)はグループ経営管理事業、ヤフー事業、金融系グループ経営管理事業を行う。【事業内容】グループ経営管理事業は主にグループ会社の経営管理、並びにそれに付帯する業務を行う。ヤフー事業は、インターネット上の広告事業、イーコマース事業、会員サービス事業を行う。インターネット上の広告事業は主に、検索連動型広告やディスプレイ広告等の広告関連サービス等の提供、「ヤフオク!」や「Yahoo!ショッピング」等のコマース関連サービス、並びに「Yahoo!プレミアム」等の会員向けサービス及びクレジットカード等の決済金融関連サービスの提供を行う。金融系グループ経営管理事業は、銀行業、データ分析事業、マーケティング事業、開発支援事業等を行う。

業種

Retail (Catalog & Mail Order)

連絡先

Kioi Tower, 1-3, Kioi-cho

CHIYODA-KU, TKY

102-8282

Japan

+81.3.67794900

https://www.z-holdings.co.jp/

エグゼクティブリーダーシップ

Kentaro Kawabe

President, Executive President, Chief Executive Officer, Representative Director

Ryosuke Sakaue

Managing Executive Officer, Chief Financial Officer, Chief Senior Director of Finance in Corporate Group

Chiaki Fujimon

Managing Executive Officer, Chief Technology Officer

Taku Oketani

Senior Managing Executive Officer, Group Chief Strategy Officer, Director

Takao Ozawa

Senior Managing Executive Officer, Director

統計

1.63 mean rating - 8 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, JPY)

2018

0.9K

2019

1.0K

2020

1.1K

2021(E)

1.2K
EPS (JPY)

2018

23.040

2019

14.740

2020

16.880

2021(E)

17.679
株価売上高倍率(過去12カ月)
43.21
株価売上高倍率(過去12カ月)
3.10
株価純資産倍率(四半期)
4.42
株価キャッシュフロー倍率
18.94
総負債/総資本(四半期)
158.70
長期負債/資本(四半期)
158.70
投資利益率(過去12カ月)
3.31
自己資本利益率(過去12カ月)
2.67

最新ニュース

最新ニュース

〔アングル〕好調なD2C関連銘柄、直接販売拡大で市場規模2兆円超

浜田寛子 [東京 15日 ロイター] - D2C(Direct to Consumer)」関連株が好調だ。 Amazonや楽天といったインターネット上の販売モールに依存せず、自社サイトから 商品を顧客に直接販売するため、利益率が高くなると期待されている。知名度を上げにく いのがデメリットだったが、SNSの活用などで利用者を拡大。ネットショッピングの活 発化もあり、今年の市場規模はコロナ禍でも前年比8%増の2兆2000億円に達すると の試算も出ている。 <SNSを活用> ベガコーポレーションでは2014年頃から自社サイトの開発に力を入れ始...

ZホールディングスとLINE、来年3月ごろ経営統合

ヤフーを運営するZホールディングス(HD)<4689.T>とLINE <3938.T>は3日、予定している経営統合が来年3月ごろになる見込みだと発表した。もともとは今年10月の統合を目指していたが、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で遅れることを明らかにしていた。

ジャパンネット銀行、「PayPay銀行」に社名変更

インターネット専業銀行のジャパンネット銀行(東京都新宿区)は、社名を「PayPay銀行」に変更すると発表した。変更時期は2021年度上期を予定している。Zホールディングス<4689.T>、Zフィナンシャル、ソフトバンク<9434.T>傘下の金融事業会社6社の社名・サービスを「PayPay」ブランドに統一することに伴う決定となる。

「Go To トラベル」7月22日開始に前倒し、代金の35%割引=国交相

赤羽一嘉国土交通相は10日の会見で、新型コロナウイルスで打撃を受けている観光産業などを支援する需要喚起事業「Go To トラベルキャンペーン」について、7月22日から開始すると発表した。まずは、旅行代金の35%割引から先行して始める。旅行先の飲食店、小売店などで使える地域共通クーポンについては、9月以降の開始となるという。

ZHDとLINEの経営統合完了、予定の10月から遅れる見込み

ヤフーを傘下に持つZホールディングス(HD)<4689.T>とSNSサービスのLINE<3938.T>は30日、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、経営統合の完了時期が当初予定していた2020年10月より遅れるとの見通しを明らかにした。

ヤフー・LINEの統合を機に海外展開を本格検討=ソフトバンク社長

ソフトバンク<9434.T>の宮内謙社長兼最高経営責任者(CEO)は24日の株主総会で、傘下にヤフーを持つグループ会社のZホールディングス<4689.T>とLINE<3938.T>の経営統合を機に海外展開を「本格的に検討したい」との考えを示した。ZホールディングスとLINEは10月に統合する予定。

