for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

株式会社アイビー化粧品

4918.T

現在値

505.00JPY

変化

2.00(+0.40%)

出来高

24,300

本日のレンジ

499.00

 - 

511.00

52週レンジ

457.00

 - 

1,062.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
503.00
始値
499.00
出来高
24,300
3か月平均出来高
1.08
高値
511.00
安値
499.00
52週高値
1,062.00
52週安値
457.00
発行済株式数
4.86
時価総額
2,567.31
予想PER
--
配当利回り
--

次のエベント

Q2 2023 Ivy Cosmetics Corp Earnings Release

適時開示

その他

Ivy Cosmetics to dissolve and liquidate cosmetics unit

IVY Cosmetics completes 58,800 shares' buy-back

Ivy Cosmetics to buy back 70,000 shares via ToSTNeT-3

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

株式会社アイビー化粧品とは

アイビー化粧品グループは、主に化粧品及び医薬部外品の製造販売を行う。【事業内容】主に化粧品及び医薬部外品、美容補助商品、化粧雑貨品等の開発・製造・販売を行うとともに、訪問販売を行う販売組織に対する販売支援活動を行う。主な製品には、スキンケア、メークアップ、ヘアケア及びハンドクリーム等のその他化粧品、家庭用超音波美容器及び連続式電解水生成器などの美容補助商品及び化粧用具等の化粧雑貨品等が含まれる。

業種

Personal & Household Prods.

連絡先

IVY Bldg., 6-18-3, Akasaka

MINATO-KU, TKY

107-8463

Japan

+81.3.35685151

https://www.ivy.co.jp/

エグゼクティブリーダーシップ

Emiko Shirogane

Chairman of the Board

Koji Shirogane

President, Representative Director

Masakazu Tajima

Managing Director, Director of Product Planning

Kazunori Egawa

Manager of Corporate Planning, Director

Seijin Nakayama

Director of Business Administration, Director

統計

株価売上高倍率(過去12カ月)
23.37
株価売上高倍率(過去12カ月)
0.74
株価純資産倍率(四半期)
2.63
株価キャッシュフロー倍率
23.47
総負債/総資本(四半期)
52.49
長期負債/資本(四半期)
26.17
投資利益率(過去12カ月)
3.19
自己資本利益率(過去12カ月)
1.94

最新ニュース

最新ニュース

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「大陰線」、マイナス3シグマ再接近で反発意識も

日経平均・日足は上下にヒゲを伴う「大陰線」となった。連日の昨年来安値更新。25日移動平均線(2万8262円46銭=27日)からの乖離率がマイナス7.4%に拡大し、売られすぎを示唆。ボリンジャーバンドのマイナス3シグマ(2万6019円17銭=同)に再び接近しており、短期的な反発が意識される水準でもある。

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場は反落、マザーズは6%超安 20年4月以来の安値

新興株市場は、東証マザーズ指数と日経ジャスダック平均が大幅に反落した。米連邦公開市場委員会(FOMC)後のパウエル米連邦準備理事会(FRB)議長の発言についてタカ派的との受け止めが広がり、米金融政策の正常化加速への警戒感が強まった。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陰線」、終値は心理的節目を上回る

日経平均・日足は上下にヒゲを伴う「小陰線」となった。2営業日連続で昨年来安値(2万6890円94銭=1月25日)を更新した。日足は主要移動平均線を全て下回っているものの、終値は2万7011円33銭と心理的節目である2万7000円を小幅ながら上回り、過度な警戒感は和らいでいる。

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場は反発、「楽観視はできない」との声

新興株市場は軟調。東証マザーズ指数、日経ジャスダック平均がともに反発した。同指数は前日までに昨年来安値を更新する軟調な値動きとなっており、市場では「米ナスダック指数の下値目途がわからない以上、マザーズの底打ちを予想するのは難しい。楽観視はできない」(国内証券)との声が聞かれた。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「大陽線」、ブレーク 強気トレンドに転換

