for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

楽天株式会社

4755.T

現在値

874.00JPY

変化

0.00(0.00%)

出来高

7,791,900

本日のレンジ

868.00

 - 

876.00

52週レンジ

788.00

 - 

1,313.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
874.00
始値
874.00
出来高
7,791,900
3か月平均出来高
163.91
高値
876.00
安値
868.00
52週高値
1,313.00
52週安値
788.00
発行済株式数
1,355.53
時価総額
1,253,818.00
予想PER
--
配当利回り
0.51

次のエベント

Full Year 2019 Rakuten Inc Earnings Release

適時開示

その他

Rakuten Inc - Expects To Record Gains Of About 40 Billion Yen In FY2020 Q1 From Sale Of OverDrive

KKR To Acquire Digital Reading Platform Overdrive

Age Of Learning Partners With Rakuten To Bring ABCmouse To Japan

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

楽天株式会社とは

楽天グループは、インターネットサービスとFinTechという2つの事業を運営する会社である。【事業内容】インターネットサービス事業はインターネット・ショッピングモール「楽天市場」等の各種電子商取引(EC)サイト、オンライン・キャッシュバック・サイト、旅行予約サイト、ポータルサイト、デジタルコンテンツサイト等の運営、これらのサイトにおける広告の販売、メッセージング及び通信サービスの提供、プロスポーツの運営を行う。FinTech事業はインターネットを介した銀行及び証券サービス、クレジットカード関連サービス、生命保険及び電子マネーサービスの提供等を行う。

連絡先

Rakuten Crimson House, 1-14-1, Tamagawa

+81.3.63871111

https://corp.rakuten.co.jp/

エグゼクティブリーダーシップ

Hiroshi Mikitani

Chairman of the Board, President, Chief Executive Officer, Chairman & Chief Executive Officer of Subsidiaries, Representative Director

Masayuki Hosaka

Vice Chairman of Executive Board, President of Card & Payment Company, President of Subsidiary, Representative Director

Kenji Hirose

Chief Financial Officer, Executive Vice President, Chief Risk Officer

Charles B. Baxter

Chairman of Subsidiary, Director

Kentaro Hyakuno

Executive Vice President, Chief Operating Officer, Chief Marketing Officer, Senior Vice President of Communications & Media Company, Group Executive Vice President

統計

2.57 mean rating - 14 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, JPY)

2016

0.8K

2017

0.9K

2018

1.1K

2019(E)

1.3K
EPS (JPY)

2016

26.650

2017

80.030

2018

105.430

2019(E)

-12.938
株価売上高倍率(過去12カ月)
62.85
株価売上高倍率(過去12カ月)
1.03
株価純資産倍率(四半期)
1.57
株価キャッシュフロー倍率
10.94
総負債/総資本(四半期)
198.67
長期負債/資本(四半期)
198.67
投資利益率(過去12カ月)
0.26
自己資本利益率(過去12カ月)
0.25

最新ニュース

最新ニュース

楽天、携帯電話の無料サービスで2万人を2次募集

楽天<4755.T>傘下の楽天モバイルは23日、自社回線での携帯電話事業の本格運用に向けて実施している「無料サポーター・プログラム」のユーザー2万人を2次募集すると発表した。これまでは約5000人だった。

楽天の送料無料、出店者の調査要請に公取委「必要な調査を実施」

インターネット通販サイト「楽天市場」を運営する楽天<4755.T>が3月中旬から一定額以上の商品の送料を出店者負担で無料化することが独占禁止法違反に当たるのではないかとして、一部の出店者が公正取引委員会に調査要請の署名を提出した。これに対し、公取委の菅久修一事務総長は22日の定例会見で「必要な調査を実施する」と述べた。

楽天の送料無料問題、必要な調査をし適切な判断する=公取委事務総長

公正取引員会の菅久修一事務総長は22日の定例会見で、楽天が3月中旬から一定額以上の商品の送料を出店者の負担で無料化することに対して、一部の出店者が、独占禁止法違反に当たるとして公正取引委員会に調査要請した件について「必要な調査をし、適切な判断をする」と述べた。

展望2020:変わるか日本の通信業界、楽天の本格参入に各社警戒

通信業界では2020年を前に、楽天<4755.T>が春にも自社でインフラをもつMNO(携帯電話事業者)としてのサービスを本格的に開始することへの警戒感がくすぶっている。格安料金とともに、電子商取引(EC)などの巨大な経済圏との組み合わせでユーザーの囲い込みを進めるとみられるためだ。一方、来春から商用化が始まる5G(第5世代移動通信)の一般消費者への普及はまだ先で、まず産業分野が先行しそうだ。

楽天、電子書籍配信の米オーバードライブを売却 約400億円計上へ

楽天<4755.T>は25日、傘下の楽天USAが、電子書籍配信の子会社オーバードライブ・ホールディングスの全株式を、Aragorn Parentに譲渡すると発表した。経営資源の配分の最適化が理由。

楽天、12月末に携帯基地局3000局開設の見通し

楽天<4755.T>は7日、携帯電話の基地局を12月末に3000局開設すると明らかにした。同社は2020年3月までに3432局の開設を目指している。

ホットストック:楽天は反落、7─9月期に1030億円の減損損失計上 リフト株下落で

楽天は反落。5日、2019年7─9月期の連結決算に約1030億円の減損損失を計上する見込みと発表したことが嫌気されている。同社の保有するリフト株式について「市場価格が著しく下落したことから、減損しているという客観的な証拠があると判断した」としている。

