for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

富士フイルムホールディングス株式会社

4901.T

現在値

4,630.00JPY

変化

-9.00(-0.19%)

出来高

1,234,800

本日のレンジ

4,587.00

 - 

4,640.00

52週レンジ

4,152.00

 - 

6,420.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
4,639.00
始値
4,600.00
出来高
1,234,800
3か月平均出来高
59.63
高値
4,640.00
安値
4,587.00
52週高値
6,420.00
52週安値
4,152.00
発行済株式数
399.71
時価総額
2,387,349.00
予想PER
13.49
配当利回り
2.05

次のエベント

Q1 2021 Fujifilm Holdings Corp Earnings Release

適時開示

その他

Fujifilm Says Delay In Completion Schedule For Acquisition Of Diagnostic Imaging-Related Business From Hitachi

Fujifilm's Anti-Flu Avigan Not Showing Apparent Efficacy In Coronavirus Treatment - Kyodo News

Fujifilm Holdings Corp - To Buy Back Up To 1.07% Of Own Shares Worth 15 Billion Yen

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

富士フイルムホールディングス株式会社とは

富士フイルムホールディングスは、写真関係、医療・印刷・液晶ディスプレイ材料及び複写機などの事業を展開する。【事業内容】同社は、3つの事業セグメントを通じて運営する。イメージングソリューション事業は、主に一般消費者向けにカラーフィルム、デジタルカメラ、写真プリント用カラーペーパー・サービス・機器、インスタントフォトシステム、光学デバイス等の開発、製造、販売、サービスを行う。ヘルスケア&マテリアルズソリューション事業は、主に業務用分野向けにメディカルシステム機材、化粧品・サプリメント、医薬品、バイオ医薬品製造開発受託、再生医療製品、化成品、グラフィックシステム機材、インクジェット機材、ディスプレイ材料、記録メディア、電子材料等の開発、製造、販売、サービスを行う。ドキュメントソリューション事業は、主に業務用分野向けにデジタル複合機、パブリッシングシステム、ドキュメントマネジメントソフトウェア及び関連ソリューション・サービス等の開発、製造、販売、サービスを行う。

業種

Medical Equipment & Supplies

連絡先

Midtown West, 9-7-3, Akasaka

MINATO-KU, TKY

107-0052

Japan

+81.3.62711111

https://www.fujifilmholdings.com/ja/

エグゼクティブリーダーシップ

Shigetaka Komori

Chairman of the Board, Group Chief Executive Officer, Chairman of Subsidiary, Representative Director

Kenji Sukeno

President, Group Chief Operating Officer, President of Subsidiary, Representative Director

Koichi Tamai

Vice President, Director

Chisato Yoshizawa

Executive Officer, Director of Human Resources

Takashi Iwasaki

Executive Officer, Chief Technical Officer, Director of Technology Business, Director

統計

2.06 mean rating - 16 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, JPY)

2018

2.4K

2019

2.4K

2020

2.3K

2021(E)

2.3K
EPS (JPY)

2018

322.620

2019

326.810

2020

306.180

2021(E)

343.777
株価売上高倍率(過去12カ月)
15.24
株価売上高倍率(過去12カ月)
1.03
株価純資産倍率(四半期)
0.95
株価キャッシュフロー倍率
9.20
総負債/総資本(四半期)
31.96
長期負債/資本(四半期)
25.76
投資利益率(過去12カ月)
5.34
自己資本利益率(過去12カ月)
4.07

最新ニュース

最新ニュース

ホットストック:富士フイルムは軟調、アビガン臨床研究「有意差みられず」の報告

富士フイルムホールディングスは軟調。藤田医科大学(愛知県)が10日、新型コロナウイルス感染症の治療薬候補となっているアビガンの臨床研究の結果について、統計的な有意差はなかったと発表し、嫌気されている。

アビガンの臨床研究、統計的な有意差みられず=藤田医科大学

藤田医科大学(愛知県)は10日、新型コロナウイルス感染症の治療薬候補となっているアビガンの臨床研究の結果について、統計的な有意差はなかったと発表した。

富士フイルム、アビガンの海外展開で印ドクター・レディーズと提携

富士フイルムホールディングス<4901.T>は1日、富士フイルム富山化学が開発した新型コロナウイルス治療薬候補「アビガン」の海外展開に向け、インドの製薬大手ドクター・レディーズ・ラボラトリーズ<REDY.NS>と世界的な医療物資・医薬品提供会社グローバル・レスポンス・エイド(GRA) と提携すると発表した。