ホットストック:Zホールディングスは続伸、足元の堅調な業績を好感

Zホールディングスは続伸。30日、2020年3月期の連結営業利益(IFRS)が前年比8.4%増の1523億円になったと発表。21年3月期の業績・配当予想は未定としたものの、足元の堅調な業績が好感されている。

ZHD、今期業績予想は未定 コロナ影響の最小化目指す

Zホールディングス<4689.T>(ZHD)は30日、2021年3月期(今期)の連結業績・配当予想(国際会計基準)を未定とすると発表した。新型コロナウイルス感染拡大の影響で合理的な算出が困難なため。リフィニティブがまとめたアナリスト12人による今期の営業利益予想の平均値は1706億円。

ZHD、21年3月期業績・配当予想は未定 20年通期は8.4%営業増益

Zホールディングス(ZHD)は30日、2021年3月期の連結業績・配当予想(国際会計基準)を未定とすると発表した。新型コロナウイルス感染拡大の影響で合理的な算出が困難なため。リフィニティブがまとめたアナリスト12人による今期の営業利益予想の平均値は1706億円。

厚労省とヤフー、コロナのクラスター対策で情報提供に関する協定

厚生労働省は13日、新型コロナウイルスの拡大防止に向けてクラスター対策を迅速・効果的に実施するため、情報提供に関する協定をヤフーと締結したと発表した。

Zホールディングスがヤマトと提携 物流強化で新たな価値提供目指す

ヤフーを傘下に持つZホールディングス(HD)<4689.T>は24日、ヤマトホールディングス<9064.T>と提携し、物流・配送の強化、リアル店舗との連携を行うことを発表した。「欲しいものを欲しい時に手に入れる」ことを実現させる新たな価値の提供に意気込みを見せた。

ソフトバンク、5G商用サービスを27日開始 使用料は月1000円

ソフトバンクは5日、次世代通信網「5G」の商用サービスを3月27日から開始すると発表した。月額使用料は月1000円。5Gサービスの詳細を発表するのは国内で初めて。

ソフトバンクG孫社長「潮目が変わった決算」

ソフトバンクグループ<9984.T>が12日発表した10―12月の連結営業損益は25億円の黒字だった(前期は7043億円の赤字)。当期損益は550億円の黒字(同7001億円の赤字)。孫正義会長兼社長決算会見で「潮目が変わった決算」と総括した。

ソフトバンクGの4―12月営業損益は129億円の赤字、ファンド事業が重し

ソフトバンクグループが12日発表した2019年4─12月の営業損益(国際会計基準)は129億円の赤字だった。前年同期は1兆8590億円の黒字。通信会社のソフトバンクは増益だったが、ファンド事業の損失が響いた。

ソフトバンク、営業益予想を9000億円に上方修正 スマホ契約が堅調

通信会社のソフトバンク<9434.T>は7日、2020年3月期の通期連結営業利益(国際会計基準)見通しを前年比10.0%増の9000億円に上方修正した。個人向け携帯電話などのコンシューマー事業と法人事業でのスマートフォン契約数の堅調な増加や、法人事業でのソリューションなどの売上高増加を見込む。

ソフトバンク、20年3月営業利益予想を+10.0%の9000億円に上方修正 スマホ契約数が堅調に増加

通信会社のソフトバンクは7日、2020年3月期の通期連結営業利益(国際会計基準)見通しを前年比10.0%増の9000億円に上方修正した。

ヤフーとLINEの経営統合で最終合意、ソフトバンクが主導権

ヤフーを傘下に持つZホールディングス(HD)<4689.T>とソフトバンク<9434.T>、SNSサービスのLINE<3938.T>とその親会社のネイバー<035420.KS>は23日、ヤフーとLINEの経営統合に関する最終合意書を締結したと発表した。新たに設立する合弁会社の取締役の過半数はソフトバンク側となり、主導権を握る。

ヤフーファイナンス、データ更新に障害 23日を「祝日」と設定

投資情報を提供する「ヤフーファイナンス」は23日、日本株・国内指数のデータ更新に障害が発生したことをホームページ上で明らかにした。原因は本日23日をシステム上、祝日としていたことによるもの、と説明している。午後4時34分現在、一部のチャート表示は復旧対応中という。

ZホールディングスとLINE、経営統合で最終合意

ヤフーを傘下に持つZホールディングス(HD)とSNSサービスのLINEは23日、経営統合に関する最終合意書を締結したと発表した。

ZホールディングスがOYOライフとの合弁を解消

格安ホテルチェーンの印OYOグループ傘下で不動産の賃貸仲介を手掛けるOYOテクノロジー&ホスピタリティー・ジャパン(OYOライフ)は19日、Zホールディングスが保有するすべてのOYOライフ株式をOYOグループが取得し、100%子会社にしたと発表した。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up