2日の米国株式市場は主要3指数が上昇し、S&P総合500種指数 とナスダ ック総合指数 は最高値更新となった。商品(コモディティー)価格の値上がりで エネルギー株が堅調だったほか、新規失業保険申請件数の改善も相場を後押しした。 日経平均は続伸スタート後伸び悩む場面がみられたが、前引けにかけて急伸。一時前 営業日比292円06銭高2万8835円57銭で高値をつけた。前場の取引時間中に財 新/マークイットが発表した8月の中国サービス部門購買担当者景気指数(PMI)は4 6.7と、7月の54.9から急低下したが、悪材料出尽くしとして捉えられ、...

〔マーケットアイ〕株式:新興株式市場はまちまち、直近IPO銘柄に人気が集中

2日の米国株式市場は主要3指数が上昇し、S&P総合500種指数 とナスダ ック総合指数 は最高値更新となった。商品(コモディティー)価格の値上がりで エネルギー株が堅調だったほか、新規失業保険申請件数の改善も相場を後押しした。 日経平均は続伸スタート後伸び悩む場面がみられたが、前引けにかけて急伸。一時前 営業日比292円06銭高2万8835円57銭で高値をつけた。前場の取引時間中に財 新/マークイットが発表した8月の中国サービス部門購買担当者景気指数(PMI)は4 6.7と、7月の54.9から急低下したが、悪材料出尽くしとして捉えられ、...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陰線」、移動平均から下方乖離広げる

<16:10> 日経平均・日足は「小陰線」、移動平均から下方乖離広げる 日経平均・日足はわずかな上ヒゲを伴う「小陰線」。陰の大引け坊主となり、先安見 込みを示している。主要な移動平均線(MA)や、日足・一目均衡表の雲領域からの下方 乖離を広げた。目先は5日MA(2万8501円93銭=8日)や雲の下限(2万861 9円22銭)、25日MA(2万8845円97銭=同)の回復が急がれるところ。ボリ ンジャーバンドのマイナス2シグマ(2万8219円71銭=同)を下回っており、反発 力の蓄積も意識されそうだ。 <15:56> 新興市場はマザーズ4...

〔マーケットアイ〕株式:新興市場はマザーズ4日続落、ジャスダックも下げる

<15:56> 新興市場はマザーズ4日続落、ジャスダックも下げる 新興株市場は、東証マザーズ指数が4日続落し、日経ジャスダック平均が小幅に続落 した。市場では「個人投資家は余力がないわけではなさそう。無理をせずに小休止といっ たところ」(国内証券)との声が聞かれた。 マザーズ総合は前営業日比1.89%安。アンジェス やそーせいグループ<4 565.T>などの下げが指数の重しになった一方、メルカリ の上昇が支えた。このほ か、ツクルバ やトラストホールディングス がさえなかったが、BCC<7 376.T>やステムセル研究所 はストップ高となった...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陰線」、依然として5日線を下回る

<15:45> 日経平均・日足は「小陰線」、依然として5日線を下回る 日経平均・日足は上下にヒゲを伴う「小陰線」。前日よりも実体部分が短く、「十字 線」の形状となったため、気迷いを感じさせる動きとなっている。下値をわずかながら切 り上げる形となったが、短期的な下降トレンドにピリオドを打ったというサインは出てい ない。依然として5日移動平均線(2万8704円65銭=6日現在)を下回っており、 上値に対する警戒感が強いことを示している。トレンド転換を確認するためには、終値が 同線を上回って下値を大きく切り上げる動きが必要になりそうだ。 <15...

