for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

株式会社ファンケル

4921.T

現在値

2,482.00JPY

変化

18.00(+0.73%)

出来高

1,659,800

本日のレンジ

2,424.00

 - 

2,519.00

52週レンジ

2,079.00

 - 

3,980.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
2,464.00
始値
2,451.00
出来高
1,659,800
3か月平均出来高
16.72
高値
2,519.00
安値
2,424.00
52週高値
3,980.00
52週安値
2,079.00
発行済株式数
120.68
時価総額
316,888.60
予想PER
36.58
配当利回り
1.40

次のエベント

Q1 2023 Fancl Corp Earnings Release

適時開示

その他

Fancl Completes Share Repurchase

Fancl to repurchase up to 8.5 mln shares for 22 bln yen

Fancl to merge with Nagano-based unit

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

株式会社ファンケルとは

ファンケルグループは、粧品及び栄養補助食品の研究開発、製造及び販売を主な事業とする。【事業内容】3つの事業セグメントで構成される。化粧品関連事業は、化粧品の製造・販売及び相手先ブランド名製造(OEM)供給を行う。栄養補助食品関連事業は、栄養補助食品の製造・販売を行う。その他関連事業は、雑貨、肌着類及び装身具類の仕入・販売、並びに発芽米及び青汁の製造・販売等を行う。

業種

Personal & Household Prods.

連絡先

FANCL Bldg.

89-1, Yamashita-cho, Naka-ku

YOKOHAMA-SHI, KNG

231-8528

Japan

+81.45.2261200

https://www.fancl.jp/

エグゼクティブリーダーシップ

Kazuyuki Shimada

Executive President, Chief Executive Officer, Representative Director

Tomochika Yamaguchi

Senior Managing Executive Officer, Chief Director of Main New Business Unit, Representative Director

Shinro Fujita

Managing Executive Officer, Manager of Synergy Strategy Promotion Office, Manager of Overseas Strategy Promotion office, Director

Yasushi Sumida

Managing Executive Officer, Director of General Research Institute, Director

Akihiro Yanagisawa

Managing Executive Officer, President of Subsidiary, Director

統計

2.58 mean rating - 12 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, JPY)

2020

0.1K

2021

0.1K

2022

0.1K

2023(E)

0.1K
EPS (JPY)

2020

83.110

2021

66.446

2022

61.500

2023(E)

66.449
株価売上高倍率(過去12カ月)
39.69
株価売上高倍率(過去12カ月)
3.05
株価純資産倍率(四半期)
3.96
株価キャッシュフロー倍率
26.44
総負債/総資本(四半期)
13.75
長期負債/資本(四半期)
13.68
投資利益率(過去12カ月)
8.81
自己資本利益率(過去12カ月)
7.51

最新ニュース

最新ニュース

ファンケル・アジア代理店買収に10社以上が関心=関係筋

スキンケアブランド、ファンケルの日本を除くアジアの独占代理店であるCMCホールディングスの買収について、投資会社など10以上の企業が関心を示している。関係筋が明らかにした。評価額は10億ドル近くになるとしている。

コラム:日本の投資家は旧態依然、株主総会にみる独特の資本主義

27日に実施された日本企業3社の株主総会では、いずれも株主が自らの金銭面に関する利益に反した決定を下した。日本がより新しいアイデアやより良いコーポレートガバナンス(企業統治)の受け入れに前向きになっている兆候はあるものの、今回の結果は大半の投資家が古いやり方に依然としてとらわれていることも示唆している。

新型コロナで投資余力を再考、企業買収は抑制=キリンHD常務

キリンホールディングス <2503.T>の横田乃里也・取締役常務執行役員(最高財務責任者)はロイターとのインタビューで、新型コロナウイルスの感染拡大で収益が見通しづらいことから、投資余力を評価し直す考えを示した。より厳しく投資の優先順位を付け、買収などの大型投資は「視界が晴れるまでできない」と語った。

コラム:キリンHDに改革圧力、試される国内株主の反応

日本企業の大胆な変革を国内の株主が切望しているか占ううえで、キリンホールディングス<2503.T>のケースは試金石になるだろう。

〔テクニカルデータ〕東証1部RSIランキング=31日

1.49%(*) RIC 銘柄名 RSI 01 ソフトブレーン 20.07 02 日本ゼオン 20.54 03 フューチャー 22.88 04 正栄食品工業 24.20 05 いなげや 24.36 06 ライトオン 24.75 07 山九 24.96 08 カプコン 24.97 09 ニホンフラッシュ 24.98 10 アークス 25.70 11 日新電機 26.04 12 マクセルHLDG 26.08 13 東日本旅客鉄道 26.14 14 スカラ 26.86 15 山陽特殊製鋼 26.88 (*):RSIが70以上、または30以下の...

〔テクニカルデータ〕東証1部GC・DC銘柄一覧=1日

RIC 銘柄名 01 エイジア 02 朝日ネット  

ホットストック:インバウンド関連しっかり、訪日観光客数は韓国減でも全体伸長

インバウンド関連銘柄がしっかり。資生堂は3%超、コーセー、ファンケルなどは2%超の上昇となっている。日本政府観光局が21日発表した7月の訪日外国人客数(推計値)は前年同月比5.6%増の299万1200人だった。訪日客数の増加を好感した買いが入っている。 Wi─Fiルーターレンタルなどを手がけるビジョンなども買われている。

ホットストック:ファンケルは買い気配、キリンHDと資本業務提携 「いい組み合わせ」

ファンケルは買い気配。キリンホールディングスと資本業務提携すると6日に発表したことが材料視されている。キリンはファンケル株式約3954万株を創業者などから相対取引で取得する。総額は1293億円で、9月6日に譲渡予定。株式取得後のキリンの保有割合は30.3%となる。キリンとファンケルは共同研究・事業開発などで協力するほか、販売チャネルの相互活用を想定している。キリンは取締役の派遣も予定している。

キリンHD、ファンケル株式30%を取得へ 1293億円

キリンホールディングス<2503.T>は6日、ファンケル<4921.T>と資本業務提携すると発表した。キリンはファンケル株式約3954万株を創業者などから相対取引で取得する。総額は1293億円で、9月6日に譲渡予定。株式取得後のキリンの保有割合は30.3%となる。

〔テクニカルデータ〕東証1部GC・DC銘柄一覧=27日

RIC 銘柄名 01 一正蒲鉾 02 ワールド 03 ファンケル 04 オーイズミ 05 スギHLDG 06 サンリオ 07 東京海上HLDG 08 神奈川中央交通  

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up