for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

オリコン株式会社

4800.T

現在値

946.00JPY

変化

-8.00(-0.84%)

出来高

194,100

本日のレンジ

925.00

 - 

968.00

52週レンジ

509.00

 - 

1,900.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
954.00
始値
967.00
出来高
194,100
3か月平均出来高
6.92
高値
968.00
安値
925.00
52週高値
1,900.00
52週安値
509.00
発行済株式数
13.80
時価総額
14,019.21
予想PER
14.39
配当利回り
1.83

次のエベント

Oricon Inc Annual Shareholders Meeting

適時開示

その他

Oricon says merger between units and to merge with unit

Oricon to repurchase shares

Oricon buys back 538,100 shares for 120 mln yen

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

オリコン株式会社とは

オリコングループは、同社、連結子会社8社(オリコン・リサーチ、oricon ME他)によって構成され、コミュニケーション事業、モバイル事業、雑誌事業、データサービス事業、その他事業を行う。【事業内容】コミュニケーション事業は、ウェブ(WEB)サイトの制作・運営・広告販売、エンタテインメント系ニュース配信サービスの提供を行う。モバイル事業は、スマートフォン向け・パソコン(PC)向け音楽配信サービスの提供を行う。雑誌事業は、雑誌の編集・出版・広告販売を行う。データサービス事業は、全国の調査協力店から音楽ソフト・映像ソフト・書籍の実売データを収集し、それに基づいたマーケティングデータ及びランキング情報をオンラインで提供する有料サービス「ORICON BiZ online」の提供、並びに放送局向け及び電子商取引(EC)サイト向け音楽データベースの提供を行う。その他事業は、ソーシャルゲーム事業、スマートフォン向け事業に関する経営戦略立案及び指導、太陽光発電事業、エネルギー関連技術の研究開発、知的財産の管理・運営、データ分析結果を活用した各種サービスの提供、オリコンモニターリサーチ(OMR)の運営を行う。

業種

Computer Services

連絡先

Nishi 3F

STEP Roppongi, 6-8-10, Roppongi

MINATO-KU, TKY

106-0032

Japan

+81.3.34055252

https://www.oricon.jp/

エグゼクティブリーダーシップ

Ko Koike

President, Chief Executive Officer, President of Subsidiaries, Representative Director

Sadaharu Ninomiya

Executive Officer, Chief Director of Finance

Fumiaki Yokoyama

Chief Technology Officer, Director of System, Director

Shigeru Takahashi

Vice President, President of Subsidiaries, Director

Toshiya Nabata

Executive Officer, Chief Director of Human Resources and General Affairs

統計

2.00 mean rating - 2 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, JPY)

2018

0.0K

2019

0.0K

2020

0.0K

2021(E)

0.0K
EPS (JPY)

2018

27.670

2019

41.560

2020

55.680

2021(E)

64.400
株価売上高倍率(過去12カ月)
16.76
株価売上高倍率(過去12カ月)
3.36
株価純資産倍率(四半期)
4.26
株価キャッシュフロー倍率
15.77
総負債/総資本(四半期)
4.66
長期負債/資本(四半期)
--
投資利益率(過去12カ月)
26.88
自己資本利益率(過去12カ月)
20.78

最新ニュース

最新ニュース

〔マーケットアイ〕株式:マザーズ・ジャスダックともに反発、市場に安心感 時価総額上位銘柄中心に買われる

<16:01> マザーズ・ジャスダックともに反発、市場に安心感 時価総額上位銘柄が買われる 新興株市場で、東証マザーズ指数、日経ジャスダック平均はともに反発した。米国株高や原油価格の反 転などが安心感を誘い、時価総額上位銘柄を中心に幅広く買われた。直近IPO銘柄では一部で利益確定売 りが目立った。 マザーズ指数は3.25%高。メルカリ は反発し4.71%高。アンジェス 、メドレ ー 、Sansan もしっかり。サイバーセキュリティクラウド 、NexTone 、関通 などの直近IPO銘柄は売られた。 ジャスダック平均は1.21%高。ワークマン...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場は軟調、マザーズ指数4.9%安 TKPがストップ安比例配分

<16:32> 新興株市場は軟調、マザーズ指数4.9%安 TKPがストップ安比例配分  新興株市場で、日経ジャスダック平均は4日ぶり反落、東証マザーズ指数は続落となった。マザーズは 時価総額上位銘柄の売りが目立ち、前日比4.9%安で取引を終えた。 マザーズ市場では、貸会議室大手ティーケーピー が新型コロナウイルス感染拡大の影響が懸念 されストップ安比例配分。メルカリ 、そーせいグループ が13%超安となった。半面、S ansan 、フリー 、弁護士ドットコム は買われた。 マザース市場に新規上場した日本インシュレーション は公開価格を7...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「中陽線」、5日線が戻りの抵抗ラインに

