for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Zホールディングス株式会社

4689.T

現在値

757.40JPY

変化

25.40(+3.47%)

出来高

21,349,000

本日のレンジ

741.20

 - 

758.00

52週レンジ

438.80

 - 

792.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
732.00
始値
741.40
出来高
21,349,000
3か月平均出来高
380.75
高値
758.00
安値
741.20
52週高値
792.00
52週安値
438.80
発行済株式数
7,596.15
時価総額
5,604,423.00
予想PER
57.92
配当利回り
0.76

次のエベント

Z Holdings Corp at Nomura Japan Technology Conference (Virtual)

適時開示

その他

Japan Financial Regulator Asks Messaging App Line To Report To It After It Let Chinese Engineers Access User Data - Kyodo

Japan Messaging App Line To Hold News Conference At 1030 GMT - Kyodo

Japan's Messaging App Line Spokesman No Data Breach, Legal Or Regulatory Issues Regarding Chinese Engineers' Access To User Data

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

Zホールディングス株式会社とは

Zホールディングス(旧名:ヤフー)はグループ経営管理事業、ヤフー事業、金融系グループ経営管理事業を行う。【事業内容】グループ経営管理事業は主にグループ会社の経営管理、並びにそれに付帯する業務を行う。ヤフー事業は、インターネット上の広告事業、イーコマース事業、会員サービス事業を行う。インターネット上の広告事業は主に、検索連動型広告やディスプレイ広告等の広告関連サービス等の提供、「ヤフオク!」や「Yahoo!ショッピング」等のコマース関連サービス、並びに「Yahoo!プレミアム」等の会員向けサービス及びクレジットカード等の決済金融関連サービスの提供を行う。金融系グループ経営管理事業は、銀行業、データ分析事業、マーケティング事業、開発支援事業等を行う。

業種

Retail (Catalog & Mail Order)

連絡先

Kioi Tower, 1-3, Kioi-cho

CHIYODA-KU, TKY

102-8282

Japan

+81.3.67794900

https://www.z-holdings.co.jp/

エグゼクティブリーダーシップ

Kentaro Kawabe

President, Co-Chief Executive Officer, President and Chief Executive Officer of Subsidiary, Representative Director

Takeshi Idezawa

Co-Chief Executive Officer, President and Chief Executive Officer of a Subsidiary, Representative Director

Ryosuke Sakaue

Group Chief Financial Officer, Senior Managing Executive Officer

In Joon Hwang

Senior Managing Executive Officer, CGIO (Chief Global Investment Officer)

Jun Masuda

Senior Managing Executive Officer, President of Subsidiary, Director

統計

2.31 mean rating - 13 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, JPY)

2019

1.0K

2020

1.1K

2021

1.2K

2022(E)

1.5K
EPS (JPY)

2019

14.740

2020

16.880

2021

14.020

2022(E)

12.522
株価売上高倍率(過去12カ月)
54.95
株価売上高倍率(過去12カ月)
4.29
株価純資産倍率(四半期)
2.09
株価キャッシュフロー倍率
27.45
総負債/総資本(四半期)
54.88
長期負債/資本(四半期)
54.88
投資利益率(過去12カ月)
2.04
自己資本利益率(過去12カ月)
1.73

最新ニュース

最新ニュース

〔マーケットアイ〕株式:新興市場はマザーズが続伸、ジャスダックは反発

<15:34> 新興市場はマザーズが続伸、ジャスダックは反発   新興株市場は、東証マザーズ指数が3日続伸し、日経ジャスダック平均が反発した。 マザーズ総合は前営業日比0.51%高。好決算を手がかりにビジョナル が 買われたほか、セルソース が上場来高値となった。メルカリ もしっかり 。一方、前日まで連騰していたキャリア はストップ安。BASE も軟調 だった。 日経ジャスダック平均は前営業日比0.38%高。増資を発表した出前館 が 買われたほか、東映アニメーション が反発した。半面、日本マクドナルドホール ディングス やシンバイオ製薬...

