for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

株式会社ポーラ・オルビスホールディングス

4927.T

現在値

2,084.00JPY

変化

98.00(+4.93%)

出来高

850,300

本日のレンジ

2,021.00

 - 

2,089.00

52週レンジ

1,750.00

 - 

3,545.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
1,986.00
始値
2,030.00
出来高
850,300
3か月平均出来高
19.13
高値
2,089.00
安値
2,021.00
52週高値
3,545.00
52週安値
1,750.00
発行済株式数
221.22
時価総額
455,064.40
予想PER
--
配当利回り
4.03

次のエベント

Q1 2020 Pola Orbis Holdings Inc Earnings Release

適時開示

その他

Pola Orbis Holdings to dissolve and liquidate Tokyo-based cosmetics sales unit

Pola Orbis Holdings sells unit pdc.inc.

Pola Orbis Holdings to sell building and work of art for 17.25 bln yen

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

株式会社ポーラ・オルビスホールディングスとは

ポーラ・オルビスホールディングスは、主に化粧品の研究開発、製造、販売等を行う。【事業内容】2つの事業セグメントで構成される。ビューティケア事業は、化粧品・健康食品の製造・販売とファッション品(婦人用下着・婦人服・宝飾品)の販売を行う。ブランドにはPOLA・ORBIS・Jurlique・H2O PLUS・THREE・Amplitude・ITRIM・FIVEISM×THREE・DECENCIAがある。不動産事業は、不動産(オフィスビル・マンション)の賃貸事業を行う。その他には、医薬品事業及びビルメンテナンス事業を含む。

連絡先

5-8F, Pola Ginza Bldg., 1-7-7, Ginza

CHUO-KU, TKY

104-0061

Japan

+81.3.35635517

http://www.po-holdings.co.jp

エグゼクティブリーダーシップ

Satoshi Suzuki

President, Chairman of Subsidiary, Representative Director

Naoki Kume

Managing Director

Kazuya Kugimaru

Senior Executive Officer

Noriko Fukuyama

Executive Officer, Director of Multiple Intelligence Research Center

Ken Horikawa

Executive Officer, Manager of Finance Office

統計

2.71 mean rating - 14 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, JPY)

2017

0.2K

2018

0.2K

2019

0.2K

2020(E)

0.2K
EPS (JPY)

2017

122.700

2018

37.930

2019

89.040

2020(E)

92.130
株価売上高倍率(過去12カ月)
22.33
株価売上高倍率(過去12カ月)
2.07
株価純資産倍率(四半期)
2.30
株価キャッシュフロー倍率
16.81
総負債/総資本(四半期)
1.57
長期負債/資本(四半期)
0.83
投資利益率(過去12カ月)
9.88
自己資本利益率(過去12カ月)
8.35

最新ニュース

最新ニュース

〔テクニカルデータ〕東証1部RSIランキング=2日

2.68%(*) RIC 銘柄名 RSI 01 三菱製紙 19.41 02 塩水港精糖 21.47 03 山九 22.04 04 チヨダ 23.17 05 トップカルチャー 23.67 06 島根銀行 23.70 07 ポーラ・オルビスHLD 24.24 G 08 ミライアル 24.51 09 ライオン 24.65 10 エイトレッド 24.69 11 キユーソー流通システム 24.78 12 船井電機 24.86 13 テクノメディカ 25.05 14 エコートレーディング 25.35 15 大陽日酸 25.42 (*):RSIが70...

〔テクニカルデータ〕東証1部RSIランキング=11日

0.36%(*) RIC 銘柄名 RSI 01 フェイス 24.58 02 ポーラ・オルビスHLDG 24.83 03 丸一鋼管 27.25 04 日産化学 28.25 05 ランドコンピュータ 29.07 06 日油 29.10 07 エフ・シー・シー 29.26 (*):RSIが70以上、または30以下の銘柄の割合  

〔テクニカルデータ〕東証1部・25日線かい離ランキング=11日

24.36%(*) RIC 銘柄名 乖離(%) 01 ファーストコーポレーション -14.88 02 レオパレス21 -12.98 03 CAC HLDG -12.69 04 かんぽ生命保険 -10.60 05 フェイス -10.40 06 アグロ カネショウ -10.29 07 アダストリア -9.80 08 スズキ -9.58 09 竹内製作所 -9.34 10 THEグローバル社 -8.11 11 オプティム -7.66 12 ニチバン -7.46 13 マクセルHLDG -7.39 14 ペッパーフードサービス -6.88 15...

