for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

アグロカネショウ株式会社

4955.T

現在値

1,435.00JPY

変化

-64.00(-4.27%)

出来高

11,200

本日のレンジ

1,433.00

 - 

1,485.00

52週レンジ

1,098.00

 - 

1,570.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
1,499.00
始値
1,485.00
出来高
11,200
3か月平均出来高
0.26
高値
1,485.00
安値
1,433.00
52週高値
1,570.00
52週安値
1,098.00
発行済株式数
12.40
時価総額
20,415.61
予想PER
--
配当利回り
1.44

次のエベント

Dividend For 4955.T - 12.0000 JPY

適時開示

その他

Agro-Kanesho to set up new plant with investment of about 4.2 bln yen

Agro-Kanesho to acquire property for 1.2 bln yen

Agro-Kanesho completes share repurchase

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

アグロカネショウ株式会社とは

アグロカネショウグループは、害虫防除剤、病害防除剤等農業薬品の製造販売を行う。【事業内容】連結子会社Kanesho Soil Treatment SPRL/BVBAは、農業用土壌処理剤の原体及びバルクを同社及び世界90カ国へ販売する。連結子会社AGRO-KANESHO KOREA CO., LTD.は、韓国国内での同社グループ製品販売及び普及推進を行う。

業種

Chemical Manufacturing

連絡先

7F, Akasaka Shasta-East Bldg

4-2-19, Akasaka

MINATO-KU, TKY

107-0052

Japan

+81.3.55704711

https://www.agrokanesho.co.jp/

エグゼクティブリーダーシップ

Hironori Kushibiki

President, Executive President, Representative Director

Tomohiro Inoue

Chief Operating Officer, Senior Managing Director, Senior Managing Executive Officer, Representative Director

Yoshio Kinoshita

Managing Executive Officer, Chief Strategy Officer, President of Subsidiary, Director

Jun Goto

Managing Executive Officer, Chief Director of Sales Technology Diffusion

Kiyoshi Kanase

Senior Executive Officer, Chief Director of Research and Development, President of Subsidiary

統計

株価売上高倍率(過去12カ月)
24.84
株価売上高倍率(過去12カ月)
1.30
株価純資産倍率(四半期)
0.97
株価キャッシュフロー倍率
11.12
総負債/総資本(四半期)
9.75
長期負債/資本(四半期)
7.83
投資利益率(過去12カ月)
4.51
自己資本利益率(過去12カ月)
3.65

最新ニュース

最新ニュース

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「小陰線」、2万8000円定着できず

   <15:45> 日経平均・日足は「小陰線」、2万8000円定着できず 日経平均・日足は「小陰線」となった。終値は2万7944円79銭。3営業日連続 で、心理的節目2万8000円を取引時間中に上回りながらも終値で下回り、定着できて いない。5日移動平均線(2万7958円72銭=21日)も3営業日連続で終値で下回 り、上値の重さが意識される。下押しの場合、75日線(2万7638円83銭=同)や 、13週線、26週線、52週線が集まる2万7400円付近が下値めどになりそうだ。 <15:08> 新興株はマザーズが小反発、個別物色中心 方向感欠...

〔マーケットアイ〕株式:新興株はマザーズが小反発、個別物色中心 方向感欠く

   <15:08> 新興株はマザーズが小反発、個別物色中心 方向感欠く 新興株式市場は、マザーズ総合は0.09%高の783.24ポイントと、小幅に反 発した。東証グロース市場指数は前営業日比0.11%高の995.51ポイントだった 。手掛かりに乏しい中、個別株の物色が中心となり、方向感を欠いた。 Waqooやバンク・オブ・イノベーションはストップ高。マイク ロ波化学は上場来高値を更新した。一方、フリーやメドレーは 大幅安。そーせいグループは軟調だった。 <13:24> 日経平均は一進一退、再びプラスに浮上 方向感は乏しい 日経平均は、...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は一進一退、再びプラスに浮上 方向感は乏しい

   <13:24> 日経平均は一進一退、再びプラスに浮上 方向感は乏しい 日経平均は、後場に入って下げ幅を縮め、再びプラスとなる場面があった。時間外取 引の米株先物が小安い水準で底堅く推移しており、投資家心理を支えている。ただ、その 後は上値が重く、方向感に乏しい。 23日は日本が労感謝の日で、24日は米国が感謝祭で、それぞれ休場を控えている こともあって「手掛かり難の中で手掛けにくい」(国内証券のアナリスト)との声が聞か れる。 東証33業種では、値上がりは海運業や鉄鋼、卸売業など21業種で、値下がりは鉱 業やその他製品、保険業など...

