for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

富士フイルムホールディングス株式会社

4901.T

現在値

8,043.00JPY

変化

-12.00(-0.15%)

出来高

953,400

本日のレンジ

7,998.00

 - 

8,075.00

52週レンジ

4,717.00

 - 

8,428.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
8,055.00
始値
8,040.00
出来高
953,400
3か月平均出来高
31.20
高値
8,075.00
安値
7,998.00
52週高値
8,428.00
52週安値
4,717.00
発行済株式数
399.80
時価総額
4,144,796.00
予想PER
22.01
配当利回り
1.24

次のエベント

Q1 2022 Fujifilm Holdings Corp Earnings Release

適時開示

その他

Teijin Ltd - To Launch Tender Offer For Fujifilm Unit Japan Tissue Engineering

Lonza Announces Collaboration With Fujifilm Cellular Dynamics

Dr. Reddy's Prices COVID-19 Drug Avigan (Favipiravir) at 99 Rupees/Tablet

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

富士フイルムホールディングス株式会社とは

富士フイルムホールディングスは、写真関係、医療・印刷・液晶ディスプレイ材料及び複写機などの事業を展開する。【事業内容】同社は、3つの事業セグメントを通じて運営する。イメージングソリューション事業は、主に一般消費者向けにカラーフィルム、デジタルカメラ、写真プリント用カラーペーパー・サービス・機器、インスタントフォトシステム、光学デバイス等の開発、製造、販売、サービスを行う。ヘルスケア&マテリアルズソリューション事業は、主に業務用分野向けにメディカルシステム機材、化粧品・サプリメント、医薬品、バイオ医薬品製造開発受託、再生医療製品、化成品、グラフィックシステム機材、インクジェット機材、ディスプレイ材料、記録メディア、電子材料等の開発、製造、販売、サービスを行う。ドキュメントソリューション事業は、主に業務用分野向けにデジタル複合機、パブリッシングシステム、ドキュメントマネジメントソフトウェア及び関連ソリューション・サービス等の開発、製造、販売、サービスを行う。

業種

Medical Equipment & Supplies

連絡先

Midtown West, 9-7-3, Akasaka

MINATO-KU, TKY

107-0052

Japan

+81.3.62711111

https://www.fujifilmholdings.com/ja/

エグゼクティブリーダーシップ

Kenji Sukeno

Chairman of the Board, Chairman of the Board of Directors, Chairman of Subsidiary, Representative Director

Teiichi Goto

President, Group Chief Executive Officer, President and CEO of Subsidiary, Representative Director

Masayuki Higuchi

Chief Financial Officer, Executive Officer, Director of Business Planning, Director

Takatoshi Ishikawa

Vice President of Subsidiary, Director

Kouichi Tamai

Vice President, Chairman of Subsidiary, Director

統計

2.00 mean rating - 15 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, JPY)

2019

2.4K

2020

2.3K

2021

2.2K

2022(E)

2.5K
EPS (JPY)

2019

326.810

2020

306.180

2021

453.280

2022(E)

365.910
株価売上高倍率(過去12カ月)
17.83
株価売上高倍率(過去12カ月)
1.89
株価純資産倍率(四半期)
1.46
株価キャッシュフロー倍率
13.65
総負債/総資本(四半期)
23.24
長期負債/資本(四半期)
20.23
投資利益率(過去12カ月)
6.63
自己資本利益率(過去12カ月)
5.25

最新ニュース

最新ニュース

富士フイルム、バイオ医薬品の原薬生産能力増強 欧米で900億円投資

富士フイルムは29日、バイオ医薬品の開発・製造受託事業を拡大するため、FUJIFILM Diosynth Biotechnologiesの欧米拠点に約900億円の投資を行うと発表した。新型コロナウイルスのワクチンや遺伝子治療薬などのバイオ医薬品の原薬生産能力を増強させる。増強設備の稼働は2023年後半を予定している。

富士フイルムに不正アクセスの疑い、ランサムウエア攻撃の可能性

富士フイルムは2日、利用するサーバーに外部からの不正アクセスがあった疑いがあり、調査していると発表した。一部のネットワークを遮断し、外部との通信を停止している。

富士フイルムHD、富山化学の株式評価損815億円を計上へ

富士フイルムホールディングスは12日、子会社の富士フイルム富山化学の株式の実質価額が下落したため、2021年3月期の個別決算に評価損として815億円を特別損失に計上する見込みと発表した。