〔テクニカルデータ〕東証1部GC・DC銘柄一覧=21日

RIC 銘柄名 01 東建コーポレーション 02 矢作建設工業 03 住友電設 04 日東富士製粉 05 江崎グリコ 06 第一屋製パン 07 ソリトンシステムズ 08 特種東海製紙 09 ダイセル 10 住友ベークライト 11 ハリマ化成グループ 12 日華化学 13 関西ペイント 14 東洋インキSC HLDG 15 コニカミノルタ 16 ポーラ・オルビスHLDG 17 ブリヂストン 18 藤倉コンポジット 19 フジミインコーポレーテッド 20 シモジマ 21 高速 22 マルカ 23 神鋼商事 24 新生銀行 25 ふくおかFG...

〔テクニカルデータ〕東証1部GC・DC銘柄一覧=15日

RIC 銘柄名 01 関西ペイント 02 東洋製罐グループHLDG 03 OSJB HLDG 04 コナミHLDG  

〔テクニカルデータ〕東証1部RSIランキング=30日

6.05%(*) RIC 銘柄名 RSI 01 みちのく銀行 14.56 02 大和証券グループ本社 17.31 03 大日本住友製薬 19.87 04 北國銀行 19.97 05 曙ブレーキ工業 19.99 06 協栄産業 20.14 07 オービックビジネスコンサルタン 20.34 08 Hamee 20.56 09 天馬 20.57 10 カナデン 21.27 11 セック 22.25 12 いなげや 22.30 13 東北銀行 22.85 14 富山第一銀行 22.90 15 岩崎電気 22.95 (*):RSIが70以上、または...

アングル:アジア「コスメ男子」に熱視線、大手ブランドも参戦

ジッポライターのように親指だけで開閉ができるアイシャドーから、淡い青味がかったグレーのパッケージの薄付きファンデーションまで、男性化粧品が新たに生まれ変わろうとしている。

日経平均は3日続伸、一時2万2000円台回復 2週ぶり高値水準

東京株式市場で日経平均は3日続伸した。前日の米国株の上昇や円安基調の継続が支援材料となった。トランプ米大統領の対中関税を巡る発言が全体相場の重しとなったが、戻り売りをこなし指数は後場に上げ幅を拡大。日経平均は一時2万2000円台に乗せた。終値は11月12日以来、2週ぶりの水準まで上昇した。

ホットストック:ポーラオルHDが売り先行、事業再編で特損 今期は最終減益の見通し

ポーラ・オルビスホールディングスが売り先行。26日に通期の業績予想を見直した。2018年12月期の連結純利益予想を従来の280億円から211億円(前期比22.2%減)に下方修正。一転して最終減益の見通しとなったことを嫌気している。事業再編に伴い、連結子会社に対する貸付金約90億円を全額債権放棄する予定。特別損失の計上が響く。

〔テクニカルデータ〕東証1部RSIランキング=31日

1.55%(*) RIC 銘柄名 RSI 01 マキタ 13.77 02 きもと 18.78 03 リオン 18.90 04 ジェイエフイーHLDG 21.91 05 東洋水産 22.07 06 第一三共 23.49 07 理研ビタミン 24.10 08 大崎電気工業 24.19 09 三菱倉庫 24.22 10 タツタ電線 24.54 11 ポーラ・オルビスHLDG 24.91 12 ファインデックス 25.62 13 ユナイテッドアローズ 26.09 14 三菱総合研究所 26.30 15 いなげや 26.41 (*):RSIが70...

〔テクニカルデータ〕東証1部・25日線かい離ランキング=18日

82.57%(*) RIC 銘柄名 乖離(%) 01 KYB -37.61 02 ヨシムラ・フード・HLDG -19.96 03 川崎汽船 -18.89 04 日本瓦斯 -17.02 05 久光製薬 -15.93 06 ピジョン -15.09 07 ノエビアHLDG -14.59 08 スター・マイカ -14.02 09 日精エー・エス・ビー機械 -13.96 10 アルテック -13.91 11 竹内製作所 -13.61 12 PR TIMES -13.53 13 コーセー -13.35 14 ポーラ・オルビスHLDG -13.28...

〔テクニカルデータ〕東証1部RSIランキング=7日

8.71%(*) RIC 銘柄名 RSI 01 堀場製作所 20.59 02 東京精密 20.87 03 京セラ 21.36 04 武田薬品工業 21.41 05 福田組 21.62 06 兼松サステック 22.09 07 テイ・エス テック 22.10 08 ラサ工業 22.36 09 東亜建設工業 22.53 10 ポーラ・オルビスHLDG 22.78 11 SCREEN HLDG 23.17 12 リックス 23.25 13 良品計画 23.28 14 タクマ 23.54 15 三井ハイテック 23.55 (*):RSIが70以上...

