for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

フューチャー株式会社

4722.T

現在値

1,659.00JPY

変化

-18.00(-1.07%)

出来高

199,700

本日のレンジ

1,627.00

 - 

1,671.00

52週レンジ

914.00

 - 

2,185.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
1,677.00
始値
1,670.00
出来高
199,700
3か月平均出来高
7.94
高値
1,671.00
安値
1,627.00
52週高値
2,185.00
52週安値
914.00
発行済株式数
88.53
時価総額
158,149.20
予想PER
--
配当利回り
1.54

次のエベント

Dividend For 4722.T - 15.0000 JPY

適時開示

その他

Future to buy remaining 950 shares of YDC for 444 mln yen

Future to raise voting power in unit dit to 63.3 pct for 93 mln yen

Future unit to set up software development related JV in Tokyo

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

フューチャー株式会社とは

フューチャーグループ(旧名:フューチャーアーキテクト)は、同社、連結子会社16社及び持分法適用関連会社7社で構成。【事業内容】情報技術(IT)コンサルティング事業、パッケージ&サービス事業、ニューメディア&ウェブサービス事業及び企業活性化事業の4つを主な事業とする。ITコンサルティング事業は、顧客の抱える経営上の問題を経営者の視点で共有、顧客のビジネスを本質から理解し、実践的な高い技術力により先進ITを駆使した情報システムを構築、問題を解決。同社が最先端のITを駆使し、中立・独立の立場からITコンサルティングサービス及びハードウェア等プロキュアメントサービスを提供、同グループへのコーポレート機能の提供も行う。子会社North Consulting Group Pte. Ltd.はシンガポールをはじめとした、東南アジアにおける企業資源計画(ERP)の導入及びコンサルティングサービスの提供を、Brightree Solutions Sdn Bhd.はマレーシアにおけるERPの導入、カスタマイズ及び運用保守を、North Consulting Group (Thailand) CO., LTD.はタイにおけるERPの導入、カスタマイズ及び運用保守を、ライフサイエンス コンピューティングは電子カルテ「OpenDolphinクラウド」の提供、医用画像システムの開発・販売を行う。パッケージ&サービス事業は、販売管理・ERPなど、専門性の高い領域へ特化した業務パッケージソフトの導入またはASPを利用しての提供、保守運用サービスや教育などのその他のITサービスを行うことにより、顧客の業務効率改善を図る。子会社FutureOneは販売管理、生産管理、会計を中心とする基幹業務ソフトウェア「FUTUREONE」の開発、販売、サポート及び電子商取引(EC)サイトの構築を、アセンディアは保守運用サービス、JAVA、Web技術によるシステムの開発、IT教育サービス、自治体向けシステムの開発を行う。関連会社ロジザードは、クラウド物流在庫管理(WMS)を行う。ニューメディア&ウェブサービス事業は、メディアとウェブサービスの領域でこれまでにないオリジナルサービスの創出を行う。子会社東京カレンダーは、雑誌「東京カレンダー」の制作、ウェブサイトの運営、EC等インターネットサービスの提供を、eSPORTSはインターネットによるスポーツ・アウトドア用品の販売を、関連会社北京中諾博尓信息技術は家電製品を中心とするECビジネスを行う。企業活性化事業は、対象企業の経営に深く参画し、ITを含めた抜本的な改革により企業の活性化を実現したうえで、各業態ごとに成功モデルを構築。子会社魚栄商店は食品スーパーマーケット「ウオエイ」の運営を行う。また、有価証券投資・保有・運用事業等を行う。

業種

Computer Networks

連絡先

Art Village Osaki Central Tower

1-2-2, Osaki

SHINAGAWA-KU, TKY

141-0032

Japan

+81.3.57405721

https://www.future.co.jp/

エグゼクティブリーダーシップ

Yasufumi Kanemaru

Chairman of the Board, President, Group Chief Executive Officer, Chairman of Subsidiary, Representative Director