〔マーケットアイ〕株式:新興株式市場はまちまち、直近IPOに利益確定売り

<15:10> 新興株式市場はまちまち、直近IPOに利益確定売り 新興株式市場はまちまち。東証マザーズ指数が小幅安となる一方、日経ジャスダック 平均は小反発した。市場では「値幅取りの動きは活発化している中で、直近IPOに利益 確定売りが目立った」(国内証券)との声が聞かれる。 きょうマザーズ市場に新規上場したBCC は買い気配のまま値が付かず、大 引け段階で差し引き約23万株の買い超過で終了、初値形成をあすに持ち越した。 マザーズ総合は前営業日比0.19%安。日本電解 が続騰して始まった後に 値を消し、コンフィデンス 、ベイシス も軟調...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陰線」、5日線が上値押さえる

<16:20> 日経平均・日足は「小陰線」、5日線が上値押さえる 日経平均・日足は上下に短いヒゲを伴う「小陰線」。5日移動平均線(MA、2万8738円53銭= 5日)に上値を押さえられ、25日MA(2万8913円58銭=同)との乖離がやや広がった。日足・一 目均衡表の雲中の推移を継続。雲の下限(2万8521円63銭=同)に接近しており、下抜けないかがポ イント。 <15:48> 新興市場は反落、メルカリの下げがマザーズの重しに 新興株市場は、東証マザーズ指数と日経ジャスダック平均がともに反落した。市場では「全般的に物色 意欲は強かったが...

〔マーケットアイ〕株式:新興市場は反落、メルカリの下げがマザーズの重しに

<15:48> 新興市場は反落、メルカリの下げがマザーズの重しに 新興株市場は、東証マザーズ指数と日経ジャスダック平均がともに反落した。市場では「全般的に物色 意欲は強かったが、特定の銘柄に影響を受けた」(国内証券)との声が聞かれた。先週まで急ピッチで買わ れていたメルカリ は利益確定売りが優勢で、マザーズの重しとなった。 マザーズ総合は前営業日比0.79%安。霞ヶ関キャピタル やアマナ が軟調に推移し た一方、コンフィデンス や日本電解 といった直近の新規上場(IPO)銘柄がストップ 高となった。 日経ジャスダック平均は前営業日比0....

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陽線」、自律反発の印象が強い

<15:55> 日経平均・日足は「小陽線」、自律反発の印象が強い 日経平均・日足は上下にヒゲを伴う「小陽線」。5日ぶりの反発となり、下げ止まり 感が生じているものの、5日移動平均線(2万8828円50銭=2日現在)、25日移 動平均線(2万8924円06銭=同)を依然として下回って終値が推移するなど、弱い 基調に変化はなく自律反発の印象が強い。  今回引いた足は、気迷いを示す「コマ」に準じるほか、終値は一目均衡表の「雲」領 域内で浮遊した状態を続けており、方向性が感じられないため、当面は時価近辺でのもみ あいに終始することになりそうだ。...

〔マーケットアイ〕株式:新興株式市場は小動き、直近IPOに人気が集中

<15:35> 新興株式市場は小動き、直近IPOに人気が集中 新興株式市場は小動き。東証マザーズ指数と日経ジャスダック平均がともに小幅高と なった。1部市場が模様眺めとなる中で「6月に新規上場した直近IPOの中で値動きの 良い銘柄に人気が集中した」(国内証券)との声が聞かれる。 マザーズ総合は前営業日比0.01%高。個別では、日本電解 が商いを伴っ て上昇し一時ストップ高となったほか、ベイシス もストップ高。そのほか、メル カリ が上値を追い、ステムセル研究所 もしっかりとなったが、オキサイ ド は軟調に推移した。 日経ジャスダック平均...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陰線」、5日連続の陰線

<16:00> 日経平均・日足は「小陰線」、5日連 続の陰線 日経平均・日足は長い下ヒゲを伴う「小陰線」。陰線は5日連続となっている。終値 (2万8707円04=1日)は75日線(2万9050円89銭=同)・25日線(2 万8938円70銭=同)・5日線(2万8885円08銭=同)を下回っており、弱い 基調を示している。 市場では「国内での感染拡大や米テーパリング懸念で動きづらい。7月もボックス相 場となるのではないか」(国内証券)という。 <15:45> マザーズ、ジャスダックともに反落 感染拡大が重し 新興株市場は、東証マザーズ指数...