富士フイルム、アビガンの臨床第3相試験を国内で開始

富士フイルムは21日、グループの富士フイルム富山化学が新型コロナウイルス感染症の患者を対象としたアビガンの臨床第3相試験を国内で開始したと発表した。

富士フイルムHD、23年度に過去最高の営業益2600億円を計画

富士フイルムホールディングスは15日、2023年度に営業利益で過去最高となる2600億円を目指す中期経営計画を発表した。事業ポートフォリオの強化を通じ、20年度予想の1600億円から1000億円の上乗せを図る。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陽線」、明確な方向性示せず強弱感が対立

<15:40> 日経平均・日足は「小陽線」、明確な方向性示せず強弱感が対立 日経平均・日足は、短い下ヒゲを伴う寄り付きがほぼ「坊主」である「小陰線」とな った。明確な方向性を示す動きとはならず、終値は5日移動平均線(2万9677円67 銭=14日現在)を下回る一方、25日移動平均線(2万9526円67銭=同)がサポ ートラインとして機能するなど、強弱感が対立していることを表している。 きっかけがつかめないままもみあいに終始しているが、25日平均線を割り込まずに 反転した場合、なお値固めとなる可能性が高い。依然として3万円よりも上値水準が...

〔マーケットアイ〕株式:新興市場は堅調に推移、動きの良い銘柄に値幅取り資金向かう

<15:10> 新興市場は堅調に推移、動きの良い銘柄に値幅取り資金向かう 新興株市場は堅調に推移し、日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数ともに続伸し た。市場では「値動きの良い銘柄を中心に値幅取り資金が向かっている。地合いの好転を 感じさせる状況だ」(国内証券)との声が聞かれる。 日経ジャスダック平均は前営業日比0.01%高。個別では、川崎地質 、イ メージワン などがストップ高となったほか、出前館 も堅調。一方、幼児 活動研究会 、シキノハイテック などが軟調に推移した。 マザーズ指数は前営業日比1.55%高。個別では、オキサイド...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は安値圏で一進一退、後場の振れ幅は89円97銭

<14:25> 日経平均は安値圏で一進一退、後場の振れ幅は89円97銭 日経平均は安値圏で一進一退。手掛かり材料難が続き、売り買いともに手控えられて いる。午前2時25分現在、後場寄り付きからの振れ幅はわずか89円97銭。 市場では「上値の重さが意識される一方、企業業績に対する期待も大きいことから、 上下ともに振れにくくなっている」(国内証券)との声も聞かれた。 <12:35> 日経平均は安値もみあい、後場も商い細り模様眺めムード 後場寄りの日経平均は、前引けよりやや下値で寄り付いたものの、崩れる雰囲気は感 じられず、安値もみあいとなっている...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は安値もみあい、後場も商い細り模様眺めムード

<12:35> 日経平均は安値もみあい、後場も商い細り模様眺めムード 後場寄りの日経平均は、前引けよりやや下値で寄り付いたものの、崩れる雰囲気は感 じられず、安値もみあいとなっている。市場では「環境面に不透明感が強まり、引き続き 商いも細っている。売り買いともに手控えられ、模様眺めムードだ」(国内証券)との声 が聞かれた。 <11:50> 前場の日経平均は反落、感染再拡大やワクチン供給の遅れで警戒感 前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日比101円76銭安の2万9649円8 5銭となり、反落した。国内での新型コロナウイルスの感染再拡大...

前場の日経平均は反落、感染再拡大やワクチン供給の遅れで警戒感

前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日比101円76銭安の2万9649円85銭となり、反落した。国内での新型コロナウイルスの感染再拡大やワクチン供給の遅れが嫌気され、日経平均は前場を通してマイナス圏での推移となった。

富士フイルムHDの古森CEO退任、後任は後藤氏 ヘルスケアで成長へ

富士フイルムホールディングスは31日、古森重隆会長兼最高経営責任者(CEO、81)が退任し、後藤禎一取締役(62)が社長兼CEOに就任する人事を発表した。6月下旬の定時株主総会を経て、古森氏は最高顧問に就く。

