for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ヤフー株式会社

4689.T

前日終値

315.00JPY

変化

1.00(+0.32%)

出来高

39,180,500

本日のレンジ

313.00

 - 

323.00

52週レンジ

250.00

 - 

415.00

As of on the Tokyo Stock Exchange ∙ Minimum 15 minute delay

価格

前日終値
314.00
始値
316.00
出来高
39,180,500
3か月平均出来高
421.39
高値
323.00
安値
313.00
52週高値
415.00
52週安値
250.00
発行済株式数
4,762.42
時価総額
2,099,378.00
予想PER
18.12
配当利回り
2.81

次のエベント

Dividend For 4689.T - 0.0000 JPY

適時開示

その他

Tokyo Stock Exchange Says It Suspends Trading In Zozo On Tender Offer Report

Yahoo Japan Corp - Exercised Voting Rights Today Against Reappointment Of Askul Corp President And CEO Shoichiro Iwata

Mapbox Says Co And Yahoo! Japan To Collaborate

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ヤフー株式会社とは

ヤフーグループはインターネット上の情報検索サービスの提供を行う日本会社である。【事業内容】同社は2つの事業を運営する。マーケティングソリューション事業は、検索連動型広告やディスプレイ広告などの広告関連サービス 等の提供を行う。コンシューマ事業は「ヤフオク!」や「Yahoo!ショッピング」、「ASKUL」、「LOHACO」などのイーコマース関連サービス、「Yahoo!プレミアム」、「Yahoo! BB」他会員向けサービス及び「Yahoo!不動産」等の情報掲載サービスの提供を行う。

業種

Computer Services

連絡先

Kioi Tower, 1-3, Kioi-cho

+81.3.68988200

https://about.yahoo.co.jp/

エグゼクティブリーダーシップ

Manabu Miyasaka

Chairman of the Board, President of Subsidiary

Kentaro Kawabe

President, Executive President, Chief Executive Officer, Representative Director

Ryosuke Sakaue

Managing Executive Officer, Chief Financial Officer, Chief Senior Director of Finance in Corporate Group

Chiaki Fujimon

Managing Executive Officer, Chief Technology Officer

Kosuke Homma

Managing Executive Officer, Chief Senior Director of Legal Affairs in Corporate Group, Manager of Corporate Group

統計

1.87 mean rating - 15 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, JPY)

2017

0.9K

2018

0.9K

2019

1.0K

2020(E)

1.0K
EPS (JPY)

2017

23.990

2018

23.040

2019

14.740

2020(E)

17.387
株価売上高倍率(過去12カ月)
22.31
株価売上高倍率(過去12カ月)
2.18
株価純資産倍率(四半期)
2.07
株価キャッシュフロー倍率
16.04
総負債/総資本(四半期)
62.68
長期負債/資本(四半期)
62.68
投資利益率(過去12カ月)
3.56
自己資本利益率(過去12カ月)
2.88

最新ニュース

訂正-日経平均は9日続伸、一時2万2000円台回復 東証1部売買代金は今年最高

東京株式市場で日経平均は9日続伸。米中通商協議の進展に対する期待が高まったほか、欧州中央銀行(ECB)が包括的な金融緩和を決定したことで過剰流動性が意識された。トランプ米大統領が中間所得層向けの税制改革案を来年発表する考えを示したことも好感された。一時2万2000円を回復し5月7日以来の高値を付けた。東証1部売買代金は3兆3348億円となり今年最高となった。

ヤフー、ZOZOとの提携で電子商取引の物販1位が射程圏に

ヤフー<4689.T>の川辺健太郎社長は12日、ZOZO<3092.T>との資本業務提携を受けた会見で、提携を通じて2020年代前半の国内電子商取引市場の物販分野で1位に手が届きつつあるとの認識を示した。

日経平均は8日続伸、終値で4カ月ぶり高値 米中協議への期待で

東京株式市場で日経平均は8日続伸。前日の米国株高や為替の円安に加え、米中通商交渉で中国が譲歩する姿勢を示したことが投資家心理を好転させ、朝方から買いが先行した。その後、戻りの節目として意識されていた7月25日のザラ場高値を上抜けたことで一段とムードが良くなったが、ここまでの急ピッチの上昇による高値警戒感もあり、大引けにかけて上げ幅を縮小した。終値ベースでは5月7日以来約4カ月ぶりの高値を付けた。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「十字線」、節目更新するが実質「一文新値」に

