for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

楽天グループ株式会社

4755.T

現在値

669.00JPY

変化

7.00(+1.06%)

出来高

9,440,500

本日のレンジ

661.00

 - 

670.00

52週レンジ

582.00

 - 

1,220.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
662.00
始値
663.00
出来高
9,440,500
3か月平均出来高
220.58
高値
670.00
安値
661.00
52週高値
1,220.00
52週安値
582.00
発行済株式数
1,589.36
時価総額
1,063,284.00
予想PER
-4.32
配当利回り
0.67

次のエベント

Full Year 2022 Rakuten Group Inc Earnings Release

適時開示

その他

Rakuten Group Inc - Received 77.5 Billion Yen In Dividends From Rakuten Securities Holdings, To Be Recorded As Non-Operating Income In Fy2022

Mizuho Financial Group's Securities Unit To Invest In Rakuten Securities - Nikkei

Mizuho Financial Group - Considering Various Options For Cooperation With Rakuten Group But Nothing Decided Now - Mizuho Spokesperson

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

楽天グループ株式会社とは

楽天グループは、インターネットサービスとFinTechという2つの事業を運営する会社である。【事業内容】インターネットサービス事業はインターネット・ショッピングモール「楽天市場」等の各種電子商取引(EC)サイト、オンライン・キャッシュバック・サイト、旅行予約サイト、ポータルサイト、デジタルコンテンツサイト等の運営、これらのサイトにおける広告の販売、メッセージング及び通信サービスの提供、プロスポーツの運営を行う。FinTech事業はインターネットを介した銀行及び証券サービス、クレジットカード関連サービス、生命保険及び電子マネーサービスの提供等を行う。

業種

Business Services

連絡先

Rakuten Crimson House, 1-14-1, Tamagawa

SETAGAYA-KU, TKY

158-0094

Japan

+81.3.63871111

https://corp.rakuten.co.jp/

エグゼクティブリーダーシップ

Hiroshi Mikitani

Chairman of the Board, President, Chief Executive Officer, Chairman & Chief Executive Officer of Subsidiaries, Representative Director

Masayuki Hosaka

Vice Chairman of Executive Board, President of Fintech Group Company, President of Subsidiary, Representative Director

Kenji Hirose

Chief Financial Officer, Executive Vice President

Charles B. Baxter

Chairman of Subsidiary, Director

Kentaro Hyakuno

Executive Vice President, Chief Operating Officer, Representative Director

統計

2.59 mean rating - 17 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, JPY)

2019

1.3K

2020

1.5K

2021

1.7K

2022(E)

1.9K
EPS (JPY)

2019

-23.550

2020

-84.000

2021

-87.620

2022(E)

-154.731
株価売上高倍率(過去12カ月)
--
株価売上高倍率(過去12カ月)
0.58
株価純資産倍率(四半期)
1.08
株価キャッシュフロー倍率
--
総負債/総資本(四半期)
498.72
長期負債/資本(四半期)
418.04
投資利益率(過去12カ月)
-1.80
自己資本利益率(過去12カ月)
-1.72

最新ニュース

最新ニュース

みずほ証券が楽天証券に2割出資へ、800億円で株式取得

みずほフィナンシャルグループは7日、連結子会社のみずほ証券が楽天グループ傘下の楽天証券に19.99%を出資すると発表した。オンラインによる証券投資が若年層の投資の入り口になっており、メガバンクは、顧客層拡大のために取り込みを図っている。

みずほ、楽天証券に2割出資へ 800億円で株式取得

みずほフィナンシャルグループは7日、連結子会社のみずほ証券が楽天グループ傘下の楽天証券に19.99%を出資すると発表した。800億円で取得し、持ち分法適用会社とする。

ホットストック:楽天Gが大幅高、みずほFGとの提携模索を材料視

楽天グループが大幅高となっている。午前9時30分現在、東証プライム市場の値上がり率ランキングで第3位。みずほフィナンシャルグループと提携を模索していることを明らかにしたことが材料視されている。

みずほ証券の楽天証券への出資含め提携検討=みずほFG・楽天グループ

みずほフィナンシャルグループと楽天グループは5日、「みずほ証券の楽天証券への出資を含め、様々な提携の機会を検討していることは事実」とのコメントを発表した。

再送-みずほFG「楽天グループと提携の機会検討」、証券に出資との報道で

みずほフィナンシャルグループは5日、楽天グループと提携を模索していることを明らかにした。みずほFGが楽天証券に出資する方針を固めたと報じられたことを受け、広報担当者がロイターに答えた。

