for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

株式会社ストリームメディアコーポレーション

4772.T

現在値

143.00JPY

変化

4.00(+2.88%)

出来高

201,600

本日のレンジ

139.00

 - 

143.00

52週レンジ

111.00

 - 

283.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
139.00
始値
139.00
出来高
201,600
3か月平均出来高
2.06
高値
143.00
安値
139.00
52週高値
283.00
52週安値
111.00
発行済株式数
115.89
時価総額
16,574.25
予想PER
--
配当利回り
--

次のエベント

Full Year 2022 Stream Media Corp Earnings Release

適時開示

その他

Digital Adventure says change of shareholding structure

Digital Adventure issues 32 mln new shares via private placement

Digital Adventure to issue shares for 1.18 bln yen via private placement

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

株式会社ストリームメディアコーポレーションとは

ストリームメディアコーポレーション(旧名:デジタルアドベンチャー)はライツ&メディアコミュニケーション及び放送の2つの事業区分により構成される日本のコンテンツプロバイダーである。【事業内容】ライツ&メディアコミュニケーション事業はドラマ放映権及び映画の配給権に関する諸権利の取得・事業化、アーティスト等のマネジメント・ファンクラブ運営・イベント及びインターネット・コンビニエンスストアを通じての物販等を行う。放送事業は通信衛星(CS)放送での番組提供及びイベント等を行う。その他事業はコンテンツ配信の運営受託事業、音楽コンテンツ事業を行う。

業種

Motion Pictures

連絡先

21F

Roppongi Grand Tower, 3-2-1, Roppongi

MINATO-KU, TKY

106-6221

Japan

+81.3.68096118

https://streammedia.co.jp/

エグゼクティブリーダーシップ

Dong Woo Kim

President, Representative Director

Masahiko Yamada

Manager of Corporate Planning, Director

Seong Jin Heo

Manager of Rights, Director

Young Min Kim

CSO, Director

So Young Nam

Director

統計

株価売上高倍率(過去12カ月)
129.74
株価売上高倍率(過去12カ月)
2.38
株価純資産倍率(四半期)
2.53
株価キャッシュフロー倍率
1,979.96
総負債/総資本(四半期)
0.00
長期負債/資本(四半期)
0.00
投資利益率(過去12カ月)
-0.82
自己資本利益率(過去12カ月)
-0.60

最新ニュース

最新ニュース

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陰線」、25日線との乖離率が縮小

<15:55> 日経平均・日足は「小陰線」、25日線との乖離率が縮小 日経平均・日足は上下に短いヒゲを伴う「小陰線」。2万8313円47銭で大引け た。弱めの線が2本下に重なる形で出現し、弱さを感じさせている。翌日も同様のパター ンの動きとなった場合は「三羽烏」という売りサイン出現となるので注意が必要になる。 連日の下げによって、一時は5%近く開いていた25日移動平均線(2万8181円 42銭)とのかい離率は0.4%まで縮小。当面は25日線が下値抵抗線として機能する か否かが注目されそうだ。 <15:05> 新興株はマザーズが5日ぶりに...

〔マーケットアイ〕株式:新興株はマザーズが5日ぶりに反発、小型株に値幅取りの動き

<15:05> 新興株はマザーズが5日ぶりに反発、小型株に値幅取りの動き 新興株式市場はマザーズ総合が5日ぶりに反発し、前営業日比0.30%高の735 .16ポイントで取引を終えた。東証グロース市場指数は前営業日比0.30%高の93 4.86ポイントで大引け。市場では「全体的に薄商いになっているため、小型株に値幅 取りの動きが出ている」(国内証券)との声が聞かれる。 個別では、アクリートが商いを伴い上伸したほか、イーディーピー やANYCOLORなどもしっかり。フューチャーリンクネットワーク が反落し、デジタルプラスもさえない。 <14...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陰線」、5日線は下向きに

   <15:49> 日経平均・日足は「小陰線」、5日線は下向きに 日経平均・日足は下にヒゲを伴う「小陰線」。買い手の心理としては失望感を示して いる。終値は2万8452円75銭。心理的節目の2万8500円を下回って引け、弱い 相場展開が続いている。 10日移動平均線(2万8644円95銭=23日)や25日線(2万8127円3 5銭=同)は上向きとなっている一方、5日線(2万8868円50銭=同)は角度を付 けて下を向いていることから、短期的には軟調な値動きが継続しそうだ。 <15:22> 新興株はマザーズが4日続落、グロース株売りが継続...