<15:55> 日経平均・日足は「十字線」、節目更新するが実質「一文新値」に 日経平均・日足は長めの上ヒゲを伴う「十字線」。実体部分と下ヒゲがほとんどない「トウバ足」の形 状だ。過熱感を示すオシレーター系指標が目立つ中で、これまで定石破りとも言える上昇を演じてきたが、 売り買いがきっ抗し始め、基調の転換を暗示する「トウバ足」を引いたことで、いったん休養する可能性が 高くなっている。 今回は、戻りの節目として意識されていた7月25日のザラ場戻り高値2万1823円07銭を更新し たものの、その値幅はわずか2円あまりで実質的に「一文新値」にとどまったほか...

〔マーケットアイ〕株式:新興株式市場は高安まちまち、商いは盛り上がりを欠く

<15:05> 新興株式市場は高安まちまち、商いは盛り上がりを欠く 新興株市場は高安まちまち。日経ジャスダック平均が6日続伸、しっかりとなる銘柄が目立ったが、東 証マザーズ指数は反落した。全体的に商いは盛り上がりを欠いている。市場では「1部市場が堅調となる中 、新興株式市場では先行して買われた銘柄に利益確定売りが出ている」(国内証券)との指摘があった。 ジャスダック市場では、ワークマン 、UTグループ が堅調となったほか、ソーバル < 2186.T>がしっかり。半面、前日に買われた免疫生物研究所 が急反落し、ニックス 、オリ コン などがさえない...

〔マーケットアイ〕株式:しっかり、7月25日のザラ場高値2万1823円を上回る

<14:15> 日経平均はしっかり、7月25日のザラ場高値2万1823円を上回る 日経平均はしっかり。戻りの節目として意識されていた7月25日のザラ場戻り高値2万1823円0 7銭を更新し、一段とムードが良くなっている。ただ、急ピッチな上昇に対する警戒感がある上、翌日にメ ジャーSQ(特別清算指数)算出を控えているため、同高値を更新後は神経質な動き。市場では「ドル/円 が108円台と円安に振れ、第1四半期決算に修正した為替レートから差益が出る状況となってきた。その 点から株価も修正高に向かっている格好だが、高値警戒感やSQ算出控えから、...

〔マーケットアイ〕株式:前場の日経平均は続伸、米中の譲歩姿勢を好感 約1カ月半ぶり高値

<11:49> 前場の日経平均は続伸、米中の譲歩姿勢を好感 約1カ月半ぶり高値 前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日比180円28銭高の2万1778円04銭となり、続伸 した。前日の米国株高や為替の円安を受け、朝方から買いが先行。その後、上げ幅を一時200円超に拡大 し、取引時間中として約1カ月半ぶりの高値をつけた。値がさのハイテク関連株が物色されたほか、個別に 材料のあったZOZO も大きく買われた。 米中両国が10月の閣僚級協議を前に通商交渉で譲歩する姿勢を示したことも投資家心理を好転させて いる。中国財政省は11日、中国が一部...

ヤフーがZOZOにTOB、連結子会社化目指す

ヤフー<4689.T>は12日、ZOZO<3092.T>に対し1株2620円で株式公開買い付け(TOB)を行うと発表した。ZOZO株式の50.1%を取得し、連結子会社化を目指す。買い付け総額は約4000億円。資本関係を含めた提携関係を結び、両社ともに成長を加速する狙いがある。ZOZOはヤフーによるTOBに賛同するとのコメントを発表した。

ZOZOは買い気配、ヤフーによるTOB発表で

ZOZO<3092.T>は買い気配。ヤフー<4689.T>が同社に株式公開買い付け(TOB)を実施し、子会社化すると発表したことが材料視されている。TOB価格は1株2620円で、9月11日終値2166円に対して20.96%、同日までの過去1カ月の終値単純平均値2111円に対して24.11%のプレミアムがそれぞれ上乗せされた価格。

ヤフーがZOZOにTOB、1株2620円

ヤフーは12日、ZOZOに対し1株2620円で株式公開買い付け(TOB)を行うと発表した。ZOZO株式の50.1%を取得を目指し、買い付け総額は約4000億円となる。