〔マーケットアイ〕株式:マザーズ、ジャスダックともに反落 感染拡大が重し

<15:45> マザーズ、ジャスダックともに反落 感染拡大が重し 新興株市場は、東証マザーズ指数と日経ジャスダック平均がともに反落した。このと ころ底堅い動きをみせていた内需株の一角で売りが先行しており、市場では「新興株市場 でも国内での新型コロナウイルスの感染再拡大が警戒されつつある」(国内証券)との声 が聞かれた。 マザーズ総合は前営業日比0.60%安。個別では、オキサイド 、ミンカブ ・ジ・インフォノイド 、フリー 、ウェルスナビ などが軟調。日 本電解 、プレミアアンチエイジング 、メルカリ などはしっかり 。ステムセル研究所...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陽線」、節目突破で一段と上げ潮ムードに

<15:55> 日経平均・日足は「小陽線」、節目突破で一段と上げ潮ムードに 日経平均・日足は短い上ヒゲを伴う寄り付きが「坊主」に近い「小陽線」。新たにマド(2万2874 37銭─2万3115円50銭)を空けて上放れるパターンとなり、上昇トレンドを示す動きとなった。特 筆すべきなのは、6月8日の戻り高値2万3178円10銭を更新したこと。節目として強く意識されてい た戻り高値を突破したことで、一段と上げ潮ムードとなる可能性が高い。 強気を示すサインが点灯しているものの、時価水準より上値は過去に長い期間、もみあった経緯がある だけに、ここからは...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場はしっかり、値幅取りの動きが活発化

<15:10> 新興株市場はしっかり、値幅取りの動きが活発化 新興株市場はしっかり。日経ジャスダック平均は続伸、東証マザーズ指数は反発した。市場では「地合 いが好転する中で、値幅取りの動きが活発化した」(国内証券)との声が聞かれる。 ジャスダック指数は1.12%高。ワークマン が反発したほか、日本エマージェンシーアシス タンス がストップ高。ハーモニック・ドライブ・システムズ 、ジョルダン もしっ かりだが、日本マクドナルドホールディングス がさえない。 マザーズ指数は2.30%高。直近上場のティアンドエス が連日のストップ高となったほか...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陽線」、5日線と25日線がゴールデンクロス

<15:55> 日経平均・日足は「小陽線」、5日線と25日線がゴールデンクロス 日経平均・日足は上下にヒゲを伴う「小陽線」。上ヒゲは短く「下影陽線」の形状で、上昇指向を感じ させるローソク足となっている。しかも、いずれも上向きの5日移動平均線(2万2571円43銭=12 日現在)と25日移動平均線(2万2564円84銭=同)がゴールデンクロスを形成。さらなる上値が見 込める状況だ。 ただ、これまでの経緯から2万3000円に近づくと上値が重くなる印象があるため、チャート上では ここからが戻りの正念場になる。7月15日に付けた戻り高値2万2965...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場はさえない、直近IPOなど値動き良い銘柄を物色

<15:10> 新興株市場はさえない、直近IPOなど値動き良い銘柄を物色 新興株市場はさえない。日経ジャスダック平均は前日比でわずかに上昇、東証マザーズ指数は続落歩調 となった。市場では「先駆株で値を崩す銘柄が多い中で、直近IPOなどの動きの良い銘柄が物色された」 (国内証券)との声が聞かれる。 ジャスダック指数は2.03%安。アイビー化粧品 がストップ高となったほか、スペースシャ ワーネットワーク も一時ストップ高。日本マクドナルドホールディングス も堅調に推移し た。半面、ワークマン が大幅安となり、ハーモニック・ドライブ・システムズ...

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up