出前館、ZHD・ネイバーへの第三者割当などで800億円を調達へ

出前館は13日、第三者割当や海外募集による新株式発行と自己株式の処分を実施し、最大で800億円を調達すると発表した。

BRIEF-出前館、第三者割当などで最大800億円を調達へ

* 出前館、第三者割当などで最大800億円を調達へ * 出前館、第三者割当の割り当て先はZHD・ネイバー *この記事の詳細はこの後送信します。新しい記事は見出しに「UPDATE」と表示します。

日経平均は小幅続落、トヨタ決算「市場ムード重なる」の声

東京株式市場で日経平均は小幅続落した。新型コロナウイルスの感染拡大が警戒された一方、引き続き決算を材料に個別銘柄が物色された。売り優勢で始まったが、中国株式市場が堅調となる中で下げ渋った。午後にトヨタ自動車の通期予想据え置きが伝わると、下押しが強まる場面もあった。好決算ながら慎重な会社側のスタンスに「市場のムードと重なる」との指摘も出ていた。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陽線」、一目均衡表の「雲」領域から下放れ

<15:45> 日経平均・日足は「小陽線」、一目均衡表の「雲」領域から下放れ 日経平均・日足は上下にヒゲを伴う「小陽線」。新たにマドを空けて下振れするとと もに、一目均衡表の「雲」領域から下放れたことで弱気に傾斜したものの、下げ渋る動き となったことで、ここで踏みとどまれるかどうかが注目される。 5月13日安値2万7385円03銭と6月21日安値2万7795円を結んだ下値 抵抗線である、2万8000円─2万8100円どころの水準をキープし反転した場合、 中長期的な三角もちあいを形成することになるため、当面は同水準が下値の目安として意 識...

〔マーケットアイ〕株式:新興株式市場は軟調、上場2日目のBCCが初値形成後に乱高下

<15:10> 新興株式市場は軟調、上場2日目のBCCが初値形成後に乱高下 新興株式市場は軟調な推移だった。東証マザーズ指数が小幅続落となった一方、日経 ジャスダック平均は小反落した。市場では「直近IPOが値幅取りの対象として日替わり で物色されている」(国内証券)との声が聞かれる。 前日にマザーズ市場に新規上場したBCC は上場2日目に公開価格の2.5 7倍となる3350円で初値を付けた後、上下に大きく値が振れる乱高下となった。 マザーズ総合は前営業日比0.60%安。アイドマ・ホールディングス がス トップ高となったほか、日本電解 が...

訂正-〔マーケットアイ〕株式:日経平均は軟調に推移、ETF換金売りが上値圧迫要因に

(見出しの「EFT」を「ETF」に訂正します) [東京 7日 ロイター] - <14:25> 日経平均は軟調に推移、ETF換金売りが上値圧迫要因に 日経平均は軟調に推移。朝方に付けたきょうの安値には距離を残しており、大きく崩 れる気配は感じられず、もみあう商状となっている。市場では「週末までETFの分配金 を捻出するための換金売りが続くと警戒されており、これが上値圧迫要因になっている」 (東海東京調査センター・シニアストラテジストの中村貴司氏)との声が聞かれた。 <13:15> 後場の日経平均は小動き、様子見強まる アジア株安は重し 後場...

〔マーケットアイ〕株式:後場の日経平均は小動き、様子見強まる アジア株安は重し

<13:15> 後場の日経平均は小動き、様子見強まる アジア株安は重し 後場の日経平均は前営業日比250円ほど安い2万8300円台後半で小動き。指数 寄与度の高いファーストリテイリング の下落や、アジア株の軟調な値動きが重し となっている。TOPIXは0.80%安の1938ポイント近辺。 市場では「米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨の公表を控え、様子見が強ま っている。テーパリング議論の具体的な内容に対する市場の関心は高い」(国内証券)と の声が聞かれる。 個別では、テルモ 、ヤマトホールディングス 、ミネベアミツミ<647 9...