Yuki Shingu

President of Subsidiary, Director

Yohei Saito

Chief Technology Officer, Director

Kunihito Ishibashi

Vice President, Chief Security Officer, Director

Masami Arai

Executive Officer

統計

株価売上高倍率(過去12カ月)
19.55
株価売上高倍率(過去12カ月)
3.15
株価純資産倍率(四半期)
3.54
株価キャッシュフロー倍率
18.47
総負債/総資本(四半期)
--
長期負債/資本(四半期)
--
投資利益率(過去12カ月)
17.30
自己資本利益率(過去12カ月)
14.96

最新ニュース

最新ニュース

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「大陽線」、目先的に底打ち感 5日線を上回る

<15:55> 日経平均・日足は「大陽線」、目先的に底打ち感 5日線を上回る 日経平均・日足は上下に短いヒゲを伴う「大陽線」となった。終値は2万6847円 90銭。前日に長い下ヒゲが特徴の「たくり線」を引いて下方硬直性を感じさせたのに続 き、上値追いを鮮明にする動きとなったことで目先底打ち感が台頭している。 終値が5日移動平均線(2万6726円14銭=28日)を上回ったことも好材料。 きょうの段階では自律反発の印象が強いものの、同線が上向きに転じる、あるいはこのま ま25日移動平均線(2万7242円46銭=同)を上抜けば、本格反騰の期待...

〔マーケットアイ〕株式:新興株はマザーズ総合が続落、IPOは高値発進後に乱高下

<15:10> 新興株はマザーズ総合が続落、IPOは高値発進後に乱高下 新興株式市場は、マザーズ総合が続落した。「大型連休を前にして積極的に買う投資 家が少なく、見送りムードが強い」(国内証券)という。 きょうグロース市場に新規上場したクリアルは公開価格を72.04%上回 る1600円で、ペットゴーは公開価格の2.35倍となる1295円でそれぞ れ初値を付け、いずれも寄り付いた後は乱高下した。 マザーズ総合は前営業日比0.68%安。セルソースがストップ安となった ほか、メルカリ、JTOWERなどがさえない。一方、前日に新規上場 したモイ...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は上げ幅拡大、大型連休を前に買い戻し活発化

<14:20> 日経平均は上げ幅拡大、大型連休を前に買い戻し活発化 日経平均は上げ幅を拡大。前日比で400円高前後の水準で推移している。市場では 日銀政策決定後の円安が好感された格好となったが、買い戻しが中心という。 市場では「円安で上がったというより、今週は売りから入った投資家が多いため、大 型連休を前に買い戻しが活発化したようだ。連休明け後の上昇を読む関係者も多い」(国 内証券)との声が聞かれた。 <12:38> 後場の日経平均250円超高、円安追い風 日銀は現状維持決定 日経平均は後場に入り上げ幅を拡大し、前営業日比250円超高の...

〔マーケットアイ〕株式:後場の日経平均250円超高、円安追い風 日銀は現状維持決定

<12:38> 後場の日経平均250円超高、円安追 い風 日銀は現状維持決定 日経平均は後場に入り上げ幅を拡大し、前営業日比250円超高の2万6600円台 半ばで推移している。為替の円安を追い風に上値を追う展開となっている。 日銀は金融政策決定会合で政策の現状維持を決定。外為市場ではドル/円が一時12 9.88円まで円安に振れる場面があった。 日銀は、現行の長短金利操作(イールドカーブ・コントロール)付き量的・質的金融 緩和政策の継続を賛成多数で決めた。連続指し値オペの運用を明確化し、明らかに応札が 見込まれない場合を除き、10年物国債金利...

前場の日経平均は反発、米先物や好決算銘柄が下支え

前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日比162円19銭高の2万6548円82銭と反発した。前日の米国株式市場はまちまちとなったが、時間外取引での米ナスダック先物の底堅い値動きや企業決算を材料視した個別物色が指数を下支えした。国内では明日から大型連休に入るため、上値追いには消極的だった。

