for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

フマキラー株式会社

4998.T

現在値

1,423.00JPY

変化

18.00(+1.28%)

出来高

14,000

本日のレンジ

1,410.00

 - 

1,425.00

52週レンジ

1,359.00

 - 

2,074.00

∙ 約20分前の相場を表示しています。

価格

前日終値
1,405.00
始値
1,425.00
出来高
14,000
3か月平均出来高
1.16
高値
1,425.00
安値
1,410.00
52週高値
2,074.00
52週安値
1,359.00
発行済株式数
16.48
時価総額
23,811.56
予想PER
10.58
配当利回り
1.39

次のエベント

Fumakilla Ltd Annual Shareholders Meeting

適時開示

その他

Fumakilla updates on disposal of treasury stock

Fumakilla says establishment of insecticides related firm and plant in Myanmar

Fumakilla to distribute treasury stock to raise up to 5.66 bln yen

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

フマキラー株式会社とは

フマキラーグループは、同社、子会社17社及び関連会社4社で構成され、殺虫剤、園芸用品、防疫用剤、家庭用品の製造販売を主な事業の内容とし、その製品はあらゆる種類にわたる。【事業内容】殺虫剤部門においては、日本、東南アジア、その他の地域でワンプッシュ式蚊取り器、電池式蚊取り・虫よけ、マット式蚊取り器、液体蚊取り器、蚊取りマット、ハエ・蚊用殺虫剤、ゴキブリ用殺虫剤、虫よけ剤、くん蒸剤、不快害虫用殺虫剤等を製造販売する。園芸用品部門においては、日本で園芸害虫用殺虫・殺菌剤、肥料、活力剤、除草剤、培養土等を製造販売する。防疫剤部門においては、日本で乳剤、油剤、粉剤、殺そ剤等を製造販売する。家庭用品部門においては、日本で衣類防虫剤、除湿剤、花粉アレルギー対策商品、除菌剤等を製造販売する。

業種

Chemical Manufacturing

連絡先

11, Kanda Mikura-cho

CHIYODA-KU, TKY

101-8606

Japan

+81.3.32525941

https://www.fumakilla.co.jp/

エグゼクティブリーダーシップ

Toshiaki Ohshimo

Chairman of the Board, Representative Director

Kazuaki Ohshimo

President, Representative Director

Norio Ohshimo

Vice President, Representative Director

Hirohide Shimada

Senior Managing Director

Masahiro Shimonaka

Senior Managing Director, Chief Director of International, President of Subsidiaries

統計

2.00 mean rating - 1 analysts
Sell
Hold
Buy
Revenue (MM, JPY)

2019

0.0K

2020

0.0K

2021

0.0K

2022(E)

0.1K
EPS (JPY)

2019

42.089

2020

46.720

2021

140.860

2022(E)

136.500
株価売上高倍率(過去12カ月)
10.25
株価売上高倍率(過去12カ月)
0.49
株価純資産倍率(四半期)
1.28
株価キャッシュフロー倍率
6.77
総負債/総資本(四半期)
40.30
長期負債/資本(四半期)
0.83
投資利益率(過去12カ月)
13.59
自己資本利益率(過去12カ月)
6.11

最新ニュース

最新ニュース

〔マーケットアイ〕株式:新興株式市場は小幅高、ワークマンは戻りに転じる

<15:50> 新興株式市場は小幅高、ワークマ ンは戻りに転じる 新興株式市場は小幅高。日経ジャスダック平均、東証マザーズ指数はともに小反発し た。 ジャスダック市場ではワークマン 、アエリア 、日本マクドナルドホ ールディングス が上昇。市場からは「ワークマンは前日大きく売られたことが 個人投資家のセンチメントに影響するか心配していたが、それほど悪影響は広がっていな い」(国内証券)との声が出ていた。プロパスト は反落した。 マザーズ市場ではエディア 、ブシロード が上昇。ロゼッタ 、サンバイオ は下落した。 <15:25> 日経平均...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均・日足は「短陽線」、2万2500円前後が重い印象

<15:25> 日経平均・日足は「短陽線」、2万2500円前後が重い印象 日経平均・日足は上下に短めのヒゲを伴う「短陽線」。上下の振れ幅が100円に満 たず、実体部分、ヒゲのいずれも短い、気迷いを示す「コマ」の形状となった。前日に空 けたマド(2万2219円63銭─2万2434円92銭)をほぼ維持するなど強い基調 を維持しながらも、前日の上ヒゲを残した形となっていることから、2万2500円前後 の時価水準より上値は重いとの印象を与えている。 オシレーター系指標は引き続き高値警戒感の強さを示す一方、前日に「三空」のパタ ーンとなっており、...

〔マーケットアイ〕株式:TOPIXは軟調、物色の二極化でNT倍率は今年最高水準に

<14:45> TOPIXは軟調、物色の二極化でNT倍率は今年最高水準に 日経平均はプラスを維持する一方で、TOPIXは軟調な展開。引き続き、高値警戒 感から上値を積極的に買う動きはみられない。市場では「指数寄与度が大きいファースト リテイリング のほか、輸出関連株の値持ちがいいが、時価総額が大きい金融、鉄 鋼が見送られる傾向があり、物色面で二極化が進んた格好。その結果、NT倍率は今年最 高の水準に達している」(国内証券)との指摘もある。 <14:05> 日経平均は小幅高、材料難で方向感に欠ける展開 日経平均は小幅高、2万2400円台後半...

〔マーケットアイ〕株式:日経平均は小幅高、材料難で方向感に欠ける展開

<14:05> 日経平均は小幅高、材料難で方向感に欠ける展開 日経平均は小幅高、2万2400円台後半で推移している。後場寄り付きでプラス圏 とマイナス圏を行き来し、方向感に欠く状態となっている。投資家の心理的節目である2 万2500円が意識されているもよう。 三菱UFJモルガン・スタンレー証券・投資ストラテジストの三浦誠一氏は「手掛か り材料難のなかで、自らのポジション上の都合で売買が行われている状況。売りたい人と 買いたい人の力関係がぶつかり合い、方向感に欠ける展開」とした上で、「日経平均は昨 日年初来高値を更新し4日続伸、4営業日で...

前場の日経平均は小幅続伸、材料難 上値追いには慎重

前場の東京株式市場で、日経平均は前営業日比31円05銭高の2万2503円97銭となり、小幅に続伸した。米国株の上昇一服を眺めて反落スタートとなったものの、その後、下げの勢いは強まらず、小幅高の水準でもみあいが続いた。前日に年初来高値を更新したことで高値警戒感も出やすく、上値追いに慎重な姿勢もみられる。

金融情報はリフィニティブから。すべての情報は少なくとも20分遅れで表示されています。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up