for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

株式会社KeyHolder

4712.T

現在値

113.00JPY

変化

1.00(+0.89%)

出来高

1,546,900

本日のレンジ

111.00

 - 

114.00

52週レンジ

46.00

 - 

224.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
112.00
始値
112.00
出来高
1,546,900
3か月平均出来高
263.25
高値
114.00
安値
111.00
52週高値
224.00
52週安値
46.00
発行済株式数
165.73
時価総額
18,564.88
予想PER
--
配当利回り
1.34

次のエベント

Q2 2020 KeyHolder Inc Earnings Release

適時開示

その他

KeyHolder to take over business

KeyHolder updates on establishment of entertainment JV

KeyHolder to set up entertainment JV with partners

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

株式会社KeyHolderとは

KeyHolderグループは、主に総合エンターテインメント事業と不動産事業を行う持株会社である。【事業内容】3つの事業セグメントを運営する。総合エンターテインメント事業は、ライブ・イベントスペースの運営、テレビ番組の制作、タレント及びアイドル等の運営・管理を行う。不動産事業は、個人から法人に至る、一戸建住宅及びマンション、中古住宅など各種不動産の開発・売買・リーシングを行う。商業施設建築事業は、パチンコホールやカラオケ店並びに飲食店など各種商業施設の設計・施工を行う。

業種

Construction Services

連絡先

9F, Toranomon First Garden

1-7-12, Toranomon

MINATO-KU, TKY

105-0001

Japan

+81.3.58438800

http://www.keyholder.co.jp/

エグゼクティブリーダーシップ

Toru Myochin

President, President of Subsidiary, Representative Director

Nobuyoshi Fujisawa

Director

Mitsuyo Hashimoto

Director

Akira Kanatani

Director

Yuji Ohide

Director

統計

株価売上高倍率(過去12カ月)
--
株価売上高倍率(過去12カ月)
1.36
株価純資産倍率(四半期)
1.54
株価キャッシュフロー倍率
--
総負債/総資本(四半期)
67.27
長期負債/資本(四半期)
53.64
投資利益率(過去12カ月)
-7.18
自己資本利益率(過去12カ月)
-5.60

最新ニュース

最新ニュース

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陰線」、25日線下回り調整長引く可能性も

<15:55> 日経平均・日足は「小陰線」、25日線下回り調整長引く可能性も 日経平均・日足は上下にごく短いヒゲを伴う「小陰線」。新たにマド(2万2584円87銭─2万2 646円22銭)を空けて下放れる格好となったほか、25日移動平均線(2万2528円33銭=29日 現在)や一目均衡表の基準線(2万2467円58銭=同)を下回ったことで弱気に一段と傾斜し、調整が 長引く可能性が出てきた。 6月15日の安値2万1529円83銭を起点にした右肩上がりの下値支持線を明確に下回っており、 このまま下押すとリバウンド相場に対する期待が後退しそうなど...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場は軟調、先駆した銘柄中心に利益確定売り

<15:10> 新興株市場は軟調、先駆した銘柄中心に利益確定売り 新興株市場は軟調に推移。日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数ともに続落した。市場では「先駆 した銘柄を中心に利益確定売りが先行している。地合いは悪化した感じで、調整が長引く可能性が出てきた 」(国内証券)との声が聞かれる。 マザーズ指数は2.42%安となった。フィーチャ が急反落したほか、メルカリ も軟 調、弁護士ドットコム も続落した。半面、ブランジスタ がストップ高に買われたほか、A iming も高い。 ジャスダック指数は2.31%安。米マクドナルドが保有株売却を...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陰線」、引き続き5日線が上値を抑える

<15:45> 日経平均・日足は「小陰線」、引き続き5日線が上値を抑える 日経平均・日足は上ヒゲを伴う大引けが「坊主」に近い「小陰線」。前日に続いて5日移動平均線(2 万2745円31銭=28日現在)に上値が抑えられる格好となり、重さを感じさせている。ただ、三角も ちあいを形成している動きに大きな変化はみられず、引き続き方向性を探っている様子だ。 6月8日の戻り高値2万3178円10銭と7月15日高値2万2965円56銭を結んだトレンドラ インが上値抵抗線として意識されており、本格的な戻りに転じるためには、これを大きくブレークする必要...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場はマザーズが軟調、下げ一巡の直近IPO銘柄に買い

<15:10> 新興株市場はマザーズが軟調、下げ一巡の直近IPO銘柄に買い  新興株市場で、日経ジャスダック平均は小幅に5日ぶりに小反落、東証マザーズ指数は軟調だった。市 場では「値を消していた直近IPOで下げが一巡した銘柄を買う動きが活発化している」(国内証券)との 声が聞かれる。 マザーズ指数は10.73%安となった。弁護士ドットコム 、アンジェス 、Aimi ng などが売られたが、メルカリ が反発し、フィーチャ が買われた。 ジャスダック指数は0.34%高。テラ がストップ安となり、KeyHolder も 大幅安となった半面、ストリームメディアコーポレーション...