S&P、楽天グループを格下げ方向のクレジット・ウオッチに

S&Pグローバル・レーティングは5日、楽天グループの長期発行体格付け(BBプラス)について格下げ方向のクレジット・ウオッチに指定すると発表した。

ロシア下院、事業拠点設けない外国ネット企業の罰則強化法案可決

ロシア議会下院は5日、ロシア国内に事業拠点を設置しない外国のインターネット企業に対して、新たな制裁金など罰則を強化する法案を可決した。

ホットストック:楽天Gが続伸、楽天銀の新規上場申請で 短期資金とも

楽天グループが2%高と続伸している。同社は4日、連結子会社である楽天銀行の新規上場申請を行ったと発表。これが好感されている。

楽天G、楽天銀行の新規上場申請を発表

楽天グループは4日、連結子会社である楽天銀行の新規上場申請を行ったと発表した。同社は昨年9月30日に上場準備を始めると発表していた。今後、日本取引所自主規制法人による上場審査を経て、東京証券取引所から承認を得る必要がある。

楽天グループ、証券子会社の上場準備を開始 銀行に続き

楽天グループは24日、連結子会社でネット証券大手の楽天証券(東京都港区)の株式上場準備を始めると発表した。上場予定の時期などは未定。上場を通じて、より自律的な経営を行い、独自の資金調達を含めたさまざまな成長・財務戦略を検討することが可能になるとしている。

楽天証券の上場準備を開始=楽天G

楽天グループは24日、ネット証券大手の楽天証券(東京都港区)の株式上場の準備を始めると発表した。上場予定の時期などは未定。上場を通じて、より自律的な経営を行い、独自の資金調達を含めたさまざまな成長・財務戦略を検討することが可能になるとみている。

楽天モバイル、月額ゼロ円廃止 三木谷氏「それでも挑戦的価格」

楽天傘下の楽天モバイルは13日、月額料金を7月1日から最低980円とし、現行のゼロ円プランを廃止すると発表した。

日経平均は小幅続伸、手がかり難で上昇勢い続かず

東京株式市場で日経平均は、前営業日比51円51銭高の2万7787円98銭と、小幅に続伸して取引を終えた。米国株式市場の上昇を好感して高寄りしたが、手がかりに乏しく、上昇の勢いは続かなかった。

〔情報BOX〕ウクライナ侵攻、進出する日本企業の対応

ロシア軍がウクライナ侵攻を開始した。首都キエフ近郊のホストメル空港にパラシュート部隊を降下させたほか、南部ヘルソン地域の一部をすでに掌握。チェルノブイリ原発跡の制圧も目指しているという。

〔情報BOX〕ウクライナ侵攻、進出する日本企業の対応

ロシア軍がウクライナ侵攻を開始した。首都キエフ近郊のホストメル空港にパラシュート部隊を降下させたほか、南部ヘルソン地域の一部をすでに掌握。チェルノブイリ原発跡の制圧も目指しているという。

情報BOX:ウクライナ・ロシアへ進出する日本企業の現状と対応

ウクライナに拠点を置く日本企業は、帝国データバンクによると今年1月時点で57社。ウクライナ国家統計局の対日貿易データでは、輸入額の6割超が自動車で、光学機器、機械類、医薬品と続く。輸出ではタバコが4割超、鉱石が3割弱、アルミニウムが1割を占める。

〔情報BOX〕進出する日本企業の対応、ウクライナ親ロ派地域の独立承認

ウクライナに拠点を置く日本企業は、帝国データバンクによると今年1月時点で57社。ウクライナ国家統計局の対日貿易データでは、輸入額の6割超が自動車で、光学機器、機械類、医薬品と続く。輸出ではタバコが4割超、鉱石が3割弱、アルミニウムが1割を占める。

〔情報BOX〕進出する日本企業の対応、ウクライナ親ロ派地域の独立承認

ウクライナに拠点を置く日本企業は、帝国データバンクによると今年1月時点で57社。ウクライナ国家統計局の対日貿易データでは、輸入額の6割超が自動車で、光学機器、機械類、医薬品と続く。輸出ではタバコが4割超、鉱石が3割弱、アルミニウムが1割を占める。

日経3万円を意識、決算ヤマ場で個別物色が活発化=今週の東京株式市場

今週の東京株式市場は、上値を追う展開が想定されている。衆院選と米連邦公開市場委員会(FOMC)を無難に通過し、市場に安心感が広がる中、日経平均は再び3万円の大台を意識した値動きになるとみられている。今週は企業決算がヤマ場を迎えることから、好決算銘柄の物色も引き続き株価の下支えとなりそうだ。

日経3万円を意識、決算ヤマ場で個別物色が活発化=来週の東京株式市場

来週の東京株式市場は、上値を追う展開が想定されている。衆院選と米連邦公開市場委員会(FOMC)を無難に通過し、市場に安心感が広がる中、日経平均は再び3万円の大台を意識した値動きになるとみられている。来週は企業決算がヤマ場を迎えることから、好決算銘柄の物色も引き続き株価の下支えとなりそうだ。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up