<15:50> 日経平均・日足は「中陽線」、5日線が戻りの抵抗ラインに 日経平均・日足は上下にごく短いヒゲを伴う「中陽線」。戻り歩調となったものの、5日移動平均線( 2万2123円77銭=4日現在)を捉えることができず、引き続き警戒感が強いことを示している。同線 が戻りの抵抗ラインとして意識されており、強めの足を引きながらも自律反発の域を出ていない。 明確に底打ちと意識させるためには、終値で5日線を上回る必要がある。これを上回った場合は、1月 24日と27日に空けたマドの下限値(2万3463円89銭、1月27日高値)が次の戻りの目安として...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場は堅調、値ごろ感で買い 新型肺炎銘柄は大幅安

<15:15> 新興株市場は堅調、値ごろ感で買い 新型肺炎銘柄は大幅安 新興株市場で、日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数はそれぞれ反発した。ジャスダックは一時下 げに転じる場面もあったが、総じてしっかりと推移した。ジャスダックに多い新型肺炎関連銘柄はきょう軟 調だった。市場からは「薄商いではあったが、決算を材料視した物色や、値ごろ感が出た銘柄の物色が目立 った」(国内証券)との声が出ていた。 ジャスダック市場では、大日光・エンジニアリング がストップ高、イナリサーチ は一 時ストップ、東洋合成工業 は上昇した。カイノス は一時ストップ...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陰線」、煮詰まり感を強める

<15:50> 日経平均・日足は「小陰線」、煮詰まり感を強め る 日経平均・日足は、短い下ヒゲを伴うとともに寄り付きがほぼ「坊 主」となる「小陰線」。前日に続いて「コマ」の形状となる足を引き、 依然として気迷いが強い状況だ。5日移動平均線(2万3374円81 銭=11日現在)と25日移動平均線(2万3322円95銭=同)が 絡み合うなど、煮詰まり感を強めている。 翌日に上振れして11月26日に付けた年初来高値(2万3608 円06銭)に接近すると、チャートは「ペナントフラッグ」の色彩を色 濃くすることになりそうだ。煮詰まり具合から、上下...

〔マーケットアイ〕株式:ジャスダック指数は14日続伸 利益確定売りも

<15:22> ジャスダック指 数は14日続伸 利益確定売りも 新興株式市場はまちまち、日経ジャスダックは14日続伸し連日の 年初来高値更新、東証マザーズ指数は反落した。 きょう東証マザーズ市場に上場したマクアケ は公開価格を 74.83%上回る2710円で初値を形成し、2980円で引けた。 上場2日目のALiNKインターネット は公開価格の2.36 倍の4020円で初値を付け、その後も買われ4665円で取引を終え た。 市場からは「IPOや(セクターやテーマに関係ない)個別の銘柄 が幅広く物色された。ジャスダックは14日続伸ではあるものの...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陽線」、マド埋め達成 上昇期待感も

<16:02> 日経平均・日足は「小陽線」、マド埋め達成 上昇期待感も 日経平均・日足は上ヒゲと下ヒゲを伴う「小陽線」。5月7日と8日に空けたマド(2万1639円1 2銭─2万1875円11銭)を埋め切った。下ヒゲはやや長く、投資家の上昇期待感も表れている。拡散 基調にあるボリンジャーバンドのプラス3シグマのバンドウォークが続けば、一段と上値を伸ばす可能性も ある。 一方、短期RSI(相対力指数)やストキャスティクスなどオシレーター系指標は引き続き買われ過ぎ を示唆。騰落レシオ(東証1部、25日平均)も124%台に上昇しており、高値警戒感...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場は高安まちまち、メルカリなど売られる

<15:17> 新興株市場は高安まちまち、メルカリなど売られる 新興株市場はまちまち、日経ジャスダック平均は小幅に7日続伸、東証マザーズ指数は続落した。「大 型株が優先的に買われている部分はあるが、小型株が売られているわけではない。マザーズ指数は、そーせ いグループ やメルカリ など時価総額の高い銘柄が売られたことが影響している」(国内証 券)との声が出ていた。 マザース市場では、イノベーション 、バンク・オブ・イノベーション などが年初来高 値更新。GA technologies は大幅続落した。 ジャスダック市場では、SAMURAI...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「十字線」、節目更新するが実質「一文新値」に