富士フイルム、iPS細胞研究の再生医療ベンチャーに1億円を出資

富士フイルムホールディングス<4901.T>傘下の富士フイルムは4日、iPS細胞を用いて腎疾患の治療法の実用化を目指す再生医療ベンチャーのリジェネフロ(京都市)の第三者割当増資を引き受け、1億円を出資したと発表した。

富士フイルム、日立の画像診断関連事業の買収完了時期が未定に

富士フイルムホールディングス<4901.T>は28日、2020年7月の完了を予定していた日立製作所<6501.T>の画像診断関連事業の買収について、世界的な新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、準備が一部遅れているため、完了予定時期を未定とすると発表した。

アビガンの5月承認断念、効果まだ不明 企業未申請=報道

共同通信など国内メディアは26日までに、新型コロナウイルス感染症の治療薬候補「アビガン」について、政府が月内の薬事承認を断念したと報じた。安倍晋三首相は「5月中の承認」を目指すと表明していたが、25日時点で審査の前提となる企業からの承認申請はなく、現段階では有効性を示すデータが出ていない。

ホットストック:富士フイルムがさえない、「アビガン」追加備蓄にも反応薄

富士フイルムホールディングスがさえない。前週末の決算発表で、2021年3月期の見通しを未定とした。また、オンライン決算会見で、新型コロナウイルス治療薬候補「アビガン」について、政府の追加備蓄要請である200万人分の納品を2020年度内に完了する予定だと発表したが、これにも反応薄だった。

富士フイルム、今年度内にアビガン200万人分の納品完了予定

富士フイルムホールディングス<4901.T>は22日のオンライン決算会見で、新型コロナウイルス治療薬候補「アビガン」について、政府の追加備蓄要請である200万人分の納品を2020年度内に完了する予定だと発表した。現時点で約70万人分の備蓄がある。4月から増産を開始しており、今後、段階的に生産能力の向上を目指す。

UPDATE 1-富士フイルム、今年度内に200万人分のアビガン納品を完了予定

富士フイルムホールディングスは22日のオンライン決算会見で、新型コロナウイルス治療薬候補「アビガン」について、政府の追加備蓄要請である200万人分の納品を2020年度内に完了する予定だと発表した。現時点で約70万人分の備蓄がある。4月から増産を開始しており、今後、段階的に生産能力の向上を目指す。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陽線」、75日移動平均線上回り強気に傾斜

<15:55> 日経平均・日足は「小陽線」、75日移動平均線上回り強気に傾斜 日経平均・日足はヒゲを伴う寄り付きがほぼ「坊主」の「小陽線」。前日に空けたマ ドを埋めることなく上伸し、連日のコロナショック後の戻り高値を更新するなど、引き続 きリバウンド相場に対する期待を膨らませている。当面の上値の目安として意識されてい た75日移動平均線(2万0446円22銭=20日現在)を上回ってきたことが強気に 傾斜させる材料になりそうだ。 <15:35> 新興株市場は続伸、マザース指数が年初来高値更新 新興株市場で、日経ジャスダック平均、東証マザーズ...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場は続伸、マザース指数が年初来高値更新

<15:35> 新興株市場は続伸、マザース指数が年初来高値更新 新興株市場で、日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数はともに続伸した。マザー ズ指数は900ポイント台を回復し、1月14日の年初来高値895.60ポイントを更 新した。市場では「特に活況となっているマザーズの中で、循環物色が繰り広げられてい る」(SBI証券・シニアマーケットアドバイザーの雨宮京子氏)との声が聞かれた。 マザーズでは、ミクリード 、Mマート 、BASE がストッ プ高に買われ、弁護士ドットコム もしっかりだが、アンジェス は引き続 き商いを伴いながらも下落した...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は高値もみあい、戻り売りこなす買い材料見当たらず