楽天、7─9月期に約1030億円の減損損失を計上 リフト株下落で

楽天<4755.T>は5日、2019年7─9月期の連結決算で、約1030億円の減損損失を計上する見込みと発表した。同社の保有するリフト株式について「市場価格が著しく下落したことから、減損しているという客観的な証拠があると判断した」としている。

日経平均は4日続伸、米国株高・円安が支え 高値警戒感も台頭

東京株式市場で日経平均は4日続伸。海外市場で米国株が大幅上昇した流れを引き継ぎ、東京市場でも朝方から買いが先行。その後、外為市場で円安が進行したことも輸出関連株の支援材料となり、相場全体を押し上げた。後場は高値警戒感が台頭し、模様眺めムードで伸び悩んだ。

楽天、携帯事業の本格運用は半年後ずれ 10月からは無料サービス

楽天<4755.T>は6日、携帯電話事業の本格運用が当初の10月から半年程度、後ずれすると明らかにした。10月1日─来年3月に通話・データ容量無制限無料のサービスを提供し、システムの安定稼働を確認する。当初5000人をめどに10月1日から利用者を募集開始する。

ホットストック:楽天は反落、携帯電話事業への本格参入先送りで

楽天は大幅反落。午前9時10分現在、東証1部で値下がり率トップとなっている。携帯電話事業への本格参入が半年先送りになるという報道が嫌気されている。市場からは「楽天の参入は携帯電話料金を引き下げるための政府の一つの施策だった。それが遅れるというのは政府からの印象は悪くなる。一方、競争激化で収益率の低下につながる懸念があっただけに他の通信キャリアにとってはプラスだろう」(国内証券)との声が出ていた。

ヤフーが象牙取引を禁止へ、国際批判に対応=関係筋

ヤフー<4689.T>は同社が提供する電子商取引(EC)サービスで象牙製品の取引を禁止する方針を決めた。関係筋が明らかにした。

今日の株式見通し=底堅い、外部環境は小康状態 買い戻しも

きょうの東京株式市場で日経平均株価は底堅い展開が予想されている。前日の米国株市場で主要3指数は序盤の大幅安から切り返して取引を終了。為替は1ドル106円前半と前日とほぼ同水準で戻ってきており、東京市場は小反発してスタートするとみられている。前日まで4日続落して1000円以上下げた反動もあり、買い戻しが強まる可能性もあるが、米中対立は緩和しておらず、積極的にリスクを取りにくい。

焦点:消費の起爆剤なるか、日本に「キャッシュレス」の号砲

今年のプロ野球開幕戦、球場に足を運んだ東北楽天ゴールデンイーグルスのファンは、それまで経験したことがないような「不便」な状況に出くわした。食べ物や飲み物を売るスタンドが、現金を受け付けなくなったのだ。

楽天モバイルがDMMモバイルを買収、取得額23億円

楽天モバイル(東京都世田谷区)は9日、DMM.com(東京都港区)が手掛ける格安スマートフォン事業を買収すると発表した。買収価格は約23億円。楽天は10月からキャリアとして携帯電話事業を始める予定で、顧客基盤を拡大することで本格参入に備える。

楽天モバイルがDMMモバイルを買収、取得額23億円

楽天モバイル(東京都世田谷区)は9日、DMM.com(東京都港区)が手掛ける格安スマートフォン事業を買収すると発表した。買収価格は約23億円。楽天は10月からキャリアとして携帯電話事業を始める予定で、顧客基盤を拡大することで、本格参入に備える。

日経平均454円高、米中対立の緩和好感 半導体株などに買い

への部品供給を一部認める方針を示したこともポジティブサプライズとして受け止められた。朝方から半導体・電子部品株がほぼ全面高となり、設備投資関連株なども買われた。終値では454円高で、今年3番目の上げ幅となった。

楽天、リフト株持分法適用で評価損284億円を第2四半期に計上予定

楽天<4755.T>は1日、保有する米配車サービス大手リフト<LYFT.O>株式の会計処理を変更し、2019年12月期第2・四半期連結会計期間から持分法を適用すると発表した。これにより、同四半期に284億円の株式評価損を計上する予定としている。

日経平均は小反落、米国の対メキシコ関税問題などで売買手控え

東京株式市場で日経平均は小反落となった。指数寄与度の高いファーストリテイリング<9983.T>やソフトバンクグループ<9984.T>などが買われ、プラス圏で推移する時間が長かったが、前日大幅高の反動もあり大引けにかけて利益確定売りに押された。米国とメキシコによる移民・制裁関税を巡る協議や、週末の米雇用統計などを見極めたいとして様子見姿勢の投資家が多く売買は低調。日経平均は終日狭いレンジで推移した。

ホットストック:楽天は反発、JR東とキャッシュレス化で連携

楽天は反発。5日、楽天グループの楽天ペイメント(東京都世田谷区)と東日本旅客鉄道(JR東日本)がキャッシュレス化で連携することとなったと発表したことが材料視されている。楽天ペイメントが運営する「楽天ペイ」アプリ内で、JR東日本が提供する「Suica」の発行やチャージができるようになるとともに、全国の鉄道約5000駅、バス約5万台のほか、交通系電子マネーとして約60万店舗での支払いができるようになるという。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up