午前の日経平均は小幅続落、材料不足で一進一退の展開続く

21日午前の東京株式市場で日経平均は、前営業日比28円68銭安の2万7871円09銭と小幅に3日続落した。日経平均は前週末の米株高を好感して底堅くスタートしたが、その後は小幅安の水準で一進一退の展開となった。市場からは新規材料不足との声も聞かれた。全体としては小動きとなる中、商社株は底堅く推移した。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は小幅安で小動き、商社株はしっかり

<10:35> 日経平均は小幅安で小動き、商社株はしっかり 日経平均はマイナス圏に沈み、小幅安の水準で小動きとなっている。前営業日比約1 0円安の2万7800円台後半で推移している。市場では「節目の2万8000円近辺で は上値の重さが意識されているようだ」(国内証券・ストラテジスト)との声が聞かれる 。 物色動向としては商社株がしっかりで、東証33業種では卸売業が1%超高となって いる。個別では三菱商事が2%高で推移。米著名投資家ウォーレン・バフェット 氏率いるバークシャー・ハザウェイが、保有比率を引き上げたと伝わり、「これ をきっかけに...

寄り付きの日経平均は反発、米株高を好感 値がさ株底堅い

寄り付きの東京株式市場で日経平均は、前営業日比82円23銭高の2万7982円00銭と、反発してスタートした。前週末の米株高を好感する形で、日本株は底堅く推移している。値がさ株や主力銘柄が小幅に上昇し、個別ではファーストリテイリング、ソフトバンクグループ、東京エレクトロンが買われている。

〔マーケットアイ〕株式:寄り前の板状況、栃木銀は買い優勢 山陽特鋼は売り優勢

<08:21> 寄り前の板状況、栃木銀は買い優勢 山陽特鋼は売り優勢 東証プライム市場の寄り前の板状況では、買い優勢と売り優勢のそれぞれ上位銘柄群 は以下の通り。 買い優勢 銘柄名 騰落 MID 買気 売気 終値 率 気配 配 配 1 栃木銀行 28% 366 366 366 286 2 TDCソフト 23% 1,61 1,61 1,61 1,31 2 2 2 2 3 丸全昭和運輸 22% 3,93 3,93 3,93 3,23 0 0 0 0 4 中山製鋼所 8% 789 789 789 729 5 ラクーンHLDG 6% 1,37...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「大陽線」、強気示唆でも5日線届かず

<16:20> 日経平均・日足は「大陽線」、強気示唆でも5日線届かず 日経平均・日足は「大陽線」となった。終値は2万6215円79銭。ほぼ高値引け の「大引け坊主」の形状で、強気サインが示唆された。目先の下値めどとなる6月20日 安値(2万5520円23銭)を下回ることなく上昇に転じ、底堅さもうかがえる。 一方、5日移動平均線(2万6264円18銭=3日)には届いていない。ボリンジ ャーバンドのマイナス2シグマ(2万5948円22銭=同)でのバンドウォークから明 確に抜け出し、上昇基調に向かうかが焦点となる。 <15:50> 新興株はマザーズ...