前場の日経平均は反落、米ダウ安を嫌気 景気敏感株に売り先行

前場の東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比279円39銭安の2万8363円82銭と反落した。6日の米国株式市場でダウ工業株30種とS&P総合500種が下落した流れを引き継ぎ、景気敏感株を中心に売りが先行した。

ZHD、日本のヤフー商標など取得へ 1785億円

Zホールディングス(ZHD)は5日、日本における「ヤフー」の商標・技術などに関する永続的な権利確保に向け1785億円を支払うことで合意したと発表した。

グラスルイス、シーゲル氏のソフトバンクG取締役就任に反対を推奨

米議決権行使助言会社グラス・ルイスが、ソフトバンクグループの株主に対し、弁護士ケン・シーゲル氏の社外取締役就任に反対するよう推奨していることが分かった。

ホットストック:GMOFHDが3%超高、ワイジェイFXの完全子会社化を好感

GMOフィナンシャルホールディングスは反発し3%超高。一時5.75%高まで買われた。外為証拠金(FX)取引業者のワイジェイFX(東京・千代田)の全株式を289億円で取得し、完全子会社化すると親会社のGMOインターネットが発表したことが材料視されている。

GMOフィナンシャルHD、ワイジェイFXを完全子会社化 289億円

GMOインターネットは25日、連結子会社のGMOフィナンシャルホールディングスが、外為証拠金(FX)取引業者のワイジェイFX(東京・千代田)の全株式を289億円で取得し、完全子会社化すると発表した。ワイジェイFXはZホールディングス子会社のヤフーの傘下にある。

GMOフィナンシャルHD、ワイジェイFXを完全子会社化 289億円

GMOインターネットは25日、連結子会社のGMOフィナンシャルホールディングスが、外為証拠金(FX)取引業者のワイジェイFX(東京・千代田)の全株式を289億円で取得し、完全子会社化すると発表した。ワイジェイFXはZホールディングス子会社のヤフーの傘下にある。

ソフトバンクG、コーエーテクモの襟川恵子会長を社外取締役に

ソフトバンクグループは21日、新任取締役候補としてコーエーテクモホールディングスの襟川恵子会長、Zホールディングスの川辺健太郎社長、モリソン・フォースター外国法事務弁護⼠事務所のケン・シーゲル東京オフィス代表を選任したと発表した。

総務省、LINEに行政指導 個人情報管理の不備で

総務省は26日、無料通信アプリのLINEの利用者情報が海外から閲覧可能になっていた問題について、LINEに行政指導を行った。総務省の発表によると、社内システムへのアクセス管理の徹底や開発組織の統治体制強化などを文書で求めた。

デジタルプラットフォーム透明化法、規制対象はアマゾンや楽天

規制対象として、総合オンラインモールではアマゾンジャパン、楽天グループ、ヤフー、アプリストアではアップル・iTunes(App Store)、グーグル(Google Playストア)を指定した。

韓国クーパンのサービス、日本で展開の可能性検討=SBG孫氏

ソフトバンクグループの孫正義会長兼社長は29日、韓国ネット通販大手クーパンのサービスを日本で展開する可能性について検討していると明らかにした。

ZHD、韓国クーパンと日本展開の可能性協議=SBG孫氏

ソフトバンクグループの孫正義会長兼社長は29日、グループ会社のZホールディングス(ZHD)が韓国ネット通販大手クーパンのサービスを日本で展開する可能性について協議を行っていると明らかにした。

機密性要する情報、政府機関のLINE利用いったん停止=官房長官

加藤勝信官房長官は29日午後の会見で、LINEの提供するサービスに関し、機密性を要する情報については政府機関の利用をいったん停止すると発表した。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up