ホットストック:化粧品株が軟調、インバウンド需要の先行き懸念

化粧品株が軟調。ファンケルは一時9%超の下落となり、東証1部で値下がり率上位となっているほか、コーセー、ポーラ・オルビスホールディングスなども売られている。台風21号が輸送インフラに打撃を与えたことで、中国客などによるインバウンド需要の先行きに懸念が出ているという。

JPX日経400銘柄に任天堂採用、スルガ銀除外 定期入れ替えで

東京証券取引所と日本経済新聞社は7日、JPX日経400構成銘柄の定期入れ替えの概要を発表した。任天堂や出光興産、電通など26銘柄を追加。スルガ銀行や高島屋、大王製紙など25銘柄を除外する。

〔テクニカルデータ〕東証1部RSIランキング=23日

1.34%(*) RIC 銘柄名 RSI 01 東京製鉄 15.49 02 ファインデックス 20.79 03 三井ホーム 23.66 04 日本ケミコン 23.68 05 美津濃 23.94 06 ゴールドウイン 25.48 07 コーセー 26.49 08 横河ブリッジHLDG 26.60 09 松屋 26.67 10 平和不動産 27.06 11 ヨシムラ・フード・HLDG 27.16 12 ヤマタネ 27.22 13 ジェイ・エス・ビー 27.42 14 中部飼料 27.50 15 ポーラ・オルビスHLDG 27.91 (*):...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陰線」、高値圏で連続陰線

<16:07> 日経平均・日足は「小陰線」、高値圏で連続陰線 日経平均・日足は「小陰線」。上値・下値をわずかに切り下げ、高値圏での連続陰線 となった。今回も2万3000円が壁として意識されている。ここで息切れすると再び2 5日移動平均線(2万2308円55銭=19日)付近までの調整が視野に入る。もっと も、直近4日間の上昇ピッチが速かったことを考えれば、適度な自律調整とみることもで きる。一目均衡表の転換線(2万2296円14銭=同)は基準線(2万2228円11 銭=同)を下から上抜け好転している。弱気に転じる明確なサインは見当たらない...

〔マーケットアイ〕株式:新興株市場は反落、個人の買い意欲高まらず

<15:19> 新興株市場は反落、個人の買い意欲高まらず 新興株式市場では、日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数がいずれも反落した。 「個人の投資余力は若干回復しているが、自律反発を狙うような買いが中心。先行きに慎 重姿勢を崩せず、買い意欲が高まらない」(国内証券)との声が出ていた。個別銘柄では 、和心 、ブランジスタ が買われ、ヴィスコ・テクノロジーズ も 高い。半面、キャピタル・アセット・プランニング が安く、シェアリングテクノ ロジー 、FRONTEO も軟調だった。 <14:12> 日経平均は上値重い、機械・ハイテクは堅調持続...

ホットストック:化粧品株が後場急落、インバウンド関連株にも波及

資生堂やコーセーなど化粧品株が後場に入り急落。インバウンド関連株にも売り圧力が強まっている。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は上値重い、機械・ハイテクは堅調持続

<14:12> 日経平均は上値重い、機械・ハイテクは堅調持続 日経平均は上値が重く、2万2700円台後半の値動きが続いている。機械株や半導 体製造装置を中心とするハイテク株などは総じて堅調持続。市場では「足元の中国株安、 人民元安などが懸念されているが、米株高を背景に海外投資家のリスク許容度は上がって いる。ここで反騰相場が終了するとは限らない」(国内証券)との声が出ている。 <13:15> 日経平均は下げ転換、化粧品株が後場崩れる 日経平均は下げ転換。2万2700円台後半での値動きとなっている。資生堂<4911. T>やコーセー 、ファンケル...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は下げ転換、化粧品株が後場崩れる

<13:15> 日経平均は下げ転換、化粧品株が後場崩れる 日経平均は下げ転換。2万2700円台後半での値動きとなっている。資生堂<4911. T>やコーセー 、ファンケル 、ポーラ・オルビスホールディングス<4927. T>など化粧品株が後場に入り一斉に売られている。「食品株も朝から弱い。米系証券が家 庭用品や食品セクターに対する投資判断を引き下げている。シクリカルや銀行は底堅いが 、ディフェンシブ銘柄に対する売り圧力が強まっている」(中堅証券)との声が出ている 。 <11:35> 前場の日経平均は5日続伸、外部環境の落ち着きが支援 前場...

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up