〔マーケットアイ〕株式:新興株はマザーズが4日続落、グロース株売りが継続

   <15:22> 新興株はマザーズが4日続落、グロース株売りが継続 新興株式市場はマザーズ総合が4日続落し、前営業日比0.04%安の732.96 ポイントで取引を終えた。東証グロース市場指数は前営業日比0.05%安の932.0 7ポイントで取引を終了。米長期金利の上昇基調を受けて、グロース(成長)株売りが継 続しているほか、新規ⅠPO銘柄で利益確定売りが優勢となった。 個別では、バンク・オブ・イノベーション、CYBERDYNEが 商いを伴って下落したほか、トラース・オン・プロダクトもさえない。一方、フ ューチャーリンクネットワーク、...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「中陽線」、75日線回復で中長期上昇波動は維持

<15:55> 日経平均・日足は「中陽線」、75日線回復で中長期上昇波動は維 持 日経平均・日足は、上下に短いヒゲを伴う「中陽線」。前営業日に引いた「大陰線」 で感じさせた不安を後退させる格好となり、75日移動平均線(2万3127円56銭= 2日現在)を回復し、中長期的な上昇波動を維持したとの印象を与えた。 ただ、終値が25日移動平均線(2万3301円77銭=同)に、わずかながらでは あるが届かなかったことが、上値の重さを感じさせるところ。6月以降の4回の調整局面 では「大陰線」がダメ押しとなって反転した経緯があるだけに、今回も同様のパターン...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場はさえない、これまでの下げから調整ムードが支配

<15:30> 新興株市場はさえない、これまでの下げから調整ムードが支配 新興株市場はさえない。日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数はいずれも続落し た。市場では「1部市場は急反発したものの、新興株はこれまでの下げによる亀裂が大き いことから、調整ムードが支配している」(国内証券)との声が聞かれる。 日経ジャスダック平均は前営業日比0.10%安。テクノホライゾン 、アク モス がストップ安となったほか、出前館 も軟調。半面、グロームHLD G がストップ高、テラ が大幅上昇した。 マザーズ指数は前営業日比1.35%安。直近IPOのカラダノート...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「大陰線」、5日線と25日線がデッドクロス

<16:17> 日経平均・日足は「大陰線」、5日線と25日線がデッドクロス 日経平均・日足は短い下ヒゲを伴う「大陰線」。高値で形成されたわけではないが、 寄り付き坊主であり、弱い形状だ。本格調整に入るかは来週2日の動きが重要になる。 5日移動平均線(2万3441円54銭=30日現在)が25日移動平均線(2万3 446円70銭=同)を明確に下回りデッドクロス。日足は75日線(2万3120円7 5銭=同)も下回った。本格的な調整局面に入れば、200日移動平均線(2万1996 円10銭=同)が1つの下値めどになる。 <16:00> 新興株市場...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場は大幅続落、マザーズは3.4%下落

<16:00> 新興株市場は大幅続落、マザーズは3.4%下落 新興株市場は軟調。日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数はともに大幅続落した 。後場に入り米株先物や日経平均が一段安となり、リスクオフムードが強まった。 日経ジャスダック平均は前営業日比1.38%安。ストリームメディアコーポレーシ ョン や、大塚家具 、アスコット などが売られた。 マザーズ指数は前営業日比3.41%安。ただ、27日の安値は割り込まなかった。 個別では、カラダノート JTOWER ヘッドウォータース などが大きく下落した。 <14:43> 日経平均が2万3000...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陰線」、25日線がサポートも方向性見いだせず