〔マーケットアイ〕株式:新興株はマザーズが反発、米株先物の底堅い動きが支援

<15:50> 新興株はマザーズが反発、米株先物の底堅い動きが支援 新興株式市場は、マザーズ総合は0.87%高の701.37ポイントと、反発した 。東証グロース市場指数は前営業日比0.88%高の891.43ポイントだった。 朝方には、ハイテク株比率の高い米ナスダック総合の前週末の下落が投資家心理の重 しとなったが、時間外取引の米株先物が下げ幅を縮小したりプラスに転じる中、買い戻し が優勢となった。 そーせいグループやフリーが大幅高となった。ビジョナル もしっかり。ALBERTはストップ高比例配分。一方、ウェルスナビ やCYBERDYNE...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は日中高値、米株先物が下げ縮小

<14:50> 日経平均は日中高値、米株先物が下げ縮小 日経平均は後場終盤に再び買いが強まり、日中の高値を更新した。時間外取引の米株 先物が下げ幅を縮めたりプラスに浮上しており、投資家心理を支援している。 前引け時点に比べ、海運業や輸送用機器、ゴム製品が上げ幅を拡大し「先週に売られ た銘柄の買い戻しが強まっている」(国内証券のストラテジスト)との声が聞かれた。一 方、水産・農林業は下げ幅を拡大している。 <13:25> 後場の日経平均は高値もみ合い、買い材料乏しく伸び悩み 後場の日経平均は高値もみ合いとなっている。2万6000円を超えた...

〔マーケットアイ〕株式:後場の日経平均は高値もみ合い、買い材料乏しく伸び悩み

<13:25> 後場の日経平均は高値もみ合い、買い材料乏しく伸び悩み 後場の日経平均は高値もみ合いとなっている。2万6000円を超えた水準で底堅く 推移しているものの、買い材料に乏しく伸び悩んでいるという。時間外取引で米株先物が 小動きで方向感に欠けることから、徐々に気迷い状態となってきた。 市場では「2万6000円以下の水準は割安できょうのところは下がる雰囲気はなく なったが、買い材料が見当たらない上に週末には米雇用統計の発表を控えているために、 上値に対しても慎重になっている」(国内証券・トレーダー)との声が聞かれた。 <11:35...

午前の日経平均は反発、半導体関連が堅調 実需買いの観測も

3日午前の東京株式市場で、日経平均は前営業日比174円37銭高の2万6111円54銭と反発した。前週末の米株安を受けて売り優勢で始まったものの、売り一巡後は半導体関連株が堅調となり、全般的に買い戻しが活発化し2万6000円を回復した。今日から名実ともに下半期入りで実需買いの流入も観測されている。

〔マーケットアイ〕株式:日経平均はプラスに転換、半導体関連株から全体的に息吹き返す

<10:55> 日経平均はプラスに転換、半導体関連株から全体的に息吹き返す 日経平均はプラスに転換。攻防戦になると注目された6月安値2万5520円23銭 を割り込まずに切り返し、この動き市場に安心感を与えている。半導体関連株の堅調が目 立ち、全体的に息を吹き返した格好。安値で売り込んだ向きが買い戻しを急いでいるとの 見方も出ていた。 取り立てて買い材料は見当たらず、テクニカル的に見て日本株は売られ過ぎで、その 反動が大きいという。 市場では「三益半導体工業の好決算が注目され、半導体関連全体に物色の輪 が広がったようだ。2万6000円を回復...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は下げ幅縮小、米消費落ち込みが日本株の重し

<10:12> 日経平均は下げ幅縮小、米消費落ち込みが日本株の重し 日経平均は下げ幅を縮小し、前営業日比約110円安の2万5800円台前半で推移 している。一時、下げ幅は300円を超える場面もあったが、値がさ株の下げが一服した ほか、半導体関連株がしっかりの展開で、相場を下支えしている。 米スポーツ用品大手ナイキが29日発表した第1・四半期(8月31日まで )決算は20%の減益で、市場では「消費者に近い米企業群の決算が厳しいという見方が 出てきた」(国内運用会社・運用部マネジャー)との声が聞かれる。マーケットでは、こ れまで米連邦準備理事会...

