for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ライオン株式会社

4912.T

現在値

1,458.00JPY

変化

-11.00(-0.75%)

出来高

998,100

本日のレンジ

1,448.00

 - 

1,476.00

52週レンジ

1,263.00

 - 

1,657.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
1,469.00
始値
1,468.00
出来高
998,100
3か月平均出来高
19.03
高値
1,476.00
安値
1,448.00
52週高値
1,657.00
52週安値
1,263.00
発行済株式数
284.23
時価総額
429,736.00
予想PER
20.53
配当利回り
1.63

次のエベント

Dividend For 4912.T - 13.0000 JPY

適時開示

その他

Lion dissolves Taiwan detergent and chemicals manufacture unit

R&I affirms Lion's rating at "A" and announces stable rating outlook -R&I

Lion to sell pesticide brand and pesticide unit for 1.4 bln yen

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ライオン株式会社とは

ライオングループは一般用消費財事業、産業用品事業、及び海外事業を主な内容とし、さらに各事業に関連する物流その他のサービス等の事業活動を行う。【事業内容】同社は3つの事業を運営する。一般用消費財事業において、主として同社が製造または購入し、代理店・特約店を通じて販売される。また、連結子会社を通じて歯科材料等の購入・販売、ペットフード・ペット用品の販売、店頭管理業務を行う。産業用品事業において、同社及び連結子会社が製造または購入し、代理店を通じて販売される。なお、厨房用洗浄剤等の購入、販売を行う。海外事業において、海外においては、一般用消費財等の製造・販売を行う。また、化学品原料の製造・販売を行う。その他事業において、連結子会社が同社等の設備の設計、施工、保全業務、商品・製品の運送、保管業務、不動産・保険関係業務及び福利厚生業務を行う。

業種

Personal & Household Prods.

連絡先

1-3-7, Honjo

SUMIDA-KU, TKY

130-8644

Japan

+81.3.36216211

https://www.lion.co.jp/ja/

エグゼクティブリーダーシップ

Itsuo Hama

Chairman of the Board of Directors, Chairman, Representative Director

Masazumi Kikukawa

Executive President, Chief Executive Officer, Representative Director

Masaharu Mikuni

Senior Executive Officer, Chief Director of Health & Home Care Sales

Kenjiro Kobayashi

Senior Executive Officer, Director

Yugo Kume

Senior Executive Officer, Director

統計

2.45 mean rating - 11 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, JPY)

2019

0.3K

2020

0.4K

2021

0.4K

2022(E)

0.4K
EPS (JPY)

2019

70.720

2020

102.750

2021

81.730

2022(E)

71.562
株価売上高倍率(過去12カ月)
19.30
株価売上高倍率(過去12カ月)
1.12
株価純資産倍率(四半期)
1.63
株価キャッシュフロー倍率
10.91
総負債/総資本(四半期)
2.95
長期負債/資本(四半期)
1.88
投資利益率(過去12カ月)
8.30
自己資本利益率(過去12カ月)
5.55

最新ニュース

最新ニュース

ライオンが解熱鎮痛薬の新工場を建設、新型コロナで市場拡大

ライオンは30日、小田原工場(神奈川県小田原市)の敷地内に解熱鎮痛薬を主に生産する工場を新設すると発表した。新型コロナウイルス感染症により、同社の「バファリン」など解熱鎮痛薬の市場が拡大しており、一般用医薬品の安定的な供給を図る。

MSCI銘柄入れ替え、日本は新規採用・除外ともにゼロ

モルガン・スタンレー・キャピタル・インターナショナル(MSCI)は10日、指数銘柄の定期見直しを発表した。日本銘柄では新規採用、除外ともにゼロとなった。

MSCI銘柄入れ替え、日本は新規採用ゼロ 除外は22銘柄

モルガン・スタンレー・キャピタル・インターナショナル(MSCI)は12日、指数銘柄の定期見直しを発表した。日本銘柄では新規採用がなし、除外が22銘柄となった。

14日の主な自社株買い・消却、株式分割など一覧

14日に自社株買いや消却、株式分割を発表した主な企業の一覧は以下の通り。  <自社株買い> ・Robot Home 、自己保有株を除く発行済株式総数の0.6%にあ たる55万株、取得総額1億円を上限とする自社株買いを実施へ。取得期間は2月15日 から3月14日。 ・江崎グリコ 、自己保有株を除く発行済株式総数の2.30%にあたる15 0万株、取得総額50億円を上限とする自社株買いを実施へ。取得期間は2月15日から 12月30日。 ・ピクスタ 、自己保有株を除く発行済株式総数の6.15%にあたる14万 株、取得総額1億5000万円を上限とする...

焦点:企業物価上昇で「川下」に値上げ波及、消費回復に水差す恐れも

原材料価格の高騰が生産コストを押し上げ、食品や文具など消費財の一部で値上げの動きが出てきた。過去の原材料高局面でも見られた流れだが、今回は新型コロナウイルス禍による供給不足や脱炭素化によるコスト増といった要因も加わる。デフレが染みついた日本では値上げに対する消費者の抵抗感も強く、価格転嫁の動きが幅広い品目に広がれば家計を直撃し、進み始めたサービス消費の回復に水を差す可能性もある。

ホットストック:12月期決算銘柄がしっかり、配当・優待権利狙いの動き

キリンホールディングス、日本マクドナルドホールディングス、協和キリン、ライオンなど12月期決算銘柄の一角がしっかり。配当金や株主優待の権利を狙った買いが入っているという。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up