ZOZO株の売買を一時停止、午前8時20分から=東証

東証は12日、ZOZO株の売買を午前8時20分から一時停止すると発表した。公開買い付けに関する報道の真偽等の確認のためとしている。

ヤフーがZOZO株過半取得へ最終調整、数千億円規模=NHK

NHKは12日、ヤフーがZOZOを傘下に収める方向で最終調整していると報じた。株式の過半数の取得を目指し、株式公開買い付け(TOB)を行う方向だという。

4日の主な自社株買い・消却、株式分割など一覧

4日に自社株買いや消却、株式分割を発表した主な企業の一覧は以下の通り。  <自社株買い> ・三城ホールディングス 、自己保有株を除く発行済株式総数の0.98%に あたる50万株、取得総額1億5000万円を上限とする自社株買いを実施へ。取得期間 は9月5日から12月30日。  <自己株消却> ・ヤフー 、発行済み株式総数の27.5%に相当する18億4227万31 00株を9月30日に消却へ。  *午後3時以降に発表した企業を対象にしています。

ヤフーが象牙取引を禁止へ、国際批判に対応=関係筋

ヤフー<4689.T>は同社が提供する電子商取引(EC)サービスで象牙製品の取引を禁止する方針を決めた。関係筋が明らかにした。

〔テクニカルデータ〕東証1部GC・DC銘柄一覧=16日

RIC 銘柄名 01 ライト工業 02 亀田製菓 03 コア 04 ダイワボウHLDG 05 すかいらーくHLDG 06 ビーロット 07 アグレ都市デザイン 08 東海染工 09 グリー 10 クロス・マーケティンググル ープ 11 eBASE 12 四国化成工業 13 アステラス製薬 14 神東塗料 15 ヤフー 16 トーセ 17 フリュー 18 日立製作所 19 アイコム 20 NOK 21 パン・パシフィック・インタ ーナ 22 愛知時計電機 23 オーバル 24 タカラトミー 25 ユアサ商事 26 ソーダニッカ 27 丸井...

UPDATE 2-ビジョンファンド2、3カ月以内に投資開始へ=ソフトバンクG社長

ソフトバンクグループの孫正義社長は、人工知能(AI)関連企業に投資するビジョン・ファンドの第2弾について、1─3カ月以内に投資が始まるとの見通しを示した。

ホットストック:ファンケルは買い気配、キリンHDと資本業務提携 「いい組み合わせ」

ファンケルは買い気配。キリンホールディングスと資本業務提携すると6日に発表したことが材料視されている。キリンはファンケル株式約3954万株を創業者などから相対取引で取得する。総額は1293億円で、9月6日に譲渡予定。株式取得後のキリンの保有割合は30.3%となる。キリンとファンケルは共同研究・事業開発などで協力するほか、販売チャネルの相互活用を想定している。キリンは取締役の派遣も予定している。

ソフトバンクの4─6月営業益3.7%増、宮内社長「計画少し上回る」

ソフトバンク<9434.T>が5日発表した2019年4─6月期(国際会計基準)の営業利益は前年比3.7%増の2688億円だった。リフィニティブが集計したアナリスト4人の予測平均値2678億円とほぼ一致した。法人事業が大きく伸びたほか、個人向け携帯電話サービスなどコンシューマ事業も堅調に推移した。

ヤフー対応、アスクル伸ばすための判断=ソフトバンク社長

ソフトバンク<9434.T>の宮内謙社長兼最高経営責任者(CEO)は5日の決算会見で、子会社ヤフー<4689.T>が、孫会社に当たるアスクル <2678.T>の株主総会で議決権を行使し社長だった岩田彰一郎氏と独立社外取締役3人の取締役再任に反対したことについて「アスクルを伸ばしていくための大変苦しい判断だったと思う」と理解を示した。その上で「今回の決断は、将来的には皆さんに分かってもらえるのではないか」と語った。

ヤフー議決権行使、アスクル伸ばすための苦しい判断=ソフトバンク社長

ソフトバンクの宮内謙社長兼最高経営責任者(CEO)は5日の決算会見で、子会社ヤフーが、孫会社に当たるアスクルの株主総会で議決権を行使し社長だった岩田彰一郎氏と独立社外取締役3人の取締役再任に反対したことについて「アスクルを伸ばしていくための大変苦しい判断だったと思う」と評価した。その上で「今回の決断は、将来的には皆さんにわかってもらえるのではないか」と語った。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも15分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up