日経平均は時間外取引での米株先物の軟化を受け、朝方は上値の重い展開となった。その後、前場の立 会時間中に米大統領前の最後のテレビ討論会が開催されたものの、米株先物や日経平均に目立った動きはみ られなかった。 みずほ証券のシニアテクニカルアナリスト、三浦豊氏は「テレビ討論会が行われている時間帯に候補者 の評価をするのは難しく、いまは消化不良となっている。マーケットはテレビ討論会後の世論調査や、23 日の米国株式市場の反応を見極めてから、織り込むのではないか。第1回目のテレビ討論会前後では株価が 乱高下する経緯があったこともあり、きょうの日本時間...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場は軟調、週末で見送り気分広がる

日経平均は時間外取引での米株先物の軟化を受け、朝方は上値の重い展開となった。その後、前場の立 会時間中に米大統領前の最後のテレビ討論会が開催されたものの、米株先物や日経平均に目立った動きはみ られなかった。 みずほ証券のシニアテクニカルアナリスト、三浦豊氏は「テレビ討論会が行われている時間帯に候補者 の評価をするのは難しく、いまは消化不良となっている。マーケットはテレビ討論会後の世論調査や、23 日の米国株式市場の反応を見極めてから、織り込むのではないか。第1回目のテレビ討論会前後では株価が 乱高下する経緯があったこともあり、きょうの日本時間...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陰線」、為替の円高に警戒

<16:15> 日経平均・日足は「小陰線」、為替の円高に警戒 日経平均・日足は上下にヒゲを伴う「小陰線」。弱もちあいな値動きを示している。終値(2万347 4円27銭=22日)は25日移動平均線(2万3429円50銭=同)にサポートされる格好となった一 方、5日移動平均線(2万3552円51銭=同)は上値抵抗線として機能した。 日経平均は5日移動平均線と25日移動平均線との間を行き来し、上値の重さと下値の堅さが共存する 展開が続いているが、ドル/円の円高進行が加速した場合、いったん調整が入る可能性があり、やや警戒さ れている。 <15:...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場は軟調、マザーズは高値警戒感で売り先行

<15:46> 新興株市場は軟調、マザーズは高値警戒感で売り先行 新興株市場は軟調。日経ジャスダック平均は反落、東証マザーズ指数は続落した。市場からは「ここの ところ堅調だったマザーズ市場では過熱感が強まり、高値警戒感があった。企業決算や米大統領選を控えた 今のタイミングで調整が進行したのではないか」(SBI証券・投資調査部長、鈴木英之氏)との声が聞か れた。 日経ジャスダック平均は前営業日比0.77%安。個別では、ストリームメディアコーポレーション<4 772.T>、フィスコ が上昇。今村証券 はストップ高比例配分。半面、歯愛メディカル...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陰線」、5日線にサポートされるが上値重い

<16:05> 日経平均・日足は「小陰線」、5日線にサポートされるが上値重い 日経平均・日足は長い上ヒゲと短いしたヒゲを伴う「小陰線」となった。前日は心理的な戻りの目安と なる2万3700円を回復したが、この日はすかさず押し戻されたほか、ローソク足の形状も「上影陰線」 と不安定な状態にあると感じさせている。終値は依然として5日移動平均線(2万3556円55銭=20 日現在)にサポートされながらも、上値に重さも同時に感じさせるところだ。 9日高値2万3725円58銭を捉え切れずに反落したことで、当面は同高値が上値のメドとして強く 意識される...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場は続伸、短期資金が人気株に向かう

<15:35> 新興株市場は続伸、短期資金が人気株に向かう 新興株市場は続伸。日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数はともに堅調な展開となった。市場から は「東証1部の閑散相場が続く中で、短期資金が新興市場の人気株に向かっている」(国内証券)との声が 聞かれる。 日経ジャスダック平均は前営業日比0.32%高。個別では、ウェッジホールディングス が商 いを伴い大幅高となったほか、リバーエレテック が一時ストップ高、No.1 も堅調だっ たが、直近IPOのアースインフィニティ がストップ安に沈み、ストリームメディアコーポレーシ ョン も大幅安...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「陽の寄り付き坊主」、5日線を上回る