寄り付きの日経平均は続落、米株安を嫌気 値がさ株軟調

寄り付きの東京株式市場で日経平均は、前営業日比158円26銭安の2万5778円95銭と、続落してスタートした。前週末の米株安の流れを引き継いで売りが広がり、寄り付き後は下げ幅を拡大している。特に値がさ株が軟調で、相場の重しとなっている。個別では、ファーストリテイリングが2%安、ソフトバンクグループが1%安となっている。

〔マーケットアイ〕株式:寄り前の板状況、ヒロセ電は買い優勢 スター・マイカ・HDは売り優勢

<08:20> 寄り前の板状況、ヒロセ電は買い優勢 スター・マイカ・HDは売 り優勢 東証プライム市場の寄り前の板状況では、買い優勢と売り優勢のそれぞれ上位銘柄群 は以下の通り。 買い優勢 銘柄名 騰落 MID 買気 売気 終値 率 気配 配 配 1 ヒロセ電機 21% 22,9 22,9 22,9 18,9 80 80 80 80 2 リズム 18% 1,78 1,78 1,78 1,50 0 0 0 4 3 ミネベアミツミ 18% 2,51 2,51 2,51 2,13 9 8 9 9 4 ミスミグループ本社 18% 3,66 3,66...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「中陽線」、2日連続の売りサイン出現で不安感

<15:50> 日経平均・日足は「中陽線」、2日連続の売りサイン出現で不安感 日経平均・日足は上下にごく短いヒゲを伴い「丸坊主」に近い「中陰線」となった。 終値は2万6149円55銭。一目均衡表の「雲」領域を目前にして伸び悩んだほか、弱 い足を引いたことで上値の重さを改めて感じさせている。 しかも、今回の足は売りを示唆する「カブセ線」で、ここでの上昇が「あや戻し」で あると思わせるところ。前日の「上放れタスキ」に続き、2日連続の売りサインの出現は 現状が極めて不安定であることを示している。翌日に逆転の一打となる「カブセを抜く」 パターン...

〔マーケットアイ〕株式:新興株式市場はさえない、買い材料乏しくマザーズ総合は反落

<15:05> 新興株式市場はさえない、買い材料乏しくマザーズ総合は反落 新興株式市場はさえない。マザーズ総合が前営業日比1.64%安の629.82ポ イントと反落した。市場では「プライム市場と同様に買い材料に乏しく、見送り気分が強 い。前日はあや戻しだったとの印象を与えた」(国内証券)との声が聞かれる。 個別では、トリプルアイズ、ANYCOLORが反落したほか、フ リーも軟調。半面、ENECHANGEが商いを伴い上昇し、セルシー ド、ビーマップがストップ高となった。 <14:20> 日経平均はもみあい、手掛かり材料難から模様眺めに 日経平均...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均はもみあい、手掛かり材料難から模様眺めに

<14:20> 日経平均はもみあい、手掛かり材料難から模様眺めに 日経平均はもみあい。2万6200円台で前日終値より小幅安の水準で一進一退とな っている。手掛かり材料難で、模様眺めムードが支配。全体的に商いも細り気味となって いる。 こうした場面では個別物色の動きとなるが、「バリュー、グロースといずれも物色の 方向感が定まらず、手掛けにくくなっている。円安で輸出関連株が軟調になるなど、あま り記憶にない」(国内証券)という。 <13:00> 後場の日経平均は軟調、米株先物の下げ加速が重し 後場に入り日経平均は軟調に推移し、前営業日比約40...

〔マーケットアイ〕株式:後場の日経平均は軟調、米株先物の下げ加速が重し

<13:00> 後場の日経平均は軟調、米株先物の下げ加速が重し 後場に入り日経平均は軟調に推移し、前営業日比約40円安の2万6200近辺とな っている。米株先物の下げ幅拡大が重しとなり、一時、日中安値を更新する場面もみられ た。 東京エレクトロンやアドバンテストなど半導体関連株が引き続き軟 調で、日経平均を70円ほど押し下げる要因となっている。 一方、小売業や食料品は底堅く、市場では「コロナ禍からの回復で、国内消費の増加 が期待できるセクターが相場を下支えする格好となっている」(国内証券)との声が聞か れた。 <11:56> 前場の日経平均...

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up