<15:55> 日経平均・日足は「十字線」、節目更新するが実質「一文新値」に 日経平均・日足は長めの上ヒゲを伴う「十字線」。実体部分と下ヒゲがほとんどない「トウバ足」の形 状だ。過熱感を示すオシレーター系指標が目立つ中で、これまで定石破りとも言える上昇を演じてきたが、 売り買いがきっ抗し始め、基調の転換を暗示する「トウバ足」を引いたことで、いったん休養する可能性が 高くなっている。 今回は、戻りの節目として意識されていた7月25日のザラ場戻り高値2万1823円07銭を更新し たものの、その値幅はわずか2円あまりで実質的に「一文新値」にとどまったほか...

〔マーケットアイ〕株式:新興株式市場は高安まちまち、商いは盛り上がりを欠く

<15:05> 新興株式市場は高安まちまち、商いは盛り上がりを欠く 新興株市場は高安まちまち。日経ジャスダック平均が6日続伸、しっかりとなる銘柄が目立ったが、東 証マザーズ指数は反落した。全体的に商いは盛り上がりを欠いている。市場では「1部市場が堅調となる中 、新興株式市場では先行して買われた銘柄に利益確定売りが出ている」(国内証券)との指摘があった。 ジャスダック市場では、ワークマン 、UTグループ が堅調となったほか、ソーバル < 2186.T>がしっかり。半面、前日に買われた免疫生物研究所 が急反落し、ニックス 、オリ コン などがさえない...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陽線」、5日線支えに戻り基調維持

<15:55> 日経平均・日足は「小陽線」、5日線支えに戻り基調維持 日経平均・日足は「小陰線」。瞬間的に割り込みながらも、引き続き5日移動平均線(2万0539円 57銭=23日)が終値でキープした状態が続いており、戻り基調にあるとの印象を与えている。下値が坊 主で上ヒゲもほとんどない「陽線」も強さを感じさせるところ。「抱き線」に近い形状も、さらなる戻りを 期待させている。 もっとも、前日高値を抜けなかった動きは、戻りのフシである9日高値2万0782円06銭が、関門 として強く意識され、警戒感が完全に払しょくされた訳ではない。9日高値を...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場はまちまち、直近IPOや9月決算銘柄に物色

<15:29> 新興株市場はまちまち、直近IPOや9月決算銘柄に物色 新興株式市場はまちまち。日経ジャスダック平均が3日続落、東証マザーズ指数は小反発した。市場か らは「日経平均と同様に様子見ムードが強かったが、好業績銘柄は動いている。直近IPO銘柄や9月に決 算を控えた銘柄への物色も目立つ」(国内証券)との声が出ていた。 ジャスダック市場では、オンキヨー 、オリコン 、セプテーニ・ホールディングス<429 3.T>などが下落した。一方、アエリア は連日の年初来高値更新。ジョルダン はストップ高 比例配分となった。ジョルダンは子会社と野村総合研究所...

〔マーケットアイ〕日経平均・日足は「小陽線」、5日平均線が上向きに転じる

<15:55> 日経平均・日足は「小陽線」、5日平均線が上向きに転じる 日経平均・日足は「小陽線」。上値・下値をいずれも切り上げるとともに、引けがほぼ坊主となるなど 強めの足となり、戻りに対する期待を膨らませている。5日移動平均線(2万0543円99銭=20日) が支持線として機能しただけではなく、上向きに転じたことも好材料だ。 当面は、戻りのフシとして意識されている9日高値2万0782円06銭を上回るか否かがポイントに なろう。これを突き抜けた場合、6日安値2万0110円76銭と15日安値2万0184円85銭で、短 期的にダブル底を形成...