再送-〔マーケットアイ〕株式:日経平均は上げ幅を拡大、外部環境に落ち着きの兆し

(余分な文字を削りました) [東京 28日 ロイター] - <11:15> 日経平均は上げ幅を拡大、外部環 境に落ち着きの兆し 日経平均は上げ幅を拡大し、前営業日比150円超高の2万6500円半ばを推移し ている。時間外取引の米株先物が底堅く推移する中、企業決算を材料視した個別物色が指 数を支えている。 市場では「これまで米やアジア市場の軟調な動きに連れ安する展開が続いていたが、 落ち着きを見せている。ただ、ゴールデンウィーク休暇前で上値が重い」(国内証券)と の声が聞かれた。 <10:25> 日経平均はプラス圏、米株先物の堅調な推移が...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均はプラス圏、米株先物の堅調な推移が支援

<10:25> 日経平均はプラス圏、米株先物の堅調な推移が支援 日経平均はプラス圏で小動きとなっている。市場では「米国市場で株価が底堅い動き となったことで、ひとまず安心感が出ている」(国内証券)との声が出ている。米株先物 は堅調な推移となっている。 東証33業種では、値上がりは鉱業やその他金融業、ガラス・土石製品など29業種 で、値下がりはサービス業や陸運業、その他製品など4業種。東証プライム市場の騰落数 は、値上がりが1221銘柄(66%)、値下がりは581銘柄(31%)、変わらずは 35銘柄(1%)となっている。 <09:08> ...

寄り付きの日経平均は反発スタート、自律反発期待の買い先行 一時マイナスも

  寄り付きの東京株式市場で日経平均は、前営業日比43円65銭高の2万6430円28銭と、反発してスタートした。自律反発を期待した買いが先行した。その後は一時マイナスに沈んでおり、前日終値を挟んだ動きとなっている。

〔マーケットアイ〕株式:寄り前の板状況、フューチャーが買い優勢 ピー・シー・エーは売り優勢

<08:28> 寄り前の板状況、フューチャーが買い優勢 ピー・シー・エーは売 り優勢 東証プライム市場の寄り前の板状況では、買い優勢と売り優勢のそれぞれ上位銘柄群 は以下の通り。 買い優勢 銘柄名 騰落 MID 買気 売気 終値 率 気配 配 配 1 フューチャー 26% 1,92 1,92 1,92 1,52 8 8 8 8 2 フタバ産業 25% 397 397 397 317 3 NIPPON EXP 20% 8,87 8,87 8,87 7,37 RESS 0 0 0 0 4 鴻池運輸 19% 1,30 1,29 1,30 1,08...

インタビュー:G7はロシアのデフォルト覚悟、リスク回避強まりも=山岡・元日銀局長

日銀の元決済機構局長、山岡浩巳氏(フューチャー取締役)は16日、ロイターのインタビューに応じ、ロシアに対する主要7カ国(G7)の金融制裁について、G7はロシアのデフォルト(債務不履行)を覚悟した上で制裁に踏み切ったと述べた。当局者はロシアがデフォルトに陥っても管理可能との立場だが、資源高で各国が利上げに動く中、金融市場でリスク回避が強まる可能性があると述べた。

中銀デジタル通貨、一般利用型は銀行預金侵食の恐れ=元日銀局長

元日銀決済機構局長で、フューチャー<4722.T>取締役の山岡浩巳氏はロイターのインタビューで、日銀が検討を進める中央銀行デジタル通貨(CBDC)について、企業や家計など幅広い層の利用を想定した「一般利用型」には課題が多いと指摘した。民間の銀行預金がCBDCにシフトするリスクを解決する制度設計は難しく、実現までに数年かかるとの見通しを示した。一方、民間デジタル通貨にはCBDCができないサービスの可能性があり、すみ分けは可能だと述べた。

18日の主な自社株買い・消却、株式分割など一覧

18日に自社株買いや消却、株式分割を発表した主な企業の一覧は以下の通り。  <自社株買い> ・東京テアトル 、自己保有株を除く発行済株式総数の3.25%にあたる2 5万株、取得総額2億5000万円を上限とする自社株買いを実施へ。取得期間は3月1 9日から2021年3月18日。 ・フューチャー 、自己保有株を除く発行済株式総数の1.12%にあたる5 0万株、取得総額10億円を上限とする自社株買いを実施へ。取得期間は3月19日から 6月18日。 ・新晃工業 、自己保有株を除く発行済株式総数の0.95%にあたる25万 株、取得総額5億円を上限...