<16:17> 日経平均・日足は「陽の寄り付き坊主」、5日線を上 回る 日経平均・日足は短い上ヒゲを伴う寄り付きが「坊主」の「陽の寄り付き坊主」。投資家の上昇期待感 を表している。終値(2万3671円13銭=19日)は5日移動平均線(2万3563円50銭=同)を 上回った。4─9月期決算の本格化を前に、市場では手控えムードが広がり、東証1部の売買代金は6日連 続で2兆円割れと薄商いが続いている。日経平均は引き続き薄商いのなか、5日移動平均線と25日移動平 均線(2万3419円09銭=同)との間を行き来する展開となりそうだ。 <15:57...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場は反発、DX関連銘柄の人気続く

<15:57> 新興株市場は反発、DX関連銘柄の人気続く 新興株市場はしっかり。日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数はともに反発した。市場からは「新 興株市場では、DX(デジタルトランスフォーメーション)や脱ハンコなど、菅政権の政策に関連する銘柄 の人気が続いている」(国内証券)との声が聞かれた。東証1部の売買代金は連日2兆円割れと薄商いが続 く中、短期の個人投資家のマネーが新興株市場に集中しているという。 16日にジャスダック市場に上場したアースインフィニティは公開価格5.28倍の1万0410円で 初値をつけた後、1万0710円まで...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陽線」、75日線と200日線がゴールデンクロスを形成

<17:10> 日経平均・日足は「小陽線」、75日線と200日線がゴールデンクロスを形成 日経平均・日足は上下に短いヒゲを伴う「小陽線」、下値の堅さと上値の重さをともに確認できる格好 となった。移動平均線では、5日線(2万3159円48銭=19日)が上値抵抗線として機能した一方、 75日線(2万2013円32銭=同)は200日移動平均線(2万2007円71銭=同)を上抜けゴー ルデンクロスを形成。中長期的な強気シグナルを示唆している。 市場では「強いシグナルではあるが、ゴールデンクロス形成後、相場が下がることも多々ある。そもそ も移動平均線...

〔マーケットアイ〕株式:新興株はしっかり、マザーズは連日の年初来高値更新

<16:30> 新興株はしっかり、マザーズは連日の年初来高値更新 新興株市場はしっかり。日経ジャスダック平均は続伸。東証マザーズ指数は5日続伸し、連日の年初来 高値更新となった。市場では「個人投資家を中心に、新型コロナウイルスに対応したテーマ性のある銘柄や 、直近IPO銘柄を中心に買いが集まっている。東証1部がさえないので、新興株などの小型で成長性のあ る銘柄へ資金がシフトしている」(国内証券)との声が出ていた。 マザーズ指数は2.96%高。モダリス 、BASE 、ティアンドエス が商い を伴い上昇、NexTone 、コマースOneホールディングス...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陽線」、「陰の陽はらみ」で買いサイン

<15:50> 日経平均・日足は「小陽線」、「陰の陽はらみ」で買いサイン 日経平均・日足は「丸坊主」に近い「小陽線」。前週末に割り込んだ200日移動平均線(2万160 1円25銭=3日現在)をすかさず回復し、目先的に安心感をもたらした。今回の足は典型的な「陰の陽は らみ」で下位で出現すると買いサインになると言われるだけに、反転の期待を膨らませている。 もっとも、一時は500円を超す上昇となりながらも、値幅的には自律反発の域を出ていない。依然と して終値は5日移動平均線(2万2259円82銭=同)を下回った状態が続いており、このまま反転する...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場はしっかり、値幅取りの動きが再び活発化

<15:10> 新興株市場はしっかり、値幅取りの動きが再び活発化 新興株市場はしっかり。日経ジャスダック平均は5日ぶりに反発、東証マザーズ指数も切り返しに転じ た。市場では「直近IPO銘柄が利益確定売り先行となる一方で、売り込まれた銘柄を中心に値幅取りの動 きが再び活発化している」(国内証券)との声が聞かれる。 きょうマザーズ市場に新規上場したモダリス は買い気配でスタートした。公開価格1200円 の2.1倍となる2520円で初値を付けた後も上値を追ったが、終盤は利益確定売りに押された。 ジャスダック指数は3.06%高。santec が...

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up