for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Zホールディングス株式会社

4689.T

現在値

502.60JPY

変化

2.80(+0.56%)

出来高

14,419,900

本日のレンジ

499.20

 - 

508.00

52週レンジ

430.00

 - 

792.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
499.80
始値
501.40
出来高
14,419,900
3か月平均出来高
460.02
高値
508.00
安値
499.20
52週高値
792.00
52週安値
430.00
発行済株式数
7,595.06
時価総額
3,847,518.00
予想PER
42.42
配当利回り
1.11

次のエベント

Q1 2022 Z Holdings Corp Earnings Release

適時開示

その他

Japan Financial Regulator Asks Messaging App Line To Report To It After It Let Chinese Engineers Access User Data - Kyodo

Japan Messaging App Line To Hold News Conference At 1030 GMT - Kyodo

Japan's Messaging App Line Spokesman No Data Breach, Legal Or Regulatory Issues Regarding Chinese Engineers' Access To User Data

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Zホールディングス株式会社とは

Zホールディングス(旧名:ヤフー)はグループ経営管理事業、ヤフー事業、金融系グループ経営管理事業を行う。【事業内容】グループ経営管理事業は主にグループ会社の経営管理、並びにそれに付帯する業務を行う。ヤフー事業は、インターネット上の広告事業、イーコマース事業、会員サービス事業を行う。インターネット上の広告事業は主に、検索連動型広告やディスプレイ広告等の広告関連サービス等の提供、「ヤフオク!」や「Yahoo!ショッピング」等のコマース関連サービス、並びに「Yahoo!プレミアム」等の会員向けサービス及びクレジットカード等の決済金融関連サービスの提供を行う。金融系グループ経営管理事業は、銀行業、データ分析事業、マーケティング事業、開発支援事業等を行う。

業種

Retail (Catalog & Mail Order)

連絡先

Kioi Tower, 1-3, Kioi-cho

CHIYODA-KU, TKY

102-8282

Japan

+81.3.67794900

https://www.z-holdings.co.jp/

エグゼクティブリーダーシップ

Kentaro Kawabe

President, Executive President, Chief Executive Officer, Representative Director

Ryosuke Sakaue

Managing Executive Officer, Chief Financial Officer, Chief Senior Director of Finance in Corporate Group

Chiaki Fujimon

Managing Executive Officer, Chief Technology Officer

Taku Oketani

Senior Managing Executive Officer, Group Chief Strategy Officer, Director

Takao Ozawa

Senior Managing Executive Officer, Director

統計

2.15 mean rating - 13 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, JPY)

2019

1.0K

2020

1.1K

2021

1.2K

2022(E)

1.5K
EPS (JPY)

2019

14.740

2020

16.880

2021

14.020

2022(E)

12.728
株価売上高倍率(過去12カ月)
34.40
株価売上高倍率(過去12カ月)
3.19
株価純資産倍率(四半期)
1.42
株価キャッシュフロー倍率
20.12
総負債/総資本(四半期)
51.80
長期負債/資本(四半期)
51.80
投資利益率(過去12カ月)
2.01
自己資本利益率(過去12カ月)
1.68

最新ニュース

最新ニュース

グラスルイス、シーゲル氏のソフトバンクG取締役就任に反対を推奨

米議決権行使助言会社グラス・ルイスが、ソフトバンクグループの株主に対し、弁護士ケン・シーゲル氏の社外取締役就任に反対するよう推奨していることが分かった。

ホットストック:GMOFHDが3%超高、ワイジェイFXの完全子会社化を好感

GMOフィナンシャルホールディングスは反発し3%超高。一時5.75%高まで買われた。外為証拠金(FX)取引業者のワイジェイFX(東京・千代田)の全株式を289億円で取得し、完全子会社化すると親会社のGMOインターネットが発表したことが材料視されている。

GMOフィナンシャルHD、ワイジェイFXを完全子会社化 289億円

GMOインターネットは25日、連結子会社のGMOフィナンシャルホールディングスが、外為証拠金(FX)取引業者のワイジェイFX(東京・千代田)の全株式を289億円で取得し、完全子会社化すると発表した。ワイジェイFXはZホールディングス子会社のヤフーの傘下にある。

GMOフィナンシャルHD、ワイジェイFXを完全子会社化 289億円

GMOインターネットは25日、連結子会社のGMOフィナンシャルホールディングスが、外為証拠金(FX)取引業者のワイジェイFX(東京・千代田)の全株式を289億円で取得し、完全子会社化すると発表した。ワイジェイFXはZホールディングス子会社のヤフーの傘下にある。

ソフトバンクG、コーエーテクモの襟川恵子会長を社外取締役に

ソフトバンクグループは21日、新任取締役候補としてコーエーテクモホールディングスの襟川恵子会長、Zホールディングスの川辺健太郎社長、モリソン・フォースター外国法事務弁護⼠事務所のケン・シーゲル東京オフィス代表を選任したと発表した。