富士フイルムHDの古森CEOが退任、後藤氏が後任に

富士フイルムホールディングスは31日、古森重隆会長兼最高経営責任者(CEO)が退任し、後藤禎一取締役が社長兼CEOに就任する人事を発表した。6月下旬の定時株主総会を経て、古森氏は最高顧問に就く。

富士フイルム、日立の画像診断関連事業の買収完了は3月31日に

富士フイルムホールディングスは18日、日立製作所の画像診断関連事業の買収が3月31日に完了する予定だと発表した。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「下影陽線」、騰落レシオで高値警戒

<16:30> 日経平均・日足は「下影陽線」、 騰落レシオで高値警戒 日経平均・日足は下ヒゲを伴う高値引けの「下影陽線」。下値の堅さを印象付ける足 となった。ただ、騰落レシオは124.50%と買われ過ぎを示す120%を超えている 。高値警戒感が意識され、短期的には調整局面に入りやすいサインとなっている。 終値(2万9562円93銭=10日)は5日移動平均(2万9115円70銭=同 )、25日移動平均線(2万8474円14銭=同)から大きく上振れる格好となった。 <16:10> 新興株市場はしっかり、物色は大型株に集中 メルカリは7%超高...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場はしっかり、物色は大型株に集中 メルカリは7%超高

<16:10> 新興株市場はしっかり、物色は大型株に集中 メルカリは7%超高 新興株市場はしっかり。日経ジャスダック平均は4日続伸し、東証マザーズ指数は大 幅反発した。マザーズ市場を中心に時価総額上位銘柄が買われる展開となり、メルカリ<4 385.T>は7.75%高となった。 きょうマザーズ市場に新規上場したアールプランナー は公開価格の2.26 倍の5000円で初値を形成。その後、ストップ高の水準である6000円まで上値を伸 ばした後、4535円で引けた。 日経ジャスダック平均は0.29%高。個別では、不二精機 、ワークマン<7 564...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は前日終値を挟んで一進一退、「下がらないだけでも十分強い」

<14:35> 日経平均は前日終値を挟んで一進一退、「下がらないだけでも十分 強い」 日経平均は前日終値を挟んだ一進一退の値動きとなっている。TOPIXは前営業日 比0.35%ほど高い1930ポイント近辺。 市場では「日経平均は前日までに1100円以上上昇していることもあり、過熱感は 否めないが、大きく下がることなくプラス圏に浮上している。下がらないだけでも十分強 い。押し目買い意欲は依然として旺盛なことがうかがわれる」(国内証券)との声が出て いた。 <13:45> 日経平均は小幅安、祝日とSQ控え様子見ムードも 後場に入り、日経平均...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は小幅安、祝日とSQ控え様子見ムードも

<12:45> 日経平均は小幅安、祝日とSQ控え様子見ムードも 後場に入り、日経平均は小幅安、前営業日比30円ほど安い2万9400円台後半で 推移している。市場からは「優良銘柄が持ち直しており、経済回復の兆しと捉えられてい るようだ。投資家心理もかなり改善している」(国内証券)との声が聞かれる。ただ、3 万円回復までの足場固めの動きは続くとみられ、「明日は祝日で休場となる上、明後日は SQ(特別清算指数)算出を控えており、様子見姿勢も強まりやすい状況だ」(同)とい う。 <11:45> 前場の日経平均は小幅続伸、TOPIXは連日のバブル...

前場の日経平均は小幅続伸、TOPIXは連日のバブル後高値更新

前場の東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比25円55銭高の2万9531円48銭となり、続伸した。TOPIXは1934.75ポイントの高値を付け、1991年6月以来の高水準で推移、連日のバブル後高値更新となった。

ホットストック:富士フイルムは4%高、昨年来高値更新 業績予想の上方修正を好感

富士フイルムホールディングスが続伸し、4%超高で推移。昨年来高値を更新し、午前9時33分現在、東証1部の値上がり率上位に入っている。9日に、2021年3月期の連結営業利益(米国基準)予想を、従来の1430億円から1600億円に上方修正したと発表したことが好感されている。

富士フイルム、米社とコロナワクチンの受託生産で商談中

富士フイルムホールディングスは9日の決算会見で、米国の企業と新型コロナワクチンの受託生産で商談中であることを明らかにした。社名は非公表。富士フイルムは米ノババックス、米トニックス・ファーマシューティカルズからもコロナワクチンの生産を受託しており、実現すれば3件目となる。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up