再送-〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陽線」、5日移動平均線を上回る

日経平均・日足は上下にヒゲを伴う「小陽線」。上値追いに慎重ながらも底堅さが意識される。終値が5日移動平均線(2万2458円50銭=26日)を上回ったことは安心材料。25日移動平均線(2万22306円23銭=同)は上向きで中期的な上昇トレンドの維持を示唆するが、売買代金がやや低調になりつつある中、上方向へ再起動するには追加で強い買い材料が必要とみられている。

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場は続落、新規上場のフィーチャが乱高下

新興株市場で、日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数はともに続落した。マザーズ指数は一時1067.29ポイントまで上昇し、2018年10月以来の高値を付けたが、その後は週末前ということもあり、利益確定売りに押された。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陰線」、5日移動平均線を下抜け

<16:40> 日経平均・日足は「小陰線」、5日移動平均線を下抜け 日経平均・日足は上下にヒゲを伴う「小陰線」。終値は25日移動平均線(2万2221円27銭=2 5日)を上回ったものの、前日まで下値支持線として機能していた5日移動平均線(2万2451円84銭 =同)を下抜けた。75日移動平均線(2万0195円59銭=同)や200日移動平均線(2万1831 円66銭=同)は上向きを維持しているが、市場では「200日線の下抜けが視野に入ってきた。相場は全 体的に薄商いとなっていることもあり、夏枯れ相場が例年より早めに到来している可能性がある...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場はさえない、フィーチャは2日目も値付かず

<16:10> 新興株市場は軟調、フィーチャは2日目も値付かず 新興株市場で、日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数はともに反落した。市場では「日経平均の下 落に伴い連れ安となったが、値動きのいいIPO銘柄はきょうも人気。IPOで一攫千金を狙った個人投資 家が物色している」(国内証券)との声が出ていた。 マザーズ指数は0.43%安で取引を終了。オンコリスバイオファーマ 、AI inside 、ITbookホールディングス は下落。アンジェス 、そーせいグループ<4565. T>、前日新規上場したロコガイド などは買われた。 きょうは上場...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陽線」、引き続き終値と5日線が絡み合う

<15:55> 日経平均・日足は「小陽線」、引き続き終値と5日線が絡み合う 日経平均・日足は「小陽線」。上ヒゲややや長めの「上影陽線」で、前日の値幅レンジと大きく変わら ないことから気迷いを示している。終値が5日移動平均線(2万2461円90銭=22日現在)をやや下 回ったが、弱気に転じるまでには至らない。両者が絡み合った状態となっており、引き続きこれらの位置関 係がどうなるか注目されそうだ。 当面の上値の目安として意識されるのは、16日の戻り高値(2万2624円14銭)で、このままも たついた状況が続くと上値が重いとの印象が強くなる。...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場はしっかり、ワクチン関連株に人気が集中

<15:25> 新興株市場はしっかり、ワクチン関連株に人気が集中 新興株市場で、日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数はともに5日続伸。市場からは「ワクチン関 連など材料のある銘柄に人気が集中している。24日にIPOが控えており、それまでは好地合いが保たれ るのではないか」(国内証券)との指摘が出ていた。 マザーズ指数は1.28%高で取引を終了。オンコリスバイオファーマ 、アジャイルメディア ・ネットワーク がストップ高となったが、サイバーセキュリティクラウド 、アンジェス< 4563.T>は軟調に推移した。 ジャスダック指数は0.37...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「中陰線」、5日線下回る 健全な調整との見方

<16:20> 日経平均・日足は「中陰線」、5日線下回る 健全な調整との見方 日経平均・日足は「中陰線」。下ヒゲがほとんどない「大引け坊主」の形状で、終値はこれまで下値サ ポートとして機能していた5日移動平均線(2万2946円14銭=11日)を下回った。このところ騰落 レシオや25日移動平均線からの上方かい離率など複数の指標が強い過熱感が示唆していたこともあり、健 全な調整との見方も出ている。 一方、200日移動平均線(2は万1741円19銭=同)は上向きで、長期的な上昇トレンドは維持 されている。6月8日から10日まで3日連続で高値となった...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場は5日ぶり反落、利益確定売り広がる

<15:49> 新興株市場は5日ぶり反落、利益確定売り広がる  新興株市場で、日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数はともに5日ぶり反落した。マザーズ指数は 前場の取引時間中に連日の年初来高値更新となった後、マイナス圏に転じた。東証1部の大型株が全般的に 弱含む中、個人投資家を中心に利益確定売りが広がった。 マザーズ指数は2.82%安。リボミック は一時ストップ安。FRONTEO は大幅 続落。アンジェス 、メルカリ など時価総額上位銘柄も軟調。一方、ナノキャリア はストップ高比例配分。アイ・ピー・エス 、カイオム・バイオサイエンス は...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陽線」、25日線が終値サポートし底堅い印象に