<14:10> 日経平均は高値もみあい、戻り売りこなす買い材料見当たらず 日経平均は、高値もみあい。2万0600円台で推移している。市場では「時価水準 より上値は戻り売りが多くなると警戒されているが、それを突破できるだけの新たな買い 材料が見当たらない。徐々に様子見ムードが強くなってきた」(国内証券)との声が聞か れた。 <12:40> 日経平均は堅調、米株先物高受けて後場寄りから上値追い 日経平均は堅調。後場寄り付きから上値を追い、前日比200円を超す上昇となって いる。市場では「時間外取引で米株先物がしっかりとなっており、これを受けて...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は堅調、米株先物高受けて後場寄りから上値追い

<12:40> 日経平均は堅調、米株先物高受けて後場寄りから上値追い 日経平均は堅調。後場寄り付きから上値を追い、前日比200円を超す上昇となって いる。市場では「時間外取引で米株先物がしっかりとなっており、これを受けて今晩の米 国市場の上昇を先取りする格好となっている」(国内証券)との声が出ていた。 <11:50> 前場の日経平均は続伸、米株先物の上昇を好感 国内経済活動の再 開期待も支援 前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日比151円19銭高の2万0584円6 4銭となり、続伸した。オーバーナイトの米国株市場で主要3指数は反落したものの...

〔マーケットアイ〕株式:前場の日経平均は続伸、米株先物の上昇を好感 国内経済活動の再開期待も支援

<11:50> 前場の日経平均は続伸、米株先物 の上昇を好感 国内経済活動の再開期待も支援 前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日比151円19銭高の2万0584円6 4銭となり、続伸した。オーバーナイトの米国株市場で主要3指数は反落したものの、米 株先物が小じっかりした動きになっていることや、ドル/円が107円台後半と円安基調 で推移していることなどが支援材料となった。 19日の米国株市場は反落。ダウが1.59%安、ナスダック総合が0.54%安、 S&P総合500が1.05%安で取引を終えた。18日は米モデルナの新型コロナウイ ルス...

ホットストック:富士フイルムは売り気配、「アビガン」が臨床研究で有効性示せずと報道

富士フイルムホールディングスは売り気配。新型コロナウイルス感染症の治療薬候補「アビガン」を巡り、国の承認審査にデータを活用できると期待された臨床研究で明確な有効性が示されていないことが分かった、との報道があり、嫌気されている。20日、共同通信が伝えた。「アビガン」は富士フイルム富山化学が開発した新型インフルエンザの治療薬。

今週の日本株は2万円挟んでもみあい、強弱材料が交錯

今週の東京株式市場は、もみあいが想定されている。世界各国の経済活動再開への準備が進む一方で、新型コロナウイルス感染拡大の「第2波」や米中貿易戦争への懸念が再び高まっている。強弱材料の交錯となり、2万円を挟んだ展開になるとの見方が多い。

来週の日本株は強弱材料交錯でもみあい、上値重い展開

来週の東京株式市場は、もみあいが想定されている。世界各国の経済活動再開への準備が進む一方で、新型コロナウイルス感染拡大の「第2波」や米中貿易戦争への懸念が再び高まっている。強弱材料交錯となり、今週と同水準でのもみあいになるとの見方が多い。

デンカ、「アビガン」原料生産を16日から開始 月末から出荷へ

デンカ<4061.T>は13日、新型コロナウイルス感染症への効果が期待される抗インフルエンザウイルス薬「アビガン」の原料となるマロン酸ジエチルの生産を、5月16日から青海工場(新潟県糸魚川市)で開始すると発表した。5月末から6月にかけて出荷を始めるという。

ダイトーケミックス、アビガンの中間体を供給 6月から製造開始

ダイトーケミックス<4366.T>は11日、富士フイルム富山化学が開発した、抗インフルエンザウイルス薬「アビガン錠」の中間体の供給を決定したと発表した。富士フイルムから「アビガン」の中間体製造協力の要請があり、設備投資、製造人員の確保などを検討した上で、今年6月から製造を開始する。

海外からの投資で重点審査、518社が対象 トヨタなど大手ずらり

財務省は8日、外国投資家による日本企業への出資規制を強化する改正外為法が同日施行されたのに合わせ、外国人投資家が投資する際に届出対象となる上場企業を公表した。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up