〔マーケットアイ〕新興株市場はしっかり、直近IPO銘柄に物色

<15:37> 新興株市場は堅調、直近IPO銘柄に物色 新興株市場は堅調。日経ジャスダック平均は3日続伸、東証マザーズ指数も続伸した。市場からは「新 興株市場は落ち着きを取り戻した。相対的にみると、直近IPOの銘柄の動きがいい」(国内証券)との声 が出ていた。 日経ジャスダック市場では、アエリア が年初来高値を更新。UTグループ 、オリコン が買われたほか、セキチュー が一時ストップ高となった。 カー用品関連株として、カーメイト が一時17%超上昇したほか、オートウェーブ な ども買われた。あおり運転が社会問題化している中、ドライブレコーダー...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陰線」、5日移動平均線がサポート

<16:04> 日経平均・日足は「小陰線」、5日移動平均線がサポート 日経平均・日足は「小陰線」。5日移動平均線(2万0499円64銭=19日)が下値支持線となっ た。 一方、5日、25日、75日、200日移動平均線はそろって下向き。各移動平均線が収束した後に拡 散する傾向があることを考えれば、下方向への警戒が必要となる。直近の売られ過ぎの反動で自律反発して も2万1000円近辺では上値が抑えられるとみられている。 <15:14> 新興株市場は堅調、マザーズは時価総額上位銘柄に買い 新興株は堅調。日経ジャスダック平均は続伸、東証マザーズ...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場は堅調、マザーズは時価総額上位銘柄に買い

<15:14> 新興株市場は堅調、マザーズは時価総額上位銘柄に買い 新興株は堅調。日経ジャスダック平均は続伸、東証マザーズ指数は反発した。市場からは「日経平均の 堅調推移が安心材料となっている。特にマザーズ市場は時価総額の高い銘柄の買いが入った」(国内ネット 証券)との声が出ていた。アンジェス は11%超高と堅調。メルカリ なども買われた。 そのほか、インパクトホールディングス がストップ高比例配分。ベルトラ は大幅反発 、ジーエヌアイグループ は大幅続伸し連日の年初来高値更新となった。半面、総医研ホールディン グス 、シェアリングテクノロジー...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陽線」、短期的なリバウンドに一巡感も

<16:20> 日経平均・日足は「小陽線」、短期的なリバウンドに一巡感も 日経平均・日足は上下にごく短いヒゲを伴う「小陰線」。長めの上ヒゲを引く形で付 けた前日の高値を上回ったほか、5日移動平均線(2万0620円07銭=9日現在)を 終値で上回り、戻りのトレンドを継続したものの、新たにマドを空けなかったために、勢 いは感じられない。加えて、今回の「陰線」は「坊主」に近い形状となったことで、下値 警戒を抱かせるところでもあり、短期的なリバウンドが一巡したと言えそうだ。 翌日に下放れてそのまま下押した場合、今日の高値(2万0782円06銭)...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場は軟調、マザーズ指数は4日ぶり反落

<16:02> 新興株市場は軟調、マザーズ指数は4日ぶり反落 新興株式市場は軟調。日経ジャスダック平均は反落、東証マザーズも4日ぶり反落した。前場はプラス 圏で取引を終えたものの、後場の日経平均の上げ幅縮小や上海総合指数のマイナス転換に伴い、投資家心理 が悪化した。 個別銘柄ではバンク・オブ・イノベーション が年初来高値を更新。ホープ が一時トッ プ高となり、連日の年初来高値更新となった。一方、メルカリ は大幅反落。連日堅調だったオリコ ン は反落した。 きょうマザーズ市場に新規上場したステムリム は公開価格の7.0%を下回る930円で...

〔マーケットアイ〕新興株市場は堅調、ジャスダック指数は5日ぶり反発

<16:10> 新興株市場は堅調、ジャスダック指数は5日ぶり反発 新興株式市場で日経ジャスダック平均は5日ぶり反発、東証マザース指数は続伸した。市場からは「個 別物色の日。リスク回避を試みる投資家が、オリコンなど業績堅調な銘柄を物色している。一方、ニッチな 銘柄を買ってみようという投資家も増えている。ゴルフ全英女子オープン制覇した渋野日向子選手のスポン サーのキャンディル や、先ほど結婚の発表をした滝川クリステル氏がCM起用されているグレイス テクノロジー なども買われた」(国内証券)との声も出ていた。 オリコン は6日に年初来高値を更新...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「中陽線」、短期的な底打ち感も

<15:58> 日経平均・日足は「中陽線」、短期的な底打ち感も 日経平均・日足は「中陽線」、やや長い下ヒゲがある陽線で、短期的な底打ち感を示唆している。週末 のSQ(特別清算指数)算出日付近までリバウンドを試す可能性もあるが、この数日間の下げが急激だった ため、戻ったところでは相応に戻り待ちの売りが出そうだ。一方、今晩の海外市場で米国株が大幅続落した り再び為替の円高が進行した場合は、きょうの安値近辺まで下押しされる可能性もあるとみられる。 <15:43> 新興株市場はまちまち、材料ある値動きのいい銘柄に物色 新興株市場はまちまち。日経...

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up