<15:50> 日経平均・日足は「小陽線」、25日線が終値サポートし底堅い印象に 日経平均・日足は上下に短いヒゲを伴う「小陽線」。売りサインとなる「下影陰線」を引いた後にもか かわらず、終値を25日移動平均線(2万2990円71銭=10日現在)がサポートするなど底堅さを印 象付けている。 ただ、前日高値2万3185円85銭に届かなかったことで、3日連続して2万3180円前後の水準 が壁となり、上値に対して慎重な様子をうかがわせた。2万3000円─2万4000円は過去に長くもみ あった経緯があるだけに、簡単には突破できないとみられるため、...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場は堅調、アンジェス中心に循環物色続く

<15:35> 新興株市場は堅調、アンジェス中心に循環物色続く 新興株市場は堅調。日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数はともに続伸した。市場では「ワクチン 関連のアンジェス を中心に循環物色が続いている」(国内証券)との声が聞かれる。 マザーズでは、アンジェスが商いを伴って堅調となったほか、ASJ がストップ高となった。 半面、オンコセラピー・サイエンス が反落したほか、サイバーセキュリティクラウド 、A iming などがさえない。 ジャスダックでは、日本マクドナルドホールディングス が6000円台を回復したほか、テラ も反発。一報...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陽線」、高値警戒強い中で「チキンレース」の様相

日経平均・日足は上ヒゲを伴う寄り付きがほぼ「坊主」の「小陽線」。上値、下値をともに切り上げ、一段と上値指向を強める動きとなっている。心理的な戻りの目安である2万2000円をあっさり更新して強い基調を維持。高値警戒が強い中で、売るに売れない「チキンレース」のような状況になってきた。

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場は堅調、マザーズ指数1年半ぶり1000ポイント回復

新興株市場は堅調。日経ジャスダック平均が12日続伸、東証マザーズ指数も続伸し、引け値で2018年12月5日以来、約1年半ぶりに1000ポイントを回復した。市場からは「引き続き個人投資家を中心に物色意欲が衰えておらず、新興株でも循環物色が続いている」(国内証券)との声が出ていた。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陽線」、終値と25日線の上方かい離率が8%に

<16:00> 日経平均・日足は「小陽線」、終値と25日線の上方かい離率が8%に 日経平均・日足は上下にヒゲを伴う「小陽線」。上値、下値をいずれも切り上げたものの、実体部分が 前日の「中陽線」にはらむなど、若干の気迷いが生じている。終値と25日移動平均線(2万0265円4 8銭=29日現在)の上方かい離率が8%となり、短期的には高値警戒感が台頭しており、そのために伸び 悩んだ格好だ。 ほかにも、RSI(相対力指数)や騰落レシオなどは過熱感を示す指標が多く、目先はもたつく可能性 がありながらも、強いトレンドには変化が見られないため、微調整...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場はしっかり、日経ジャスダック平均は11日続伸

<15:10> 新興株市場はしっかり、日経ジャスダック平均は11日続伸  新興株市場はしっかり。日経ジャスダック平均が11日続伸、東証マザーズ指数が急反発した。市場か らは「値動きの良い銘柄に引き続き買いが入っており、新興市場のトレンドに変化はみられない」(国内証 券)との声が出ていた。 日経ジャスダック平均は0.58%高。中京医薬品 がストップ高となったほか、KeyHol der も大幅高。五洋インテックス も上昇したが、テラ が大幅上昇した後に小幅 高の水準まで値を消したほか、大日光・エンジニアリング が急反落した。 マザーズ指数は...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陽線」、5日線が下値支持

<15:35> 日経平均・日足は「小陽線」、5日線が下値支持 日経平均・日足は「小陽線」。前営業日の陰線に下方から差し込む形となったが、上下のヒゲは比較的 長く気迷いムードも強い。5日移動平均線(2万2201円64銭=22日終値)が下値を支持している。 同線を下抜けた場合、ボリンジャーバンドのプラス1シグマ(2万2057円08銭=同)や一目均衡表の 転換線(2万1958円43銭=同)が抵抗線として位置づけられそうだ。もっとも東証1部の売買代金は 今年最低となり、市場のエネルギーは低い。年初来高値の更新には、売買代金の回復が必要となる。...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場は軟調、利益確定売り優勢 マザーズは1%超安

<15:31> 新興株市場は軟調、利益確定売り優勢 マザーズは1%超安 新興株市場は軟調。日経ジャスダック平均は3日続落、東証マザーズ指数は反落した。市場からは「今 まで頑張っていた元気のいい銘柄に利益確定売りが出ている」(国内証券)との声が出ていた。個別銘柄で は、窪田製薬ホールディングス 、サンバイオ 、オンコリスバイオファーマ などバ イオ関連が軟調。KeyHolder 、環境管理センター なども売られた。 一方、AppBank はストップ高比例配分。日本ホスピスホールディングス 、ジー エヌアイグループ などは買われた。 <14...

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up