総務省、LINEに行政指導 個人情報管理の不備で

総務省は26日、無料通信アプリのLINEの利用者情報が海外から閲覧可能になっていた問題について、LINEに行政指導を行った。総務省の発表によると、社内システムへのアクセス管理の徹底や開発組織の統治体制強化などを文書で求めた。

デジタルプラットフォーム透明化法、規制対象はアマゾンや楽天

規制対象として、総合オンラインモールではアマゾンジャパン、楽天グループ、ヤフー、アプリストアではアップル・iTunes(App Store)、グーグル(Google Playストア)を指定した。

韓国クーパンのサービス、日本で展開の可能性検討=SBG孫氏

ソフトバンクグループの孫正義会長兼社長は29日、韓国ネット通販大手クーパンのサービスを日本で展開する可能性について検討していると明らかにした。

ZHD、韓国クーパンと日本展開の可能性協議=SBG孫氏

ソフトバンクグループの孫正義会長兼社長は29日、グループ会社のZホールディングス(ZHD)が韓国ネット通販大手クーパンのサービスを日本で展開する可能性について協議を行っていると明らかにした。

機密性要する情報、政府機関のLINE利用いったん停止=官房長官

加藤勝信官房長官は29日午後の会見で、LINEの提供するサービスに関し、機密性を要する情報については政府機関の利用をいったん停止すると発表した。

LINE、データ保管を国内に移転 「ユーザー配慮欠いた」

LINEの社長でZホールディングス(ZHD)の共同最高経営責任者(Co-CEO)の出沢剛氏は23日、対話アプリでのトーク上の動画・画像などのデータの保管場所を韓国から国内に移転すると明らかにした。親会社のZHDが、データの取り扱いを巡って外部有識者が検証・評価するため設置した特別委員会の席上で述べた。

BRIEF-出沢LINE社長:海外での協業による開発、われわれの強みなので手続き踏んで継続する

LINEの出沢剛社長は23日、情報管理の問題について記者会見した。主な発言内容は以下の通り。

対話アプリのデータ保管を国内に移転=LINE社長

LINEの社長でZホールディングス(ZHD)の共同最高経営責任者(Co-CEO)の出沢剛氏は23日、対話アプリでのトーク上の映像・画像などのデータの保管場所を韓国から国内に移転すると明らかにした。親会社のZHDが、データの取り扱いを巡って外部有識者が検証・評価するため設置した特別委員会の席上で述べた。

LINEの個人情報管理不備、事実関係確認し対応=加藤官房長官

加藤勝信官房長官は17日午前の会見で、無料通信アプリ「LINE」の個人情報に、同社がシステム管理を委託している中国の関連会社の技術者がアクセスできる状態になっていたとの報道に対して、総務省で詳細の把握を進めており、「事実関係を確認の上で適切に対応する」と述べた。

LINEの個人情報管理に不備、中国の委託先が接続可能に=報道

NHKなど国内メディアは17日、無料通信アプリ「LINE」が中国の開発会社にシステム管理を委託し、中国人技術者が利用者の個人情報にアクセスできる状態になっていたことが分かったと報じた。

ペイペイの利用者、3─4年内に倍増させたい=ZHD社長

Zホールディングス(ZHD)の川辺健太郎社長・共同最高経営責任者(Co-CEO)は3日、スマホ決済サービスのペイペイの利用者数を3─4年以内に倍にしたいとの考えを示した。ロイターとのインタビューで語った。そこまでを投資の局面と位置づけ、ソフトバンクのグループ企業から資金をまかなう。

ホットストック:ZHDは反落し5%安、今後の投資警戒し利益確定先行

Zホールディングスは反落し5%超安で推移。寄り付き後は小幅続伸となったものの、その後すぐにマイナス圏に沈んだ。午前9時36分現在、東証1部の売買代金では第3位に入っている。

ZHD、23年度の売上高2兆円を目標 「全サービスでAI活用」

Zホールディングス(ZHD)の川邊健太郎社長・共同最高経営責任者(Co-CEO)は1日の経営戦略説明会で、2023年度に売り上げで2兆円、営業利益で2250億円を目指すと述べた。広告・マーケティングやeコマース(電子商取引)でLINEとの相乗効果を見込む。ZHDとLINEは同日、経営統合を完了した。

BRIEF-ZHD共同CEO:23年度売り上げ2兆円、営業利益2250億円目指す

Zホールディングス(ZHD)とLINEが1日、経営統合を完了した。川邊健太郎氏と出澤剛氏のCo-CEO(共同最高経営責任者)による戦略説明会での主な発言は以下の通り。

ZHD、21年3月期の営業利益予想は5.1%増の1600億円

Zホールディングスは3日、21年3月期の連結営業利益(国際会計基準)予想を前年比5.1%増の1600億円に据え置いた。20年4─12月期の営業利益は前年同期比15.1%増の1422億円だった。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up