for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

株式会社ACCESS

4813.T

現在値

936.00JPY

変化

23.00(+2.52%)

出来高

186,600

本日のレンジ

914.00

 - 

949.00

52週レンジ

751.00

 - 

1,138.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
913.00
始値
914.00
出来高
186,600
3か月平均出来高
3.09
高値
949.00
安値
914.00
52週高値
1,138.00
52週安値
751.00
発行済株式数
38.79
時価総額
35,949.92
予想PER
--
配当利回り
0.33

次のエベント

Full Year 2020 Access Co Ltd Earnings Release

適時開示

その他

ACCESS completes acquisition of Canadian firm Northforge Innovations via unit

ACCESS to buy Canadian firm Northforge Innovations via unit

ACCESS says change of president

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

株式会社ACCESSとは

ACCESSグループは、国内外の携帯電話及び情報家電等のメーカー、通信ネットワーク等のインフラ事業者、電子書籍及び広告事業等を手掛けるサービス事業者、並びに企業向けクラウド連携サービスの利用者である一般企業を顧客とし、情報技術(IT)ソリューションを提供する。【事業内容】国内事業においては、国内市場における、スマートデバイス・情報家電向けソフトウェア及びソリューション等の提供を行う。欧米事業においては、スマートデバイス・情報家電向けソフトウェア及びソリューション等並びにネットワーク機器向けソフトウェア及びネットワーク仮想化関連ソリューション等の提供を行っている。アジア事業においては、スマートデバイス・情報家電向けソフトウェア及びソリューション等の提供を行うほか、一部国内市場向けの組み込みソフトウェア開発とシステムインテグレーションサービス等の提供を行う。

連絡先

Daito Bldg., 3, Kandaneribei-cho

+81.3.68539088

https://www.access-company.com/

エグゼクティブリーダーシップ

Hisashi Hosokawa

Independent Chairman of the Board of Directors

Kiyoyasu Ohishi

Executive President, Representative Director

Michimasa Uematsu

Chief Technology Officer, Senior Managing Executive Officer, Director

Ryuji Natsumi

Senior Managing Executive Officer, Director

Eiji Suzuki

Managing Executive Officer, Director of Hardware Business

統計

株価売上高倍率(過去12カ月)
--
株価売上高倍率(過去12カ月)
4.35
株価純資産倍率(四半期)
1.25
株価キャッシュフロー倍率
39.05
総負債/総資本(四半期)
0.00
長期負債/資本(四半期)
0.00
投資利益率(過去12カ月)
-0.91
自己資本利益率(過去12カ月)
-0.87

最新ニュース

最新ニュース

〔マーケットアイ〕株式:日銀がETFを703億円購入、今月初めて 10月9日以来

<17:36> 日銀がETFを703億円購入、今月初めて 10月9日以来 日銀は20日、ETF(上場投資信託)を703億円購入したと発表した。通常のE TF買いは11月に入って初めてで10月9日(704億円)以来となる。前場のTOP IX は前日比マイナス0.64%だった。 今月13日にはTOPIXが前場で同0.5%下落したが、ETF買いを見送ったこ とで、市場では「ステルス・テーパリング」に動き出したのではないかとの思惑が広がっ ていた。 <15:30> 日経平均・日足は「小陰線」、直近安値維持で2万3000円に底堅い 印象 日経平均...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陰線」、直近安値維持で2万3000円に底堅い印象

<15:30> 日経平均・日足は「小陰線」、直近安値維持で2万3000円に底堅い印象 日経平均・日足は長い上ヒゲと短めの下をヒゲを伴う「小陰線」。バランスが悪く上値の重さを感じさ せる足を引いたほか、5日移動平均線(2万3260円57銭=20日)を割り込んだものの、下値の目安 として意識される14日の直近安値(2万3062円16銭)を維持したことで、心理的なサポートライン となる2万3000円近辺は底堅いとの印象を与えている。 今後は、右肩上がりで接近してきた25日移動平均線(2万2982円57銭=同)が支持線として機 能するか否かがポイント...

〔マーケットアイ〕株式:東証マザーズ指数4日続伸、MTGは売られる

<15:06> 東証マザーズ指数4日続伸、MTGは売られる 新興株市場はまちまち。東証マザーズ指数は4日続伸、日経ジャスダック平均は小幅に4日ぶり反落と なった。市場からは「最近ようやく個人投資家の買いが戻ってきた印象だったが、きょうは日経平均が軟調 に推移し、新興株も買いづらい状況だった」(国内証券)との声が出ていた。 個別では、MTG が年初来安値を更新した。19日、2019年9月期の連結当期損益が26 7億円の赤字になりそうだと発表し、嫌気された。固定資産の減損損失計上などにより、前回発表予想の8 5億円の赤字から大幅に赤字幅が拡大...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陰線」、4営業日ぶりに5日線割れ

日経平均・日足は「小陰線」。終値は4営業日ぶりに5日移動平均線(1万9385円13銭=6日終値)を下回った。2月27日に付けたザラバベースでの直近安値と3月2日に付けた高値の半値押しの水準は1万9331円78銭。6日の日中安値はこれをやや上回る水準にあり、調整には未了感が漂う。

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場は堅調、ジャスダック平均は17日続伸

新興株式市場は堅調。日経ジャスダック平均が17日続伸し、連日で昨年来高値を更新。東証マザーズ総合は小幅に11日続伸した。マザーズ市場の売買代金は1200億円を超える活況だった。市場では「日経平均の上値が重い中、国内外の短期資金を集め上値追いの展開になった」(国内証券)という。個別銘柄では、Aiming、トラストホールディングスが高く、ジェイ・エスコムホールディングスも買われた。半面、ACCESS、アカツキが利益確定売りに押され、オウチーノも軟調だった。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陰線」、マド埋めは完了

日経平均・日足は上下にヒゲを伴う「小陰線」となった。前日空けたマド(1万9414円55銭―1万9564円80銭)埋めを完了し、自律調整は一巡してもおかしくないが、もち合い相場を明確に上抜けなかったことで、目先は日柄的な調整に入ることも予想される。ボリンジャーバンドのプラス1シグマ(1万9424円58銭=3日)付近で踏み止まれば、バンドの拡散を伴い新たな上昇トレンド発生の可能性が出てくる。まずは1月4日の終値ベースの高値(1万9594円16銭)更新が目標になる。終値で同高値を超えてくると2万円付近まで上値余地が広がる。

〔マーケットアイ〕株式:新興株式市場はしっかり、主力株の上値は重い

新興株式市場はしっかり。日経ジャスダック平均が16日続伸し、連日で昨年来高値を更新。東証マザーズ総合は小幅に10日続伸した。マザーズ市場の売買代金は1300億円を超える活況だった。市場では「主力株の上値は重いものの、個別の材料には引き続き敏感に反応している」(国内証券)との声が出ていた。ACCESS、アカツキが買われ、アズジェントも高い。半面、オウチーノ、ユナイテッド&コレクティブが利益確定売りに押され、ジューテックホールディングスも軟調だった。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up