中銀デジタル通貨の共同研究、大口決済の高度化促す=前日銀局長

山岡浩巳・前日銀決済機構局長(フューチャー<4722.T>取締役)は22日、ロイターのインタビューに応じ、日欧6中銀などが立ち上げた中央銀行デジタル通貨(CBDC)の共同研究組織について、大口決済へのブロックチェーン技術の適用などにつながることが期待できると述べた。一方、電子マネーなど民間のさまざまな決済サービスが駆逐される恐れがあるため、小口決済でも広範に利用できるCBDCが登場する可能性は低いとの見方を示した。

〔テクニカルデータ〕東証1部RSIランキング=31日

1.49%(*) RIC 銘柄名 RSI 01 ソフトブレーン 20.07 02 日本ゼオン 20.54 03 フューチャー 22.88 04 正栄食品工業 24.20 05 いなげや 24.36 06 ライトオン 24.75 07 山九 24.96 08 カプコン 24.97 09 ニホンフラッシュ 24.98 10 アークス 25.70 11 日新電機 26.04 12 マクセルHLDG 26.08 13 東日本旅客鉄道 26.14 14 スカラ 26.86 15 山陽特殊製鋼 26.88 (*):RSIが70以上、または30以下の...

〔テクニカルデータ〕東証1部RSIランキング=12日

0.41%(*) RIC 銘柄名 RSI 01 綿半HLDG 21.70 02 GMOペイメントゲートウェ 23.13 イ 03 光通信 24.70 04 日立物流 26.78 05 フューチャー 28.06 06 テクマトリックス 28.26 07 JCRファーマ 29.22 08 インテリジェント ウェイブ 29.82 (*):RSIが70以上、または30以下の銘柄の割合  

〔テクニカルデータ〕東証1部GC・DC銘柄一覧=13日

RIC 銘柄名 01 サーラコーポレーション 02 アリアケジャパン 03 片倉工業 04 倉敷紡績 05 薬王堂 06 ダイニック 07 アイスタイル 08 エムアップ 09 アステリア 10 大王製紙 11 マークラインズ 12 マクロミル 13 クレハ 14 石原産業 15 森六HLDG 16 日本化薬 17 ロート製薬 18 キッセイ薬品工業 19 生化学工業 20 T&K TOKA 21 フューチャー 22 CIJ 23 JCU 24 東洋炭素 25 中山製鋼所 26 古河機械金属 27 巴工業 28 シチズン時計 29 高島...

再送-インタビュー:リブラ、金融政策の効力下げる働きも=山岡・前日銀局長

山岡浩巳・前日銀決済機構局長(フューチャー取締役)は2日、ロイターのインタビューに応じ、フェイスブックが発行を計画する「リブラ」について、使用規模が法定通貨を上回ることになれば、金融政策の有効性が著しく低下する展開も予想されると述べた。ただ、リブラへの資金逃避を各国中銀が恐れ、政策の信認維持に努力するメリットも期待できるとした。

インタビュー:リブラ、金融政策の効力下げる働きも=山岡・前日銀局長

山岡浩巳・前日銀決済機構局長(フューチャー<4722.T>取締役)は2日、ロイターのインタビューに応じ、フェイスブック<FB.O>が発行を計画する「リブラ」について、使用規模が法定通貨を上回ることになれば、金融政策の有効性が著しく低下する展開も予想されると述べた。ただ、リブラへの資金逃避を各国中銀が恐れ、政策の信認維持に努力するメリットも期待できるとした。

〔テクニカルデータ〕東証1部RSIランキング=7日

12.36%(*) RIC 銘柄名 RSI 01 アルヒ 7.45 02 日東富士製粉 15.57 03 テイ・エス テック 16.21 04 アルプスアルパイン 16.29 05 ワコム 16.51 06 村田製作所 16.88 07 サカイ引越センター 17.54 08 TOTO 18.20 09 カナレ電気 18.26 10 サンデンHLDG 19.69 11 ジーエスユアサコーポレーション 19.73 12 日本テレビHLDG 20.15 13 小松製作所 20.19 14 東陽テクニカ 20.26 15 日東電工 20.40...

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up